常陽銀行カードローンの在籍確認で会社にバレる?在籍確認なしは可能?

更新日:

常陽銀行カードローンでは在籍確認を実施しています。

在籍確認をしないでカードローンを発行する手段はありません。

審査を受ける人で、仮審査を通過している場合は全員が在籍確認を受けるのです。

在籍確認は対策をしておけば難しいことではありません。

しっかり対策を進めて、1回で確認を済ませておきましょう。

ここでは常陽銀行カードローンの在籍確認について説明します。

常陽銀行カードローンは在籍確認が必須

常陽銀行カードローンの審査では在籍確認が必須です。

在籍確認で信用を確認してからカードローンの審査を決定しています。

在籍確認ができない場合はもちろん審査に落とされてしまうので、確実に確認できるように心がけましょう。

電話をかけるだけの簡単な方法で確認をするため、そんなに時間はかかりません。

常陽銀行に任せておけば、すぐに在籍確認は完了するでしょう。

確実に確認出来るタイミングを伝え、カードローン審査の壁を超えていきましょう。

常陽銀行カードローンで在籍確認をする理由

常陽銀行カードローンで在籍確認をしている理由は以下の通りです。

  • 在籍確認で会社で仕事をしていると確認する
  • 安定した収入が得られていると確信したい
  • 嘘をついている人を見抜くため

以上の理由により、常陽銀行カードローンでは在籍確認を絶対行います。

多くの場合、信用を確実に得るために必要な行為ですので、確認に協力しないのは避けましょう。

在籍確認をする理由についてここから詳しく解説します。

在籍確認で会社で仕事をしていると確認する

在籍確認をしないまま審査を終えてしまうと、本当に仕事をしているか判断できません。

仕事をしていると確認するには、会社に電話をかけて確認するのが一番楽なのです。

仕事をしていない人にお金を貸すわけにはいきませんので、常陽銀行としては電話をして確認を取っています。

本当の情報を得るためには、何としても電話による確認が必要なのです。

安定した収入が得られていると確信したい

安定した収入を得ているか確信したいと判断し、在籍確認を取っています。

安定した収入を得られているかは、会社で仕事をしていることが大前提です。

電話をして電話に出てこない、もしくは電話に出ても在籍していないとわかれば、安定した収入を持っていると考えられません。

本当に安定した収入を持っているか、確実な情報を得るためには電話による確認が必要なのです。

嘘をついている人を見抜くため

在籍確認では嘘をついているか見抜くために電話をかけます。

嘘をついていれば会社側が嘘だと説明しますし、在籍していないとすぐに確認できるからです。

つまり在籍確認ができれば、ほぼ間違いなく嘘かどうかが判断できるのです。

虚偽の記載によってお金を借りようとする行為は常陽銀行だけでなく、全ての貸金で認められていません。

正しい情報を得るのは、本当に信用できるか判断するためにも必要不可欠なことです。

常陽銀行カードローンで在籍確認を受けるには

常陽銀行カードローンで在籍確認を受けるには仮審査を通過しなければなりません。

仮審査で落とされている人は在籍確認を受けられません。

在籍確認は仮審査を完了し、その後本人にかかってくる電話に出なければなりません。

電話で本人確認が完了してから、在籍確認を実施します。

つまり本人に連絡がなければ、在籍確認はまだ実施されていないのです。

自分に電話がかかってくるまで、会社側に電話がかかってこないとしっかり把握して待つようにしましょう。

本人への電話が完了すると、本人への電話を切り会社へ電話をかけます。

会社で簡単な電話確認が終わればほぼ常陽銀行カードローンの審査は終了します。

常陽銀行カードローンの在籍確認はとても簡単

常陽銀行カードローンの在籍確認は会社に電話かかってくるだけです。

確認の電話は誰が出てもいいので、本人以外の人が電話に出ても在籍確認は実施します。

電話口で申込者の氏名を伝えて、本当に在籍しているか判断しています。

電話で在籍していると確認できれば、その時点で電話を切ります。

本人が在籍していない場合は、もう1度確認をしていないことを確認し、電話を切ります。

曖昧な回答だった場合は、本人が現在会社にいるか確認する場合もあります。

確実に会社にいると把握できるまで、在籍確認は完了しません。

会社が曖昧なことばかりを伝えていると、電話が長引く場合もあるので気を付けましょう。

なお、電話では常陽銀行という名称を使いません。

カードローン審査だと気づかれないために、会社名ではなく個人名義での電話をします。

個人名義なので多くの社員に気づかれる心配はなく、安心して在籍確認を実施できます。

常陽銀行カードローンの在籍確認ができない場合

常陽銀行側が電話をしても全く会社が電話に出てこない場合、別日に電話をかけます。

それでも電話に出ない場合は、会社が本当に稼働しているか確認するため、申込者へ電話が入ります。

申込者からどの時間帯なら電話に出てくれるのか聞き出し、もう1度電話を入れます。

この電話でも出ない場合は、本人が嘘をついている場合があると判断し、審査に落としてしまいます。

つまり電話に全然出られない場合は審査に落とされてしまいます。

審査に落とされたくない人は、確実に電話に出られる時間を伝えておきましょう。

電話に出られる時間をしっかり伝えなかった場合、自分が伝えなかったことが原因で審査落ちの可能性が高くなります。

常陽銀行カードローンの在籍確認を他の方法で回避する方法は?

他のカードローンでは、社員証を見せれば在籍確認扱いとなるケースもあります。

確かに社員証を見せれば在籍確認が簡単にできて、電話もかかってこないので安心できるでしょう。

しかし常陽銀行カードローンでは、在籍確認をしないでカードを発行する方法がありません。

つまり電話以外の方法で在籍確認とする行為ができず、確実に電話による確認を実施されてしまうのです。

他の方法で回避したい人は、常陽銀行カードローン以外を選んだほうがいいでしょう。

常陽銀行では電話での確認が取れない場合は、問答無用で審査に落としてしまいます。

長期休暇等で電話に出られない場合は先に伝えよう

長期休暇等で会社の電話がほぼ出られない状況であれば、先に伝えたほうがいいでしょう。

在籍確認を他の方法で回避する手段がない以上、常陽銀行は電話による在籍確認を実施します。

しかし在籍確認の電話に出てくれないので、長期間在籍確認ができないと判断して審査に落とされてしまうのです。

そこで本人確認の電話が入った時点で連絡して、長期休暇が入ることを説明しておきましょう。

長期休暇中だとわかれば、一定期間在籍確認ができないと判断された場合でも、審査に落とされず待ってくれます。

どうしても在籍確認がすぐにできない場合は、まず常陽銀行側に事情を伝えて対処しておきましょう。

間違っても他の方法で回避できるという考えは持たないでください。

常陽銀行カードローンの在籍確認を確実にするコツ

常陽銀行カードローンの在籍確認ができない場合、審査に落とされてしまいます。

そこで審査を確実に通過するため、在籍確認を簡単にできるコツを紹介します。

これから紹介するコツは他のカードローンでも使える可能性があるので、困ったときは使ってください。

予め電話をかけられる時間を説明しておく

在籍確認の電話を入れても大丈夫な時間を説明します。

電話を入れてもいい時間がわかっていれば、不在時に電話をかけられる心配がありません。

特に会社の稼働時間が一般的な会社と違う場合は、どの時間に電話を入れておけばいいのかしっかり説明したほうがいいでしょう。

電話をかけられる時間がわかっていれば、常陽銀行としても安心して在籍確認ができます。

在籍確認が取れないで延々と日数が過ぎる心配もなく、もう1回確認の電話が入る問題も起こらないので安心できます。

在籍確認を自分で取れるようにする

会社で電話に出られる仕事をしているなら、自分が在籍確認の電話を取ればいいのです。

予め電話をしてもいい時間を説明した後、さらに自分で電話に出るように調整しておく方法もあります。

この方法を使う場合、会社の人に知られる心配がありませんし、何よりも自分で在籍確認をするため安心感が高まります。

個人名義でかかってくるのでわかりづらい点もありますが、自分の名前を聞いているのであれば在籍確認と判断できるでしょう。

会社の人に知られる不安があるなら自分で電話に出ておきましょう。

休日に申込みをしない

休日に申込みをすると、常陽銀行カードローンの審査が終わった後、在籍確認のタイミングがわからなくなります。

在籍確認のタイミングを確実に把握するなら、平日に申込みをしてください。

平日に申込みをしていると、常陽銀行カードローンの審査完了までにかかる時間がある程度把握できるほか、本人確認の電話が入った後に確認されるとわかります。

休日に申込みをすると、審査が終わるタイミングを把握できないまま電話がかかってきて、自分が会社にいない時に確認作業が入るかもしれません。

できる限り休日に申込みを避けて、平日に申込みをして審査が終わるタイミングを把握するといいでしょう。

ただ、自分が会社を休んでいる時に在籍確認をしてもらいたいなら、休日に申込みをする方法を使っても大丈夫です。

常陽銀行カードローンの在籍確認は絶対に必要なので注意

他社と違い、常陽銀行カードローンの在籍確認は必須です。

在籍確認をしないままカードローンを発行する方法はありません。

それどころか、在籍確認によって審査落ちの可能性があり、非常に危ない状況と言えるでしょう。

確実に在籍確認を終わらせて、カードローンを発行してもらうようにしましょう。

在籍確認のタイミングを会社に伝えて、余裕を持って電話に出られるように心がけると安心です。