総量規制とは?どんなキャッシングが総量規制対象外なのか?

公開日: 最終更新日:

その他銀行キャッシングも総量規制の対象外です。総量規制とは、過去債務者が借り過ぎによる生活破綻を起こす人が現れたことによって生まれた法律です。個人の持つ返済能力を超えないようにキャッシングを行うための法律で、年収の3分の1以上の借入を規制するのがこの総量規制です。

消費者金融のカードローンのように、無担保で保証人も必要なく借入れることができるキャッシングは総量規制の対象です。反対に住宅ローンやマイカーローンなどその他目的別ローンは担保を提出することもあり総量規制の対象外。カードローンでも銀行カードローンは無担保無保証人で利用可能にして、総量規制の対象外での借入が可能です。
大きな財布を持つ女性

キャッシング総額が年収の3分の1を超えてはならない

総量規制の対象であるキャッシング総額が3分の1を超えてはなりません。消費者金融一社からの借入が年収の3分の1を超えてはならないのではなく、キャッシング総額です。

複数のキャッシングを利用していたとしたら、その借入総額合計が年収の3分の1以下である必要があります。収入の定義は月々の定期的な収入であること。

パチンコや競馬など不定期な収入は収入とみなされません。学生が利用可能な消費者金融のカードローンや学生ローンの場合は、親からの仕送りも収入と見なされません。申し込んだ時点で他社からの借入が年収の3分の1を超えていたなら審査に落ちてしまいます。

総量規制の対象外のキャッシング

総量規制の対象外のキャッシングはどんなものがあるでしょうか。

銀行キャッシング

一番わかり易いのは銀行からの借入です。たとえ無担保無保証人で利用可能なカードローンだったとしても、年収に制限されない借入が可能です。銀行カードローンは1,000万円まで限度額を設定可能なものもあります。

利用者に一方的に有利な借り入れ

借り入れたキャッシング利用者にとって、そのキャッシング利用が一方的に有利になるキャッシングも「総量規制対象外」です。総量規制はそもそもキャッシング利用者の生活を守るために生まれたことを思えば、これも納得です。

消費者金融のおまとめローンでお金を借入れる際にも総量規制の対象外となります。しかし条件もあります。

  • 返済総額がおまとめ、借り換えより少なくなること
  • 適用金利がおまとめ、借り換え前より低くなること

これらの条件を満たした場合に限り、総量規制の対象外で利用可能です。顧客が一方的に有利になる借入には総量規制が適用されないのです。

プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」

プロミス

金利 6.3~17.8%
限度額 300万円
融資 最短即日

プロミスのおまとめローン専用商品が、総量規制対象外の例外の良い例です。

通常のカードローン以上に金利設定がシビアで、限度額も最高300万円までと低めですが、複数のキャッシングを一本にまとめることができれば返済完結がかなり近づきます。

プロミスの審査に落ちてしまうと、このプロミスのおまとめローンへ申し込むことを勧められることがあります。即日融資にも対応しているので、申し込んだ当日キャッシングの一本化が可能です。

アイフル「おまとめMAX」

金利 12.0~15.0%
限度額 500万円
融資 2営業日程度

アイフルのおまとめMAXは、すでにアイフルのキャッシングを利用している方向けのおまとめローン。

消費者金融のキャッシングにして、上限金利15.0%というのはやはり、おまとめローンならではの性質でしょう。アイフルのおまとめMAX自体は「追加融資を受けられない」設定ですが、アイフルのおまとめMAX審査と同時に、アイフルのフリーキャッシング審査も受けることになります。これにより、おまとめMAXで返済用のキャッシング借り入れを行うのと同時に、新しくキャッシングを利用して借り入れが可能なのです。

銀行カードローンをおまとめローンとして利用するよりも審査も柔軟です。「とにかくキャッシングの一本化」と考えている方にもおすすめです。

借り入れに担保が必要なキャッシング

お金を借入れる際担保を提出するキャッシングは総量規制の対象外となります。返済できなくなった時に担保を没収されてしまいますが、生活が破綻することがないからです。

クレジットカードのショッピング枠も総量規制対象外

クレジットカードを使って買い物すると、その利用額支払いは翌月や翌々月になるという、まるでキャッシングの返済かのような特徴を持っていますが、クレジットカードは総量規制対象外です。

しかし総量規制対象外なのはあくまでクレジットカードの「ショッピング枠」のみです。クレジットカードには、キャッシング機能がついており、そのキャッシング機能のほうは総量規制の制限を受けてしまいます。

総量規制でキャッシングが利用不可になっており、現在金欠で苦しんでいる方は、「クレジットカードのショッピング」を上手に活用してその場を乗り切ってください。

銀行カードローンは現在自主的に総量規制を取り入れている

以前は、銀行カードローンは「総量規制対象外」だと、多重債務者もこぞって利用していました。

しかし現在は、以前のように銀行カードローンから好き勝手お金を借り入れることができなくなっています。

2017年4月より、銀行カードローンは「自主的に」総量規制を取り入れて、多重債務者への審査をとても厳しく設定しているのです。

銀行カードローン利用者の多くが自己破産を起こした

銀行カードローンが自主的ではあるものの、総量規制が取り入れられたのには理由があります。

2010年に本格始動した総量規制。それにより消費者金融を利用できなくなったキャッシング利用者が、銀行カードローンの利用に流れたからです。消費者金融カードローンで多額の借り入れを行っていたような人が、銀行カードローンの返済を順調に行えるはずもなく、多くの利用者が自己破産に追い詰められた結果となったのです。

総量規制対象外のキャッシングは専業主婦でも利用可能

総量規制は、年収によって借入可能額が決まる法律です。つまり、そもそも年収がゼロでは、借入可能額もゼロだということです。

しかし、銀行カードローンなど、総量規制対象外のキャッシングは、年収がゼロの専業主婦でも利用することができるのです。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

金利 1.9~14.6%
限度額 1000万円
融資 最短即日

横浜銀行カードローンは、総量規制対象外なので、専業主婦でも利用可能です。横浜銀行に口座を持っているとさらに借り入れがスムーズとなり、最短で即日融資も可能です。

横浜銀行カードローンの詳しい審査基準は、「横浜銀行カードローンの審査基準、審査時間」の中で詳しく書いています。

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローン

金利 1.7~14.8%
限度額 800万円
融資 最短即日

千葉銀行カードローンも、総量規制に縛られない借り入れに対応しています。

金利設定は1.7~14.8%という低さ。限度額も800万円まで設定可能という余裕を持った設定。横浜銀行カードローンと同じく、利用可能地域に制限があり、千葉銀行支店のある地域にお住まいかお勤めの方しか利用できないという注意点もあります。

横浜銀行カードローンといい、地方銀行カードローンは実は優秀で「狙い目」なのです。条件さえあえばぜひ利用を検討してください。

総量規制対象外のキャッシングは審査が厳しい?

総量規制対象外のキャッシングは、借入可能額に制限がないわけですから、その分審査が厳しくなるのでしょうか?

現在は銀行カードローンの審査が、国の取締によって厳しくなっていますが、それ以前から総量規制の対象だろうと対象外だろうと審査基準に差はありませんでした。

審査基準は変わらない

総量規制対象外だろうと、総量規制の対象だろうと、審査基準に大きな差はありません。

特に、大手消費者金融が保証会社についている銀行カードローンの審査基準なんて、消費者金融のカードローン審査とほぼ同じです。

「総量規制対象外」で「無審査」のキャッシングはヤミ金

ここで気をつけておきたいのが、「総量規制対象外」で、かつ審査がない業者です。

その業者は100%間違いなくヤミ金です。貸金業を営む上で、貸金業法の制限を受けずに経営を行うことは不可能だからです。ヤミ金からお金を借りるほど追い詰められているなら、少しでも早く債務整理を行ってください。

この際自己破産でもかまいません。一刻もはやく、生活の見直しを行うべきです。

消費者金融と同じく「即日審査」「即日融資」に対応したキャッシングも

総量規制対象外で借入可能額に制限のないキャッシングの中には、時間のかからない借り入れ、「即日審査」と「即日融資」に対応したものがあります。

借り入れに時間をかけたくない方でもこれはうれしいですね。

まとめ

総量規制とは、年収の3分の1しかお金を借り入れることができないという制限。

この制限を受けない借り入れを行うためには、「総量規制対象外」のキャッシングを利用するしかありません。しかし、銀行カードローンも今では自主的に総量規制を導入するほど。

総量規制対象外のキャッシングが身近だった時代はもう昔の話となりました。