三井住友銀行と総量規制の関係について

お金を借りる際に年収によって借り入れ出来る金額が決まるという制度がありますが、大きなローンを組むためにはこの制度外のカードローン等を利用しなければなりません。
今回はそんな制度と三井住友銀行の関係についてお話致します。


<三井住友銀行は総量規制の対象外>

消費者金融などの貸金業を営む金融機関には返済が出来なくなる程の金額を貸してはいけない・その基準は契約者個人の年収に準ずるという制度があります。それが総量規制でありその基準は年収の3分の1が限度であると定められています。この年収を基準にするとカードローンの限度額も年収の3分の1となりその基準より高い金額で申込書を出しても審査に通ることはありません。
しかし三井住友銀行であればその総量規制外であるためカードローンも年収に関係なく限度額の設定を行うことが可能です。


<高額ローンはどんとこい>

車や高額の医療費などの大きな出費はいつどこに誰に来るかわかりません。そういったやむを得ない事情の際にお金が足りないという状況にならないよう国が総量規制対象外として各銀行を指定しました。しかし各銀行も金融サービスによっては総量規制外ではないものもあります。高額の借り入れをしたいという方はカードローンを選択しお金を借りるようにしましょう。

三井住友銀行の申込み方法タイプ別紹介

今までの各消費者金融や銀行への申込みは窓口で申込書類を受け取りその場で記入するか一度家に持ち帰り郵送にて申し込むという二種類しかありませんでした。しかしインターネットやパソコンの普及でもっと手軽かつ時間も使わずに申込みをすることが出来るようになったのです。

今回は簡単に申込みをすることが出来る三井住友銀行のカードローン審査契約方法についてお話致します。


<三井住友銀行のサイトから直接申し込むお手軽タイプ>

三井住友銀行には本格的なサイトがインターネット上に設けられておりそのサイト内にて新規契約の申込みをすることが出来ます。手続きに必要なものは本人確認が出来る身分証明書類で顔写真が入ったものであるという条件がありますが運転免許証やパスポートをお持ちであれば誰でも手続きをすることが可能です。カードローンの限度額をどの程度のものに設定するのかで変わりますが収入証明書は基本的に必要ありませんし身分証明書もスマートフォンのアプリでそのまま送付すれば良いため郵送などの手間もかかりません。


<心配なので対話しながら申し込むじっくりタイプ>

始めて審査を受けるという方は知らない用語などがとても多くあるため契約内容を読んでもわからないという場合があります。そういった時には三井住友銀行の専用窓口で話を聞きながら自分に合った最適なプランを相談しつつ見つけ出し契約するという方法もおすすめです。

三井住友銀行における信用情報の重要性について

これから三井住友銀行のカードローンに申込みをしようとする際にふと頭をよぎる自分の過去の借り入れ。もし自分が昔借り入れをして返済が遅れてしまっていたりしたら自分の信用情報には何かしらの影響があるはずです。
今回はそんな三井住友銀行カードローンの審査に挑む前に知っておきたい信用情報についてお話致します。


<信用情報と三井住友銀行の関係について>

銀行や消費者金融などの貸金業を営む金融機関は自身の機関に契約したい方からの申込みがあった場合、契約者の申込書と信用情報の確認に入ります。申込書の内容に不備がないか・誤字脱字などの細かい部分までチェックした後に信用情報を見に行きます。見に行くと言っても物理的に管理者が足で歩いて見に行く訳ではなく信用情報を一括で管理している機関に依頼して情報を開示してもらうのです。その信用情報は各管理会社が個人情報として管理しており過去の借り入れ状況などと詳しく保存しています。その信用情報は常に更新されており新しい借り入れの申込みをするとその申込みの履歴が必ず信用情報に反映されるのです。ここが複数の金融機関に一度に借り入れの申込みをするなという由来で、実は金融機関は申込みをしているという情報を共有するため、申込者が複数の金融機関に借入申込みをしているという事実を知るとこの人はお金に困っているからどんどんお金を借りることになるかもしれないという考えに行きついてしまうのです。そうなると審議に通り辛いという状況を自分で作ってしまうことになります。複数の金融機関への申し込みはなるべく避け申し込み後三ヶ月は明けてから再度別の金融機関に申し込みをするようにしましょう。


<自分の情報を確認する術はあるのか>

このような信用情報が何故必要なのかと言うと過去に申込者がどのようなお金の借り方をしたのかを知った上で契約をしないことには三井住友銀行側の不安になる訳です。お金を貸しても返済せずにそのまま債務整理など自己破産をされてしまうと銀行が貸損となってしまうからです。このような信用情報の内容については個人で確認することは出来ませんが過去に借り入れをした際には利用明細が残っているためその内容を確認することと自分が返済をどのように行っていたかという記憶を頼るしかありません。
ですがもし万が一過去の借り入れで何等かの形で失敗をしていたとしてもその情報は数年単位でしか保存されないのでそんなに厳しく考えず三井住友銀行に申込みをしてみることをおすすめします。

三井住友銀行のどこが怖いのか

喧嘩を売っているようなタイトルになってしまっておりますが三井住友銀行さんのカードローン審査において怖いものはありませんとお伝えしたいだけのこと。銀行のカードローンというととても敷居が高く簡単には通らないというイメージがとても高いのですが、それはとても損をしている思い込みであり言いがかりなのです。

今回はそんな三井住友銀行の審議の基準についてお話致します。


<三井住友銀行の知られざる基準とは>

銀行の基準は一般的にあまり知られていませんがどの銀行も似たようなもので申込みの際には同じような情報を確認して基準を満たしているかをチェックします。その基準となる項目は以下の通りです。

【銀行のカードローン契約基準項目】
・年齢と勤務年数
・申込金額と年収と月の返済額

契約の際にはもっと掘り下げて色々な情報を自分で提示するのですが主に見られるかつ重要な部分はたったこれだけです。各項目が契約者の基準を満たしているのかしっかり見定めた上で次の段階に進むのです。


<不備のない生活であれば絶対に受かる>

基本的には満20歳以上で70歳未満の方かつ年収と申込金額と年収が釣り合っているのか、月々の返済額は申し分ない金額か・勤務年数は半年以上かなど確認され、何事もなければ受かることが出来ます。
三井住友銀行でローンを組めなかったとなれば自分のステータスに問題があるということになります。今一度基準を満たしているのか確かめれば審査など怖いものは何もないのです。