常陽銀行カードローンの増額審査は厳しい?増額しない方がいいケースも?

更新日:

常陽銀行カードローンは、最初に決められた限度額に不満があれば増額審査を受けられます。

増額審査を通過できた人は、希望している限度額まで増やせる可能性もあります。

限度額を増やせば、これまで借りられなかった金額を借りられるのです。

しかし常陽銀行カードローンの増額審査はかなり厳しく、そう簡単に通過できるものではありません。

ここでは常陽銀行カードローンの増額審査について説明するほか、他の方法で増額する手段も紹介します。

カードローンの借入可能額を増額するには

常陽銀行カードローンの限度額を増やすには?

常陽銀行カードローンの限度額を増やしたい方は、増額審査を受けてください。

増額審査は他社のカードローンが採用しているネットから申し込むのではなく、電話連絡で対応しています。

カードローン専用の問い合わせ窓口が用意されているので、指定された電話番号に連絡し、増額審査を受けたいと説明してください。

オペレーターが増額審査に必要な情報を聞き出し、審査に回してくれます。

審査は電話連絡が完了してから実施され、審査を通過している人は手続きを踏まえて限度額が増えます。

審査に落とされている人は増額されないので気を付けてください。

常陽銀行カードローン増額審査は厳しいのか

常陽銀行カードローンの増額審査は、新規申込以上に厳しくなっています。

収入をしっかり持っている条件を整える必要がありますし、カードローンの利用実績も必要です。

安定した収入がなければ審査を通過するのはかなり難しいでしょう。

更に常陽銀行カードローンでは、増額審査で更なる在籍確認が待っています。

在籍確認に出られない場合も審査に落とされるなど、増額審査は他のカードローン比べてかなり厳しい状態です。

厳しい審査基準を通過してでも増額したいなら、しっかりと条件を整えておきましょう。

常陽銀行カードローンの増額審査を通過したいなら

常陽銀行カードローンの増額審査を通過したい人は、以下の条件をクリアしておきましょう。

  • 収入を新規申込時より増やす
  • 他社借入を減らす
  • 常陽銀行カードローンを複数回利用して完済する
  • 在籍確認ができるように時間を調整
  • 収入証明書を準備する
  • 転職をしているなら勤務年数が増えるまで待つ

この条件をクリアできないと、常陽銀行カードローンの増額審査は通過できないのです。

増額したいと考えている方は、とにかく必要な条件を満たせるように時間を使い、審査を通過してください。

ここからは増額審査を通過する際に必要な条件を説明します。

収入を新規申込時より増やす

新規申込時より収入が増えていない場合、審査を通過できる可能性はかなり低くなります。

収入が増えていないのは、返済能力が増えていないと判断されてしまうからです。

返済能力が足りないと増額する意味は全くありません。

最低でも増額しても大丈夫な収入を確保してください。

収入面での変化がない場合は、常陽銀行カードローンの増額がほぼできません。

他社借入を減らす

他社借入が残っている状態で審査を受けると、常陽銀行カードローンの増額はできないと判断されやすく、審査に落とされます。

他社借入は、増額しようとしても返済できないのではないかと考えられるほか、多重債務になって返済能力が付属すると思われてしまいます。

返済能力をしっかりと確保するためには、他社借入というのは必要ないものです。

他の会社から借りているようなら、まずは常陽銀行カードローンの増額を受けるため、返済しておきましょう。

確実に返済が進められていれば、常陽銀行カードローンの増額審査を通過できる場合があります。

常陽銀行カードローンを複数回利用して完済する

常陽銀行カードローンを利用しないで増額依頼を出しても審査に落とされてしまいます。

最大の理由は増額しようとしても信用できるかわからないからです。

本当に信用できるか判断するために、常陽銀行はカードローンの利用実績という部分も考えています。

カードローンの利用実績が不足していると判断されている人はもちろんのこと、カードローンの返済で問題を起こしている人も審査に落とされます。

安心してカードローンの増額を受けるため、何度か利用して完済する作業を繰り返してください。

しっかりと完済できる状況を作っていれば、常陽銀行カードローンの増額審査も通過できます。

在籍確認ができるように時間を調整

在籍確認は、本来増額の際には実施しない傾向があります。

しかし常陽銀行カードローンでは、在籍確認をもう1度行って、本当に在籍しているのか判断しているのです。

中には新規申込時には在籍していたものの、現在は在籍していない人が嘘をついている可能性もあるのです。

こうした嘘の情報を見抜くためには、やはり増額審査時にも在籍確認をするのが一番理想的なのです。

在籍確認が取れるように、時間を調整したり電話ができる時間を説明しておくといいでしょう。

在籍確認が取れない場合は審査に落とされてしまうため、間違っても電話に出られない時間を伝えるのは避けてください。

収入証明書を準備する

増額の際、常陽銀行カードローンでは収入証明書を要求する場合もあります。

全ての人に要求されるのではなく、限度額が50万円を超える場合に適用されます。

収入証明書を出さなかった場合、収入面での情報が正確ではないと判断されて審査に落とされてしまいます。

高い限度額を狙うのであれば、まずは収入証明書の準備から始めてください。

収入証明書をしっかり準備しておけば、提出を要求された場合でもすぐに対処できます。

転職をしているなら勤務年数が増えるまで待つ

転職している方は、まず勤務年数が増えるまで待ってください。

勤務年数が足りない場合、常陽銀行カードローンの増額審査に落とされてしまいます。

転職後はできる限り年数を増やして対応しておきましょう。

最低でも1年以上、できれば2年以上の年数は確保しておき、安心して仕事をしているように見せるのです。

増額審査に落とされると大きなデメリットにつながる

お金がない女性

常陽銀行カードローンの増額審査に落とされると、大きなデメリットを抱えてしまいます。

そのデメリットは以下の通りです。

  • 増額ではなく減額される
  • 悪質な場合はカードローンの利用停止
  • 一括返済を要求され生活に大きな影響を及ぼす

このデメリットにより、大きく生活が変わってしまったり、カードローンが使いづらくなります。

問題を起こさないように審査を受けてください。

ここからは増額審査に落とされた時のデメリットを説明します。

増額ではなく減額される

これまで安定した限度額を確保できていたカードローンですがが、減額されて使いづらいカードローンに変わってしまいます。

減額されると今まで借りられていた大きな借入ができないのです。

減額されるのはとても面倒ですので、減額されそうな状況なら審査を受けないほうがいいでしょう。

ただ、審査を通過できそうな状況でも、誤った対応を取ってしまったことで減額される場合もあります。

電話に出ないなど、悪質な問題は起こさないように気を付けてください。

悪質な場合はカードローンの利用停止

あまりにも悪質な情報で申込みをしている場合、カードローンの利用停止措置が取られます。

カードローンの利用停止となれば、これ以上カードローンは利用できません。

同時にカードローンで借りていた金額は全額返さなければなりません。

一括での返済を要求されるため、かなり大きな負担を強いられてしまうのです。

一括返済を要求され生活に大きな影響を及ぼす

一括返済となれば、現在借りている金額が多ければ多いほど、返済は難しくなります。

当然ですが返済できないという問題もあり得るでしょう。

しかし返済できない場合は遅延損害金を取られてしまいます。

つまり更に大きな返済に代わってしまうのです。

一括返済は生活にも影響を及ぼす問題ですので、絶対に起こさないようにしましょう。

どれだけ悪くても減額までに抑えるよう、審査を受ける際の申込内容はしっかり考えてください。

常陽銀行カードローンの増額よりも他社カードローンを考えよう

常陽銀行カードローンの審査は厳しく、増額基準を通過できない恐れが高くなっています。

増額するくらいなら他社カードローンと契約し、増額に近い状況を作ったほうがいいかもしれません。

常陽銀行カードローンで借りていなければ、他社借入の影響も少ないので審査を通過しやすくなります。
増額よりも他社カードローンの審査が楽な場合もありますので、しっかりと計画して審査を通過しましょう。

即日融資を希望するなら消費者金融を狙おう

すぐに借りたいと考えるなら、即日融資に対応している会社がおすすめです。

即日融資を希望するなら消費者金融を使ったほうがいいでしょう。

消費者金融は即日融資に対応している会社で、すぐに借りられる早い審査を実施しています。

更に消費者金融は審査が甘く、審査基準が常陽銀行カードローンよりも圧倒的に楽です。

審査を通過できるか不安に思っている方も安心して利用できるメリットがあるでしょう。

短時間で借入ができるためお金が必要な時も安心ですし、消費者金融の場合はどこでも返済できる良さも持っています。

どうしてもお金に困っているなら、増額よりも消費者金融を考えてください。

審査通過の難易度を考えると消費者金融を使ったほうがかなり楽なのです。

常陽銀行カードローンの増額は厳しいので他を考えよう

常陽銀行カードローンの増額はかなり厳しいため、他の会社を検討したほうがいいこともあります。

増額を厳しく背景には、常陽銀行カードローンの信用度を下げたくないという思いも絡んでいます。

審査を受ける際は、必ず信用されるような情報をたくさん提供して、安心して審査を通過できるようにしましょう。

どうしても審査に不安があるなら、審査基準の甘い消費者金融を検討したほうが楽かもしれません。