イオン銀行カードローンの限度額を増額する方法は?増額審査は厳しいのか

公開日:

イオン銀行カードローンは増額で限度額を増やせます。

最初に提示された限度額に不満を持っている方は、限度額を増額してより使いやすいカードローンに変えるといいでしょう。

しかし、イオン銀行カードローンの増額は審査基準が厳しく、審査を通過できない場合も多々あります。

色々な理由で審査に落とされると理解しつつ、増額をするなら必要な条件を満たしておきましょう。

ここではイオン銀行カードローンの増額について説明します。

イオン銀行カードローンの増額方法は?

イオン銀行カードローンは、マイページから増額が可能です。

コールセンターに連絡を入れて審査を受ける方法ではありません。

自分が希望しているタイミングでイオン銀行カードローンの増額依頼を出せるのはいいところでしょう。

これから増額を希望している方は、イオン銀行カードローンの増額までに必要な流れを知って、その手順通りに審査を受けましょう。

イオン銀行カードローンの増額までに必要な手順を紹介します。

マイページから増額のバナーをクリック

イオン銀行カードローンのマイページに入ると、大きなバナーが掲載されています。

このバナーの1つがイオン銀行カードローンの増額依頼を出せるページです。

バナーに増額と書かれている項目が見つかったのであれば、バナーをクリックして増額手続きのできるページに入ってください。

なお、スマホの場合はバナーをタップすれば増額手続きが可能です。

増額の手続き画面で必要情報を入力

増額手続きの画面では、必要な情報を入力します。

基本的な情報は既に登録されているため、個人情報や勤務情報を入力しなくても大丈夫です。

必要な情報は増額を希望する金額です。

どれくらいまで増額したいと考えているか、イオン銀行に示さなければなりません。

増額の金額と増額に関連する情報の確認を行い、増額の申込を完了させましょう。

収入証明書の提出を行う

増額を希望する方は収入証明書が必要です。

収入証明書は50万円以上の限度額を希望する場合、必ず出さなければなりません。

収入証明書を提出しない場合、増額審査に落とされてしまいます。

従って収入証明書はどのような場合でも絶対に提出しなければならないのです。

収入証明書は源泉徴収票や確定申告書、更には住民税確定通知書が該当します。

該当している書類をスキャナで取り込み、アップロードによってイオン銀行に提出してください。

数日後に審査結果が通知される

カードローンの新規申込とは異なり、増額審査の場合は数日間の審査が行われます。

審査が終わるまではゆっくりと待ってください。

審査完了後はメールによって増額審査の結果が通知されます。

増額が認められた人は、増額される金額と金利が示されています。

審査に落とされた場合は増額ができなかったと通知され、限度額は変更されません。

メールの内容は最後まで確認して、審査を通過できたのかしっかりと把握しておきましょう。

イオン銀行カードローンの増額は厳しいのか

イオン銀行カードローンの増額審査は厳しい傾向にあります。

なかなか審査を通過できず、審査に落とされる人が多くいます。

ちょっとした増額でもイオン銀行カードローンは審査に落とすくらい、厳しい判断を審査で行っています。

審査を通過したいのであれば、しっかりと条件を満たし、イオン銀行に大丈夫と思われなければなりません。

審査に落とされてしまった場合、増額は認められないどころか、今後の増額にも影響が出てしまいます。

審査に落とされるような内容で増額を依頼しないように気を付けておきましょう。

イオン銀行カードローンが増額を厳しくする理由

書類を見て悩む男性

イオン銀行カードローンが増額審査を厳しく見ている背景には、以下の理由があります。

  • 増額により借金額が増える可能性が高いため
  • 増額して返済されない問題を防ぐため
  • 保証会社に審査の基準を厳しくするように伝えているため

この理由により、審査基準を新規申込時よりかなり厳しくしており、なかなか審査を通過できないのです。

なぜこの理由によってイオン銀行カードローンの増額は難しいのか説明します。

増額により借金額が増える可能性が高いため

増額を簡単に行える場合、増額によって借金をする人がさらに増えます。

同時に1人当たりの借金も増加してしまいます。

借金は会社にとってメリットのあることですが、あまりにも多くの人に大金を貸している状況では、イオン銀行と言えどもお金の面で不安が残ります。

そこで簡単に増額をさせないようにして、一定の基準を満たした人だけが増額を受けられるようにしています。

借金額が増えると、別の問題がイオン銀行に生じてしまうため、その問題を防ぐために増額は簡単にできないようにしているのです。

増額して返済されない問題を防ぐため

増額を行った人が、返済できないほどの借入ができないようにするため、増額審査はかなり厳しい判断を行っています。

もし簡単に増額ができるようにすると、増額によって大金を借りた人が、返済できない状況を作るかもしれません。

増額で返済できない状況を作ってしまった場合、イオン銀行には利益ではなく損失が発生してしまいます。

しかも多くの人が返済できないとなれば、イオン銀行は課した金額の分だけ損を出している形になり、カードローン事業で利益を得られません。

そこである程度条件を満たした人だけに多くの借入を認め、あまりにも審査基準に該当していない人は認めないようにしています。

ルールを明確にしたことで、増額によって返済されない問題点が起きないようにしているのです。

保証会社に審査の基準を厳しくするように伝えているため

イオン銀行としては、増額を簡単に認めるわけにはいきません。

しかし増額審査を担当しているのは保証会社です。

保証会社が問題なしと判断した場合、余程のことがなければイオン銀行は増額を認めています。

この保証会社に対して、イオン銀行側から厳しい審査を行うように要請しており、増額については普段よりも厳しい内容で審査が行われます。

保証会社である程度増額を止めてもらい、イオン銀行が駄目だと思っている人に増額させないようにしているのです。

イオン銀行は、保証会社側にも厳しい対応を要求しているため、イオン銀行が求める状況で増額審査を行えるのです。

イオン銀行カードローンの増額審査を通過するには

イオン銀行カードローンの増額審査を通過するには、当然ですが条件を満たさなければなりません。

条件を満たしてようやくイオン銀行カードローンの増額が認められるのです。

増額を希望している方は、以下の条件をクリアしなければなりません。

  • イオン銀行カードローンを利用している
  • イオン銀行カードローンの返済実績を持っている
  • 申込時より収入が多い
  • 申込時から他社借入を大幅に減らしている
  • 信用情報が改善される
  • イオン銀行で問題を起こしていない

以上の条件をしっかり満たさないと、増額審査を通過できません。

紹介した条件が増額審査で必要な理由を説明します。

イオン銀行カードローンを利用している

イオン銀行カードローンを発行しているだけでは、増額審査を受けても審査を通過できません。

イオン銀行としては、カードローンを利用して利益に貢献しているかどうかが重要なのです。

何も利用していない人に対して、イオン銀行は増額を認めていません。

従って最低1回以上のカードローン利用は行わなければなりません。

ただ、カードローンを利用しているだけでは審査を通過できない場合が多いのです。

カードローンを使うとなれば、次の条件もしっかりと満たしておく必要があります。

イオン銀行カードローンの返済実績を持っている

イオン銀行カードローンでお金を借りた場合、返済しなければなりません。

返済の実績というのは、イオン銀行側に残されている情報で、情報を確認しながら増額審査の判断を下しています。

返済実績を持っていない人は、イオン銀行側に信頼性の高い情報を提供できていないため、審査に落とされてしまいます。

増額審査の場合は、最低でも1回以上の完済実績が必要で、1度は借りて返済するようにしてください。

1度も返済が完了していないのに増額を依頼している場合や、返済途中の状況でまだ完済していると言えない場合は、審査に落とされる可能性が急激に高まります。

申込時より収入が多い

増額のためには、収入面での改善も必要です。

増額を希望している方は、現在の収入よりもなるべく多くの収入を確保して、増額しても返済できる能力を持っているように示します。

収入が申込時と大体同じだった場合、返済実績がしっかり残されていれば多少の増額は認められます。

しかし収入が申込時よりも明らかに減っている場合や、返済している実績がないのに収入が変わっていない場合、審査に落とされてしまいます。

審査を通過するには、収入を少しでも増やして、より安定した収入を確保できているとイオン銀行に知ってもらう必要があります。

できれば申込時より1割程度収入を増やしてから審査を受けるといいでしょう。

申込時から他社借入を大幅に減らしている

申込時に残されていた借金額は、増額にも影響を与えてしまいます。

増額時にも借金が残されている場合、増額審査を通過できません。

審査を通過したいと考える方は、増額審査前に他社の借入はすべて返済しておきましょう。

返済できない場合は、残っている借入額を大幅に減らして、返済がスムーズに進んでいるように示さなければなりません。

返済状況は信用情報機関を通じてイオン銀行が得ています。

現時点での返済状況をある程度確認し、問題がなければ増額を認めてくれるでしょう。

収入があまり増えていなかった場合でも、イオン銀行カードローンを発行した際に残っていた借金がなくなると、増額審査で限度額が増える場合もあります。

信用情報が改善される

信用情報が悪いままだと、イオン銀行カードローンの増額審査は通過できません。

過去の延滞を起こしている場合や、遅延が続いている情報が残されていれば、増額審査を通過できるチャンスは失われます。

信用情報が改善されなければ、増額審査を通過できないのです。

過去に残されていた問題となる情報が消えていくと、増額審査では悪い情報がなくなっているため、イオン銀行カードローンの増額が認められる場合もあります。

ただ、残されている情報の数が多すぎる場合、信用情報が元々悪いと判断されて、増額どころか減額される場合もあるので注意してください。

なお、信用情報が元々いい状態だった人は、信用情報に悪い情報が1つでも掲載されていなければ問題ありません。

イオン銀行で問題を起こしていない

イオン銀行に対して借金の返済を延滞している場合、もしくはイオン銀行に不利益となる行為をしている人は、イオン銀行カードローンの増額ができません。

この場合はイオン銀行が増額依頼を出してきた段階で、限度額を減らす可能性が非常に高いのです。

イオン銀行に対して問題を起こさないようにして、信頼できる状況を常に作っておくといいでしょう。

そのためには毎月の返済はしっかり行うこと、もし返済できない場合は連絡を入れて早めに返済する努力をするなど、より高い信頼を確保できるようにしてください。

1つでも悪質と思われる問題があれば、イオン銀行カードローンの増額はほぼ不可能です。

イオン銀行カードローンの増額審査はすぐに終わらない

腕時計を見て焦る男性

イオン銀行カードローンの増額審査が完了するまでには、少し時間がかかります。

短時間で完了させられる新規の申込と違い、増額審査は過去の情報などをしっかりと確認し、問題なしと判断されなければ増額できません。

審査の情報は社員がしっかりと確認してから判断するため、より多くの時間を必要とします。

従って1日で増額審査が終わるという状況は起こらないのです。

最低でも3営業日程度は待たなければなりません。

ただ、3営業日程度で終わる人はスムーズに審査が終わっている人に限ります。

少しでも情報に問題がある、増額できるか微妙なラインであれば、さらに時間はかかってしまうでしょう。

場合によっては1週間程度待たされる可能性があります。

かなり時間がかかっているようなら、増額できるか微妙なところだと考えてください。

イオン銀行カードローンで増額できなかった場合は

増額審査にただ落とされているだけなら特に問題はありません。

その場合はイオン銀行カードローンをしっかりと使って、ある程度間をあけてからもう1度審査を受けてみましょう。

増額できなかった場合でも、間を空けてしっかりと条件を満たせば、もしかしたら増額できるかもしれません。

しかし、増額できない人の中には、以下の問題が発生するケースもあります。

  • 限度額が引き下げられる可能性もある
  • あまりにもイオン銀行に対して問題を起こしていた場合は契約を切られる

このようなリスクも増額審査には絡んでいるので、リスクを理解してから増額審査を受けたほうがいいでしょう。

なぜ上記の2つが増額審査で起きてしまうのかを説明します。

限度額が引き下げられる可能性もある

イオン銀行に対して問題を起こしていた場合、本来の限度額よりも低い限度額に設定し、増額審査なのに減額される場合もあります。

減額される理由に該当するのは以下の通りです。

  • 信用情報が悪化している
  • 他社の借入が増えている
  • 収入が減少している
  • イオン銀行に信頼を失う行為を行った

以上の理由が限度額を引き下げられる状況です。

特に信用情報の悪化は、イオン銀行に対して信頼できないと判断されるため、場合によっては大幅に減額されてしまいます。

他社の借入増加や収入の減少は、気を付けていれば特に起きる問題ではありません。

しかし何らかの理由で借入が増えたり、収入が減ってしまうと限度額は減らされてしまいます。

ちょっとした問題なら許してくれますが、大きな問題となった場合は増額審査で減額される恐れもあると考えてください。

あまりにもイオン銀行に対して問題を起こしていた場合は契約を切られる

先ほど紹介した理由が1つでも見つかるようなら、減額されるリスクが出てしまいます。

しかし、それ以上に厳しい判断を受けるケースもあるのです。

イオン銀行カードローンを利用している際、イオン銀行に不利益を与える行為を続けた人は、増額審査を受けたタイミングで契約を解除されてしまいます。

一番の原因はイオン銀行カードローンの返済を行っていないためです。

イオン銀行カードローンの返済を滞納している、もしくは遅延して支払いができていない人は、増額どころか契約を切られてしまいます。

契約を切られた場合は、イオン銀行カードローンを使えなくなります。

同時にイオン銀行に対して、カードローンで借りたお金を全額返済するように求められます。

大金を借りていた場合、イオン銀行カードローンを一括で返済するのはかなり難しい状況です。

従って増額依頼を出す場合は、イオン銀行カードローンで問題を起こさないほうがいいでしょう。

また、債務整理等を行った場合も勝手に契約を解除されてしまいます。

もし債務整理等を行って契約を解除されず、イオン銀行カードローンの増額依頼ができた場合でも、増額依頼を出したタイミングで契約は切られてしまいます。

イオン銀行に問題となる行為を行ってしまうと、契約自体を着られる恐れもあると考えておきましょう。

増額できなかった場合の対処法

増額できなかった場合は、別の商品への申込を行い、即日で融資を受ける方法もあります。

一見すると多重債務のように思われますが、イオン銀行カードローンを利用していなければ、多重債務には該当しないのです。

特に利用したいのは消費者金融です。

消費者金融は借りるまでの時間が早いだけでなく、審査基準がイオン銀行カードローンの増額より圧倒的に甘くなります。

イオン銀行カードローンの増額で審査に落とされる人も、消費者金融に変更すると簡単に借りられるかもしれません。

1つ注意しておきたいのは、多重債務のリスクを理解することです。

多重債務となった場合は、返済が難しい状況を作りだしてしまいます。

多重債務をなるべく作らないように、イオン銀行カードローンの返済等を行ってから、消費者金融の審査を受けると安心です。

ただ、多重債務のリスクよりも、すぐに借りられる利点の方が大きく、すぐにお金を必要としているなら消費者金融へ多重債務覚悟で申し込みを行いましょう。

イオン銀行カードローンの増額は丁寧な下積みが必要

イオン銀行カードローンの増額は非常に難易度が高く、なかなか増額を認めてくれません。

クレジットカードの増額と異なり、簡単に増額させてくれる状況は作ってくれないのです。

1つ1つの下積みによって、よりイオン銀行に信頼されなければ審査は通過できないでしょう。

どうしても審査を通過できずに困っているなら、消費者金融への申込を検討してください。

消費者金融ならイオン銀行カードローンの増額より簡単に利用できる枠を設けてくれます。

多少リスクのある方法ですが、増額できない時は別の借入を検討し、新しく枠を設けてもらうといいでしょう。