イオン銀行カードローンの返済方法!返済額はどれくらいがいいの?

公開日:

イオン銀行カードローンは2つの返済方法を採用しています。

返済方法をしっかり確認して、毎月の返済を必ず行いましょう。

イオン銀行カードローンは、返済ができない場合は遅延損害金を支払うこととなり、金利が上昇してしまいます。

高い金利が適用されないように、返済方法を上手に選んで毎月の返済を行ってください。

ここではイオン銀行カードローンの返済方法について紹介します。

イオン銀行カードローンを返済する方法

イオン銀行カードローンの返済方法は以下の通りです。

  • 口座引き落としで返済
  • ATMで返済

どちらかの返済方法を選んで返済します。

必ず月1回の返済は行わなければならず、どちらの返済も行われていないと判断されれば遅延損害金の対象になります。

この月1回の返済を約定返済と呼びます。

約定返済はカードローン業者によって方法が異なりますが、イオン銀行カードローンはATMで返済しても口座引き落としで返済しても達成となります。

毎月1回の返済は絶対に必要なので、自分に合った方法を選んで返済しましょう。

返済方法についてここから詳しく紹介します。

イオン銀行カードローンを口座引き落としで返済する方法

まずはイオン銀行カードローンを口座引き落としで返済する方法を紹介します。

多くのカードローンで利用されている口座引き落としでの返済は、イオン銀行カードローンでも利用可能です。

この時に指定する口座はイオン銀行の普通口座以外でも大丈夫です。

イオン銀行はイオン銀行カードローンの引き落とし先をイオン銀行に限らず、希望している銀行の口座から引き落とします。

つまりイオン銀行の口座を持っていなくてもイオン銀行カードローンの返済は行えるのです。

イオン銀行カードローンの引き落とし日は?

イオン銀行カードローンの引き落とし日は毎月20日です。

20日が休みの場合は翌営業日まで返済を遅らせます。

毎月20日までに必要なお金を入金しておけば、イオン銀行カードローンの返済は自動的に行われます。

ただ、必要なお金が入っていなかった場合は、返済できないと判断して銀行側が口座引き落としの手続きを止めてしまいます。

必ず返済額を入金し、イオン銀行カードローンの返済が行えるようにしましょう。

20日の間に返済に必要な金額を入金できなかった場合、遅延損害金の対象となります。

イオン銀行カードローンでATM返済を行う方法

次にイオン銀行カードローンをATMで返済する方法を紹介しましょう。

イオン銀行カードローンはATMを利用した返済方法も良く使われています。

その理由は多くのATMと提携しているためで、提携したATMから返済すると簡単に約定返済が可能になるのです。

実際にイオン銀行が提携しているATMは以下の通りです。

  • ローソンATM
  • ファミリーマートATM
  • みずほ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • ろうきんATM
  • 信用組合ATM
  • 信用金庫ATM

以上のATMと提携しています。

もちろんイオン銀行のATMを利用しても返済できますので、まずは提携しているATMがどこにあるのか探しておきましょう。

イオン銀行カードローンの返済にはローンカードが必要です。

ローンカードはカードローンと契約した際に発送されています。

このカードを持っていない限り、イオン銀行カードローンはATMで返済できません。

もしATMでイオン銀行カードローンを利用する機会が多いのであれば、財布の中にカードローンを入れるなどの対策を行いましょう。

もちろん返済に必要な現金も持っていかなければなりません。

イオン銀行カードローンのATM返済は期限が決められている

ATM返済の方法はとても簡単で、画面の指示に従ってお金を入れ、返済手続きを完了させるだけです。

画面の指示さえ見ていれば、始めて返済を行う方でも簡単にイオン銀行カードローンの返済ができるでしょう。

問題は返済期限が毎月決められている点です。

イオン銀行カードローンはいつでも返済できるように設定しているわけではありません。

毎月決められた日程までに返済を行わないと、遅延損害金の対象となってしまうのです。

ATM返済が認められているのは毎月1日から20日までの間です。

この期間に返済を完了しなければ約定返済と判断されず、遅延損害金を支払うこととなります。

21日から31日の間に返済を行っても、毎月の返済とみなされない点に注意してください。

できる限り毎月の返済日をしっかりと確認して、20日までに返済するように心がけるといいでしょう。

イオン銀行カードローンの任意返済もATMで行える

ATMではイオン銀行カードローンの任意返済も可能になります。

任意返済は月2回目以降の返済、もしくは21日から31日の間にATM返済を行った場合に適用されます。

基本的に任意返済はいつでも返済手続きが可能です。

ただ、20日までに返済手続きを行った場合、その返済が1回であれば約定返済として扱われます。

2回目以降の返済が任意返済の対象になると考えてください。

任意返済は約定返済とはみなされません。

約定返済は返済したとイオン銀行側も認めてくれるのですが、任意返済はお金の返済はしたものの毎月の返済にはカウントされません。

従って約定返済を行っていなかった場合は、遅延損害金の対象となり、返済額が増えてしまいます。

できれば任意返済というより、約定返済をもう1回行うような前提で返済手続きを行ったほうがいいでしょう。

そして20日までに1度任意返済を行っているものと判断して、返済手続きを行ってください。

なお、返済額は1,000円から受け付けてくれます。

返済額が小さくてもお金を返せるため、お金に余裕が出たらすぐに返済するという方法で借入残高を減らすといいでしょう。

イオン銀行カードローンの返済は残高によって最低返済額が異なる

イオン銀行カードローンは、最低返済額が残されている残高によって変更されます。

この方法を残高スライド方式と呼びます。

残高スライド方式は、残されている残高を会社ごとのルールによって最低返済額を定め、その金額以上を支払わなければなりません。

つまり多くの借入を行っている人は、多くの返済を行わないとイオン銀行カードローンの返済ができないのです。

少額だけ借りている人はいいですが、大金を借りている人はイオン銀行カードローンの返済額が急激に増える恐れもあるので気を付けてください。

ただ、イオン銀行カードローンの任意返済には残高スライド方式は適用されません。

任意返済の場合は1,000円から返済を行っても大丈夫です。

約定返済の場合のみ、残高スライド方式で最低返済額が決められるものと考えましょう。

残高スライド方式で変わる最低返済額

残高スライド方式で返済額が変わるといっても、どれくらいの返済額に設定されるのか少し不安に感じる方がいるかもしれません。

ここからは残高スライド方式で変更される最低返済額について説明します。

以下の表に最低返済額をまとめました。

残高 最低返済額
3万円以下 1000円
3万円超5万円以下 2000円
5万円超10万円以下 3000円
10万円超20万円以下 5000円
20万円超50万円以下 10000円
50万円超100万円以下 15000円
100万円超150万円以下 25000円
150万円超200万円以下 30000円
200万円超300万円以下 35000円
300万円超500万円以下 40000円
500万円超600万円以下 50000円
600万円超700万円以下 60000円
700万円超 70000円

このように返済額は決められています。

最低返済額を守らなかった場合、遅延損害金の対象となる他、ATM返済の場合は約定返済と認められません。

また、口座引き落としの場合は最低返済額が予め決められており、最低返済額よりも小さい返済はできなくなっています。

つまり最低返済額は確実に守らなければならず、約定返済の場合は最低返済額に気を付けなければなりません。

特に気を付けたいのは金額が高くなっている場合です。

多くの金額を借りている人は、最低返済額だけでも5万円以上など、かなり多くの返済をしなければなりません。

しかも最低返済額で返済を続けている場合、返済が完了するまでには多くの時間がかかります。

最低返済額以上の返済が常に必要で、より多くの返済を行わなければならないのです。

決められている返済額はしっかりと守りつつ、どれくらいの返済額で返し続ければいいのかしっかりと考えましょう。

イオン銀行カードローンの返済額はどれくらいに設定する?

先ほども説明しましたが、イオン銀行カードローンの最低返済額はそんなに多くの金額が適用されていません。

最低返済額で返済を進めれば、毎月の返済は負担が少なく、安心して返済ができるかもしれません。

しかし最低返済額では返済を完了させられる可能性は非常に低く、期限までに返済が終わらない可能性もあります。

そこで最低返済額よりも多くの返済を考えておきます。

できれば返済額は最低返済額の倍以上を目指しましょう。

例として1万円が最低返済額だったとすれば、2万円以上は毎月の返済に充ててしまうのです。

これなら最低返済額よりもかなり多くの金額を返済しているので、利息に邪魔されず元本を返済できるのです。

最低返済額では元本の返済ができない場合もあります。

できる限り元本を返済するためにも、最低返済額の倍以上の返済は考えてください。

最低返済額が低い場合はどうするのか

イオン銀行カードローンでは、最低返済額が1万円未満に設定される場合があります。

一見すると1,000円程度で返済ができるのはいいかもしれませんが、その金額を返しても返済はなかなか終わりません。

最低返済額が1万円未満の場合は、常に1万円を返済するように心がけてください。

1万円を返済していれば、毎月の返済だけで確実に返済ができるのです。

本当に少なくなってきて、3,000円程度でも返済が終わりそうだと思えるなら3,000円程度まで減額しても構いません。

まずは返済の見通しを確実にして、返済が終わるという確信を持てる金額を返済しましょう。

返済が厳しい状況だった場合はどうするか

返済が厳しい状況で、お金をしっかり準備できない場合は、まず最低返済額で返済を済ませましょう。

本来ならもう少し返済額を増やしたいところですが、生活を第一に考えて返済額を抑えてしまうのです。

そして返済額がしっかりと確保できたところで、任意返済を行ったり約定返済の金額を増やしてしまいましょう。

確実に返済できる状況を作れた時点で、返済額を急激に引き上げる方法を採用するのです。

返済額は借りている人が自由に変更してもいい部分です。

最低返済額さえ守っていれば、後はどのような返済を行っても大丈夫です。

返済が厳しい時には減額し、返済に余裕を持てる状況であれば増額する方針で、返済をしっかり行うといいでしょう。

イオン銀行カードローンの返済に関する注意点

イオン銀行カードローンの返済は注意点がいくつかあります。

間違った返済をしないようにしっかりと確認し、常に最適な返済を進めるようにしましょう。

イオン銀行カードローンの口座引き落とし返済ができていない場合もある

イオン銀行カードローンは口座引き落としで返済を行う人が多くいます。

返済は口座引き落としの方が圧倒的に楽で、何もしていないのに自動的にお金を返せるのです。

しかし、必要なお金を入れていなかった場合、イオン銀行カードローンから連絡されるのではなく、銀行から連絡が入ります。

ネットバンキングの場合はメールによって返済できていないと示されますし、地方銀行等であれば電話連絡によって返済ができていないと告げられます。

この場合は必要な金額が足りていないケースが多く、自分が決めていた返済額よりも残されている口座のお金が少なくなっているのです。

毎月20日の前に、残されている残高をしっかり確認して、確実に口座引き落としが行われるようにしましょう。

もし足りないのであれば返済用の口座にお金を入れて、確実に引き落としが行われるようにしてください。

なおイオン銀行から連絡が入るのは、カードローンの約定日を過ぎても返済されていない場合だけです。

21日なっても返済ができていないのであれば、イオン銀行から毎日のように電話連絡が入り、厳しい対応を迫られるでしょう。

提携しているATMは稼働していない時間もある

提携しているATMから返済をする方法も使えますが、ATMは稼働している時間が限られています。

コンビニATMの場合は長時間営業していることを想定し、ほぼ24時間利用できます。

一方で銀行のATMは稼働している時間が限られており、深夜になると利用できないケースが多くなっています。

また、ショッピングセンターに配置されているATMなど、稼働している時間帯でも店が閉まっているので利用できないケースもあります。

提携しているATMの稼働時間を確かめるほか、ATMコーナーが稼働している時間帯についてもしっかり確認を行いましょう。

稼働していない時間帯にATMへ行ってもイオン銀行カードローンの返済はできません。

セブン銀行のATMと提携していない点に注意

コンビニATMならどこでも提携しているように思われますが、イオン銀行はセブン銀行ATMと提携していません。

イオン銀行としては、セブン銀行がライバル的な存在であり、提携する必要性がないと判断しているのです。

そのためコンビニでもイオン銀行カードローンは返済できるものの、セブンイレブンに行っても返済できないのです。

近くにあるコンビニがセブンイレブンだけの場合は、銀行ATMを探して返済を行いましょう。

提携しているATMを多数持っているイオン銀行ですが、コンビニ最大手とは提携をしていない点に注意しておきましょう。

遅延損害金の対象になったらすぐに返済すること

もし返済遅延が起きてしまった場合は、イオン銀行カードローンを速やかに返済し、遅延損害金の対象から外れるようにしましょう。

遅延損害金の対象となった場合、金利は14.5%に強制的に引き上げられます。

この数字は消費者金融よりも小さいものの、低金利の方が強制的に引き上げられると返済額が大幅に増えてしまいます。

遅延損害金は返済を行い、約定返済が認められれば解消されます。

返済が遅れた場合はイオン銀行に連絡を行ったうえで、早期に返済して遅延損害金を加算されないようにしましょう。

イオン銀行カードローンの返済は自分の理想的な方法を選ぼう

イオン銀行ではカードローンの返済方法を2種類準備しています。

時間がなければ口座引き落としを選んだほうがいいですし、時間に余裕があるようならATMを利用して返済を行うといいでしょう。

ATMによる返済方法は任意返済も可能です。

より借入残高を減らすためには、任意返済も有効に使って残されている残高を減らしていきましょう。

最低返済額よりも毎月多くの額を返すようにして、イオン銀行カードローンの返済を早めに完了させると安心できます。