銀行カードローンと銀行系消費者金融カードローンの違いって?

公開日: 最終更新日:

金利のことを悩む女性
少しカードローンに詳しい人ならば消費者金融のカードローンと銀行カードローンが違うというのは知っているはず。しかし時たま、消費者金融のカードローンも銀行カードローンと呼ばれることもあり、混乱することもあるでしょう。

現在消費者金融は過払い請求などの時代の煽りを食らい、経営難に陥ってしまっています。その経営難から逃れるために、大手消費者金融の多くは銀行の傘下に下っているのです。つまり消費者金融のカードローンは銀行系のカードローンと呼ぶのは正しいですが、消費者金融のカードローンであることには変わりがないのです。

借入れ設定が違うのは言うまでもありませんし、消費者金融カードローンは年収の金額で借入金額に制限のかかる法律、総量規制の対象となります。

今や消費者金融はほとんどが銀行傘下

知名度が高くテレビコマーシャルを頻繁に放送しているような大手消費者金融はほとんどが銀行傘下の経営を進めています。カードローンの需要こそ上がっているものの、金利の上限が法律で設定されたこと。そして大きいのが昨今の過払い請求ブームです。グレーゾーン金利が無くなった今消費者金融は独立しての経営を進めることが困難となっています。

SMBCモビットとプロミスは三井住友銀行グループの会社に。そしてアコムは三菱東京UFJ銀行のグループ会社となっています。レイクは完全に新生銀行のカードローン商品となっていますよね。アイフルのみ独立して消費者金融としての経営を貫いています。

ですがレイク以外はあくまで銀行傘下の会社というだけで、消費者金融であるということには変わりがありません。

銀行系になったからといってカードローン設定は消費者金融のもの

銀行系のカードローンとはいえカードローン設定は消費者金融のものです。上限金利内の金利設定となっているものの、銀行カードローンと比べると金利は高いです。何より消費者金融は銀行カードローンなら制限がかからない総量規制によって年収の3分の1までしかお金を借りることができません。

銀行カードローンより消費者金融のほうが優れているのは利用者によりそったサービス群。自動契約機やネットからの申し込みで即日融資に強いのが特徴です。

審査基準は消費者金融に近づいた

銀行の審査は厳しく時間もかかるという認識がありましたが、今ではあまり差がなくなってきています。消費者金融の審査基準とシステムが取り入れられたことで、審査に時間がかからなくなり、より多くの人が銀行の審査に通るようになりました。

審査だけでなくキャッシングのシステム、サービスもかなり消費者金融のものに近づいています。わかりやすいのが三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。その場で自動契約機から借入れに利用するローンカードが発行され、それを使えばすぐにでもキャッシングが可能です。

素早い融資は消費者金融のカードローンだけでなく銀行カードローンでも可能になっています。

銀行カードローンの審査基準は、それぞれの銀行別に別ページを用意しています。→
じぶん銀行カードローンの審査基準、審査の流れ
楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

追記:2017年再び銀行カードローンの審査基準は厳しく

多くのカードローン多重債務者に、「総量規制の逃げ道」として利用されていた銀行カードローン。

しかし、銀行も利益を考えて審査基準を緩めたこと。そして銀行カードローンでの追加借り入れを行ったことで、利用者の多くが自己破産に追い込まれてしまいました。

国が銀行カードローン利用者の生活が破綻している状況を見過ごすわけがありません。金融庁が直接、カードローンを運営する銀行に、「審査基準を厳しくするように」というお達しを出したのです。

それにより、銀行が自主的に審査基準で「総量規制」を盛り込むほどになっています。以前のように、銀行カードローンを気軽に申し込み、利用するのが難しくなりました。以前はかなり確実に「即日審査」「即日融資」で借りることができた銀行カードローンも、現在は借り入れに時間がかかるようになってしまいました。

銀行カードローンの審査について知りたい方は、TOPページに書いた情報を参考にしてください。→カードローンの審査基準について

自分に合わせてキャッシングを使い分けて

自分が銀行の審査を受けても十分通る。また多少審査と融資に多少時間がかかっても低金利で借りたいならば銀行からのキャッシングを行うべきです。銀行の方が良い条件でキャッシング可能なだけでなく、総量規制にもかからないのでおまとめローンとしての利用も可能です。

審査で見られる属性と信用情報に自信がなく、特に時間のかからないキャッシングを行いたいと思うならば消費者金融のカードローンへ申し込むべきです。どちらが自分にあっているのか。どちらのカードローンを利用すれば自分の目的が果たされるのか。キャッシングの目的を考えながら自分が利用するキャッシングを選びましょう。