ソニー銀行カードローンの審査に落ちた!考えられる理由

公開日:

悩む男性

ソニー銀行カードローンは低金利でATM利用料無料なのが人気のカードローンです。

カードローンを利用するに当たり、事前に審査を受けて通らなければなりません。

しかし申込者の状況によっては審査に落ちてしまう場合があります。

なるべくなら条件のいいカードローンを利用したいところですが、落ちてしまっては元も子もありません。

カードローンの審査に落ちてしまう人にはそれなりの理由があり、そのポイントをクリアしていけば審査に通過しカードローンを利用することができるのです。

この記事では、ソニー銀行カードローンの審査で落ちてしまう理由を解説していきます。

ソニー銀行カードローンの審査に落ちる理由10個

ソニー銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由は10個に分けられます。

  • 審査基準を満たしていない
  • 申し込み時に嘘の情報を申告する
  • 勤続年数が短い
  • 年収に対しての借り入れ希望額が高い
  • 年収の1/3以上の借り入れがある
  • 借り入れ件数が多い
  • 同時期に複数のカードローンに申し込みをしている
  • 信用情報に問題がある
  • アコムで延滞したことがある
  • 反社会的勢力との関わりがある・過去に関わりがあった

一つずつ見ていきましょう。

審査に落ちる理由①審査基準を満たしていない

ソニー銀行カードローンの申し込み時に、その審査基準を満たしていないと落ちてしまう場合があります。

審査基準は次の通りです。

  • ソニー銀行の口座を持っている(同時申し込み可能)
  • 申し込み時の年齢が20歳以上65歳未満である
  • 安定した収入がある
  • 日本国籍がある、または永住権を持つ外国籍の人
  • 保証会社であるアコムの保証を得られる

20歳以上であれば、アルバイト・パートでも申し込みは可能です。

無職は安定した収入がないので審査には落ちてしまいますが、専業主婦(夫)は配偶者に安定した収入があれば利用することができます。

これらの審査条件を満たしていないと、ソニー銀行カードローンは利用することはできません。

審査に落ちる理由②申し込み時に嘘の情報を申告する

ソニー銀行カードローンをはじめとするカードローンでは、以下の情報を申し込み時に申告する必要があります。

  • 名前・住所などの個人情報
  • 勤務先や年収など収入に関わる情報
  • 現在のカードローン利用状況

など

このとき、勤務していない会社の名前を書いたり、借り入れ金が多いのに少なく記入するなど、嘘の情報を申告してしまうと審査に落ちてしまうことがあるのです。

勤務先などの情報は在籍確認というものでバレます。

在籍確認とは、申告した勤務先に本当に勤めているのか、勤務先に電話で確認を取ることです。

また借り入れ状況についてもデータベースを照会することができるのでバレてしまいます。

また情報を誤って申告してしまったときでも同様に落ちてしまう原因になるので注意しましょう。

審査に落ちる理由③勤続年数が短い

ソニー銀行カードローンでは、勤続年数が短いと審査に落ちてしまう場合があります。

審査基準には「安定した収入がある」という項目がありますが、勤続年数が短いと「転職を繰り返しているのかな?」と見なされてしまう可能性があるのです。

現在の収入がいくら高くても、すぐに転職をしてしまうのは安定しているとは言えないですよね。

もし転職したばかりであれば、3ヶ月以上経った後にソニー銀行カードローンの申し込みをすると審査に通りやすくなるでしょう。

審査に落ちる理由④年収に対しての申し込み金額が高い

申し込み者の年収に対し、カードローン利用希望額が高いと、審査に落とされることがあります。

借りたお金は返さなくてはいけませんが、年収に見合った金額以上のお金を希望していると、「この人はお金に困っているのかな?ちゃんと返済してくれるのかな?」と疑問を抱かれてしまうのです。

具体的に年収がいくらの場合いくらまでなら希望額として申告しても問題ないというものはありません。

しかし、現在年収が借り入れしている金額の1/3以下になるようにしましょう。

審査に落ちる理由⑤年収の1/3以上の借り入れがある

ソニー銀行カードローンをはじめとする銀行系カードローンでは、年収の1/3以上を貸し付けしていません。

消費者金融では総量規制という法律で、年収の1/3以上の金額を貸し付けすることを禁止されています。

銀行系カードローンでは禁止こそされてはいませんが、指導を受けており消費者金融同様に貸し付けする金額を自主的に規制しているのです。

カードローン審査時には他社借り入れ金額を申告し、データベースで相違がないか確認をします。

このときに年収の1/3を超えて借り入れしてしていると審査に落ちてしまう場合があります。

審査に落ちる理由⑥借り入れ件数が多い

借り入れ金額が多くなくても、何社も借り入れしているとソニー銀行カードローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

借り入れ件数が多い状態で更にカードローンに申し込みをしているのはだいたいの場合で多重債務の状態にあり、返済能力が低いと見なされてしまうのです。

実際には借り入れしておらず枠だけあるカードローンも、借り入れ件数に含まれてしまいます。

こういったものがあれば解約してしまいましょう。

また限度額に余裕があるカードローンがあるなら、まとめておけば審査に通る可能性が高まります。

審査に落ちる理由⑦同時期に複数のカードローンに申し込みをしている

ソニー銀行カードローン以外のカードローンをほぼ同時期に申し込んでいた場合でも、審査に落ちてしまう可能性があります。

カードローン審査時には借り入れ状況を見られますが、カードローンの申し込み状況も信用情報に記録されているのです。

そこで何社もカードローンの申し込みをしていると、「この人はお金に困っているのかな?ちゃんと返済してくれるのかな?」と返済能力が低いと判断される可能性があります。

緊急でお金を借りたい状況にあり、他社の審査で落ちてしまった時の保険と思って何社も申し込みをしていると逆効果です。

審査に落ちる理由⑧信用情報に問題がある

信用情報とは、カードローン利用者が過去に返済トラブルを起こしていないかの情報のことです。

長期延滞がある、債務整理をしているなど、信用情報に問題がある人は高い確率でソニー銀行カードローンの審査に落ちてしまうでしょう。

長期延滞や債務整理をして信用情報に問題がある人のことをブラックと呼びますが、この情報は5年から10年間は信用情報に記録が残ります。

もしブラックの人がソニー銀行カードローンに申し込みをするならば、最低でも5年以上経ってからでないと審査には落ちてしまうでしょう。

審査に落ちる理由⑨アコムで延滞したことがある

アコムで借り入れをして延滞をした経験があると、ソニー銀行カードローンの審査には落ちてしまう可能性が高いです。

ソニー銀行カードローンはアコムが保証会社を担当しており、代位弁済や審査を請け負っています。

たとえブラックにはなっていなくても、アコムで延滞をしているとソニー銀行カードローンでも延滞する恐れがあると見なされてしまい審査に落とされてしまうことがあるのです。

アコムはソニー銀行カードローン以外にも、セブン銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンでも保証会社を担当しています。

アコムで延滞した経験があると、それらの会社でも審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

審査に落ちる理由⑩反社会的勢力との関わりがある、過去に関わりがあった

過去や現在に反社会的勢力との関わりがある人は、ソニー銀行カードローンで審査に落ちてしまいます。

これは反社会的勢力へお金が流れ、悪用されてしまうのを防ぐためです。

2018年1月から、カードローンの審査時には警察庁データベースへの照会を行うようになりました。

このデータベースでは、カードローン申込者の過去犯罪歴を見ることで、反社会的勢力との関わりがあるかどうかを確認できます。

ちなみに犯罪歴がある人がソニー銀行カードローンの申し込みに必ず落ちてしまうというわけではありません。

犯罪歴がある人にお金を貸し付けしてはいけないという法律はないので、カードローンを利用することは可能です。

しかし殺人などメディアに取り上げられるようなものや、振り込め詐欺などお金に関する犯罪は審査に引っかかる可能性が高くなります。

返済に関する実績がないと審査に落ちてしまう可能性がある!?

これまで解説してきた条件をすべてクリアしていても、ソニー銀行カードローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

その理由は「他社への返済実績がなく、返済能力があるかわからない」というものです。

他社と契約して長く安定した返済をしていれば「返済能力が高い」と判断されますが、そのような経歴がないと審査に落ちてしまうことがあります。

そのため可能であればソニー銀行カードローン以外で借り入れをしてからソニー銀行カードローンを申し込みすると、そのような事態は避けられます。

ソニー銀行カードローンで審査に通るポイントは「お金を貸せる信用があるか」

この記事では、ソニー銀行カードローンの審査で落ちてしまう理由について解説しました。

ソニー銀行カードローンをはじめとするカードローンで審査に通るポイントは、「この人にお金を貸しても問題がないか」です。

借りたお金が返済されないのがカードローン会社にとって一番困ることなので、お金を貸せるだけの信用があるかどうかを見ています。

この記事に書いてある情報をクリアすれば、ソニー銀行カードローンの審査に通る確率はかなり上がるでしょう。