銀行カードローンで借入れても無利息サービスは利用できない?

公開日: 最終更新日:

消費者金融のカードローンで利用できるお得なサービスが、一定期間のキャッシングで金利が適用されない無利息サービスです。通常このサービスは大手消費者金融のサービスとなり、銀行カードローンでのキャッシングでは利用できません。
銀行カードローンは消費者金融のカードローンより低金利な分、サービス面では消費者金融に劣るというのが一般的なイメージ。即日審査や即日融資も自動契約機が多い消費者金融の方が有利です。最近は銀行内に自動契約機を置いている銀行カードローンがあるものの、利用できるのは都市銀行カードローンと新生銀行カードローンレイクのみです。
ですが中には無利息サービスや、それと匹敵するようなサービスを提供している銀行カードローンがあります。

カレンダーの上にお金


新生銀行カードローンレイクには無利息サービスが2種類

新生銀行カードローンレイクは少し特別です。新生銀行のカードローンにして無利息期間の設定が2種類。どちらの期間を利用するのかは、自分の借入れ目的や借入金額に合わせて選ぶことができます。どちらの無利息期間にも共通していることは、はじめてのカードローン利用者しか利用することができないことです。

30日間無利息

無利息サービスとは一般的な設定です。新生銀行カードローンレイクと契約した翌日よりはじまる30日間の無利息期間には当然金利が適用されません。借入金額に影響を受けませんので、ある程度大きなまとまった融資を受ける際にはこちらの設定で借入れることをおすすめします。

180日間無利息

180日間ということはおよそ半年間無利息ということ。ですがこのサービスには借入金額の制限があり、5万円までの借入にしか利用できません。5万円より多くのお金を借入れても利用できますが、適用されるのは5万円までとなります。


ジャパンネット銀行でも無利息サービスを利用可能

新生銀行カードローンレイクだけではありません。ジャパンネット銀行カードローンも30日間の無利息サービスを利用可能です。期間は30日間と一般的なものですが、総量規制対象外で利用できる銀行カードローンで無利息サービスを利用できる珍しいキャッシングサービスです。


期間限定でサービスを展開する銀行カードローンも

消費者金融のように常時利用できなくとも、期間限定で無利息サービスを展開する銀行も珍しくありません。オリックス銀行などがその例です。
その他住信SBIネット銀行などが期間限定でキャッシュバックサービスを行うことがあり、このサービスを利用すれば実質無利息サービスと同じくキャッシング総返済額を少なくすることができます。消費者金融の無利息サービスと違い常時行っているサービスではないというデメリットがありますが、知っているのと知らないのでは大きな違いがあるサービスです。


無利息サービスをメインで考えるなら消費者金融のカードローンを

無利息サービスを利用してお金を借入れることを再優先で考えているなら銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンを利用することをおすすめします。銀行カードローンは無利息サービスを利用するまでもなく金利が低いこと、そしてキャッシングにまつわる安心感があるのが魅力。
無利息サービスや女性専用のレディースローンなど、サービスを利用しながらのキャッシングを考えているなら消費者金融のカードローンを利用しましょう。
新生銀行カードローンレイクだけは少し特別です。自動契約機が街なかにある、レディースローンを完備している。そして最短40分融資可能など、まるで消費者金融のカードローンかのような設定が組まれています。銀行カードローンの安心感とサービスを兼ね備えた新生銀行カードローンレイクはおすすめです。
三菱東京UFJ銀行のように即日融資にも対応しているカードローンも多くなっています。今後はサービスの幅が広がることもあるかもしれません。