ソニー銀行カードローンの返済額はどのように決まるのか?

公開日:


金利が安く、即日融資も可能なソニー銀行カードローン。

このカードローンは毎月の最低返済額も少なく、楽に返済ができると好評です。

借りたお金は全て返済しなければなりませんが、計画的な返済をするには毎月の返済額や効率のいい返済方法を知っておく必要があります。

なるべくなら余計な利息は払わず、早く返済したいですよね。

また返済方法について知っておくことも、より快適に返済を行ってく上で大切なことでしょう。

そこでこの記事では、ソニー銀行カードローンの返済額がどのように決まるか、またその返済方法について詳しく解説していきます。

ソニー銀行カードローンの返済額はどのように決まる?

まずはソニー銀行カードローンの返済額がどのように決まるのかを解説していきます。

ソニー銀行カードローンでは、「残高スライドリボルビング方式」で毎月の返済額が決まります。

この方式は「現在の借り入れ残高に応じて翌月の返済額が決まる」というもの。

具体的には以下のように返済額が変動します。

借り入れ残高 返済額
〜10万円 2,000円
10万円〜20万円 4,000円
20万円〜30万円 6,000円
40万円〜60万円 8,000円
60万円〜80万円 10,000円
80万円〜90万円 12,000円
100万円〜150万円 15,000円
150万円〜200万円 20,000円
200万円〜700万円 借り入れ残高が100万円増えるごとに、2万円から1万円ずつ増える
700万円〜 7万円

例えば借り入れ残高が30万円なら、毎月の返済額は6,000円ですね。

10万円以下なら毎月2,000円ずつでいいので、月々の負担はかなり少ないでしょう。

ソニー銀行カードローンの返済方法

前の章では、ソニー銀行カードローンの返済額がどのように決まるかを解説しました。

効率的な返済には返済額が決まるシステムの他にも、返済方法について知ることも重要です。

ソニー銀行カードローンでは計画的に返済することによって、より早く、利息も少なくて済むように返済方法を用意しています。

この章ではソニー銀行カードローンの返済方法について解説していきます。

ソニー銀行カードローンの返済方法①約定返済

まずは基本的な返済方法について解説します。

ソニー銀行カードローンでは、1ヶ月に1回決められた日に前の章で解説した返済額を返済するのが基本的な返済方法です。

この返済方法を「約定返済」といいます。

約定返済はソニー銀行の口座から引き落としでのみ可能です。

ATMからの入金や銀行振込では返済できません。

返済日は2日、7日、12日、17日、22日、27日のどれかから選択可能。

2か7が末尾に付く日が返済日として設定することができます。

この返済日が土日祝などソニー銀行の休日になった場合、銀行の翌営業日が返済日です。

初回の返済日は、初めて借り入れした日が返済日より前かどうかで変わります。

例えば毎月27日が返済日で、10月26日に初めて借り入れをした場合、11月27日が初回の返済日になるのです。

この約定返済の返済日に遅れてしまうと延滞扱いになってしまいます。

返済日が何日だったか忘れないようにしましょう。

ソニー銀行カードローンの返済方法②随時返済

カードローンの借り入れには当然ながら利息がかかっており、利息は1日ごとに発生しています。

つまりなるべく利息をかけず返済するには、早く返済してしまったほうがいいですよね。

ソニー銀行カードローンでは毎月の約定返済でお金を返していけばいいのですが、お金に余裕のあるタイミングで多く返済することもできるのです。

この返済方法を「随時返済」といいます。

約定返済だけを続けていくと、毎月の返済額だけしか返済されません。

すると返済が長くなってしまうので、余裕のあるタイミングで随時返済をしましょう。

また随時返済では好きな金額を返済することができますが、随時返済と約定返済は別物。

随時返済をした場合でも約定返済は発生し、返済日に返済額が引き落としされます。

この返済日にソニー銀行の口座に十分なお金が入っていなければ、延滞となってしまうのです。

ソニー銀行の口座にお金がいくら入っているか注意しましょう。

ソニー銀行カードローンで随時返済をする方法について解説

随時返済はソニー銀行カードローンのサービスサイト「MONEYKit」、テレフォンバンキング、ATMから可能です。

サービスサイトとテレフォンバンキングを使って随時返済をする場合、返済したい金額を自分で指定します。

すると銀行から指定された日にソニー銀行の口座から引き落としされる流れです。

仮にこの方法で随時返済を申し込んで、返済を忘れてしまっても延滞扱いにはなりません。

ソニー銀行カードローンの随時返済では、以下のATMを無料で利用できます。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ローソン銀行
  • e-net(ファミリーマートなど)

ATMから随時返済する場合、自分が返済したい金額分だけ入金すればOKです。

このとき注意したいのが、誤って多くお金を入れてしまってその後のお金がなくなってしまったということがあります。

しかし一度入金してしまうと帰ってこないので気をつけましょう。

ソニー銀行カードローンでATMを使って返済するときの注意点

ソニー銀行カードローンを利用するためには、ソニー銀行の口座開設が必要です。

このとき、ローンカードとキャッシュカードが別々で発行されている場合と、それぞれが一体になったカードと2パターンがあります。

ローンカード単体で発行されている人はいいのですが、一体型カードが発行されている人は注意が必要です。

一体型カードの場合、カードの向きがあります。

カードローンの返済をする場合、「キャッシュカードのご利用」、「普通預金」、もしくは「預金お取引方法」と書いてある方向で挿入しなければなりません。

「カードローン」もしくは「ローンお取引」と書いてある方はカードローンの借り入れをするときに挿入します。

返済をしようと思ったのに、向きを誤って挿入してしまって借り入れをしてしまわないよう注意しましょう。

ソニー銀行カードローンで借り入れ金を全額返済したい場合

ソニー銀行カードローンでは、借り入れ金を全額まとめて返済することもできます。

全額返済はサービスサイトからの申し込みが必要です。

申し込み後、ソニー銀行から連絡が入り、日割りの利息を含めた金額を教えてもらえます。

決められた日付までにソニー銀行の口座に、伝えられた金額を入金すればOKです。

もし誤って利息を含めた借り入れ金を全額を入金することができなくても、延滞扱いにはなりません。

しかし全額返済ができなかったら、毎月の約定返済は発生するのでご注意ください。

また途中で全額返済できなくなったら、ソニー銀行へ連絡するようにしましょう。

またサービスサイトへ申し込みをせずにATMへ全額入金した場合、次の返済日で残りの利息が引き落としされるまで完済したことにはなりません。

ここで引き落としができなかった場合、延滞となってしまうので注意しましょう。

ソニー銀行カードローンで返済日を変更する方法

毎月の返済日は申し込みの時に自分で決めることができるのですが、その日を後で変更することも可能です。

サービスサイトへログインし、「カードローン」を選択、その先にある「返済日・月の変更」を選択すれば、返済日の変更をすることができます。

ただし、返済日の変更には手数料として税込540円が必要です。

この月はこの日、次の月は違う日と月ごとに返済日を変更するのはもったいないので、なるべく毎月同じ日に返済するようにしましょう。

また、ソニー銀行には「おまかせ入金サービス」というものがあります。

このサービスは毎月決まった日に他の銀行口座から、指定した金額をソニー銀行の口座に自動で振替してくれるというもの。

このサービスは無料で利用することができるので、活用してみてください。

ソニー銀行カードローンの返済について注意!返済に遅れてしまうとどうなる?

ソニー銀行カードローンで返済日にソニー銀行口座に返済額が入っていない場合、延滞扱いになります。

返済日の23時59分までに口座に入金することができれば、延滞にはならずに引き落としされセーフです。

しかしそれを過ぎてしまうと、返済日の翌日であっても延滞となってしまいます。

延滞すると1日ごとに年利14.6%の遅延損害金が発生し、非常にもったいないです。

またその遅延損害金は随時返済で払えず、次の返済日で2ヶ月分の返済額と合わせて引き落としされます。

ちなみ延滞したら督促はどうなるのかと言うと、1回目は登録したメールアドレスに連絡が入るのみです。

しかし延滞を重ねてしまうと、電話か郵便で督促が入る可能性があります。

3ヶ月以上延滞してしまうと、信用情報に記録が残ってしまい、今後ローンを借りることがかなり難しくなってしまう可能性が。

カードローンの強制解約になる可能性もあるので、延滞は避けるようにしましょう。

ソニー銀行カードローンを早期完済するには随時返済をしましょう

この記事では、ソニー銀行カードローンの返済額がどのように決まるか、また返済方法や返済日の変更方法について解説しました。

ソニー銀行カードローンは自分で返済日を決めることができるため、給料日が複雑な場合でも対応することができます。

給料が入る口座が他の銀行でも、「おまかせ入金サービス」を使えば入金忘れも防げるでしょう。

またソニー銀行カードローンは、毎月の最低支払い額は他の銀行系カードローンに比べると低く、月々の負担は少ないです。

しかし最低支払い額のまま払い続けるのは利息がかかってもったいないですよね。

なるべくおトクにカードローンを利用するなら、なるべく早く返済することが重要です。

お金に余裕のある月は、随時返済を利用するようにしましょう。