イオン銀行カードローンは低金利で借りやすい!他カードローン金利と比較

公開日:

イオン銀行カードローンは低金利で借りやすいカードローンです。

金利は他社のカードローンよりも低い傾向があり、多くの利息を支払いたくない方にも安心です。

実際にどれくらい金利が低いのか、知っておくと安心できるかもしれません。

ここではイオン銀行カードローンの金利を紹介すると同時に、他社の金利とどれくらいの違いがあるのかも説明します。

イオン銀行カードローンの基本情報

まずはイオン銀行カードローンについて説明します。

イオン銀行が発行しているカードローンは、限度額が800万円まで設定されています。

限度額の最低額は10万円で、あまり収入を持っていない人でもイオン銀行カードローンを使える場合があります。

また、審査にかかる時間は1日程度で、早い人はその日のうちに審査結果を通知されます。

早く審査結果を通知してほしいと考えている方にもいい商品で、すぐに審査結果を教えてくれるのです。

審査の結果でカードローンを利用できると判断された方には、後日ローンカードが送られてきます。

ローンカードをATMに挿入すると、イオン銀行カードローンでお金を借りられます。

イオン銀行が提供しているマイページからお金を借りる方法はなく、全てのユーザーがATMへ行ってカードローンを利用しなければなりません。

そのためネット上でお金を借りたいと思っている方には少し使いづらいカードローンです。

ただ、返済方法は口座引き落としを準備しているため、毎月の返済をATMで行う必要はありません。

口座引き落としの契約さえ行っていれば、イオン銀行カードローンの返済はスムーズに行えるでしょう。

イオン銀行カードローンは低金利なのか

イオン銀行カードローンで気になる数字といえば、金利かもしれません。

イオン銀行カードローンが提供している金利は3.8%から13.8%です。

この数字はカードローンにしてはそこまで高い数字ではなく、むしろ低いと感じるかもしれません。

金利が低ければ低いほど、利息が発生しなくなり返済額が減らせます。

多くの金額を借りた時に返済する金額が抑えられるという部分は、イオン銀行カードローンのメリットです。

ただ、他社とどれくらい金利が違うのか、知っておかないと損をします。

他社との金利がどれくらい違うのか、次の項目で説明しましょう。

イオン銀行カードローンと他社のカードローンを比較

ここではイオン銀行カードローンの金利を他社と比較して紹介します。

実際にカードローンとして発行されている商品を表にまとめました。

金利を比較したいと思っている方は参考にしてください。

イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
セブン銀行カードローン 15.0%固定
りそな銀行プレミアムローン 3.5%~12.475%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
住信SBIネット銀行カードローン 0.99%~14.79%
アコム 3.0%~18.0%

以上のように金利は会社によって変わります。

イオン銀行カードローンは、他社と比べると一番高い金利の数字は低く設定されています。

銀行系のカードローンでも、ソニー銀行と同じ数字を採用しており、りそな銀行のプレミアムローンには負けるものの、他社にはほぼ勝っています。

一方で高い数字については、他社の方が低い数字を採用しています。

みずほ銀行や楽天銀行、三菱UFJ銀行はイオン銀行カードローンよりも最低金利が低く設定されています。

つまり多くの金額を借りる場合は、他社のカードローンの方が若干有利な状態です。

しかも、みずほ銀行は住宅ローンの契約で金利を下げられるほか、楽天銀行のようにキャンペーンで金利を半分にするサービスを行う会社もあります。

イオン銀行カードローンでは、キャンペーンなどによる金利の引き下げはあまり行っていないので、この数字で借りるしかありません。

全体的に見ると低金利であるのは間違いありませんが、より厳しい審査を行っている銀行カードローンには金利面では劣っていると考えていいでしょう。

ただ、決して悪い数字ではないので、契約しやすいカードローンとしては使いやすい範囲です。

イオン銀行カードローンが低金利であるメリット

イオン銀行カードローンは、他社と比べるとやや低金利で借りられるカードローンです。

低金利で借りられるカードローンというのは、以下のメリットが生まれます。

  • 借りた時の返済額を抑えられる
  • 高額な借入での利息が小さくなる
  • 低金利なのでカードローンの借り換えに便利
  • おまとめローンにも利用できる

このメリットを持っているため、イオン銀行カードローンは色々な方向性で使えるのです。

なぜこのようなメリットを持っているのか、詳細に説明します。

借りた時の返済額を抑えられる

イオン銀行カードローンが低金利であるメリットでも、一番いいところは借りた時の返済額が小さい点です。

アコムのように消費者金融だと、返済時に発生する利息はかなり多くなり、大半の人がイオン銀行カードローンよりも返済額を増やしてしまいます。

しかしイオン銀行カードローンのように、低金利で借りられる場合、利息を抑えられるのです。

金利が小さい場合、同じ金額を借りたとしても利息の発生額は少なくなり、毎月支払う利息はかなり小さくなります。

つまり消費者金融で少しの金額を借りるよりも、イオン銀行カードローンで借りたほうが返済額は抑えられるのです。

より多くの返済をしたくないと思っている方は、イオン銀行カードローンと契約するといいでしょう。

高額な借入での利息が小さくなる

高額な借入でも低金利で借りられるメリットがあるため、イオン銀行カードローンは高額な借入の利息も抑えられます。

イオン銀行カードローンは限度額が最大800万円に設定されています。

多くの金額を借りられるメリットを持つイオン銀行カードローンですが、金利の数字は借りる額が多ければ多いほど重要です。

最低の金利が3.8%というのは、他社に比べると少し高いように感じるかもしれません。

しかし一部のカードローンよりも数字は低くなっていますし、総合的に比較しても悪い数字ではないのです。

高額な借入を行った場合でも、イオン銀行カードローンは返済額を抑えられる良さを得られます。

より低金利で借りたい場合は他社を考えてもいいですが、ちょっと低金利な程度でいいと思っている方はイオン銀行カードローンを選んでみましょう。

低金利なのでカードローンの借り換えに便利

低金利で借りられるメリットとして、カードローンの借り換えにも使えるという部分があります。

借り換えというのは、現在借りている会社から別の会社に切り替えることを指します。

イオン銀行カードローンの金利が低く設定されているため、消費者金融で借りているお金をイオン銀行カードローンで借り換えると利息が抑えられます。

金利の高い商品でお金を借りている人にとっては、イオン銀行カードローンのように低金利で借りられる商品はとても貴重な存在です。

つまりイオン銀行カードローンは、現在借金をしている方が、より返済額を抑えるためにも利用できます。

もちろん借り換え目的だった場合は、イオン銀行カードローンの申込時に申告したほうがいいでしょう。

借り換えを前提としている申込であれば、借金額に問題なしと判断されれば借り換えのできるローンを提供してくれます。

イオン銀行カードローンとの契約により、より小さい金利で今の借金を返せるというのはいいところでしょう。

おまとめローンにも利用できる

限度額が高く、低金利で借りられるイオン銀行カードローンは、おまとめローンとしても利用できる商品です。

おまとめローンとして使うためには、カードローンに以下の条件が必要です。

  • 現在借りている会社全てより低金利で借りられる
  • 現在借りている会社の借金をまとめるだけの限度額がある
  • おまとめローンを認めてくれる

以上の条件を満たさなければ、カードローンをおまとめローンとして利用できないのです。

しかしイオン銀行カードローンは、おまとめローンとして利用を認めています。

しかも高い限度額を確保しているので、複数の会社からお金を借りている場合でも借金をまとめられるのです。

借りている会社が2社以上存在し、どうにかして1つにまとめたいと考えるなら、イオン銀行カードローンと契約してもいいでしょう。

ただ、おまとめローンを希望する場合は事前に申告が必要で、しかも他社の借入件数が多すぎると審査に落とされる場合があります。

審査に落とされないようにしっかりと審査を受け、現在の借金を1つにまとめておきましょう。

イオン銀行カードローンが低金利であるデメリット

悩む男性

イオン銀行カードローンを低金利で提供しているのはとてもいいですが、その反面審査が厳しくなる傾向にあります。

審査基準は申込みをしている人にはわかりづらいのですが、実際には金利の数字を見れば厳しいのか甘いのかが大体わかります。

イオン銀行カードローンは低金利で提供しているカードローンですので、他社のカードローンよりも厳しい審査が行われます。

イオン銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか?イオン銀行カードローン審査について徹底解説

場合によっては、イオン銀行カードローンの審査に落とされてしまい、借りられないかもしれません。

金利の低いカードローンは、より厳しい審査を行うため、他社で審査を通過している人も落とされる可能性があります。

イオン銀行カードローンの審査を通過したいのであれば、審査を通過できるように信頼できる内容で申し込みを行いましょう。

なお、イオン銀行カードローンの審査に落とされ続けると、イオン銀行のローンが今後使えなくなる恐れもあります。

1度審査に落とされた場合は、なぜ落とされたのかしっかり考えてから再度申込みを行ってください。

イオン銀行カードローンをさらに低金利にするなら

イオン銀行カードローンの金利を抑えたいと考えるならば、まずは限度額を増やすようにしましょう。

イオン銀行カードローンの金利は、限度額によって範囲が設定されるシステムが使われています。

限度額の低い人には高い金利で契約させ、限度額の高い人には低金利で契約する方針を採用しているのです。

つまり限度額が低く設定されている人ほど、金利は高く設定されてしまいます。

この金利の設定により、限度額が高くなればなるほどより低金利で借りられるカードローンを得られるのです。

カードローンは全体的に限度額によって金利を設定する会社が多くなっています。

限度額を高くするのは、金利を下げるためには非常に重要な項目と覚えておきましょう。

なぜ限度額を増やせば低金利になるのか

イオン銀行カードローンは、限度額を増やせば自動的に設定された金利の範囲で契約できるシステムを使っています。

一番低い限度額である10万円だと、どれだけ頑張っても13.8%の金利で契約しなければなりません。

しかし限度額を増やしておけば、自動的に金利は引き下げられ、限度額の範囲に合わせた金利で契約が行われます。

限度額によって金利の数字は勝手に決められる形ですので、限度額が低いよりも高い方が圧倒的に契約条件はいいものになるのです。

特にイオン銀行カードローンのように、限度額によって金利の範囲を決めている商品の場合、限度額を高めたほうが圧倒的に有利です。

つまり低金利を狙いたいと考えるならば、イオン銀行カードローンでは限度額を引き上げる方法を取るべきなのです。

ただ、限度額を高くするには、厳しい審査を通過しなければなりません。

審査が厳しい傾向にあるイオン銀行カードローンでは、限度額を増やすというのはそう簡単にできることではありません。

限度額を増やすために、何が必要なのかしっかりと考え、申込を検討するのです。

限度額が足りないと感じるなら増額を

もし最初に提示された限度額に納得できないと考えるなら、イオン銀行カードローンの増額を希望するといいでしょう。

イオン銀行カードローンでは増額が認められており、希望している限度額まで審査を受ければ増額できる場合があります。

増額はイオン銀行のマイページから実施できるため、簡単にイオン銀行カードローンの増額手続きができます。

この増額の依頼を出し、イオン銀行側がいいと判断してくれた人には、限度額を引き上げてくれます。

限度額を引き上げてくれると、イオン銀行カードローンの金利も自動的に変更されます。

かなり限度額の数字が変更されると、低金利での契約が実現できるかもしれません。

注意したい点としては、イオン銀行カードローンの増額は非常に厳しいという部分です。

イオン銀行カードローンの新規申込よりもさらに厳しい基準で審査を受けるため、場合によっては条件がよさそうな状況でも落とされてしまいます。

イオン銀行カードローンを何度か利用して返済しておくほか、イオン銀行に不親切な状況を作らないようにするなど、安心して増額できるような信頼性を作りましょう。

イオン銀行カードローンの金利が高いと感じる場合は?

増額などが期待できず、金利の数字が減らないと考えるのであれば、より低金利の会社と契約する方法もあります。

イオン銀行カードローンは、低い限度額では低金利で借りられる場合もありますが、高い限度額では他社の方が低く金利を設定する場合があります。

より低金利の会社と契約したいのであれば、イオン銀行カードローンを完済してから契約を解除し、他社のカードローンと契約するといいでしょう。

先ほど紹介した金利の一覧を見ても、みずほ銀行や楽天銀行のように高い限度額で低金利を実現している会社もあります。

もし低金利で契約を狙っている場合は、イオン銀行カードローンの返済実績等をしっかり積み上げたうえで、他社の契約を考えてもいいでしょう。

ただ、低金利というのは同時に厳しい審査を受けることとなります。

イオン銀行カードローンの増額が期待できないのに、他社で限度額の高いカードローンを契約するのはかなり難しいのです。

そのためイオン銀行カードローンを長く利用して、地道に金利を下げていく方法を使ったほうが安心できるかもしれません。

イオン銀行カードローンの金利は他社よりも低い傾向にある

イオン銀行カードローンは、消費者金融に比べて金利は低く、銀行系カードローンとほぼ同じ金利採用しています。

銀行系カードローンは低金利で借りられる商品が多くなっていますが、イオン銀行カードローンも低金利で借りられる商品の1つです。

これからカードローンを選びたいと考える方は、他社よりも低い金利で契約されるイオン銀行カードローンを選んでもいいでしょう。

低金利のためには限度額を増やす必要もあります。

より高い限度額を狙えるように、収入や他社の借入等を減らしてから申込を行ってください。