銀行カードローンの審査に年収は関係ある?

公開日:

銀行カードローンでキャッシングを行う前に、利用する銀行へ申し込み、その銀行の審査を受けることになります。銀行は、申し込んだ人の属性や信用情報を審査して、お金を貸し付けるかどうか決めるのです。
多くの人は、年収が高ければ高いほど審査で有利だと思っている人は多いです。確かに高い年収は返済能力があると見られ、審査に関して有利な情報となります。しかし年収が高いというその情報だけでは銀行カードローンの審査には通りません。もっと多角的な情報を審査されることになります。

給料袋


銀行カードローンで見られる属性とは

銀行カードローンにおける審査で見られる属性の情報には収入に関する情報が含まれています。今どれくらいの収入をもらっているのか。そしてその職場でどれくらいの期間働いているのか。それらの情報が属性に含まれています。
収入が多ければ多いほど、返済能力が高いとみなされますし、勤続年数が長いほど収入が安定していると見られて審査に有利な属性となります。この属性の値が高いほど審査に通りやすくなります。つまり年収の高さ一辺倒で審査されるというわけではないのです。


年収は高いことより安定していること

多くの年収をもらっていることより大切なのは、収入が安定していることです。いくら年収が高くとも、その収入が途切れがちで、定期的な収入ではなかったとしたらその時点で審査に落ちてしまうことも十分ありえます。
反対に、あまり年収が高くなかったとしても収入が継続して安定していたとしたら、銀行カードローンの審査に通る可能性は十分にあります。例えば芸術家などの人気商売よりも、日々コツコツと働くサラリーマンのほうが審査では有利な属性となるのです。

アルバイト・パートの収入でも審査に通る?

気になるのは、アルバイト・パートでも審査に通りお金を借り入れることができるのかどうかという問題です。
結論から言うと、アルバイト・パートでも銀行によっては十分審査に通りお金を借り入れることができます。最近は個人融資の需要が高まっていることもあり、銀行はカードローンの貸付に積極的です。銀行によっては自動契約機を用意して即日融資にも積極的な対応を行っています。アルバイトでも勤続年数が長いなど審査で有利な情報を持っていれば十分審査に通ります。

中には年収の金額で審査する銀行も

とはいえやはり消費者金融のカードローンよりも厳しい審査をクリアしなければなりません。
年収が200万円以下では銀行カードローンでのキャッシングは難しいと考えてください。消費者金融のカードローンならばそれ以下の収入でも審査の甘いところならお金を借り入れることが可能な場合が多いです。銀行カードローンによっては年収が400万円以上でないと利用不可能なものもあるくらいです。


属性より重要視されるのが信用情報

年収の金額よりも重要なのがこの信用情報です。信用情報とは今どのキャッシングに申し込んでいるのか。他社でお金を借入れているとしたらどれくらいのお金を借りているのか。それの情報が信用情報に含まれます。
ここでもし他社から同時に多くのお金を借り入れている多重債務者であることが発覚した場合。または短期間に複数の業者に申し込んでいたとしたら、その情報をきっかけに審査落ちとなる場合もあります。

返済遅延や債務整理の記録が残っていた場合が審査で不利

一番審査において不利となってしまうのが、過去のキャッシングにおける返済遅延や債務整理で返済額の減額を行ったという記録です。
銀行が知りたいのはその人がどれくらいの返済能力を持っているのか。返済が遅れた情報や債務整理しないといけない生活の記録は、それだけで返済能力が低いと見られてしまいます。
返済遅延や債務整理の情報は消えるまでに5年から10年かかってしまいますから、返済遅延はしないようにしましょう。もし債務整理の手続きを行うなら、後の審査で不利となることを覚悟しておきましょう。

クレジットカード発行でも見られる

クレジットカードを作る前の審査でも信用情報を見られることになります。
銀行が審査の際利用する信用情報機関とは別の信用情報機関とはなりますが、その機関に残っている信用情報に問題がないかを審査します。クレジットカードを作ったとして、きちんと利用代金を支払う能力を持っているかを調べます。
過去にクレジットカード利用代金の支払い遅れがあったとしたら、クレジットカードを新しく作る際にとても不利な情報として扱われるでしょう。


まとめ

銀行カードローンの審査において年収の金額は確かに審査されるポイントの一つではありますが、年収の高さが審査結果を左右することはありません。大切なのは年収の高さより収入が安定しているかどうかです。収入が定期的で安定していれば、銀行カードローンの審査だったとしても十分お金を借り入れることができるようになるはずです。