イオン銀行カードローンはおまとめローンとして利用可能!どれくらい返済が楽になるのか?

公開日:

高い限度額を持っているイオン銀行カードローンは、おまとめローンとしても利用できる商品です。

おまとめローンは銀行が提供している特殊なローンです。

他社の借入を1つにまとめられるメリットを持つものの、おまとめローンで提供される商品はまとめる目的以外では使えないデメリットを持ちます。

しかしイオン銀行カードローンであれば、おまとめローンとしても利用できるほか、一般的なカードローンとしても使えるのです。

柔軟性の高い商品として使えるイオン銀行カードローンは、おまとめローン目的で契約しても将来的に使い続けられるでしょう。

ここではイオン銀行カードローンをおまとめローンとして利用する際の注意点や利用方法について紹介します。

イオン銀行カードローンはおまとめローンに使える?

イオン銀行カードローンはおまとめローン目的で利用できるカードローンです。

一部のカードローンは、おまとめローン目的での利用を禁止していますが、イオン銀行カードローンは使えます。

複数の借入を持っている人も、イオン銀行カードローンで1つにまとめれば、返済額を抑えられるかもしれません。

また、1社だけの契約を行っている人も、借り換えという方法で低金利の借入に切り替えられます。

イオン銀行カードローンは低金利で契約できるメリットがあるため、他社で高い金利が適用されている場合でも変更すればかなり金利が抑えられます。

低金利で契約したいと思っている人は、イオン銀行カードローンを選ぶと安心できるでしょう。

イオン銀行カードローンがおまとめローンに適している理由

なぜイオン銀行カードローンがおまとめローンに適しているのか、その理由を知ってから契約したほうがいいでしょう。

実はイオン銀行カードローンをおまとめローンとして契約すると、以下のメリットが得られます。

  • 限度額が高いため多くの借金をまとめられる
  • 低金利で借りられるので返済額が抑えられる
  • 月々の最低返済額がそこまで多くない
  • 即日融資のチャンスもある

このメリットを得られるため、イオン銀行カードローンでおまとめローンを使うと安心して借金の返済ができるのです。

なぜこのような理由を持っていうのかを詳しく説明します。

限度額が高いため多くの借金をまとめられる

イオン銀行カードローンは最大で800万円まで契約できるカードローンです。

限度額はイオン銀行カードローン側が審査を行って最終的に決定しますが、カードローンの限度額が高くなるというだけでもおまとめローンに適しています。

おまとめローンとして利用するには、借りられる限度額が多くなければなりません。

あまり借りられないカードローンに比べると、イオン銀行カードローンは高い限度額を持っており借りられる金額が多いのです。

多くのお金を借りられるのは、イオン銀行カードローンで1つに借金をまとめ、返済を行えるメリットを持っています。

つまりイオン銀行カードローンであれば、おまとめローン代わりに利用して、今まで借りていた金額を1つにできるのです。

カードローンでしっかりとお金を借り、1つにまとめて返済できるのはいいところでしょう。

低金利で借りられるので返済額が抑えられる

イオン銀行カードローンは低金利で借りられるカードローンの1つで、金利の低さでおまとめローンとして使えるメリットがあります。

イオン銀行カードローンの金利は3.8%から13.8%です。

この金利は銀行系カードローンにしてもそれなりに低い数字です。

消費者金融と比べると明らかに低く、特に限度額の低い借入では3%以上も差を付けているのです。

消費者金融で小さい借入額の契約を行っている人は、イオン銀行カードローンに切り替えると金利が大幅に下げられます。

低金利で借りるというのは、返済する利息が減少するメリットにつながります。

利息は元本を圧迫する厄介な存在で、できる限り小さく抑えられる方がいいのです。

利息を抑えられるイオン銀行カードローンであれば、おまとめローン目的として利用してもあまり多くの利息は生まれないでしょう。

月々の最低返済額がそこまで多くない

銀行系のカードローンの場合、月々に支払う返済額が多く設定される商品もあります。

中には月3万円以上の返済を要求される場合もあります。

返済額をしっかり確保できない人にとって、高い返済額を要求されるのは少し厄介な部分でしょう。

しかしイオン銀行カードローンであれば、月々の最低返済額を抑えられます。

イオン銀行カードローンは、月々の最低返済額を借りている金額によって決められます。

あまり借りていない場合は3,000円から返済できますし、多く借りている場合でも1万円や2万円程度の返済で抑えられます。

多くの返済をしなくても月々の返済ができるというのはいいところでしょう。

ただ、返済額を増やさなかった場合、イオン銀行カードローンの返済が長引いてしまったり、利息しか支払えない可能性があります。

できる限り返済をしっかり行って、なるべく多くの金額を返しておきましょう。

もし余裕があるなら、毎月2回目以降の返済である任意返済も有効に使い、元本を減らすと返済がスムーズに終わります。

即日融資のチャンスもある

イオン銀行カードローンは即日融資にも対応しています。

おまとめローンの契約は時間がかかり、即日融資を受けられない場合も多いのです。

しかしイオン銀行カードローンは審査が早く完了します。

さらにイオン銀行の普通口座を持っていれば、すぐに融資を受けられるのです。

ローンカードが発行されるまでの暫定処理として、マイページで手続きをするだけでお金を借りられる方針をイオン銀行は採用しています。

この機能を利用すると、イオン銀行カードローンで即日融資を受け、すぐにおまとめローンとして使えるのです。

おまとめローンの手続きは自分で行う必要があるものの、すぐに借りて低金利の商品に切り替えられるのはいいところです。

イオン銀行カードローンをおまとめローンで使う方法

イオン銀行カードローンでおまとめローンを利用する場合、流れを理解して契約したほうがいいでしょう。

流れを理解しないまま契約すると、間違った方法でイオン銀行カードローンのおまとめローンを使ってしまう場合があります。

間違った方法では、イオン銀行カードローンでおまとめローンができていない、もしくはおまとめローンを止められる可能性があります。

しっかりとおまとめローンの流れを理解して、間違えない方法で契約しましょう。

イオン銀行カードローンをおまとめローンとして契約する場合、以下の流れに沿って行います。

  • カードローンの審査を受ける
  • なるべく高い限度額を確保して審査を通過する
  • カードローンの融資を受ける
  • 他社の借入を返済する
  • イオン銀行カードローンの返済を行う

この流れさえ守れば、イオン銀行カードローンでおまとめローンを利用できるでしょう。

おまとめローンとして使う場合の流れについてここからは詳細に説明します。

カードローンの審査を受ける

まずはイオン銀行カードローンの審査を受けます。

申込内容に記入してイオン銀行に情報を送信してください。

この時に現時点で借りている額はしっかり記入しておきましょう。

借入額を無記入で送信したり、嘘の情報を送信すると審査に落とされてしまいます。

正しい情報をしっかり送信して、イオン銀行へ不信感を与えないようにするのです。

申込時には、おまとめローンとして使いたいという内容を記しておきましょう。

空いている欄などを有効に使って希望している方法を書いておけば、イオン銀行の担当者や保証会社の人もわかってくれるのです。

なるべく高い限度額を確保して審査を通過する

申込みが終わるとイオン銀行側が契約している保証会社が審査を担当します。

保証会社はあらゆる情報を確認して、イオン銀行に審査を通過させてもいいのか連絡します。

おまとめローン目的だった場合でも、保証会社の審査基準は変わりません。

厳しい審査を受ける傾向が多いので、申込時に悪い情報が多いと審査に落とされる点に気を付けておきましょう。

無事に審査を通過できるようであれば、イオン銀行から連絡が入ります。

この連絡によってどれくらいの限度額で契約できるかが示されます。

借入額を1つにまとめられるほどの限度額を確保しているようなら、イオン銀行カードローンでおまとめローンを使う1つの関門は通過できています。

後はおまとめローンとして使うため、個人的に手続きを行って1つにまとめましょう。

カードローンの融資を受ける

契約ができた後は、イオン銀行カードローンの融資を受けます。

イオン銀行の口座を持っている人は、イオン銀行のマイページから手続きを行い、カードローンの融資を受けてください。

銀行の口座がなければローンカードが送られてくるまで待ってください。

ここで注意したい点は、1日に借りられる金額は制限されている点です。

この金額は50万円までに設定されていますが、電話連絡によって100万円まで引き上げられます。

もし1日で100万円を借りたいのであれば、コールセンターに連絡して引き上げを要求してください。

無事に設定が変更されれば100万円まで借りられます。

100万円でも足りない場合は、翌日にもう1度100万円の範囲で借りて、おまとめローンで返済できるお金を確保してください。

他社の借入を返済する

借りたお金を使って他社の借入を返済します。

他社の借入はできる限り早く返済しておかないと、利息が増えてしまいます。

イオン銀行カードローンの融資を受けたのであれば、すぐに他社の借入返済に使い、数円でもいいから利息を抑えておきましょう。

なお、返済方法が口座引き落としだけのカードローンでは、すぐに返済できない場合があります。

その場合は返済用口座に必要なお金を入れて待つか、カードローンの会社に連絡を入れて一括返済ができないか相談してください。

イオン銀行カードローンの返済を行う

他社の返済が終わると、イオン銀行カードローンの借入だけが残ります。

この借入を毎月返済して、イオン銀行カードローンの返済を完了させるのです。

イオン銀行カードローンは、毎月の返済をATMと口座引き落としで行っています。

どちらの方法が自分に合っているのかしっかりと考えて、最終的に利用しやすい方法を選んでおくといいでしょう。

イオン銀行カードローンをおまとめローンで使う際の注意点

イオン銀行カードローンをおまとめローンとして使う場合、以下の注意点を守ってください。

  • 限度額が低いとおまとめローンにならない
  • 他社借入が極度額を超えるとおまとめローンに使えない
  • 返済遅延を起こすと金利が高くなる
  • カードローン以外のおまとめローンには不向き

この注意点を守らなかった場合、おまとめローンとして使えなかったり、返済額が急激に増えて返済が厳しくなる場合もあります。

しっかりと注意点を守ってから返済やカードローンの契約を考えてください。

限度額が低いとおまとめローンにならない

イオン銀行カードローンは限度額の高いカードローンですが、限度額は様々な要素によって決められます。

現在借りている残高も限度額に大きな影響を与える要素です。

借りている金額が多すぎると、イオン銀行カードローンが提示している限度額ではまとめきれない場合があるのです。

また収入が不足している場合、限度額を高められないため低い限度額が提示されてしまいます。

残されている借金よりも限度額が多いのであれば、イオン銀行カードローンをおまとめローンとして使えません。

おまとめローンとして使うなら、最低でもイオン銀行カードローンで現在借りている借金額よりも大きな限度額を確保しなければなりません。

限度額が足りない場合は、別の方法でおまとめローンを行ったほうがいいでしょう。

他社借入が極度額を超えるとおまとめローンに使えない

イオン銀行カードローンの極度額は800万円です。

極度額というのはローンで貸し出せる最大の金額を指します。

つまり800万円を超えるような借金を持っていると、イオン銀行カードローンでおまとめローンとしてもまとめきれません。

800万円を超えるような借金であれば、イオン銀行カードローンを使うのではなく、おまとめローン専用のローンを検討したほうがいいでしょう。

返済遅延を起こすと金利が高くなる

イオン銀行カードローンは遅延損害金が設定されています。

カードローンの返済が遅れてしまった場合、遅延損害金によって金利は上昇します。

イオン銀行カードローンの遅延損害金は14.5%です。

金利の数字としてはそんなに高くありませんが、おまとめローンのように多くの借入を行うなら別の話です。

1桁の金利が急に2桁の金利に変わってしまうと、返済が急激に難しくなってしまうのです。

返済額を増やす原因になるので、イオン銀行カードローンでおまとめローンを行った場合、返済の遅延は起こさないようにしてください。

カードローン以外のおまとめローンには不向き

フリーローンや不動産担保ローンなど、多くの金額が借りられるローンのおまとめローンとしてイオン銀行カードローンは使いづらい傾向があります。

消費者金融や他社の借入ならイオン銀行カードローンでも対応できますが、借りられる金額がカードローン以上になる不動産担保ローンは非常に難しいのです。

おまとめローンで1つにまとめられないほど高額なローンには、イオン銀行カードローンではなく別のローンを検討したほうが安心できるのです。

銀行が提供するおまとめローンとイオン銀行カードローンはどちらがいい?

銀行の中にはおまとめローンとして提供しているローンもあります。

おまとめローンを専門としているローンであれば、高額な借入にも対応できるメリットがあります。

さらに低金利で貸してくれる可能性があり、銀行系カードローンをまとめる際にも便利です。

銀行系カードローンをまとめたいと考えるなら、銀行が提供するおまとめローンを使ったほうがいいでしょう。

一方で消費者金融のように、金利が高くて借りる額が小さい商品なら、イオン銀行カードローンでもまとめられます。

消費者金融のおまとめローンとして使うなら、イオン銀行カードローンを考えてもいいでしょう。

イオン銀行カードローンはおまとめローン目的でも使える

返済額を減らせるほか、他社の借入を1つにまとめられるメリットを持つおまとめローンはとても使いやすいものです。

イオン銀行カードローンは、おまとめローンとしても使えるメリットがあり、少ない借入を1つにまとめるために活用できます。

おまとめローンとして使う場合、限度額を高くすると同時に、できる限り早期に契約して借金を1つにまとめるといいでしょう。

ただ、おまとめローンとしてまとめられないほどの金額を借りている場合、イオン銀行カードローンでは対応できないので気を付けてください。