住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査時間は長い!審査時間を短くするには?

公開日:

時計を気にする女性

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、短時間で審査が終わるカードローンではありません。

ある程度審査に時間をかけるようにして、カードローンの審査を行っています。

消費者金融のように、カードローンの審査を短時間で完了し、即日融資を行っているカードローンではないのです。

では、実際にはどれくらいの時間が必要なのでしょうか。

また、審査を早くする方法はないのでしょうか。

この記事では住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査時間について説明するほか、審査時間を早めるためのコツなどを紹介します。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは審査に時間がかかる

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、審査に時間をかけているカードローンです。

審査項目が多いわけではありませんが、色々な部分の確認を詳細に行っているため、短時間で審査を完了させているカードローンではないのです。

従ってカードローンの審査は即日で完了させられません。

一部の情報で即日で審査を完了させられると書かれていますが、即日で審査が完了した場合は余程運のいい状態と言えるでしょう。

多くの方は、住信SBIネット銀行が依頼している保証会社が審査に時間をかけて判断しているため、審査の時間は延びてしまいます。

すぐに審査が完了するような会社ではありませんので、住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査を受ける際は、ある程度余裕を持って審査を受けたほうがいいでしょう。

即日融資を受けるために審査を受けようと考えている方は、即日融資はできないカードローンだと理解し、ゆっくりと待つ必要のあるカードローンという認識に改めてください。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査日数の目安は?

ゆっくりと審査を行っているとしても、ある程度の時間までに審査を完了させてくれないと、あまりにも待たされると感じてしまうでしょう。

現在住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査は大体3営業日程度必要です。

申込内容の審査はもう少し早く完了する場合もありますが、カードローンを利用しても大丈夫なのかを確認するため、色々な機関に対して確認作業を取るため、審査時間が長引いてしまうのです。

従ってすぐに住信SBIネット銀行ミスターカードローンを利用できるのではなく、少し時間を置いて利用するカードローンと考えてください。

休日を挟むと審査が伸びる

ちなみに3営業日というのは、3日ではなく住信SBIネット銀行が営業している3日間が必要という意味です。

従って休日を挟んでしまうと審査までに時間がかかります。

長期休暇を挟んでいた場合は、1週間以上も審査に時間がかかってしまう場合があり、もしかしたら相当の時間を審査に費やす可能性があります。

また、審査の内容によっては時間がかかってしまいます。

申込みをした内容に不備が存在していたり、審査を行っている時におかしいと思われる項目があれば、ゆっくりと時間をかけて審査を行います。

場合によっては、住信SBIネット銀行から連絡が入り、不備のある所をしっかりと改善してほしいと要望されるでしょう。

審査がスムーズに進むような申込内容でなければ、さらに審査時間が延びてしまうと考えてください。

できる限りいい判断を審査で受けられるよう、申込内容に不備がないように気を付けるのです。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査日数はプランで変わる?

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、スタンダードコースとプレミアムコースの2つを一緒に審査しています。

スタンダードコースの場合、審査基準が少し緩く設定されているので、短時間で審査を終えられる可能性があります。

一方でプレミアムコースを希望している方は、プレミアムコースを利用するために厳しい審査を受けなければなりません。

適用されるコースで審査時間が変わる

審査時間が大幅に長引いてしまう可能性がある他、審査結果によってはスタンダードコースの審査を検討する形になり、審査時間が延びてしまう可能性もあります。

最初から早期の融資を希望する場合は、プレミアムコースの審査対象にならないよう、限度額の希望などを抑えてスタンダードコースを狙うようにしましょう。

プレミアムコースに該当する審査を受けなければ、審査の時間を短く設定できるため、短時間で審査を完了させられる可能性が生まれます。

どうしてもプレミアムコースを狙っている方は、ある程度審査に時間がかかると判断し、余裕を持って審査受けるように心がけましょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査時間を短くする方法

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査時間は3営業日程度と消費者金融に比べればかなり長くなります。

短時間で審査を終えるためには、事前の準備をしっかり整えたほうがいいでしょう。

審査に必要なものを先に準備しておけば、時間を少しでも短縮できる可能性があるのです。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査時間を短くする手法は以下の通りです。

  • 先に住信SBI銀行の口座を作成する
  • 申込内容を綺麗に整える
  • 必要な書類を先に準備する
  • 電話連絡等の確認をスムーズに

以上の項目についてここからは詳しく説明します。

先に住信SBIネット銀行の口座を作成する

住信SBIネット銀行ミスターカードローンでは、住信SBIネット銀行の普通口座を開設していない場合、先に住信SBIネット銀行の口座作成の手続きが必要です。

この手続きにはさらに時間がかかってしまい、口座開設を行っていない方が住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査を受けると2週間以上待たされてしまいます。

かなりの時間がかかってしまうことを想定すると、先に住信SBIネット銀行の口座は作成したほうがいいでしょう。

カードローンを作成したいと考えている方は、事前に普通預金口座を作成しておけば住信SBIネット銀行ミスターカードローンの利用可能にかかる時間は大幅に短くなります。

申込内容を綺麗に整える

申込内容が悪いと審査時間が大幅に長引いてしまい、場合によっては審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいと考えている方も、できる限り申込内容は綺麗に整えておくようにしてください。

綺麗にするというのは、住信SBIネット銀行ミスターカードローンを利用できると判断されるような申込内容にしておくのです。

曖昧な表記をしたり、住所地などの不備がないように心がけ、安心して住信SBIネット銀行が委託する保証会社に審査を行ってもらいましょう。

また、借金等の金額を隠さず、正しく入力してください。

借金は隠しても調べればすぐに情報がわかります。

借金を隠していたために審査に落とされてしまうのは非常に厄介なところです。

審査を通過するためにも抱えている借金等の金額はしっかりと書いておくのです。

必要な書類を先に準備する

本人確認書類と収入証明書は、事前にスキャナで取り込んでおく、もしくはスマホで撮影してすぐに送付できるようにします。

書類の送付に時間がかかってしまうと、その分だけ審査にかかる時間は長くなってしまいます。

特に夜遅くになって書類を送付しても、住信SBIネット銀行の営業時間は過ぎており、審査が進められません。

少しでも早く審査を進めたい場合は、本人確認書類と収入証明書を営業時間内に送付して、審査を早く進めてもらいましょう。

なお、50万円以下の限度額であれば収入証明書は不要です。

後から増額で限度額を確保すればいいと思っている方は、希望する限度額を50万以下に設定し、必要な書類を減らすといいでしょう。

電話連絡等の確認をスムーズに

住信SBIネット銀行ミスターカードローンでは、電話による本人確認もしっかり行っています。

電話で申込内容に問題がないと判断しない限り、審査を完了させていないのです。

電話がかかってきた場合は、1回で確認が終わるようにしっかり電話に出ておきましょう。

電話に出られなかった場合は、次の電話がいつかかってくるかはわかりません。

待たされる時間が長くなり、審査に必要な時間も大幅に延びてしまうので注意してください。

また、在籍確認も同様に電話で行っています。

会社に対して行われる電話についても、早期に完了するように問題のない時間帯等を住信SBIネット銀行に説明するといいでしょう。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査は有利な人ほど時間も短い

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査は、ほぼ審査に通過すると思われる人ほど時間が短くなります。

審査を通過できるか不安に思われている人よりも、審査を確実に通過できる人の方が信頼できるため、すぐに審査を終えても大丈夫と判断しているからです。

従って審査に時間がかかっている人は、あまり審査状況が良くないと考えてもいいのです。

一方で短時間で審査を完了できている人は、それだけ信頼できると判断されており、問題なくカードローンを利用できると見られています。

できる限り審査を通過しやすい状況を作り、短時間で審査を終えられるようにも潮見内容を整えるようにしましょう。

なぜ住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査は悪い人ほど長くなる?

同じような基準で審査を行っている住信SBIネット銀行ミスターカードローンですが、悪い内容で申込みをしている人は本当に審査を通過させてもいいのか、最終的に色々な人の意見を聞いて判断します。

会社内で意見が分かれてしまうと、本当に審査を通過させてもいいか、最終判断を行いづらくなってしまいます。

その結果、色々な人の意見を聞きながら、担当している社員はもちろんのこと、保証会社としても多くの時間を使って判断する形になるのです。

一方で審査結果がいいと判断されている人は、誰が見てもこの人は安心だと判断されます。

審査に携わっている人全員の意見がまとまっていれば、その分だけ審査結果を通知するまでにかかる時間は短くなるでしょう。

審査をほぼ通過できると判断されている人は、審査を通過できるか怪しいと思われている人より、圧倒的に速い時間で審査を完了させられるのです。

だからこそ審査を受ける際は、申込内容をしっかりと整えて、安心して審査を受けられる状況を作らなければなりません。

審査落ちの連絡は早期にと届く可能性もある

審査にかかる時間は3営業日程度ですが、場合によってはそれよりも早く審査結果が通知される可能性もあります。

ただ、3営業日もかからないようなタイミングで審査結果が通知された場合、ほぼ審査落ちの可能性が高くなっています。

保証会社がこれは審査を通過できないと判断している場合、審査を早めに切り上げ、審査に落とすべきという判断を住信SBIネット銀行に通知しています。

申込みをしてから半日程度で審査結果のメールが届いている場合や、1日くらいで連絡が入っている場合は、ほぼ住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査に落とされているのです。

正しく審査を行っている場合は、確認作業等の時間がある程度確保されるので、どれだけ短くても2営業日程度はかかります。

しかも本人に対して電話連絡を入れるので、メールによって審査結果が伝えられるだけでなく、電話でも審査の結果を聞き出せるのです。

メールだけで連絡が入り、しかも1営業日程度しか経っていないのに審査結果を通知した場合は、ほぼ審査に落とされたものと考えてください。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査日数は長い傾向にある

住信SBIネット銀行ミスターカードローンの審査日数は、気軽に利用できる消費者金融系に比べると圧倒的に長くなってしまいます。

3営業日というのはカードローンにしては長い方でもありますが、より厳しい審査と安心して貸し出せるための確認を取っており、やむを得ない日数だと考えてください。

ただ、カードローンを利用するまでにかかる時間は、事前に必要な準備を整えると短く抑えられます。

書類の提出や電話確認にかかる時間などを短くして、3営業日を2営業日に抑えられるように努力しておきましょう。

また、申込内容でほぼ審査を通過できると思われるように、収入や仕事の状況など、いい情報が多く出せるような申込内容を作りましょう。