銀行カードローンは収入のない専業主婦でも利用可能

公開日: 最終更新日:


消費者金融のカードローンは総量規制の制限がかかることがあり収入のない方が利用することができません。収入の金額により借入れることができる金額が決定する総量規制。そもそも収入がないとお金を借入れることができないのです。

対して銀行カードローンは総量規制の対象外なので、たとえ収入がまったくない専業主婦だろうとお金を借入れることが可能となっています。専業主婦だからこそお金が必要になるケースは少なくないはず。

専業主婦の方がお金を借りたいと思ったなら銀行カードローンに申し込んでお金を借入れてください。
総量規制にかからない自由なキャッシングが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどと比べても低金利で利用できます。

総量規制の対象となるキャッシングは「専業主婦利用可能」

総量規制対象外のキャッシング一覧

消費者金融など、貸金業者のキャッシングすべてが「総量規制の対象」となるわけではありません。総量規制の対象外となるキャッシングを一覧にしてみましょう。

顧客に一方的に有利となる借換え(おまとめローンや借換えローン)
社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
緊急の医療費の借入れ
配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(配偶者貸付け)
預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
個人事業主に対する貸付け

注目すべきは、「顧客に一方的に有利となる借換え(おまとめローンや借換えローン)」です。おまとめローンや借換ローンを運営するのは、消費者金融など金融会社であることが多いですから、おまとめローンを利用する時は消費者金融からの借り入れでも例外になるということですね。医療費の借り入れなど、命にかかわる借り入れなど、緊急性が認められる場合は「総量規制の対象外」となります。

ではどのキャッシングを利用すれば、総量規制対象外でのびのびと借り入れ可能なのか。「総量規制とは?総量規制対象外で即日融資に対応しているカードローン、審査の甘いカードローンはある?」の中で詳しく説明しています。

銀行カードローンは、基本的に「専業主婦利用可能」

銀行カードローンが規制を受けるのは、基本的に「銀行法」という別の法律です。貸金業法である総量規制の影響は一切受けません。ということは、年収の3分の1以上の借り入れだろうと、専業主婦の借り入れだろうと、問題なく可能であるということ。

ということは、三井住友銀行カードローンも、原則専業主婦利用可能であるはずですが…?

中には銀行の方針で専業主婦利用不可能な銀行カードローンも

とはいえ、すべての銀行カードローンが「専業主婦利用可能」となっているわけでもありません。

中には銀行のキャッシング運用方針で、「専業主婦利用不可能」となっているところも珍しくありません。

やはり、収入のない専業主婦への貸付はリスキーだと判断する銀行も多いようですね。

専業主婦が審査に通っても借入可能限度額は低い

銀行カードローンを利用する際に気をつけてほしいのが、設定される「借入限度額」です。

専業主婦でも利用できる銀行カードローンの多くは、たとえ審査に通っても「最高で10万円」など、低い限度額設定が適用されることがほとんどです。
たとえその銀行カードローンで、「最高限度額1000万円」という設定だったとしても、実際に設定されるのはもっと低い金額であることを把握しておきましょう。

専業主婦が利用可能な銀行カードローン

とはいえすべての銀行カードローンが専業主婦利用可能というわけではありません。以下に専業主婦が利用可能なカードローンの1例を載せておきます。

銀行 金利
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
楽天銀行スーパーローン 4.9~14.5%
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
東京スター銀行カードローン 4.5~14.6%
じぶん銀行カードローン 3.9~17.5%
イオン銀行カードローン

イオン銀行 カードローンBIG

金利 3.8~13.8%
限度額 500万円
審査 最短即日
融資 最短即日

専業主婦でも利用可能な銀行カードローンの中では高めの、「最高限度額50万円」という高額キャッシング対応であるポイントも魅力です。主婦の強い味方「イオン」の運営するイオン銀行のカードローンこそ、この「イオン銀行カードローン」です。イオン銀行はネット上の手続きで最短即日振込を受けられる「スピードキャッシング」が魅力の銀行カードローンです。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

金利 1.9~13.8%
限度額 1000万円
審査 最短即日
融資 最短即日

神奈川県、東京都、群馬県の一部地域の利用が可能と、利用地域に制限がかかってしまうものの、専業主婦でも利用可能で優秀な銀行カードローンがこの「横浜銀行カードローン」です。
来店不要で即日融資対応、銀行カードローンの中においても低金利な「1.9~13.8%」という低金利設定。

キャッシング利用者にとってありがたい設定が数多く揃っています。横浜銀行の口座を持っている方なら、WEB上の手続きで借り入れが完結するという特徴もあるので、普段から横浜銀行を使っているという方におすすめの銀行カードローンです。

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローン

金利 2.1~17.4
限度額 800万円
審査 最短即日
融資 最短即日

銀行カードローンなら夫に内緒でキャッシング可能KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して作ったのが、このじぶん銀行です。じぶん銀行のカードローン「じぶん銀行カードローン」です。他の銀行カードローンとも違うのが、「auユーザーが利用することで、金利が最大0.5%優遇される」というサービス。
auの携帯を使っている主婦なら、さらにお得に借入可能な銀行カードローンなのです。

夫に内緒で借入可能な銀行カードローンも多い

専業主婦の中にはカードローンを利用しながらお金を借入れていることを夫に知られたくない人も多いはず。最近の銀行カードローンはサービスにも力を入れており、申し込みから借入れまでの手続きをすべてネットで完結することができるものがあります。ネット銀行カードローンならばネット上で申し込みから借入れまでの手続きを即日終わらせることができるものも多いです。

在籍確認はどうなるの?

専業主婦のみなさんが気になってしまうのが、申し込んだ後銀行からかかってくる確認電話、「在籍確認」です。この在籍確認は通常勤務先に電話がかかってくることが多いため、「まさか、夫の勤務先に電話がかかってくるのか?」と心配のみなさんもいるはず。
果たして在籍確認の行方は?

専業主婦の在籍確認は本人の電話にかかってくる

専業主婦が利用できる銀行カードローンの多くは、在籍確認の電話が本人の携帯電話など、申込時銀行に伝えた電話番号にかかってきます。つまり、「夫の勤務先に電話がかかってくる事はない」ということ。
「在籍確認が心配で銀行カードローンの利用に気が引ける…」という方がもしいたら、私は「その心配は無用ですよ」と言ってあげたいです。

銀行カードローンの中には即日融資に対応したものも

即日融資に対応しているのは消費者金融のカードローンだけではありません。銀行カードローンもWEBからの申し込みで即日融資に対応したものがあります。
ネット銀行は楽天銀行のように口座を持っていれば借入れが即時終わるものも珍しくありません。
消費者金融よりも厳しく設定されている審査基準をクリアする自身があるのなら銀行カードローンに申し込むのも良いでしょう。

専業主婦がカードローンを利用する際気になる疑問Q&Aコーナー

ここからは専業主婦の皆さんがカードローンを利用する際、思い浮かべがちな疑問と、その答えについて書いていきたいと思います。

収入証明書の提出はどうするの?

カードローン申込みで必要になることの多い「収入証明書」。専業主婦の皆さんの場合、この収入証明書の提出は不可能ですよね。ではどうするのか。

そもそも専業主婦は収入証明書の提出が必要なほどお金を借りることができないため、収入証明書の心配をする必要はありません。

カードローン契約において必要なのは、本人の情報を証明するための書類「本人確認書類」のみです。

まとめ

専業主婦がカードローン利用の必要に迫られたなら、「専業主婦でも利用可能な銀行カードローン」の利用をおすすめします。

銀行カードローンは基本的に総量規制対象外となるので、収入のない専業主婦でも利用可能です。しかし中には、専業主婦の利用に対応していない銀行カードローンもちらほら…。

借入前にしっかり調べておきましょう。