銀行キャッシングはどうして総量規制の対象外なのか

  公開日:   最終更新日:

三井住友銀行だけではなく、その他銀行キャッシングも総量規制の対象外です。総量規制とは、過去債務者が借り過ぎによる生活破綻を起こす人が現れたことによって生まれた法律です。個人の持つ返済能力を超えないようにキャッシングを行うための法律で、年収の3分の1以上の借入を規制するのがこの総量規制です。
消費者金融のカードローンのように、無担保で保証人も必要なく借入れることができるキャッシングは総量規制の対象です。反対に住宅ローンやマイカーローンなどその他目的別ローンは担保を提出することもあり総量規制の対象外。カードローンでも銀行カードローンは無担保無保証人で利用可能にして、総量規制の対象外での借入が可能です。

大きな財布を持つ女性


キャッシング総額が年収の3分の1を超えてはならない

総量規制の対象であるキャッシング総額が3分の1を超えてはなりません。プロミスやアコムなど大手消費者金融一社からの借入が年収の3分の1を超えてはならないのではなく、キャッシング総額です。
複数のキャッシングを利用していたとしたら、その借入総額合計が年収の3分の1以下である必要があります。収入の定義は月々の定期的な収入であること。パチンコや競馬など不定期な収入は収入とみなされません。学生が利用可能な消費者金融のカードローンや学生ローンの場合は、親からの仕送りも収入と見なされません。申し込んだ時点で他社からの借入が年収の3分の1を超えていたなら審査に落ちてしまいます。


総量規制の対象外のキャッシング

総量規制の対象外のキャッシングはどんなものがあるでしょうか。

銀行キャッシング

一番わかり易いのは三井住友銀行やその他銀行からの借入です。たとえ無担保無保証人で利用可能なカードローンだったとしても、年収に制限されない借入が可能です。銀行カードローンは1,000万円まで限度額を設定可能なものもあります。

返済を視野に入れた借入

消費者金融のおまとめローンでお金を借入れる際にも総量規制の対象外となります。しかし条件もあります。

  • 返済総額がおまとめ、借り換えより少なくなること
  • 適用金利がおまとめ、借り換え前より低くなること

これらの条件を満たした場合に限り、総量規制の対象外で利用可能です。顧客が一方的に有利になる借入には総量規制が適用されないのです。

担保が必要なキャッシング

お金を借入れる際担保を提出するキャッシングは総量規制の対象外となります。返済できなくなった時に担保を没収されてしまう代わりに生活が破綻することがないからです。


銀行キャッシングで大口の融資を

銀行キャッシングは総量規制の対象外となるため、かなりまとまった融資に対応可能です。銀行カードローンなどは消費者金融のカードローンと違い、限度額を高額設定可能です。三井住友銀行カードローンも800万円まで限度額設定可能。
おまとめローンとして銀行カードローンを利用するとしたら、かなり借入額も大きくなりますから、年収で制限がかかっていては対応できません。大口融資を希望するなら、銀行からの借入に申し込みましょう。


大口の融資は審査が厳しい

総量規制の対象外だったとしても、多くのお金を貸し付けるのは銀行側も貸し渋ります。大口融資を希望したとしたらそれだけ審査にも時間がかかってしまい、審査もより厳しくなります。
都市銀行カードローンは審査を最短30分で終わらせることができるものもありますが、多くの借入を希望したなら審査回答は翌日以降など時間がかかります。または大口融資には自身の収入を証明する収入証明書が必要になることもあります。給料明細や源泉徴収票を準備する時間がかかることもあらかじめ把握しておく必要があります。