静岡銀行カードローン「セレカ」の返済方法と賢い返済のコツ!返済が遅れたらどうすればいい?

更新日:

お金がない女性

静岡銀行カードローンでお金を借りた場合、毎月の返済が義務付けられます。

返済方法をしっかりと覚えて、毎月1回の返済を行いましょう。

返済しないと高いリスクを背負ってしまうほか、信用情報も大きく変わってしまいます。

返済しないという方法は絶対に取らないようにしましょう。

ここでは静岡銀行カードローンの返済方法について説明します。

静岡銀行カードローンの返済方法

静岡銀行カードローンでは以下の返済方法を採用しています。

  • 口座引き落とし
  • ATM返済

以上の2つの方法を採用しています。

口座引き落としは約定返済として扱われるので、毎月の返済としてカウントされます。

最低でも口座引き落としによる返済だけはしっかり進めておきましょう。

ATM返済は随時返済として扱われるため、約定返済ではありません。

返済できる余裕を得られるなら、口座引き落とし以外にATM返済も一緒に使うといいでしょう。

返済をしっかり進めるためには、口座引き落としの返済が絶対に必要です。

毎月の返済額などを調整し、しっかりと返済を済ませましょう。

静岡銀行カードローンの最低返済額は?

口座引き落としの場合、毎月の最低返済額が決められます。

最低返済額を下回る額で返済はできません。

返済を続ける場合は、最低でも以下の返済額を返済しなければなりません。

借入残高 返済額
2000円未満 残高のみ
2000円以上10万円以下 2000円
10万円超30万円以下 5000円
30万円超50万円以下 10000円
50万円超100万円以下 20000円
100万円超150万円以下 30000円
150万円超200万円以下 40000円
200万円超250万円以下 50000円
250万円超 60000円

以上の最低返済額で返済を進めます。

残されている残高が小さければ小さいほど、返済額も抑えられるのです。

残高が30万円を超えていると、1万円以上の返済が義務付けられます。

返済額が多くなる場合は、毎月の返済をしっかり続けられるよう、お金を準備するようにしましょう。

全体的に返済額はやや大きい傾向にあります。

借りている額が多くなると、他社のカードローン以上の返済を求められるので気を付けてください。

静岡銀行カードローンの約定返済日は?

静岡銀行カードローンの約定返済日は毎月10日です。

給料日が月末の方が多いことを考えると、やや中途半端なタイミングで返済が訪れてしまいます。

毎月の返済額をしっかり残すように心がけ、返済できない問題を避けられるようにしましょう。

10日に返済できなかった場合、その時点で返済遅延して扱われ、返済させるための対策を静岡銀行が取り始めます。

確実に返済できるように心がけるためにも、しっかり返済額は準備してください。

静岡銀行カードローンで返済できなかった場合はどうなる?

静岡銀行カードローンで返済できなかった場合は、これから紹介する罰則を受けます。

そして罰則にも応じなかった場合は、最後の手段として法的措置を取られてしまいます。

法的措置を取られると、強制的に返済させられるほか、返済できない場合は差し押さえもあります。

返済しないで放置しているのは危険ですので、絶対に避けるようにしましょう。

返済しない場合は督促の電話が入る

最初の対策として、静岡銀行カードローンの返済が行われていないと連絡し、返済させるように促します。

メールで連絡するケースはほとんどなく、すぐに情報を伝えるために電話での連絡が採用されます。

登録されている携帯電話の番号に連絡が入り、返済されていないので早期に対応してくださいと告げられます。

この連絡を無視した場合は、携帯電話に連絡を入れるだけでなく、職場や自宅にも連絡を入れてきます。

静岡銀行カードローンを使っていると気づかれてしまうので、連絡されたくないなら携帯電話の連絡に出てください。

そして早めに返済し、督促の電話を避けるようにしましょう。

返済しないと遅延損害金の対象となる

返済しなかった場合、静岡銀行カードローンの遅延損害金を取られてしまいます。

遅延損害金は年間14.4%の金利が適用され、返済されるまで支払います。

一見すると金利もそこまで高くないので、取られる額はそこまで多くないように感じられるでしょう。

しかし3ヶ月も放置していれば1万円以上に膨れ上がりますし、借りる額によっては10万円を超える場合もあります。

遅延損害金は本来支払わなくてもいい金額を取られる問題につながります。

毎月の返済はしっかりと行い、遅延損害金の対象にならないように気を付けましょう。

静岡銀行カードローンの追加融資が禁止される

静岡銀行カードローンの追加融資が停止されます。

これ以上の借入が認められなくなり、追加でカードローンを利用しても借りられないのです。

さらに返済しても借入が認められない場合もあります。

返済を1度でも遅延した時点で、借りられる可能性が劇的に減ってしまうと考えましょう。

静岡銀行カードローンの利用停止措置を取られる

法的措置を取る前に最後の手段として採用されます。

静岡銀行カードローンの利用停止措置を取られてしまい、お金を借りられなくなります。

更に残されている残高は全て返済するように求められてしまいます。

一括返済を求められるのは非常に厳しいですし、場合によっては1回で返済できないような額を請求されます。

利用停止措置はすぐに取られるわけではありません。

遅延と思われる段階ですぐに返済していれば、このような問題はまず起こりません。

確実に毎月の返済を続けるようにしっかり心がけ、最悪の事態を避けましょう。

静岡銀行カードローンの返済をしっかり行うコツ

静岡銀行カードローンの返済をしっかり行うなら、以下の方法を採用するといいでしょう。

  • メインバンクを返済先とする
  • ATM返済を併用する
  • 返済額を増やして早期返済を狙う

以上の方法を使えば、早期返済が可能となりますし、返済できない問題が避けられます。

確実に返済したいと考えているならできる限り採用するようにしましょう。

メインバンクを返済先とする

現在使っているメインバンクを引き落とし先に指定して、確実に返済ができるようにします。

あまり使っていない銀行口座を引き落とし先に選ぶと、返済されずに遅延の可能性が高くなってしまいます。

少しでも返済をしっかりと行うためにも、できる限り引き落とし先は使い慣れている口座を選んでおきましょう。

ATM返済を併用する

毎月の返済額を増やして利息を減らし、早期返済を完了させる方法です。

ATM返済による随時返済も併用しておけば、毎月の利息を大きく減らせます。

利息は返済を遅らせる要因になるので、できる限り増えないほうがいいのです。

返済に余裕のある時だけでもATM返済を併用して、できる限り返済を早めるといいでしょう。

返済額を増やして早期返済を狙う

毎月の最低返済額で返済するのではなく、より多くの返済を行います。

返済額が増えると元本が減少し、最終的に発生する利息はかなり減少します。

大きく利息を減らせる可能性もあるので、できる限り返済額は増やしておきましょう。

少額の借入でも最低1万円以上、大きな借入は最低でも10万円くらいは月々に返せる余裕を作れば安心です。

静岡銀行カードローンの返済を遅延しないように気を付けよう

静岡銀行カードローンの返済を遅らせると、最終的には大きなデメリットだけが残ってしまいます。

毎月の返済は口座引き落としで簡単にできるので、まずは口座引き落としで確実に返済を完了させておきましょう。

余裕があるならATM返済も併用して確実に返済を進めると安心です。

返済遅延を起こして、最終的に一括返済を要求される問題だけは絶対に避けましょう。