セブン銀行カードローンの返済方法は?損しないお得な返済のコツも紹介

公開日:

セブン銀行カードローンは、返済方法が2つ用意されています。

1つは毎月返済を行う約定返済、もう1つは希望するタイミングで返済を行う任意返済です。

約定返済と任意返済では、返済の方法が異なる他、最低限の返済額も変わってきます。

返済額を理解して、返済方法を上手に使って完済を目指しましょう。

この記事では、セブン銀行カードローンの返済方法について説明するほか、返済を楽にする方法も取り上げます。

セブン銀行カードローンの返済方法は2つ存在する

セブン銀行カードローンの返済方法は2つ用意されています。

毎月の返済義務として利用する約定返済と、希望しているタイミングで任意に支払う任意返済が使えます。

約定返済は必ず実施しなければならないため、任意返済で約定返済の代わりとする方法は使えません。

任意返済というのは、毎月の返済に加えて追加の返済を行う手法で、毎月の返済にカウントされない点に気を付けてください。

約定返済をしっかりと行いつつ、時には任意返済もプラスして返済をスムーズに進めることも大事なポイントです。

ここからは約定返済と任意返済について詳しく解説します。

セブン銀行カードローンの約定返済とは

セブン銀行カードローンの約定返済は、毎月の支払いを行うために利用する方法です。

約定返済は義務として決められているもので、毎月支払わなければ信頼を失って契約を解除されてしまいます。

従って約定返済は絶対に忘れてはならないもので、確実に実施してください。

約定返済を希望している方は、セブン銀行カードローンの限度額によって最低返済額が変更される点にも気を付けなければなりません。

具体的な約定返済額

約定返済で定められている最低返済額は以下の通りです。

  • 限度額10万円:5,000円
  • 限度額30万円か50万円:10,000円
  • 限度額70万円か100万円:15,000円

以上のように最低返済額が決められています。

限度額の低いセブン銀行カードローンであれば、返済額が最低で5,000円に抑えられるのですが、限度額が高くなると15,000円も支払う必要が出てきます。

この最低返済額は、他社のカードローンに比べるとやや高い傾向にあるので、しっかりお金を準備したほうがいいでしょう。

なお、現在限度額を70万円か100万円に増額する方法は利用できません。

過去に限度額を引き上げた方だけが対象であり、これからセブン銀行カードローンと契約を行う方は、最低返済額が10,000円の限度額50万円までしか狙えません。

従って15,000円が最低返済額に設定される方は少なく、あまり気にしなくてもいい金額と考えておきましょう。

セブン銀行カードローンの約定返済はどうやって行う?

セブン銀行カードローンの約定返済ですが、口座引き落としによって行われます。

対応している口座はセブン銀行の普通口座限定で、他社の銀行口座を指定して口座引き落としは行えません。

そもそもセブン銀行カードローンと契約を行う場合は、セブン銀行の普通口座作成が必要です。

セブン銀行の普通口座と一緒に契約した場合でも、別々に契約した場合でも、口座引き落としのために普通口座を利用する点は気を付けたほうがいいでしょう。

他社の口座から引き落とす前提でセブン銀行カードローンと契約をしないように気を付け、セブン銀行の普通口座に必要なお金を入れるようにしてください。

セブン銀行カードローンの約定返済はいつ?

セブン銀行カードローンの約定返済は毎月27日に実施されます。

27日が休みだった場合は翌営業日に回されます。

27日というのは、給料を得られる日が月末の方には利用しやすいかもしれません。

その一方で、給料を得られるのが月の初旬、もしくは月末ギリギリという方には、27日はかなり厳しい日程です。

ただ、セブン銀行カードローンは、約定返済の日程を変更できません。

任意で約定返済の日程を変更できるカードローンと異なり、提供しているセブン銀行が約定日を固定しているのです。

どのような場合でも、27日に返済額を入れなければ返済ができない点に注意しておきましょう。

セブン銀行カードローンの任意返済とは

次にセブン銀行カードローンの任意返済について説明します。

任意返済は追加で返済を行う方法で、約定返済とは異なるタイミングで自由に返済が可能です。

約定返済では足りないと思っている方は、任意返済もプラスしてより多くの金額を返済に回すといいでしょう。

任意返済はATMとダイレクトバンキングサービスから実施でいます。

ダイレクトバンキングの場合は、セブン銀行のマイページから手続きが必要です。

ネットでの手続きが面倒であれば、任意返済のためにATMへ行くようにしてください。

なお、セブン銀行と提携しているATMではなく、セブン銀行のATMしか対応していません。

借入はセブン銀行以外のATMでも対応していますが、返済にはセブン銀行のATM以外は対応していない点に注意してください。

セブン銀行カードローンの任意返済の最低額は?

セブン銀行カードローンの任意返済では、最低返済額が定められています。

セブン銀行のATMに現金を入れて任意返済を行う方法の場合は、最低でも1,000円以上を入れなければなりません。

1,000円未満の支払いはできないように設定されているため、数百円程度の任意返済はできないのです。

ただ、数百円程度を希望する場合、セブン銀行の口座から引き落としてもらう方法が使えます。

セブン銀行の普通口座から振り替える方法の場合、最低返済額は1円に設定されています。

つまり数百円程度の返済にもしっかりと対応しており、ちょっとだけ返済を追加で行おうと考えている方に便利です。

1,000円未満の返済を希望される場合は、セブン銀行の普通口座から引き落としてもらう方法を使いましょう。

なお、ダイレクトバンキングのサービスも同様に最低返済額が1円に設定されています。

こちらも普通口座からの振り替えが採用されるため、セブン銀行のATMから手続きを行った場合と同じ方法が使われます。

従って最低返済額は1円であり、任意で金額の調整が可能です。

セブン銀行カードローンの任意返済は全額返済も可能!

セブン銀行カードローンは任意返済で残っている残高をすべて返済する方法もあります。

全額返済を希望する場合は、現在残されている残高と発生している金利を合計した金額を1度に支払います。

ATMで現金を入れる方法でもいいですし、口座引き落としで全額の返済を行う方法も使えます。

どうしても全額返済を行って、早期に完済したいと考えている方は、任意返済で全額返済を選ぶといいでしょう。

全額返済ができない場合は、一部返済の手続きを行ってください。

間違ってもお金が足りないのに全額返済を行う手続きをしないよう、残されている現金や支払える額を考慮して返済方法を選ぶようにしましょう。

セブン銀行カードローンは返済方法を使いこなせば安心

セブン銀行カードローンに用意されている2つの返済方法をしっかり使いこなせば、返済をスムーズに進められるでしょう。

毎月の約定返済はしっかりと行うように気を付けるほか、約定返済以外の日程で返済を行える任意返済を駆使して、なるべく早く返済を終わらせるといいでしょう。

返済はセブン銀行の普通口座を中心に使います。

普段からセブン銀行の普通口座にお金を入れるようにして、約定返済も任意返済もしっかりできる体制を整えると安心です。

任意返済を上手に使い、なるべく早くセブン銀行カードローンの返済が終わるよう、常に返済を意識して行動するといいでしょう。