銀行カードローンのメリット・デメリット

  公開日:   最終更新日:

カードローンの中で人気の高い銀行カードローン。消費者金融のカードローンよりも借入に安心感があります。
やはり一番大きく感じるメリットは消費者金融よりも低金利で返済の負担が小さいということ。そしてキャッシングで得たお金に安心感があるのもうれしいですよね。
しかし審査が厳しく消費者金融のように即日審査と即日融資に対応していないことが多いなど、銀行カードローンならではのデメリットがあるのも考えものです。
借入を悩む女性


銀行カードローンのメリット

他のカードローンよりも優秀だという印象が持たれている銀行カードローンですが、やはりメリットは多いです。

金利が低い

低金利でキャッシングできるのが一番大きなメリットです。カードローンの一番の比較基準は金利なので、銀行カードローンが多くの人から人気を集めていることも納得できます。
金利が低いということは、返済時に支払う利息の金額を支払うことです。
都市銀行カードローンの設定でも上限金利が15%ほどですし、中には10%を切る上限金利を設定している銀行があるくらいです。

キャッシングに安心感がある

金利と同じくらい重要なのが、キャッシングに関する安心感です。借り入れ先への信頼感がないと、お金を借りることの不安感が拭えません。銀行からの借入ならば借入先への不安はないはず。
一切倒産の危機がないとは言えませんが、消費者金融と比べると借入先が無くなってしまうリスクはかなり小さいでしょう。限度額まで何度でも再融資可能、借り入れたお金の使いみちは自由であるという点は消費者金融のカードローンと変わりません。

総量規制の対象外

貸金業法の改正により、消費者金融や信販会社から借りることができるお金には制限がかかりました。年収の3分の1以上のお金を借入れることができない総量規制の法律があります。
しかし銀行カードローンはこの総量規制の対象になりません。年収にかかわらず自由なキャッシングが可能です。銀行カードローンの中には限度額が1,000万円まで設定可能なものがあります。かなりまとまった買い物などに利用可能です。

おまとめローンとして利用可能

限度額が高くまとまったお金を借入れることができるので、キャッシングの一本化ができるおまとめローンとしての利用にも最適です。


銀行カードローンのデメリット

メリットばかりの銀行カードローンですが、デメリットもいくつかあります。あらかじめキャッシング前に確認しておきましょう。

審査と融資にお金がかかる

消費者金融のカードローンは多くが即日審査と即日融資に対応しているものが多い中、審査と融資に多くの時間がかかってしまうものが多いです。中には審査だけで1周間以上かかってしまうものも。
しかし最近は銀行カードローンも即日融資に対応しているので、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行カードローンならば自動契約機を使って確実な即日融資が可能です。

審査が厳しい

これだけ条件の良いキャッシングは借入れることができる人が限られてしまいます。アルバイト。パートでも利用可能な人が多いですが、審査通過率は消費者金融のカードローンよりもかなり低くなっています。
正社員で、過去のキャッシング履歴にも問題のない人出ないと審査に通るのは難しいでしょう。

口座開設が必要な場合がある

銀行カードローンを運営している銀行の口座を持っていないと借入れるころができない場合が多いです。まだ口座を持っていない場合は口座開設の手続きを行うことになる場合があり、さらに多くの時間がかかってしまいます。

三井住友銀行カードローンなら口座が無くとも借入可能

三井住友銀行カードローンは銀行に口座が無くても利用できます。このように中には銀口座を持っていなくとも利用できるカードローンがあるので、前もって調べておきましょう。