セブン銀行カードローンの金利は15%!利息はどれくらい払うのか?

公開日:


セブン銀行カードローンの金利は他社のカードローンと異なり、金利の数字が固定されています。

どれだけ多くの限度額を確保したとしても、金利は15%で固定されます。

金利の数字が最初から決められているカードローンは珍しく、申込む人にとってはわかりやすいカードローンです。

ただ、実際にセブン銀行カードローンで借りた場合、利息はどれくらい発生するのか知っておくといいでしょう。

この記事ではセブン銀行カードローンの金利と利息について紹介します。

セブン銀行カードローンの金利は15%固定

セブン銀行カードローンの金利は限度額に関係なく15%で固定されます。

他社のカードローンでは、限度額によって金利が変更されているものの、セブン銀行カードローンは15%の金利で固定され、限度額が増えても変更されません。

一時期70万円と100万円の限度額を準備していた時期には、70万円以上で14%の金利を適用していました。

しかし、現在70万円と100万円の限度額の増額申込みは終了しており、金利を下げるための限度額確保はできません。

従ってこれから申込む方は、全ての人が金利15%でセブン銀行カードローンと契約を行います。

セブン銀行カードローンの金利は他社と比べて低い?

セブン銀行カードローンの金利15%というのは、消費者金融系と比べると低金利です。

限度額50万円程度の金利であれば、アコムやアイフルは18%、プロミスは17.8%が適用されます。

消費者金融の金利と比較すると、大体3%程度は金利が低く設定されているので、低金利で借りられるカードローンと言えます。

一方で銀行系のカードローンと比較すると、多少金利の低いカードローンはありますが、そんなに変わらない商品が多くあります。

楽天銀行のカードローンだと14.5%、三菱UFJ銀行のバンクイックは14.6%の金利で提供しています。

15%という金利は、多少銀行系のカードローンにしては高い数字かもしれませんが、他社のカードローンと比較してもそんなに変わりません。

従ってカードローンの金利という部分では、他社よりもかなり高いという数字ではありません。

ただ、限度額を引き上げることで金利を下げる方法がセブン銀行カードローンには用意されていません。

他社のカードローンは限度額次第ではかなり低金利で借りられる商品もあります。

限度額が同じであれば金利の数字はそこまで変わらないものの、限度額がより高いカードローンとして利用できるのであれば、他社の方が低金利で抑えられる場合もあります。

セブン銀行カードローンの利息はどれくらい払うの?

実際に金利15%でどれくらいの利息を支払うことになるか、知っておくと返済計画を立てやすくなるでしょう。

セブン銀行カードローンで1万円を借りた場合、1週間で発生する利息は大体28円です。

一見すると多くありませんし、1日当たり大体4円程度と少ない数字です。

セブン銀行カードローンは、一括返済で完済させる方法もあるため、1万円を1週間だけ借りたいと考えれば、28円の利息を払うだけで借りられます。

これはATMでキャッシュカードを使って1万円を引き出す場合の手数料よりも安い場合があるのです。

つまり短期間だけお金を借りたいと思っているなら、セブン銀行カードローンで多くの利息が発生するわけではありません。

問題は長期にわたってお金を借りることになった場合です。

セブン銀行カードローンで約定返済を使って返すと利息はどうなる?

任意返済によって一括返済を行わず、毎月の約定返済を行った場合、どれくらいの利息が発生するかも知っておくといいでしょう。

1万円をセブン銀行カードローンで借りた場合、約定返済では月5,000円を最低返済額として支払います。

もし5,000円で返済した場合、3回の返済で発生する利息は186円です。

長期的に借りると、短期間で借りた場合よりもかなり利息が増える形になります。

2万円の場合はさらに返済回数が増え、返済額がつき5,000円だった場合は利息が635円まで上がってしまいます。

長期的に借りる場合、15%という金利はやや高い傾向にあるので、早々に返済を行ったほうがいいでしょう。

特に利息は借りている額が多ければ多いほど増えてしまいます。

借りる額が多い場合は、少しでも多く返済に充てるようにして、利息を減らせるように努力してください。

セブン銀行カードローンに遅延損害金の金利は設定されていない

カードローンでは遅延損害金として遅延した人だけに適用される金利が設定されています。

銀行系のカードローンなら18%が定番で、消費者金融系は20%に設定する会社もあります。

セブン銀行カードローンには、遅延損害金として設定される金利はありません。

つまり遅延したとしても金利が勝手に引き上げられるわけではないのです。

ただ、社会的に問題があると判断され、長期的な延滞を起こした場合はセブン銀行カードローンの契約を解除されてしまいます。

遅延損害金がないからと言って、返済をしないで放置するのはやめましょう。

セブン銀行カードローンの金利とは上手に付き合うこと

セブン銀行カードローンの金利は15%で固定されており、消費者金融よりも低いですが、銀行のカードローンより若干高い傾向があります。

短期間だけ借りるのであればあまりセブン銀行カードローンの金利から多くの利息は発生しません。

しかし長期的に借りる場合は、金利によって多くの利息が発生します。

長く借りる場合は、利息が増えることを想定して、返済計画等をしっかり立てるようにしましょう。