銀行カードローンでキャッシングするメリットとは?

公開日: 最終更新日:

最近個人融資への需要が高まっており、銀行もカードローンの貸付に積極的です。以前は審査で落とされていたような、アルバイト・パート勤務で働いている人でも収入が安定していれば審査に通って利用可能。
勤続年数も極端に短くなければ審査に不利になることはありません。できるだけ消費者金融ではなく銀行カードローンを利用してお金を借入れるべきだという理由も多いです。まず消費者金融と比べると一目瞭然に低い金利。銀行の中には1000万円まで設定可能な高限度額設定に対応した銀行もあります。
消費者金融から借りるのでは感じることができないキャッシングに対する安心感もありますよね。銀行からの個人融資なら借入れにも後ろめたい気持ちが生まれにくいです。とはいえ、サービス面は消費者金融とそう違うがないのが嬉しいポイントです。

銀行ATM


銀行カードローンは低金利

カードローンにおいて一番の比較基準となるのが金利です。消費者金融なら上限金利が18%ほどになり、小額キャッシングをするほとんどのカードローン利用者がこの高い金利が適応されます。
それに対し銀行カードローンは上限が高くとも15%程度と3%~5%もの差がついています。金利の低いところならば5%程度の金利を設定しているところがあるくらいです。なるべく低い金利で借入れたいならば消費者金融より銀行カードローンを利用するべきです。


高限度額設定に対応

消費者金融は小額キャッシングに特化しているところも多く、限度額設定が最高300万程度のところが珍しくありません。一部のモビットなどは最高800万円まで設定可能となっていますが、総量規制や限度額増額審査の厳しさなどもありたくさん借入れるのは簡単ではありません。
ですが銀行カードローンの中には最高で1000万円まで限度額が設定可能となっています。カードローンで借入れたお金の使いみちは原則自由なことを考えれば、かなり使い勝手の良いキャッシングが可能なはず。


総量規制の対象外

総量規制とは年収の3分の1しか借入れることができないという制限がかかる貸金業法。債務者の生活を守る目的で作られたこの法律ですが、銀行からの借入にはこの総量規制が適用されないのです。
年収の金額に縛られない借入が可能。審査にさえ通ればあとは自由に借入可能です。総量規制が無くともキャッシングで生活に影響を受けない人だと審査で認められることが必要になります。


キャッシングに安心感がある

消費者金融から借りたお金にはどうしても不安が伴います。貸金業者から行う借金と、銀行からの融資。どちらが安心かは言うまでもないことです。銀行は大きな資本で経営が進んでいるので、倒産の危機に陥ることは消費者金融と比べるとかなり少ないです。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など都市銀行ならなおさら安心。
都市銀行カードローンならば三菱東京UFJ銀行も、即日融資に対応しているのも嬉しいです。三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は銀行内に自動契約機を用意しているほどです。
自動契約機を使えば低金利で条件の良いキャッシングがすぐに利用できます。


おまとめローンにも最適

銀行カードローンは借入れたお金の使いみちが原則自由。加えて総量規制にもかからず限度額も高い金額設定可能と、おまとめローンとしての利用にもうってつけです。銀行カードローンは利用金額が高ければ高いほど適応金利が低くなっていきます。
小額キャッシングをまとめてしまい、ある程度の金額になれば返済の負担を今よりずっと軽くすることが出来るはずです。注意点としては、消費者金融のおまとめローン専用ローンと違いおまとめローンとしての利用後も追加融資を受けられるという点。せっかく返済のために借入れたのに借入額が多くなってはいけません。