銀行カードローンの審査は年収が関係する?

銀行カードローンでお金を借り入れる前に、申し込んだあとその銀行基準での審査を受けることになります。銀行の審査は消費者金融よりも厳しい審査です。
より厳しく属性や信用情報が審査されることになります。もちろん年収の情報も属性に含まれており、返済能力に関係する情報として審査される一要因として扱われます。
ですがそれより重要なのは年収ではなく収入が安定しているかということ。そして現在たくさんのお金を借り入れている多重債務を抱えていないか。短期間に多重申込を行っていないかなど、信用情報に関わる情報です。

給料袋からお札が出ている


銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行カードローンの審査は消費者金融など他の金融会社の審査より厳しく設定されています。その厳しさは審査通過率にあらわれており、大手消費者金融のカードローン審査通過率が40~50%のところ、銀行カードローンの審査通過率は20~30%程度ではないかと言われています。
より属性の審査基準が厳しく、信用情報にも少し問題があっただけで審査に落ちてしまうのが銀行の審査です。

最短即日審査も増えている

以前は審査が厳しいだけでなく、審査結果を知るまでに多くの時間がかかってしまうのも特徴の一つでした。ですが最近の銀行カードローンは審査にすっかり時間がかからないものが増えています。
これにはパソコン・スマートフォンからの申し込みによるネット対応の向上、消費者金融が銀行傘下で経営を行っているなどの要因が考えられます。


銀行カードローンの審査と年収の関係

では銀行カードローンの審査と年収の関係はどのようなものなのでしょうか。
もちろん銀行は申し込んだ人の年収を見て、この人にはどれくらいの返済能力があるのだろうかという判断を下そうとします。
年収が高ければ高いほど、返済能力も高いという判断が下されますから当然審査に有利です。

年収が低いだけで審査に落ちる?

では年収が低いということだけで銀行カードローンの審査に落ちてしまうのかというと、そんなことはありません。年収が高いということより、月々の収入が安定しているのか。それの方が重要です。
いくら年収が高いとしても、収入が不安定では審査に不利です。年収が低いとしても収入が安定していれば十分審査に通ります。これはアルバイトの収入でも、勤続年数その他の情報が優秀ならば審査に通る人がいることを表しています。

年収が高く収入が安定していても信用情報で審査に落ちる

いくら年収が高く、収入も月々安定していたとしても信用情報が審査基準から外れていたとしたら、その時点で審査に落ちてしまいます。
返済遅延や債務整理を行った情報があったとしたら、返済能力に決定的な欠陥があると判断され、審査に落ちてしまいます。銀行は信用情報の審査基準も厳しいので、多重債務や短期間の多重申込も審査に落ちるきっかけとなってしまいます。
審査においてより気をつけておかなければならないのはこの信用情報です。


審査で年収の嘘をついてはいけない

多いのが、審査に通りやすいように自分の年収を偽って申し込みを行う場合です。しかし銀行の審査で情報を偽ることができるとは思わないほうが良いです。審査において取り寄せた情報で嘘がバレてしまうでしょうし、借入後審査の嘘がバレてしまったとしたら、借りたお金の全額返金を求められます。

職場に関する嘘は在籍確認でバレてしまう

年収の嘘と同じく多いのが、働いていないような職場の情報を申込時に伝える場合です。この嘘は審査の最終段階にある職場への確認電話である在籍確認でバレてしまいます。銀行相手に審査の嘘が通用するとは思わずに、正直で間違いのない情報を申し込むことにしましょう。


年収に自信がないなら消費者金融の方が確実?

もし自分の年収に関する情報で自信が持てないなら銀行ではなく、消費者金融に申し込んだ方が確実かもしれません。
消費者金融の審査は銀行より甘い審査で時間もかからないものになります。年収の金額が低くとも借り入れることができるのは言うまでもありませんし、週に2,3回程度のアルバイト収入でも安定した収入であると判断されます。
年収などの条件で審査に落ちてしまったとしたら、銀行ではなく消費者金融に申し込んで、消費者金融からお金を借り入れてみることにしましょう。


まとめ

銀行カードローンの審査で年収の金額は直接関係ありませんが、年収が多ければ多いほど審査では有利となります。年収が高いということは支払い能力も高いからです。ですが年収がいくら高くとも、収入が安定してないと銀行の審査に通るのは難しいです。
毎月決まった日に定期的な収入をもらっていること。これが審査において大切な情報です。
銀行カードローンの審査において自分の年収を偽って審査に申し込むこと。これは絶対に辞めておきましょう。審査に嘘の情報があった時点で審査に落ちてしまいますし、審査が通ったとしても後で借り入れたお金の全額返金を求められます