銀行カードローンの審査は消費者金融より厳しい

銀行カードローンの審査は厳しく、消費者金融よりも審査通過率は低くなっています。申し込んだ後の審査で見られる内容自体はそこまで大差はありません。消費者金融の審査基準がより厳しくなったものだと思ってください。
審査で見られるのはその人が持つ属性の情報。そしてその人が持つ信用情報です。銀行カードローンから借入れる前にはこの信用情報について厳しく見られることになります。現在のキャッシングやクレジットカードなどの申込状況。そして過去のキャッシング状況などに問題があった時点で銀行カードローンの審査はかなり不利になると思ってください。収入や雇用形態などが作る属性も消費者金融より厳しく見られてしまいます。


PCの前でOKサイン

少しでも審査に強い属性を持っておく

属性とは収入や雇用形態などで決定される情報。この属性を見て銀行はその人が持つ返済能力を決定します。

  • 年齢
  • 勤続年数
  • 職業/勤務先
  • 年収
  • 雇用形態
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 電話

これらの情報を審査され、スコアリング形式で返済能力を見られることになります。消費者金融やクレジットカードを作る前の審査よりも、銀行カードローンの審査は厳しくこれらの属性情報を見られることになります。
勤続年数は年収よりも厳しく見られるポイントです。年収がいくら多くとも勤続年数が少なければ審査で落とされてしまうことも珍しくありません。そして雇用形態もアルバイト・パートよりも正社員として働いている方が審査で有利です。
最近は銀行も個人融資に積極的で、一時期よりもパート・アルバイトでも収入が安定していれば審査に通ることも珍しくありません。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など都市銀行カードローンも貸付に積極的です。


銀行カードローンの審査は信用情報が厳しい

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しく信用情報を見られることになります。消費者金融の審査では信用情報に多少の問題が残っていても審査に通ることも珍しくありません。大手消費者金融でもそうですし、中小消費者金融ならばなおさらそうです。
現在同時にいくつもカードローンの審査を申し込んでいるとしたら、それだけで返済能力に疑問を持たれてしまいます。そして過去に借入れたお金の返済遅延があったとしたら、その情報は審査にかなり不利です。返済遅延、返済の途中で債務整理によって返済額の減額を行った情報が残っていたならその状態は申し込みブラックとなってしまいます。
銀行カードローンを利用するのは難しいでしょう。


銀行カードローンの中で審査や融資に時間がかからないものも

銀行カードローンは最近高まってきた個人融資の需要に応えるかのように、個人への貸付に積極的です。特に三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行という二つの都市銀行カードローンは、銀行内に自動契約機を設置するなど、早い審査と融資に積極的です。
銀行カードローンは消費者金融カードローンよりもかなり低金利、そしてみずほ銀行カードローンのように1,000万円まで設定可能など高限度額設定可能。ここに消費者金融カードローンのような利便性が組み合わさったのが、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行カードローンです。
低金利で都市銀行からのキャッシングは借入れたお金への安心感も違います。総量規制にもかからないので借入額にも制限がかからないキャッシングが可能。


まとめ

銀行カードローンの審査では消費者金融の審査より厳しく属性や信用情報を見られます。それゆえ審査通過率も低く審査にかかる時間も消費者金融よりもかかってしまいます。特に信用情報は厳しく見られます。短期間の複数業者申し込みで審査に落とされてしまいますし、返済遅延の情報も債務整理で返済額を減額した情報が残っていただけで、返済能力に疑問を持たれることで審査に落ちてしまいます。