銀行カードローンの審査落ちする人の特徴

三井住友銀行カードローンやその他銀行カードローンは審査に通らないと利用できません。申し込んだ銀行カードローンの審査落ちとなってしまわないように、審査の対策を行っておく必要があり、そのためには審査落ちとなってしまう人の特徴を調べる必要があります。
カードローンの審査落ちになる人には不思議と同じような特徴があり、その信用情報や属性で審査に落ちてしまう原因を把握しておけば防げるものが多いです。
特に申し込み内容の誤りは事前の見直しで防ぐことができますし、短期間の同時申し込みで審査に落ちてしまったなら、しっかりと申込先を比較検討することで防ぐことが可能です。

審査で悩む女性

意外と多いのが申し込み情報の誤りや嘘

申し込み情報に本当の情報との誤差が合った場合には審査に落ちてしまいます。消費者金融の審査ならば時間がかからないこともあり、多少の情報誤差や嘘はバレないかもしれません。ですが審査で開示した信用情報などで情報の誤りがあった時点で審査に落ちてしまいます。多いのは収入や勤務先の職場にまつわる嘘です。
働いてもいない職場の情報を申し込んだとしても、審査の最後にある在籍確認という名の確認電話でその嘘は見ぬかれてしまいます。正確で嘘のない情報を申し込みましょう。

短期間に複数社の申し込みは不利な情報

1ヶ月以内に数社など、短期間に複数の消費者金融や銀行へ申し込みを行うのは審査に落ちてしまう要因となってしまいます。短期間に複数社へ申し込む必要があるくらいにキャッシングを急いでいる。それだけ金銭的な状況に切迫していると見られてしまうからです。
申し込む際の情報はしっかり複数の業者の設定を比較し、ランキングを確認し、厳選した数社の申し込みを行うことにしましょう。

過去のキャッシングで金融事故が合った時点で落ちてしまう

信用情報に残るのは申し込み情報だけではありません。実際にどこからお金を借りているのか。現在お金を借入れている情報や過去にお金を借り入れた記録も残っています。
当然現在複数の業者からお金を借りている多重債務の情報は返済能力が乏しいと見られて、審査に落ちる要因となってしまいます。多少無理した繰り上げ返済を行ってでも借入件数を減らす。またはおまとめローンでキャッシングを一本化することにしましょう。
さらに不利な情報として考えておくべきなのが、過去のキャッシングで返済が遅れた返済遅延の情報。返済遅延や債務整理の情報が残っている時点でブラックリストに入っているとみなされて審査落ちとなってしまいます。

属性のスコアリングが審査基準を満たさなかった場合

消費者金融や銀行はその人がもらっている収入や居住年数など生活の情報をスコアリングで審査します。スコアリングで審査されるこの情報は属性と呼ばれ、この情報は加点方式で審査され、より多くの収入をもらっている人が審査で有利となります。パート・アルバイトより安定しているという点で正社員の方が審査で有利となります。
特に銀行の審査に落ちてしまった人は銀行の厳しい属性の審査基準をクリアできなかったという理由であることが多いです。

まとめ

銀行カードローンなどキャッシングで申し込み後審査落ちとなってしまう人の特徴は、皆似通っています。
申し込み情報に嘘の情報があった場合、実際の情報とは誤りが合った場合などは、事前に情報を見直すなど慎重に申し込むことで防ぐことができます。それと多いのは短期間に複数の業者への申し込みです。
短期間に申し込むのは厳選した一二社の消費者金融と銀行にすることが大切です。過去の返済遅延や債務整理の情報はそれだけでブラックリスト入りとなってしまい銀行では特に審査落ちになってしまうことでしょう。