常陽銀行カードローンはおまとめローンとして利用できる?フリーローンの方がおまとめ向き?

更新日:

常陽銀行カードローンは、おまとめローンとしても使いやすいスペックを持っています。

おまとめローンとして利用する方法を考えてもいいでしょう。

ただ、常陽銀行にはカードローンよりもフリーローンの方がおまとめローンに適しています。

フリーローンと契約した方が多くの借金をまとめられるメリットを得られるでしょう。

ここでは常陽銀行カードローンを使ったおまとめローンについて説明します。

常陽銀行カードローンはおまとめローンとしても期待できるスペック

常陽銀行カードローンはおまとめローンとして使えます。

限度額が高いこと、そしておまとめローンでも使いやすい低金利のカードローンだからです。

借金返済に悩んでいて、どうしても辛い状況が続いているようなら、常陽銀行カードローンを利用してもいいでしょう。

常陽銀行カードローンがおまとめローンとしても使いやすい理由

常陽銀行カードローンがおまとめローンとしても使いやすいのは、以下の理由があるからです。

  • 低金利で借りられる
  • 限度額がそれなりに高い
  • カードローンでおまとめ目的が一応認められている

以上の理由により、常陽銀行カードローンはおまとめローンとしても使いやすいのです。

借金で困っているなら、常陽銀行カードローンでまとめてみるのもいいでしょう。

なぜ常陽銀行カードローンが使いやすいのか、詳しく説明します。

低金利で借りられる

常陽銀行カードローンは、金利が2.5%~14.8%の間で借りられます。

金利が2.5%というのは、銀行系のカードローンでもなかなか実現しない数字です。

かなり低金利で借りられる可能性が高く、限度額さえ高くすれば利息を大きく抑えられるでしょう。

しかも限度額によって金利が設定される仕組みを採用しています。

限度額が高ければ高いほど、金利を劇的に下げられる可能性を秘めているのです。

低金利でおまとめローンをしたい方には常陽銀行カードローンがおすすめでしょう。

限度額がそれなりに高い

限度額は決して高いわけではありませんが、300万円まで確保されています。

限度額が300万円もあれば、他社借入をまとめられる金額は確保できるでしょう。

消費者金融やカードローンによって借りた金額であれば、常陽銀行カードローンでも対応できます。

大きな借入には対応できないものの、小さい借入については対応できる可能性が高く、安心しておまとめローンが使えます。

カードローンでおまとめ目的が一応認められている

常陽銀行カードローンは、おまとめローン目的で使っても大丈夫なルールを定めています。

おまとめ目的で利用させてくれないカードローンもありますが、常陽銀行ではカードローンでもおまとめローンを認めているため、借金をまとめられるのです。

借金をまとめられる方法がなくて困っている方にも安心できますし、何よりも申し込んだ後におまとめローンとして使えない問題が起こらないのはいいでしょう。

常陽銀行カードローンよりも優れたローンがある?

常陽銀行カードローンも確かにおまとめローンとして使えるのですが、もっと向いているローンがあります。

それは常陽銀行フリーローンです。

常陽銀行はカードローンも提供していますが、フリーローンも提供している会社です。

フリーローンは用途が自由ですし、おまとめローンへ適したスペックをカードローンよりも確保しています。

常陽銀行カードローンを利用するより、常陽銀行フリーローンを使ったほうがおまとめにはいいかもしれません。

なぜ常陽銀行フリーローンの方が優れているのか

なぜ常陽銀行カードローンよりも、常陽銀行フリーローンの方がおまとめローンとして優れているのか、その理由は以下の通りです。

  • 金利がカードローンよりも圧倒的に低い
  • 限度額もカードローンより高い
  • 借りられる期間が10年と長い
  • 自由に使える利便性

上記の理由により、おまとめローンとして使いやすいスペックをフリーローンの方が持っているのです。

どうして上記の理由が生まれるのか詳しく解説します。

金利がカードローンよりも圧倒的に低い

一番の理由は、常陽銀行カードローンよりもフリーローンの方が低金利で借りられるからです。

常陽銀行カードローンは、最大で金利が14.8%とやや高い数字が設定されています。

一方で常陽銀行フリーローンの金利は3.975%~4.975%です。

この金利は変動金利が採用されているものの、明らかにカードローンよりも低い金利が採用されています。

より低い金利で借りられれば、他社借入の金額をまとめても利息が増えず、本来の返済額よりも小さい金額で返済できるのです。

この返済額を抑えてくれるという部分が、常陽銀行カードローンよりもフリーローンが優れている理由です。

限度額もカードローンより高い

限度額もカードローンよりも高い500万円に設定されています。

カードローンは300万円までしか対応していない常陽銀行では、フリーローンを使ったほうが多くの借入をまとめられるのです。

しかも500万円まで借りられて低金利が実現しているというのはかなり大きなことでしょう。

常陽銀行カードローンではまとめられないほどの借金も、常陽銀行フリーローンを使えば簡単にまとめられるのです。

借りられる期間が10年と長い

常陽銀行カードローンは、借りられる期間が3年間で、3年後に残高が残っていると自動的に更新される仕組みです。

しかし常陽銀行フリーローンであれば、契約期間が最長10年と長く設定されています。

常陽銀行カードローンの方が契約期間は長くとれるように思われますが、カードローンが自動的に更新される問題があり、更新のタイミングで審査に落とされる可能性もあります。

一方で常陽銀行フリーローンは、審査を通過すれば10年間は返済できるのです。

安心して契約できるという部分では、常陽銀行フリーローンの方が優れているのです。

自由に使える利便性

おまとめローンとして使っても問題ない自由に使える利便性が常陽銀行フリーローンの良さです。

色々な用途で使えるので安心して契約できる点もいいところでしょう。

常陽銀行カードローンも自由に使えますが、常陽銀行フリーローンはさらに自由に使える良さを持っているのです。

常陽銀行のカードローンとフリーローンを比較

常陽銀行カードローンとフリーローンの違いを一目でわかるよう、表にしてみました。

スペック 常陽銀行カードローン 10年間
限度額 10万円~300万円 1万円~500万円
金利 2.5%~14.8% 3.975%~4.975%
契約期間 3年間(自動更新) 10年間
保証会社 アコム株式会社 常陽銀行保証
用途 自由(一部制限あり) 自由(事業資金以外)

以上のように、常陽銀行カードローンとフリーローンは違いがあります。

大きく違うのはやはり金利かもしれません。

金利の数字ですが、常陽銀行フリーローンの基準は一番高い4.975%です。

それでも常陽銀行カードローンよりもかなり金利が低いので、おまとめローン目的で使えば相当な得をするでしょう。

保証会社もフリーローンは常陽銀行の保証会社が担当するため、より安心して契約できるかもしれません。

常陽銀行でおまとめローンをするための審査基準

どのような方法を利用しておまとめローンを使う場合でも、審査基準では他社借入以上に返済能力が重要になります。

返済能力を持っていないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいのであれば、まずは返済能力を示せるように心がけましょう。

さらに審査を通過するために、信用情報や在籍確認など、安心して契約できるように確認作業をしておきましょう。

安心して契約できる状況さえ作れば、問題なく常陽銀行フリーローンの契約が可能です。

常陽銀行フリーローンを使うための審査対策

ここからは常陽銀行フリーローンを利用したい方の審査対策を説明します。

どうしても審査を通過できるか不安に感じている方は、以下の対策を使ってみましょう。

おまとめローン目的だと伝える

常陽銀行フリーローンの利用目的でおまとめローンとして使いたいと説明しておきましょう。

おまとめローン目的とわかれば、常陽銀行側が他社借入に関連する項目で審査落ちを通告する可能性が劇的に減ります。

他社借入が問題でなかなか審査を通過できないと考えているなら、まずはおまとめローン目的で利用したいと告げたほうがいいでしょう。

申込内容で記述できる項目がある他、備考欄などを使えば簡単に説明できるので、必要であれば記入したほうがいいでしょう。

安定した返済能力を伝える

返済能力がなければ審査を通過できません。

審査を通過したいと考えているなら、安定した返済能力をしっかり伝えておきましょう。

安定した返済能力がないと判断されれば審査に落とされます。

収入面で安定した収入を確保するほか、他社借入を返済できるほど収入面で余裕を持っている申込内容に仕上げましょう。

ただ、いいように見せたいからという理由だけで、虚偽の記載をしないように気を付けてください。

信用情報等に問題がない

信用情報に問題があると審査に落とされます。

過去に利用している状況が良くない場合は、常陽銀行フリーローンの審査を受ける前に利用できるのか考えたほうがいいでしょう。

審査落ちが嫌ならマイナスの情報が消えるまでゆっくり待ったほうが安心できます。

在籍確認や本人確認の電話についてもしっかり対応できるように気を付けてください。

電話に出ない場合は審査に落とされてしまいます。

1つ1つの確認作業は重要ですので、確実に電話に出ておきましょう。

常陽銀行カードローンよりもフリーローンでおまとめローンを

常陽銀行カードローンよりも常陽銀行フリーローンの方がおまとめローンとしては使いやすく、借金を1本化するならとても便利でしょう。

少額であれば常陽銀行カードローンを使う手もありますが、フリーローンでも少額の借入が可能ですので、使えるならフリーローンの方が安心です。

フリーローンは審査基準が厳しいので、しっかり対策をしてから審査を受けるように心がけましょう。