カードローンの審査に申し込む際に気になるのが、審査基準や審査対策についての情報です。
このページではカードローンの審査について詳しく説明しています。少しでも申し込んだカードローンの審査に通りやすくするために、審査についての情報を詳しく調べておきましょう。

申し込み書

審査について理解したら、もっと具体的にカードローンの種類を限定して調べてみましょう。
みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?」を参考にしてみてください。

カードローンの審査で見られる内容とは?

カードローンの審査で見られるのは、大きく分けて二つの情報です。
消費者金融や銀行は属性と信用情報という二つの情報を見て、申し込んだ人がどれくらい支払い能力を持っているのかを調べます。
その審査結果が消費者金融や銀行の審査基準を満たした時、審査通過となるのです。

属性

属性とは、個人が持つ生活水準に基づいた情報です。
審査する業者によって参照する属性の情報が異なりますが、審査で特に重要視される情報は決まっています。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 勤続年数

収入をどれくらいもらっているのか、またその収入がどれくらい安定しているのか。
属性の審査で調べられるのはその情報です。
厳しい審査となると、これらに加え申し込んだ人が持っている保険証の種類が社会健康保険証か国民健康保険証かまで見られることになります。
属性は情報を加点形式で審査されるため、少しでも高い年収、少しでも長い勤続年数が審査で有利な属性となります。

信用情報

カードローン審査で最も重要視されるのが、この「信用情報」です。
信用情報に含まれるのは、申し込んだ人が現在どのキャッシングやクレジットカードに申し込んでいるのか、また実際にどこのクレジットカードやローンと契約しているのか。
さらに信用情報で重要視されるのが、過去借入れたお金はきちんと滞りなく返済が行われたのかの情報です。返済遅延の情報、また過去に債務整理の手続きを行った情報は、新規申し込みにおける審査でかなり不利です。
消費者金融や銀行は、過去の信用情報で問題のない人にお金を貸したいと思っているからです。

カードローン審査に通るために必要なことは?

属性と信用情報を鑑みると、カードローンの審査に通るために理想的な人物像を考えてみましょう。
できれば雇用形態がアルバイトなどより正社員として何年か働いている人で、勤務先の経営も安定しており、年収の額もそれなりである人。
そして何より、現在多重債務の返済で苦しんでおらず、過去の借入れにおいて返済遅延や債務整理の手続きなどで信用情報に傷がついていない人。
これだけの条件が揃っていれば、ほとんどの消費者金融や銀行のカードローン審査に通るはずです。

審査に通るか不安?ならぜひお試し審査を

バンクイック お試し審査

自分はアルバイトだし…。収入に自信がない…。数社からすでにお金を借りている…。
そんな審査に自信の無い方におすすめなのが、「お試し審査」です。消費者金融や銀行の中には公式ホームページ上に数項目を入力して送信するだけで、おおまかに借入可能かどうか知ることができるサービスを展開しているところがいくつかあります。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • ノーローン
  • 新生銀行カードローンレイク
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

これらの公式ホームページ上でお試し審査を利用できます。
注目すべきは新生銀行カードローンレイクと三菱東京UFJ銀行カードローンの、二つの銀行カードローンです。
お試し審査を利用できるのは消費者金融だけではないということです。

カードローンの審査基準は?

カードローンの審査基準は、その消費者金融や銀行によって様々です。
ある消費者金融では問題とされる信用情報でも、違う消費者金融や銀行では黙認されるケースがあったりするほどです。
株主向けに公開されている審査通過率でもその審査基準の違いが表れています。そうした公開された審査通過率の情報、そして実際に審査に申し込んだ人が残した口コミの情報を見て、審査基準を調べてみましょう。

自営業の人は審査で不利?

会社勤めではなく、自営業を行っている人が消費者金融や銀行のカードローンに申し込んだ場合、その場合は審査で不利となってしまいます。自営業はどうしても収入が不安定となってしまい、審査で求められる「安定した収入」という条件をクリアすることができません。
自営業の方がもし事業のための借入を行うのなら、専用に組まれた事業主ローンの利用をおすすめします。

審査の中にある在籍確認とは?

■被写体の人物はストックフォトモデルです。撮影許諾を得ています。
申し込んだ人が情報通り本当にその職場で働いているのか。それを確認するための電話を「在籍確認」といいます。
消費者金融の在籍確認の場合、在籍確認の電話では自社名を名乗らず個人名で電話をかけます。つまり、在籍確認の電話を取った同僚や上司が「あの人、消費者金融のカードローンを利用している」という風に気づかれることはありません。
銀行カードローンの在籍確認では、直接銀行名が名乗られる場合が多いです。

カードローンの審査ってどれくらい時間がかかるの?

カードローンに申込み、その審査結果を受取るまでにどれほど時間がかかってしまうのか気になる方も多いはず。
参考までに、例えば大手消費者金融のカードローンはすべて最短30分審査を可能にしています。申込方法も多く、インターネットや電話からだけでなく、自動契約機から申込を行うだけで、その場でカード発行が可能です。カードを受け取り次第すぐにキャッシングが可能なので、即日融資のために一番有効な申込方法だといえます。

銀行カードローンも審査に時間をかけないものが

審査と融資に時間がかからないのは、アコムやプロミスなど大手消費者金融だけではありません。中には例えば三井住友銀行カードローンのように、審査の大部分をプロミスに委託することで時間のかからない審査を行う銀行も。
銀行カードローンの審査基準をクリアする自信があるなら、審査に時間もかからない低金利の銀行カードローンへの申込をおすすめします。

カードローン審査の時間が長い理由は?

とはいえ、時たま最短30分と聞いていたのに、実際に申し込んでみると審査にもっと長い時間がかかってしまった。そんなことはありませんか?
審査に時間がかかってしまったことには、いくつかの理由が考えられます。

情報の審査が難しい

申し込んだ人が持つ属性や信用情報の審査が複雑で審査基準ギリギリだった場合。例えば多重債務を抱えているものの、他の信用情報に問題はないし収入はそれなり…。
そのような場合は銀行や消費者金融は審査に迷います。それにより審査に多くの時間がかかってしまうことがあります。

借入れ希望金額が高額

申込時に伝える借入希望額が高額だった場合も、審査に長い時間がかかってしまいます。
借入希望額が高いと、その金額に見合った高い返済能力を求められますから、それだけ審査する情報も細かくなります。

お金の使いみちは審査結果に影響するの?

申込時に、借入れたお金の利用目的を伝えることになりますが、このお金の利用目的は審査結果に影響するか心配している方も多いはずです。
しかし基本的にカードローンで借りたお金の利用目的は審査結果に影響しません。
利用目的で禁止されているのは事業目的の借入れのみです。
それ以外ならレジャー目的だろうとなんだろうと基本的に問題ありません。正直にギャンブルのためなど、返済能力を疑われそうな目的で申し込むのはやめましょう。
もっと言い方を考えてレジャー目的や生活費など、おおまかな目的で申し込むのをおすすめします。

スマートフォンを見ながら悩む男性

審査に落ちてしまった…その理由は?

では審査に落ちてしまった時、考えられる理由を細かく考えていきましょう。
もし一社のカードローン審査に落ちた後、他のカードローンに申し込むとしたら、同じ理由で審査に落ちてしまうことは避けておくべきです。

総量規制の範囲内で借入れていますか?

これは消費者金融からの借入の話となりますが、総量規制内の借入れでないと審査に通ることができません。
自分の年収と借入金額を考えてから申込を行いましょう。
もしすでに借入金額が年収の3分の1を超えているなら、総量規制の対象外である銀行カードローンを利用した借入を行ってください。

収入が安定していますか?

どうしても審査において収入は重要視されます。とはいえ、収入が多いだけで審査に通ることはありませんし、収入が少ないだけで審査に落ちてしまうこともありません。
重要なのは収入が安定しているかどうか。継続的で定期的な収入だけが審査で重要です。収入が安定しているかどうかを決めるのは雇用形態です。雇用形態がアルバイトではなく正社員の場合、収入が途切れにくいという意味で安定していると見られます。
勤続年数が半年以下など短い場合も、収入がすぐにでも途切れる危険があると見られ収入が安定していないと見られます。

クレヒスなど、審査に有利な情報を持っていますか?

カードローンの審査では、生活の中のあらゆる情報を見られます。
例えば長いクレジットカードヒストリー、通称クレヒスも、クレジットカード代金を支払う能力があると見られて審査で有利です。
また、キャッシング利用履歴も、返済遅延など問題が残っていないこと前提ですが、過去数回お金を借りてきちんと返済が済んでいた情報は、審査で有利な情報です。

申し込んだ情報は正確ですか?

申し込む際に提出する情報、ここに間違いが見つかったり、嘘の記述があった時点で審査に落ちてしまいます。嘘の情報で審査に通ったとしても、後でその嘘が発覚した時点で借入れたお金を全額返済することになり、その情報が信用情報に残るなど、審査落ちよりきつい処分を受けることになります。

短期間に復数のカードローンに申し込んでいませんか?

例えば一ヶ月以内に数社のカードローン申し込みを行っていませんか? 短期間に復数のカードローンへ申し込むと、その情報によって審査で不利な信用情報と認識されてしまいます。
短期間に復数のカードローンへ申し込まないといけないくらいに生活に困窮している。つまり返済能力が低いと見られることで審査に落ちてしまいます。

カードローンの審査に通りやすくなるコツは?

カードローンの審査に通りやすくするために、いくつかコツがあります。
まず、申し込む情報を正確にしておくこと。自分の情報を見なおして、嘘の記述などを一切なしにして申し込むこと。これがまず一番簡単な審査対策です。
そして申し込む時に、希望借入額を少しでも小額にしておくこと。高額であればあるほど審査に時間がかかり、審査も厳しくなります。
小額借入希望を出すことが、審査に通りやすくするコツです。

審査の甘さを口コミで調べる

パソコンを見ながら肘をつく女性
審査に申し込んで、実際に審査に落ちたり通ったりした人が残した口コミを見れば、どのカードローンの審査が甘いのか見えてくるはずです。
口コミを見てみると、やはり大手消費者金融の審査に申し込んだ人の多くがしょう審査に通っているのがわかるはず。実際に審査通過率をみても、50%に近い数字が出ています。およそ申し込んだ二人に一人が審査に通っています。
消費者金融の審査に落ちた口コミをみても、多重債務が原因であるなど、過去の返済遅延に思い当たるところがある人が多いです。
注目すべきは三井住友銀行カードローンなどに審査に通っている人の口コミです。中にはアルバイトでも審査に通ったという人がいるなど、いかに都市銀行カードローンの審査が柔軟な対応かわかるはずです。

カードローンはしっかり比較してから審査申し込みを

カードローンは運営する消費者金融や銀行によって、金利や審査基準、借入方法に返済方法など、様々な違いがあります。事前にしっかりカードローンの情報を比較してから実際の申し込みを行ってください。
ブランド力、知名度だけでカードローンを選ぶのは危険です。自分にあったカードローンを選ぶためには、金利やサービスなどあらゆる情報を比較してから実際に申し込みを行ってください。

さらに詳しい情報は下記リンクから

カードローンの審査について説明しましたが、ここより詳しい情報を見るには下記のリンクから記事に飛んでください。
カードローンの審査に関する詳細情報を細部まで説明しています。
記事のタイトルを見て自分が気になるなど思った記事へ飛んで、自分の疑問を解決してください。