住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済方法、毎月の返済額とは

公開日:

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、返済方法があまり多くはありません。

利用できる返済方法をしっかりと活用して、毎月の返済を行っていきましょう。

また、返済は毎月の返済以外にも、その都度返済する方法も準備されています。

余裕のある時には多くの返済を行って、少しでも元本を減らせるように努力することも大事です。

この記事では住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済方法について説明します。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済方法は?

住信SBIネット銀行ミスターカードローンには、2つの返済方法が用意されています。

1つは口座引き落としによってお金を返す方法、もう1つはATMを利用して返済を行う方法です。

ATM返済を行う方法は、口座引き落としとかなり似ている方法を採用しているため、事実上口座引き落としが主体だと考えてください。

返済方法として活用できる2つの手法について、ここから詳しく解説します。

返済方法その1:口座引き落とし

住信SBIネット銀行ミスターカードローンでは、口座引き落としを自社の普通預金口座で行います。

従って他社の普通預金口座で返済を行う方法は使えません。

理由として、住信SBIネット銀行ミスターカードローンを発行するために、普通預金口座の開設が求められているためです。

普通預金口座を開設し、開設された口座で返済を行うようにルールを定めているので、他社の普通預金口座は利用できないのです。

また、住信SBIネット銀行が保有している口座であればなんでも利用できるわけではありません。

住信SBI銀行には、ハイブリッド預金口座、目的別口座なども利用できます。

しかしこれらの銀行口座は、住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済には利用できません。

必ず円普通預金口座を返済の場所として利用します。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは約定返済

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、約定日に返済を行う方法で口座から引き落とします。

約定日になれば自動的に返済が行われますので、返済に必要なお金が準備されていれば問題はありません。

一方で約定日になっても必要なお金を準備できなかった場合、口座引き落としによって約定日に返済されません。

約定日に返済が行われなかった場合は、返済遅延扱いになってしまい、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は返済ではとても面倒なものですので、返済を行う際は必ず約定日までにお金を口座に入れるようにしましょう。

返済方法その2:ATM返済

住信SBIネット銀行ミスターカードローンが採用しているもう1つの返済方法がATM返済です。

こちらの場合は、ATMから普通預金口座に入金して返済を行うという方法を採用しています。

ATMから返済用の口座に入金すると返済が完了するカードローンもありますが、住信SBIネット銀行ミスターカードローンではその方法を採用していません。

ATM返済の場合は、1度自分が持っている普通預金口座に返済に必要な金額を入金し、約定日になったら自動的に返済を行ってもらう手法が取られます。

従って住信SBIネット銀行ミスターカードローンでは、ATM返済というより約定返済のためにATMへお金を入れると考えてください。

ATMから直接返済を行う方法を利用していない点に気を付けて、ATM返済を使うようにしましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンのATM返済に対応しているATM

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済に対応しているATMは限られています。

返済に対応しているATMについては以下の通りです。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • ファミリーマートATM

以上の4つが対応しています。

どのATMも身近な場所に置かれているもので、日本全国どこでも返済金額を入金できるのです。

ATMは稼働している時間が会社ごとに異なる点に気を付けてください。

稼働時間外にATMへ来ても返済の手続きはできません。

特に夜遅くに利用する場合は、ATMが稼働している時間帯などをしっかり確認し、稼働していると判断してから返済の手続きを行いましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの約定日は?

住信SBIネット銀行ミスターカードローンには約定日が定められています。

約定日は毎月5日に設定されていて、5日の間に返済が完了していれば遅延とはみなされません。

他社のカードローンでは、約定日を自由に変更できるサービスが用意されています。

しかし住信SBIネット銀行ミスターカードローンでは、約定日を変更するサービスは行われていません。

どのような場合でも5日に返済を行う必要があるので、給料の振込タイミングによっては返済しづらいと感じる方もいるでしょう。

また、銀行が休業日に該当する場合、約定日は翌営業日に回されます。

5日が休みなら6日、6日も休みなら7日というように、次の営業日まで口座引き落としは行われません。

休日が絡んでいる月は、返済に若干ですが余裕を持てると考えておきましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの最低返済額は?

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、最低返済額が定められていて、月ごとに最低でもこれだけの返済を行う義務が生じています。

最低返済額は、現時点で借りている金額を基にして決められます。

借りている金額が小さい人にはかなり返済額を抑えられるようにしているものの、借りている金額が多い人には高額な返済を要求しています。

一例を挙げると、現時点で借りている金額が10万円以内の場合、最低返済額は2,000円です。

10万円を超えると4,000円まで最低返済額は引き上げられます。

プレミアムコースで契約を行っている方は、900万円以上の借入を行うと最低返済額が8万円まで上昇します。

返済額は借りている金額が増えれば増えるほど、急激に増加するので気を付けてください。

最低返済額は住信SBI銀行が定めているもので、勝手に最低返済額以下の返済はできません。

返済時には最低返済額が変わっていないか、そして返済に余裕を持って返せるほどのお金が入金されているか確認しておきましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは最低返済額よりもかなり多い金額を返そう

カードローンの返済を行う場合は、できる限り返済額を増やして、最低返済額よりも多い金額で返済を続けましょう。

これは利息を減らすために重要な要素です。

利息を増やし続けるような返済を行うと、完済までに支払う金額が多くなってしまいます。

また、返済額が足りない場合、元本を返せないために返済がいつまでも続く恐れがあります。

利息を増やしたくないと思っている方は、少しでも返済額を増やせるように心がけ、返済で常に元本を大きく減らすと考えておきましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは追加返済も可能

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、毎月の約定返済だけではなく、追加返済も対応しています。

追加返済は主にATMを利用して行われています。

追加返済を希望している場合は、対応しているATMまで行って、必要な手続きを行ってください。

また、マイページから返済を行う方法も採用されています。

マイページから返済を行う方は、マイページにログインを行い、必要な手続きを行ってください。

2つの方法は自由に選択できるもので、追加返済については融通の利く方法を採用できます。

自分が返済しやすい方法を利用して、追加返済を行うようにしましょう。

なお、追加返済はその場でお金を払う方法であり、後から返済するという方法ではありません。

追加返済の場合はお金を事前に準備する必要があります。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの追加返済の方法

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの追加返済は2つの方法が採用されています。

2つの方法のうち、どの方法が自分にとって使いやすいのかしっかりと考えておきましょう。

ここからは2つの追加返済の方法について説明します。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの追加返済をATMで行う場合

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、追加返済をATMでも行えます。

ATMの画面が表示されると、お引き出し、お預入れ、残高照会、カードローンという4つの項目が表示されます。

ここで利用するのはカードローンという項目です。

カードローンの項目をタッチして、次の画面に進んでください。

次にご返済という表示が表示されますので、返済に関連している項目をタッチしてください。

すると金額を入力する画面が表示されます。

ここに追加返済に必要な金額を入力し、入力した金額に問題がないことを確認してください。

金額に問題がなければATMにお金を入れて返済を行います。

最後に返済完了の画面が表示されれば追加返済が行われます。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの追加返済をマイページで行う方法

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの追加返済は、住信SBI銀行のホームページに用意されているマイページからも行えます。

マイページから行う場合は、ログインをしてから追加返済(随時返済:入力)という部分をクリックしてください。

クリックすると金額を入力する画面が表示されています。

ここに追加返済に必要な金額を入力し、確認画面に入ります。

確認画面で返済金額に問題がないと判断できれば、追加返済を確定させます。

追加返済は住信SBI銀行の普通預金口座から自動的に行われます。

普通預金口座に必要なお金が入っていない場合、エラーが表示されて追加返済ができませんので注意してください。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンで追加返済を行う場合の注意点

住信SBIネット銀行ミスターカードローンで追加返済を行うと、返済がしっかりと進められ、利息が減少するなどのメリットを得られます。

しかし、注意点を守らなければ追加返済で間違いが生じてしまい、返済遅延を取られる恐れがあります。

ここから紹介する2つの追加返済に関連する項目をしっかりと確認して、問題がないことをしっかりと把握してから追加返済を行ってください。

追加返済は約定返済と判断されない

1つ目の注意点は、追加返済は約定返済とは異なります。

約定返済というのは、毎月返済する義務を消化するために利用しています。

一方で追加返済は、任意で返済する際に利用している方法です。

住信SBI銀行では、約定返済が行われていない場合、追加返済を行っても返済をしていると判断していません。

従って追加返済を行っても、毎月の約定返済も続けなければならないのです。

約定返済を行わなかった場合は、追加返済が行われても遅延扱いとなり、遅延損害金を支払うこととなります。

遅延損害金を支払う対象にならないように、必ず追加返済と一緒に毎月の約定返済も行ってください。

追加返済では利息の返済はできない

2つ目の注意点は、追加返済では利息の返済に対応していない点です。

利息の返済を行う場合は、毎月の約定返済を行分ければなりません。

つまり追加返済を行ったとしても、利息まで返済はできないため、追加返済での完済はできないのです。

追加返済で返せるのは元本だけで、利息については後日計算されて約定返済で支払います。

利息を返せないという部分は面倒なところで、追加返済を行っても完済まで持っていけないという問題が生じやすくなるのです。

もし追加返済を希望する場合は、約定返済時に残されている利息を払い、元本だけを追加返済で返すようにしましょう。

利息を払う金額までしっかりと口座の中に残してから、追加返済の対応を行いましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済をしっかりと覚えよう

住信SBIネット銀行ミスターカードローンでは、返済の方法を口座引き落としによる約定返済を中心に採用しています。

ATMを利用している返済方法も準備していますが、ATMから口座に入れ、約定日になったら返済するという変わった方法が使われます。

他のカードローンと異なり、ATMから直接返済を行うのは、追加返済しかできないと覚えておきましょう。

また、追加返済は約定返済とはみなされないため、毎月の返済はしっかりと続けなければなりません。

毎月の返済を守らないで追加返済を行うと問題が起きてしまう点にも気を付けて、追加返済を考えてください。

正しく返済を行えば、住信SBIネット銀行ミスターカードローンの返済で問題が起きることはありません。

返済方法をしっかりと覚えて、問題なく返済が進められるようにしましょう。