イオン銀行カードローン審査で在籍確認が行われないケースもある?

公開日:

イオン銀行カードローンでは在籍確認が行われます。

カードローンでは定番とされている在籍確認ですが、イオン銀行カードローンもしっかり行っています。

在籍確認はイオン銀行が場合によって免除する場合もあり、必ずしも行われるわけではありません。

申込みの状況次第では在籍確認をせず、イオン銀行カードローンを発行する場合があります。

ここではイオン銀行カードローンの在籍確認について説明します。

イオン銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか?イオン銀行カードローン審査について徹底解説

イオン銀行カードローンは在籍確認を行う

イオン銀行カードローンは在籍確認を行います。

在籍確認が行われないというのはほぼあり得ないため、申込みを行った人の大半がイオン銀行カードローンの在籍確認を受けます。

在籍確認は融資を行うために信頼できるかを判断するために行われています。

従って在籍確認をしないで融資をする方針はイオン銀行カードローンではほとんど取られないのです。

イオン銀行カードローンが在籍確認を行う理由

イオン銀行カードローンが在籍確認を行う理由は以下の通りです。

  • イオン銀行カードローンの融資を受けられると確実に判断したい
  • 返済能力を有していると判断したい
  • 会社に関連する情報を偽っていないと確認する
  • アリバイ会社を使用していないか確認するため

以上の理由により在籍確認を行い、最終的にイオン銀行カードローンを利用できるか判断しているのです。

どうしてこのような理由で在籍確認を行うのか説明します。

イオン銀行カードローンの融資を受けられると確実に判断したい

イオン銀行カードローンは、信頼できる人に利用してもらいたいと考えています。

イオン銀行としては、より信頼できるという状況を確認するため、在籍確認を行うのです。

在籍確認により、会社で仕事をしていると判断し、本当に融資を行っても大丈夫と確信して、最終的に審査結果を通知しているのです。

信頼性のためにも、在籍確認は必要不可欠な項目であり、多くの場合イオン銀行カードローンの在籍確認は行われるのです。

返済能力を有していると判断したい

在籍確認を行う一番の理由は返済能力をしっかり有しているという部分です。

仕事をしている場合は、安定した収入を確保していると判断しており、返済は確実に実施できると考えられます。

イオン銀行カードローンを利用する人は、返済能力をしっかり持たせなければなりません。

その返済能力を確認するため、イオン銀行は在籍確認で会社に所属していると確認しているのです。

本当に会社で仕事をしていると確認して、イオン銀行としても信頼できる返済能力があると判断したいのです。

なお会社に所属していない場合、返済能力はほとんどないと判断され、審査に落とされます。

会社に関連する情報を偽っていないと確認する

稀に会社に関連する情報を偽り、本来であれば仕事をしていないのに仕事をしているように見せかける人がいます。

こうした嘘をついている人は、イオン銀行カードローンを利用できないように審査に落とさなければなりません。

しかし、書面だけでは会社で仕事をしているのか判断がつかないため、在籍確認によって確実に仕事をしていると判断したいのです。

在籍確認は、会社に関連する情報をしっかり確認し、本人の信頼性をしっかりと判断するためにも重要なポイントです。

会社の情報を偽ったとしても、電話による連絡さえ行ってしまえば簡単に見抜かれてしまうのです。

アリバイ会社を使用していないか確認するため

もう1つ偽る方法として、アリバイ会社を使うケースがあります。

アリバイ会社を知らない方が多いのでまずはアリバイ会社について説明します。

アリバイ会社というのは、仕事をしているように見せかけるため、必要な書類等を作成する会社です。

主に仕事を知られたくない夜の仕事で使われる傾向があります。

しかしアリバイ会社を利用した場合、本来であればイオン銀行カードローンは使えません。

会社に関連する情報を偽っている人には、カードローンを使わせないようにしているためです。

イオン銀行が在籍確認を行う背景には、アリバイ会社を使って会社を偽っていないか確認しているのです。

もしアリバイ会社を使っているのであれば、簡単に嘘をついていると判断できます。

在籍確認の電話は、あらゆる嘘を簡単に見抜けるのです。

イオン銀行が行う在籍確認の方法

イオン銀行カードローンは、在籍確認を電話によって行っています。

この電話については個人名義で連絡する傾向が多く、会社名義を使うケースはほとんどありません。

ただ、申込者が希望すると、イオン銀行という名称を使って電話連絡を行います。

希望する方はイオン銀行で連絡を入れてもらうといいでしょう。

電話による確認の手法

まず電話に出てくれるか確認します。

電話に出ない場合、会社が稼働していない、もしくは嘘の会社だった可能性があります。

その場合は時間を置いてもう1度連絡を入れます。

電話に出た場合は、申込みをしている人が本当に在籍しているか確認を取ります。

多くの場合は申込者の名前を出して、会社に居るのか聞いています。

会社側が本人が在籍している、もしくは本人に代わるという内容を告げれば、ほぼ在籍していると判断できます。

在籍が確認出来た時点で、後日電話するという内容を告げて電話を切ります。

電話に出るように会社側が伝えても、後から連絡するのでと告げて電話を切る傾向が多いのです。

つまり本人が電話に出る必要はありません。

なお、本人が休みだった場合でも在籍確認は行われます。

この場合は本人が職場にいないものの、在籍していると判断できれば在籍確認は終了します。

イオン銀行カードローンの在籍確認で失敗するケース

イオン銀行カードローンは、在籍確認に失敗し、審査に落とされる場合があります。

審査に落とされた場合は、カードローンも利用できないのでとても嫌な印象を受けるでしょう。

どうして審査に落とされてしまうのか、その理由を知ってから申込を考えてください。

実際に在籍確認が理由で落とされる理由は以下の通りです。

  • 会社に在籍していなかった
  • 長期休暇中だった
  • 電話で誤った回答をされて審査に落とされた

以上のケースで落とされる場合があります。

なぜ落とされるのかここから詳しく説明します。

会社に在籍していなかった

会社に在籍していない場合は、安定した収入を確保していないだけでなく、虚偽の記載をイオン銀行に対して行ったため、審査に落とされてしまいます。

在籍確認の連絡で、本人は会社に所属していないと告げられた場合、嘘をついたとこの時点で判断します。

嘘をついている人にはお金を貸せないと判断し、イオン銀行カードローンの審査は通過できないのです。

虚偽の記載で会社で仕事をしているように見せかけた場合、もしくはアリバイ会社による偽装工作は審査に落とされてしまいます。

長期休暇中だった

会社に所属しているのはいいものの、何らかの理由で長期休暇を取っていた場合は審査に落とされてしまいます。

特に半年以上も仕事を休んでいた場合、勤務実績がないと判断されて審査に落とされるのです。

長期休暇に該当する理由としては、以下の事例が考えられます。

  • 病気により療養中だった
  • 育児休暇を取っていた
  • 会社から停職処分を受けていた

以上の事例では、直近で働いているとみなされないため、審査に落とされます。

長期休暇の場合、安定した収入を確保していると判断できないケースが多く、収入面の問題で審査に落とす傾向が多いのです。

また、長期休暇を取っているケースでは、会社側が現在仕事に出ていませんと告げています。

会社が仕事に出ていないと告げた時、安定して仕事をしていると判断されないケースもあります。

長期休暇の場合は在籍確認が取れない、もしくは在籍確認はできるが仕事に関連する状況が良くないと思われるため、大半のケースで審査に落とされてしまいます。

電話で誤った回答をされて審査に落とされた

これは会社側の問題で審査に落とされた場合です。

本来なら休みだった場合、本日は休みで会社に出勤していないと説明する会社が多くあります。

ところが一部の会社では、本人が会社にいませんという内容を告げてしまいます。

会社にいないという言葉は、会社にも在籍していないと捉えられる可能性があるのです。

イオン銀行側が間違って捉えてしまったため、在籍確認が理由で審査に落とされてしまいます。

この場合はイオン銀行に説明すると審査を通過できる場合があります。

ただ、イオン銀行は本人に連絡を入れない傾向もあるため、会社側の説明が不十分だと審査に落とされるのです。

イオン銀行カードローンの在籍確認を免除する方法

本来なら在籍確認は絶対に必要です。

専業主婦以外は在籍確認を受けることになるでしょう。

しかし、在籍確認を免除されるケースがあります。

その状況は以下の通りです。

  • 土日に申込みを行う
  • すでにイオン銀行の口座を持っている
  • 年収がかなり高い
  • 安定した職業だと確認できる
  • 他社借入や件数が少ない

これらの理由で在籍確認を免除される場合があります。

必ずしも在籍確認を免除されるわけではないので、参考程度に考えてください。

なぜ在籍確認を免除できるのかを説明します。

土日に申込みを行う

土日に申込みを行うと、イオン銀行が在籍確認を行えず、しばらく待たなければなりません。

多くの会社は土日になると会社が稼働していないため、電話による確認ができないのです。

何度か電話を入れても在籍確認が取れない場合、これ以上時間をかけるわけにはいかないと判断し、審査を通過させるケースがあります。

ただ、在籍確認をしなくても審査を通過できるほど、安定した申込内容が必要です。

土日に申込みをするだけでは、在籍確認を免除できないと考えてください。

すでにイオン銀行の口座を持っている

既にイオン銀行の口座を持っていると、ある程度の情報は口座作成時に確認できたと判断します。

口座の作成時典とあまり情報が変わっていないと判断できる場合は、在籍確認をしなくても安心だと判断し、審査を通過するケースがあります。

土日に審査を行った場合、電話による在籍確認ができない時は、イオン銀行の口座作成時の情報等を確認する場合があります。

もしイオン銀行の口座と会社名義が同じであれば、特に問題なしと判断して在籍確認を行わない場合もあるのです。

年収がかなり高い

安定した収入を確保している場合、在籍確認しなくても返済されると判断し、在籍確認を免除する場合があります。

特に年収が1000万円を超えてくると、相当な収入を持っているので不安がないとイオン銀行は判断するのです。

高い年収を持っている人は、在籍確認を免除する可能性が高いと考えてください。

ただ、自営業や会社の社長など、在籍確認が必要と判断されれば在籍確認が行われます。

安定した職業だと確認できる

先ほど説明した通り、自営業や社長、更には不安定な職業と判断されれば在籍確認は必要です。

正社員として仕事をしており、しかもかなり高い収入を持っている大手の企業であれば、在籍確認をしないケースがあります。

安定した仕事先、そして雇用形態で仕事をしている人は、在籍確認をしなくても信頼できると判断されるのです。

他社借入や件数が少ない

お金を借りている人は信頼できると言えません。

在籍確認免除のためには、借金をしていないと示さなければなりません。

申込時に他社借入を持っていない場合、借金をしていないので信頼できると判断されます。

ただ、収入面で微妙だと判断されたり、職業的に確認が必要であれば借金がなくても在籍確認は行われます。

また、借金については信用情報を確認すると簡単にわかります。

申込内容には借金が書かれていないものの、信用情報に借入をしていると書かれていた場合、嘘をついたとして審査に落とされてしまいます。

借金も虚偽の記載は絶対にやめましょう。

イオン銀行カードローンは在籍確認がしっかり行われる

イオン銀行カードローンは在籍確認がしっかり行われるため、在籍確認をしっかり行える準備を進めておきましょう。

会社が稼働しているタイミングを見計らって申込をするなど、審査の時間を長引かせない対策もしっかり考えてください。

在籍確認を免除されるケースは非常に少ないため、在籍確認が行われる前提で申し込みを考えたほうがいいでしょう。