イオン銀行カードローンのATM利用方法【借り入れ方法・返済方法・手数料】

公開日:

イオン銀行カードローンは、ATMを使っても借入できます。

ATMを使えば、すぐにでも手元に現金を得られるため、すぐに現金を使いたいと考えている方にお勧めです。

ATMでは借入も返済もできるようにイオン銀行カードローンは設定しています。

方法をしっかりと理解するほか、カードローンを利用した際の手数料などを知ってから、イオン銀行カードローンをATMで使いましょう。

ここではイオン銀行カードローンのATMで借入や返済を行う方法、手数料について説明します。

イオン銀行カードローンをATMで借りる方法

まずはATMでイオン銀行カードローンを借りる方法を紹介します。

ATMで借りる際はローンカードが必要です。

ローンカードを持っていなければ借りられないため、カードローンを使う場合はATMまで持っていきましょう。

イオン銀行カードローンは提携しているATMが多数あります。

提携しているATMであればどこでもイオン銀行カードローンは使えるため、わざわざイオン銀行のATMまで行かなくても大丈夫です。

提携しているATMまで行き、取引画面でカードローンを選んでください。

ATMでイオン銀行カードローンの借入手続きを

カードローンを選択すると、借入と返済、照会という画面が表示されます。

借入の場合は借入を選択してください。

次に画面でローンカードを挿入するように指示が出ます。

このタイミングで持っているローンカードを挿入してください。

イオン銀行のローンカードを挿入すると、カードローンの借入という確認画面が表示されます。

この確認画面が表示されれば問題はありません。

そのまま確認という項目をタッチして、次の画面に進んでください。

すると暗証番号を入力する項目が入ります。

イオン銀行カードローンで設定した暗証番号を入力してください。

暗証番号を間違えてしまうと、イオン銀行カードローンの借入ができません。

何度も間違えるとイオン銀行カードローンを使えなくなるため、暗証番号は必ず覚えておくようにしてください。

借入額の入力と最後の確認

最後に借入額の入力を行います。

希望している借入額を入力すると、確認の画面に入ります。

確認画面では借入額が間違っていないと確認して、次の画面に進んでください。

確認が終わるとイオン銀行カードローン側が借入の処理を行います。

しばらく待ってお金が出てくるのを待ってください。

この時限度額以上に借りる状況であればエラーが発生し、借入ができません。

事前に照会でイオン銀行カードローンの借入額を確認するといいでしょう。

無事に手続きが完了すると、イオン銀行カードローンの処理が終わり、借入額と利用明細、ローンカードが出てきます。

念のためATMから出てきた金額が正しいのか確認してください。

問題がなければ借入の手続きは終了です。

イオン銀行カードローンをATMで返済する方法

次にイオン銀行カードローンの返済をATMで行う方法について説明します。

この方法は途中まで借入と同じです。

ただ、返済の場合はローンカードを持っていくだけではなく、返済額も一緒に持っていかなければなりません。

返済したいのに返す金額が足りないという問題は避けるようにしましょう。

イオン銀行カードローンの返済手続きをATMで行う

まずはイオン銀行カードローンと提携しているATM、もしくはイオン銀行のATMに行きます。

次にカードローンを選択し、次の画面に表示された項目で返済を選びます。

返済を選ぶとローンカードを挿入する画面に入るので、ローンカードを挿入してください。

その後返済に関連する注意事項が表示されます。

注意事項をすべて読み終わったら、確認を押して次の画面に移動してください。

次の画面に移動すると、返済額を入れる項目に入ります。

返済額を入れて返済手続きを完了させる

返済する金額をATMに挿入し、読み取りのボタンを押してください。

イオン銀行カードローンは、自動的にATMの金額を読み取る方法を使っていないため、金額を入れたら読み取りボタンを押して金額を読み取らせるのです。

ボタンを押すと金額が計算され、返済額がどれくらいなのかが表示されます。

この金額に問題がなければ確認を押してください。

確認を押した時点で返済額は確定し、返済は終了します。

返済額を一部だけに抑えたい場合、追加で金額を入れる場合の手続き

イオン銀行カードローンでは、入金した金額の一部だけを返済する方法も使えます。

入金額が表示された際、一部入金という項目が表示されるので、ここをタッチしてください。

すると金額を入力する画面が表示されます。

この金額を入力すると、入力した金額が返済され、残りはおつりとしてATMから戻ってきます。

細かいお金を持ち合わせていなかった場合、一部入金を使えばATMで細かい返済が可能です。

1万円札だけで返済を行う人も、これで安心してお金を返せるでしょう。

また、入金した金額が不足していた場合、追加入金を押せば追加で返済が可能です。

より多くの返済を希望している場合や、お札の入れ忘れが生じた場合は、追加返済を押して手続きを行ってください。

追加された金額に問題がなければ確認をタッチし、返済を確定して手続きを終了させます。

イオン銀行カードローンをATMで使う際の注意点

ATMを利用してイオン銀行カードローンを借りられるのはいいところですが、ATMを利用して借りる場合には注意点があります。

特に借入額の制限が設けられている点には注意してください。

借入額の制限を超えてしまうと、イオン銀行カードローンをATMで借りられなくなってしまいます。

イオン銀行カードローンの借入額は1000円から

イオン銀行カードローンで借りられる金額は1000円からです。

返済も1000円単位で行えるので、少額から返済可能です。

数百円程度の借入を希望したり、1000円未満の金額は入力できません。

従ってどのような場合でも、1000円単位で入力して借入や返済を行う必要があります。

イオン銀行カードローンにはATM利用制限が存在する

イオン銀行カードローンでは、ATMの利用制限を設けられています。

これは1日に借りられる金額を制限するためです。

ATMの利用限度額は1日50万円に設定されています。

設定された金額は個人で変更可能で、最低で10万円、最大で100万円まで引き上げられます。

設定で金額を変更できると言っても、最大で100万円までしかATMでは借りられません。

それ以上の借入を希望する場合は、ネットバンキングのマイページから行ってください。

なお、ATMの利用制限額を変更する場合は、以下の場所に連絡してください

  • イオン銀行の店舗
  • イオン銀行コールセンター
  • イオン銀行ATM(引き下げ限定)

上記以外の場所で制限額は変更できません。

イオン銀行カードローンはATM手数料を取られない

カードローンの中には、提携しているATMから手数料を徴収している会社もあります。

イオン銀行カードローンは、ATM手数料を徴収していません。

どのATMを利用しても、手数料を取られないため、余計なお金を取られる心配はありません。

ATM手数料については考えず、希望している金額の借入と返済を行いましょう。

イオン銀行カードローンはATMでも借入と返済が可能

イオン銀行カードローンは、イオン銀行のATMだけではなく、提携しているATMでも借入と返済が可能です。

借入や返済をATMで希望している方は、色々な場所でカードローンを使えるでしょう。

借りられる金額やATMの稼働時間、更には最低の返済額などに気を付け、イオン銀行カードローンをATMで利用してみましょう。