常陽銀行カードローンの審査は甘い?審査に落ちるのはどんな人?

更新日:

常陽銀行カードローンは、決して審査が甘いカードローンではありません。

低金利で貸しているカードローンである以上、審査は厳しい傾向にあります。

厳しい審査を通過しないと常陽銀行カードローンを使えないものと考えておきましょう。

ここでは常陽銀行カードローンの審査について説明するほか、保証会社等の情報も紹介します。

常陽銀行カードローンの審査基準は?

常陽銀行カードローンでは、以下の審査基準を持っています。

  • 安定した収入
  • 安定した勤務状況
  • 借金の問題がない
  • 信用情報に問題なし
  • 常陽銀行のサービスを利用している
  • 常陽銀行へ問題を起こしていない
  • 対象エリア内であること

以上の審査基準に沿って常陽銀行カードローンの審査が実施され、すべて満たしている人は審査を通過できます。

1つでも条件が満たされていないと審査に落とされてしまうので気を付けておきましょう。

ここからは審査基準について詳しく説明します。

安定した収入

収入が安定していない人は審査に落とされてしまいます。

安定した収入というのは、毎月しっかりと収入を得ており、返済できる能力を持っていると判断される状況です。

常陽銀行カードローンでは、安定して200万円程度の収入があれば、それなりの限度額を確保できます。

不安定な収入だと、どれだけ多い収入を確保していた場合でも限度額は一番低い数字に設定される可能性もあります。

100万円以下の年収では、常陽銀行カードローンの審査はかなり厳しいので気を付けておきましょう。

審査を通過するには、最低でも150万円以上、できれば200万円程度の収入は確保したいところです。

安定した勤務状況

仕事の安定性も重要なポイントです。

安定して仕事を続けていない場合は審査に落とされてしまいます。

転職等を繰り返し、仕事をしている期間が1年未満の場合は借りられません。

最低でも1年以上の勤務年数が必要です。

勤務年数をしっかりと確保するために、安易な転職は避けたほうがいいでしょう。

転職後は厳しい審査を受けますので、しばらく仕事を続けて実績を作るように心がけてください。

借金の問題がない

他社借入に関連する問題を起こしている人も審査に落とされてしまいます。

他社借入というのは、金額だけではなく件数も影響しています。

他社借入金額が多すぎる場合、他社借入件数が多くてこれ以上貸せないと判断されれば、審査に落とされてしまいます。

審査に落とされないためには、他社借入を制限して、あまり多くの金額を借りないようにしましょう。

借入額が0円になっていれば、審査ではかなり有利です。

お金を借りているなら、できる限り返済してから常陽銀行カードローンの審査を受けてください。

信用情報に問題なし

過去に利用しているカードローンなどが理由で、信用情報に問題が起きていると審査に落とされます。

信用情報は様々な情報が掲載されており、過去に利用しているカードローン等の悪い情報も残されています。

以前に利用したカードローンなどが原因で、滞納や遅延を続けている場合、信用できないので審査に落とされてしまうのです。

審査を通過したいと考えるなら、常陽銀行カードローン以前に借りた商品で問題を起こさないほうがいいでしょう。

仮に問題を起こしているなら、しばらく待ってから審査を受けるようにしてください。

悪い情報が掲載されていると、審査を通過できずに何度も審査落ちを受けてしまいます。

安心して審査を通過するなら、悪い情報が消えてから申し込むのです。

常陽銀行のサービスを利用している

過去に常陽銀行のサービスを使っているなら、いい情報して判断されます。

常陽銀行の口座を持っていたり、常陽銀行が提供しているローンを使っているなど、いい情報があればカードローンの審査も通過しやすくなります。

常陽銀行カードローンの審査では、常陽銀行側が持っているいい情報が審査に大きな影響を及ぼします。

以前から銀行を利用しており、様々ないい情報を提供しているなら、常陽銀行カードローンの審査は通過しやすいものと考えておきましょう。

常陽銀行へ問題を起こしていない

常陽銀行のサービスを利用しているものの、過去に問題を起こしていた場合、審査に落とされてしまいます。

具体的には常陽銀行が提供しているローンで滞納している、もしくは不適切な対応を取り常陽銀行を困らせた場合です。

こうした情報はブラックリストなどに掲載されており、問題のある人は常に審査に落とせるようにしています。

常陽銀行カードローンの審査を受けたところ、すぐに審査落ちの連絡を受ける場合は、常陽銀行側に問題を起こしていると判断されて審査を通過できないのです。

この場合はほぼ常陽銀行カードローンは使えませんし、審査を受けても通過できる可能性は相当低いのです。

対象エリア内であること

常陽銀行カードローンは、対象エリアに該当している人以外は使えません。

対象エリアに該当している人は以下の通りです。

  • 茨城県
  • 宮城県
  • 福島県
  • 栃木県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 東京都

以上のエリアに住んでいる、もしくは仕事をしている場合は常陽銀行カードローンの審査を受けられます。

対象エリアで仕事をしていない人、住んでいない人は常陽銀行側が対象外と判断して審査に落としてしまいます。

特に神奈川県に住んでいる方は、対象エリア外なので気を付けておきましょう。

対象エリア外にもかかわらず審査を受け続けた場合、ブラックリストに掲載されてサービスを使えなくなるので注意しましょう。

常陽銀行カードローンの審査は厳しいのか

常陽銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあります。

金利が低く、ある程度高い限度額を提供している部分が審査を厳しくする理由です。

特に高い限度額になればなるほど厳しい審査を受けます。

限度額を増やしたいと考えている人は、かなり厳しい審査を覚悟したほうがいいでしょう。

確実に審査を通過するために審査基準を満たすように心がけてください。

1つでも審査基準を満たせなくなると、審査通過がかなり厳しい状況になります。

確実に審査を通過できるように全ての基準を満たすのです。

常陽銀行カードローンの審査が厳しい理由

常陽銀行カードローンの審査が厳しい理由としては、以下の理由が挙げられます。

  • 限度額に対して低金利で貸している会社
  • 銀行の信用に関わる問題を避けるため

以上の理由により、常陽銀行カードローンは審査を厳しくしています。

なぜ審査を厳しくする理由があるのか詳しく説明します。

限度額に対して低金利で貸している会社

限度額はカードローンの中でもそこまで高くない常陽銀行カードローンは、限度額に対して金利がやや低い傾向にあります。

つまり低金利で貸しているカードローンなのです。

低金利でお金を貸すのは相当リスクの高いことで、返済されない時の問題が起こりやすいのです。

常陽銀行としては、返済されない問題を防ぐために、できる限り常陽銀行カードローンの審査は厳しくしています。

問題を起こしていると判断される人、もしくは返済できない可能性がある人は、ほぼ審査を通過させないようにしています。

銀行の信用に関わる問題を避けるため

安易にカードローン審査を甘くすると、銀行の信用にも関わってきます。

現在は銀行の信用を失う問題なども報道されており、信用されない問題だけは絶対に避けたいと考えているのです。

常陽銀行カードローンの審査を厳しくしている理由として、信用を確保して安心して借りられる会社だと思われたいところがあります。

だからこそ安易に貸さないようにしているのです。

常陽銀行カードローンの審査に落とされる人の特徴は?

常陽銀行カードローンの審査に落とされる人は、以下の問題が起きています。

  • 収入が少ない
  • 無職や専業主婦
  • 信用情報に著しい問題あり
  • 他社借入や件数が多い
  • 常陽銀行で問題を起こした
  • 保証会社が関係しているカードローンで問題を起こした

これらの問題により、常陽銀行カードローンの審査を通過できていないのです。

なぜ審査に落とされるのか、しっかりと確認してから審査を受けたほうがいいでしょう。

収入が少ない

収入が少ない人は審査に落とされてしまいます。

返済能力がない人にはお金を貸せないと判断されるのです。

返済能力はとても重要なポイントです。

収入が足りないだけで審査に落とされる状況だけは作らないようにしましょう。

無職や専業主婦

職業欄が無職や専業主婦と書かれている場合、収入を確保できないと判断されて審査に落とされる可能性が高まります。

特に無職の場合は、収入が得られないので審査に落とされる確率が相当高く、ほぼ審査を通過できません。

ただ、専業主婦の場合は夫の収入次第で審査を通過できる場合もあるので、限度額を抑えるなどして確実に審査を通過できる状況を作っておきましょう。

信用情報に著しい問題あり

過去に利用している状況から返済される可能性が低いと判断されるなど、信用情報に問題があると判断されれば審査に落とされてしまいます。

信用情報は非常に重要なポイントで、1つでも悪い情報が残っていると簡単に審査を通過できません。

しっかりと審査を通過するためには、信用情報を整えてから審査を受けたほうがいいでしょう。

悪い情報は最大で10年程度残ります。

いい情報だけが残るように、ある程度の期間を使って信用情報を改善するのです。

他社借入や件数が多い

他社借入や件数を見て、明らかに借りすぎだと判断されれば審査に落とされてしまいます。

借りすぎと思われるのは収入に対して3割以上の借入をしている場合です。

低収入の方は、ちょっとした借入でも3割に到達してしまい、審査を通過できない可能性が高まってしまいます。

一方で多くの収入を持っていると、借入額が多くてもまだ返済できる能力を持っている可能性があります。

つまり借金に関連する項目も、実は収入が多いと有利になるのです。

困ったら返済を済ませるか収入を増やしておきましょう。

常陽銀行で問題を起こした

常陽銀行に問題を起こしているユーザーは、審査を通過できません。

それどころか申込みを認めてくれない可能性があります。

問題を起こしていると思っているなら、常陽銀行カードローンの審査を受けないほうがいいかもしれません。

保証会社が関係しているカードローンで問題を起こした

保証会社が同じカードローン、もしくは保証会社が提供している商品を使って問題を起こした場合も審査に落とされてしまいます。

理由は保証会社が信用できないと判断するからです。

保証会社に信用されない行為は絶対に起こさないようにしましょう。

これは常陽銀行カードローン以外でも起きる問題なので、保証会社には気を付けておくのです。

常陽銀行カードローンの保証会社は?

常陽銀行カードローンの保証会社は株式会社アコムが担当しています。

アコムといえば消費者金融でも知られている会社で、知名度は非常に高いでしょう。

しかし消費者金融が審査を行うのは不安があるかもしれません。

ただ保証会社として高い信頼性を持っているだけでなく、色々な会社の保証会社を担当しているので安心感があります。

安心して保証してくれるので心配せずに審査を受けましょう。

なお、アコムで問題を起こしている人は審査を通過できないため、カードローン審査を受けないほうがいいでしょう。

常陽銀行カードローンの審査に落とされたら

常陽銀行カードローンの審査に落とされた時、また申込をするのはよくありません。

連続して申込むと、最終的にブラック扱いとなり申込みすらできなくなります。

そこで消費者金融の審査を受けるように心がけておくのです。

消費者金融は審査基準が甘いので借りられる可能性が高いだけでなく、ある程度高い限度額を確保している会社もあります。

常陽銀行カードローンの審査を受けるくらいなら、消費者金融を狙ったほうが楽かもしれません。

無理をして常陽銀行カードローンの審査を再び受けるより、審査通過の可能性も借入までにかかる時間も短くなるはずです。

常陽銀行カードローンは限度額によって審査が厳しいので注意

常陽銀行カードローンの審査は、限度額が高ければ高いほど厳しい状況に陥ってしまいます。

審査を通過したいと考えているなら、まずは限度額を抑えるようにしましょう。

そして審査基準に該当している項目はしっかりと満たしておくのです。

どうしても常陽銀行カードローンの審査を通過できない場合は、無理をせず消費者金融の審査を受けて借りたほうが安心できるでしょう。