ソニー銀行カードローンの解約方法!使わないカードローンは解約しておきましょう

公開日:

ソニー銀行カードローンは即日融資が可能で金利も安く、利用しやすいカードローンです。

カードローンで借り入れしたお金はもちろん全て返済する必要があります。

完済したら解約することができるのですが、念のために契約だけ残してはいませんでしょうか。

実は必要のないカードローンは解約したほうがいいというメリットがあるのです。

この記事では、ソニー銀行カードローンの解約方法、使い終わったカードローンを解約したほうがいい理由を解説していきます。

ソニー銀行カードローンの解約方法

まずはソニー銀行カードローンの解約方法を解説していきます。

解約をするには、借り入れ金を完済しなければなりません。

利用額が残ったまま解約することはできないので注意しましょう。

完済後、解約の手続きはソニー銀行カードローンのサービスサイト「MONEYKit」から行うことができます。

サイトへログインし、「商品一覧」を選択します。

次に「カードローン」を選択し、「解約」を選択すると手続きが可能です。

その後は画面の表示に従えば解約完了になります。

カードローン専用カードは、解約後に自身で処分しなければなりません。

カードの磁気部分をハサミで切って、廃棄しましょう。

ソニー銀行へ返送する必要はありません。

これでソニー銀行カードローンの解約手続きは完了です。

なお、完済したまま解約の手続きを取らないと、契約は残ったままになります。

ソニー銀行カードローンの契約は1年ごとに自動更新され、借り入れ金を全て返済しても自動的に解約されるわけではないのです。

必要ないカードローンを解約しておくメリット・デメリット

前の章では、ソニー銀行カードローンの解約方法について解説しました。

冒頭でも解説したように、使っていないカードローンは解約しておいたほうがいいです。

しかしデメリットもあるので、その両方を知っておくべきでしょう。

この章では必要のないカードローンを解約するメリット・デメリットについて解説します。

必要ないカードローンを解約するメリット①信用情報にプラスになる

カードローンなど、お金を借りた情報は全て信用情報として記録が残ります。

返済額を延滞してしまうなど、返済でトラブルを起こしてしまうと信用情報に記録されてしまうはご存知の人もいるでしょう。

しかし、カードローンなどの契約を解約したことも信用情報に記録されるのはご存知でしょうか?

信用情報に記録される、と聞くとネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれません。

確かにトラブルの情報が記録されると、その後にお金を借りたり、マンションを借りたりするのが難しくなる可能性があります。

カードローンを解約すると返済能力を認められる

ですがカードローンの解約はむしろプラスになるのです。

カードローンを解約したということは、借り入れ金を全て返し終わったということ。

つまり「安定した返済をできる人」として、プラスの情報が記録されます。

トラブルの信用情報は5年間残りますが、解約の情報も同様です。

その間は他のローンを組むときに有利に働き、ローンを契約しやすくなります。

必要ないカードローンを解約するメリット②これ以上お金を借りるのを防ぐことができる

カードローンを解約すると、お金を借り入れすることができません。

すると、今あるお金だけで生活をしていくことになります。

その範囲で家系をやりくりすることを考えるようになるため、「お金を借りる」という選択肢が外れるのです。

お金は借りなくていいのなら、借りない方がいいのは当然のこと。

借りずにうまくやっていくために考えられるようになります。

必要ないカードローンを解約するメリット③悪用されるのを防止できる

完済したカードローンをそのままにしておくと、当然ながらローンカードの盗難や不正利用されるリスクがあります。

放置しておくと悪用されるのに気づかず、あとで使った覚えのないお金を請求されるのは避けたいですよね。

そのため、必要のないカードローンは放置しておかず解約することが、トラブルを回避する方法にもなるのです。

必要ないカードローンを解約するデメリット①再び借り入れするには再度契約する必要がある

カードローンを解約してしまうと借り入れをすることができません。

再びお金を借りるには再度契約する必要があります。

当然ながら契約するには審査をしなければなりませんが、必ず審査に通ってカードローンを利用することができるとは限らないのです。

使い終わったカードローンは解約しておくのがオススメ

この記事では、ソニー銀行カードローンの解約方法、また使わないカードローンを解約するメリット・デメリットについて解説しました。

解説したように、カードローンを解約してしまうと借り入れをすることができなくなります。

しかし解約をすると今後のローン契約に有利になったり、悪用されるのを防止できたりするのです。

ソニー銀行カードローンの解約は簡単に行えるので、完済してしまったら解約してしまいましょう。

そのほうがこれ以上借金を増やさないことにも繋がります。