おまとめローンとして利用する場合

  公開日:   最終更新日:

三井住友銀行カードローンは、「おまとめローンとして利用可能」な銀行カードローンです。この記事では、三井住友銀行カードローンを使ってキャッシングの一本化を行う際の、メリット・デメリットを説明します。
おまとめローンとして利用可能な銀行カードローンをお探しの方にも、三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用しようと思っている方にも、きっと参考になる情報があるはずです。

三井住友銀行カードローン

そもそもおまとめローンとは?

そもそも、おまとめローンはどういうものかしっかり理解できているでしょうか。おまとめローンとは、その名の通り復数のローンを「一本にまとめる」ためのローンです。復数のカードローンで小額借り入れを行っていると、それぞれで高い金利が適用されるため、総返済額が高額になってしまいます。
復数のキャッシングを一本にまとめてしまえば、借入額が上がるのに反比例して、適用金利が引き下がりますから返済の負担が軽くなります。おまとめローンのニーズが強いことの表れとして、キャッシング界には多くの「おまとめローン」専用商品が揃っています。

おまとめローンのメリット

おまとめローンの一番のメリットはやはり、上でも述べた通り金利の引き下げで総返済額が下がるというものでしょう。総返済額が少なくなると、「返済しないといけない」という精神的な重圧も軽くなるので、返済に対するストレスが軽くなるのもメリットです。返済するお金、返済する期日の管理が楽になるため、より返済完結に近づきやすくなるのではないでしょうか。

おまとめローンによる精神面の負担軽減も大きい

キャッシングの返済を長期間続けることは、キャッシング利用者にとって大きなストレスです。
自分の収入の中から、元金の返済と利息の支払いを計算する…それが多重債務となれば、手間とストレスは何倍にも大きくなることでしょう。
それが、おまとめローンを使うことで一気に返済件数を一件に減らすことができるのです。
単純に、返済額を大幅に減額できるだけでなく、おまとめローンは「ああ返済しないと」なんて嫌な気分を晴らす効果も持ち合わせているのです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットとしては、「キャッシングの一本化に成功した」ということで、返済に対する意識が薄れてしまうということがあげられます。金利が引き下がり、月の返済が楽になったとはいえ、返済を本格的に行うべきなのはこれからです。
そして油断といえば、返済を行う期間にも注意しておかないと、ダラダラと返済することで金利が下がったが総返済額は下がらないなんてケースも多いです。金利だけでなく返済期間にもしっかり注意しておいてください、
おまとめローンの利用の際に、しっかりと「返済する」という強い意識を持っておかないと、再び多重債務で悩むことにもなりかねません。

おまとめローンを騙った詐欺もある

悪徳業者が「おまとめローン」の貸付だと偽って、返済に悩む多重債務者を騙す詐欺も横行しています。「まとめて返済するから」などと債務者からお金をだまし取るケースなど、やり口は様々です。詐欺にだまされないようにしてください。

おまとめローンでの一本化と合わせて返済計画の見直しを

三井住友銀行カードローンでも他の銀行カードローンでも良いので、復数のキャッシングをまとめて一本化した際に合わせて「返済計画の見直し」を行っておきましょう。
三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用した時、毎月の返済額はどれくらい下がり、返済期間はどれくらいの長さになるのか。
それらの情報で今後どういったペースで返済を進めるべきか考えてみましょう。もしも、返済期間ばかり長いとしたら、繰り上げ返済を行いつつ返済を進める計画を画策していきましょう。

三井住友銀行カードローンはおまとめローンとしての利用におすすめ

そして、このホームページで大きく取り上げている「三井住友銀行カードローン」も、おまとめローンとしての利用に対応しています。他の銀行カードローンも「おまとめローン」としての利用に対応しているものは多いです。しかし、三井住友銀行カードローンのように、広告に大きく「おまとめ対応」と記載されているカードローンはそれほど多くありません。

三井住友銀行はおまとめローンとしての利用に最適

ここからは、三井住友銀行カードローンとおまとめローンの相性がいかに良い相性であるかを紹介します。
キャッシングの一本化を行う際には、しっかりとそれぞれの特徴を比較してください。

公式で「借入返済資金」として利用可能となっている

三井住友銀行カードローンで借り入れたお金をどのように使うとしても、それは「自由」。三井住友銀行カードローンで選択できる利用目的に「借入返済資金」というものがあり、これを選択することで「おまとめローン」としての利用が可能です。
実際に過去三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用した方は数多くおられます。それらの方は皆、三井住友銀行カードローンは使いやすかった。というような良い評判を集めています。

比較すれば一目瞭然な低金利

特に、消費者金融のおまとめローン専用商品と金利を比較すると、その低金利さが際立ちます。一覧にして見てみましょう。

おまとめローン名 金利
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
プロミス「おまとめローン」 4.5~17.8%
アコム「借り換え専用ローン」 7.7%~18.0%
アイフル「おまとめMAX」 12.0%~15.0%
東京スター銀行「スターワンバンクローン」 5.8~14.8%
限度額が高い

金利が低いだけでなく、三井住友銀行カードローンは最高限度額も高いです。1,000万円まで設定可能な限度額は、カードローンの中でも最高レベル。これだけ高い限度額を設定できれば、ほとんどのケースで一本化が可能なはずです。

総量規制の対象外

さらに、三井住友銀行カードローンは銀行カードローンなので、年収で借入額に制限がかかってしまう「総量規制」の対象外です。年収やその他制限を気にすることなくキャッシングの一本化を行うことが可能です。

銀行内の自動契約機で契約可能

三井住友銀行は、銀行内に「ローン契約機」という、専用の自動契約機を設置しています。ATMコーナーに専用ブースがあり、ブース内の自動契約機を操作すればその場でカードローン契約が可能になります。その場で審査申込みから、契約まで終わらせればローン契約機からカードが発行されます。
カードを受取しだいすぐにATMからキャッシング可能です。つまり、「即日融資」に対応したカードローンであるということです。

利用目的は電話口で聞かれる

審査において三井住友銀行から電話連絡がありますが、その電話口でカードローンの利用目的を尋ねられます。そこで正直に、「借り換え」や「おまとめローンとしての借り入れ」だと伝えてください。利用目的で審査結果が変わるなんてことはありません。

審査が柔軟で甘い

三井住友銀行カードローンで審査を行うのは、保証会社として設定されている「プロミス」です。消費者金融が審査を行うことで、他銀行カードローンよりも審査が柔軟だと言われています。大々的に「おまとめローンとして利用可能」と言っていることもあり、多重債務者への貸付にも積極的です。
アルバイト・パートでも、収入が安定していれば、三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用した実績が残っています。

おまとめローンの審査も早い

三井住友銀行カードローンの審査時間は最短30分と、とにかく早い審査に対応しています。
その審査の早さは、三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合でも同じことです。他社借り入れがある状態では、通常のカードローン審査よりも若干審査に時間がかかってしまうことがあるかもしれませんが、遅くとも即日審査結果が届くことを期待できるはずです。

実は自社のカードローンをおまとめローンとして使ってもらうメリットは大きい

他社のおまとめローンなどキャッシングを、自社のキャッシングで一本にまとめてもらうメリットは大きいです。
なぜなら、自社のおまとめローンを利用してもらうことで、他社に支払われる利息を自社の利益とすることができるからです。そのため、三井住友銀行だけでなく、キャッシング業者は「できれば自社のキャッシングで他社の借り入れを一本化して欲しい」と思っているのです。
それゆえ、三井住友銀行のように公式が「おまとめOK」と表明している業者は、多重債務者に対する審査の柔軟さを期待できるのです。

三井住友銀行のおまとめローン審査に落ちてしまう人の特徴

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用したくとも、三井住友銀行の審査に落ちてしまっては意味がありません。では、どんんな人が三井住友銀行の審査に落ちてしまうのでしょうか。
三井住友銀行の審査に落ちてしまいがちな人の特徴をここに書いておきます。

歳をとりすぎているか若すぎる

三井住友銀行の審査に一番通りやすいのは、年齢が「25歳~35歳」の人です。それ以上歳をとっているごとに「不利」となってしまいます。さらに25歳以下も審査に不利です。きっと審査するSMBCコンシューマファイナンスのデータで、その年齢の人が一番滞りなく返済を行っていたのでしょう。
三井住友銀行のおまとめローン審査に落ちてしまった人は、まず自分の年齢が基準を満たしていないのではないか、その点を疑ってみましょう。

勤続年数が極端に短い

三井住友銀行に自分の収入が安定していることを表明するには、「一定期間以上の勤続年数」が求められます。半年以下の勤続年数なんて、三井住友銀行の審査ではもってのほか。
特に正社員でなく、アルバイトとして働いていたとしたらなおのこと、「勤続年数の長さ」は重要です。

年収が極端に少ない

年収の金額も、三井住友銀行の審査において重要です。年収の金額の多さは重要では無いにせよ、「極端に少ない年収」は審査において不利となってしまいます。アルバイト勤務でも、「年収100万円程度」ならすぐに満たしてしまうはず。それ以下の収入では、三井住友銀行は「返済能力」に疑問を持ってしまうでしょう。

他社借り入れが多すぎる

他社借り入れを一本にまとめるのが「おまとめローン」ですが、この他社借り入れ件数、他社借り入れ金額が多すぎるのも審査において考えものです。
他社借り入れ件数はそれほど多すぎない5件程度。他社借り入れ金額も100万円を満たさない程度でないと、三井住友銀行の審査に落ちてしまい、おまとめローンとして利用することが難しくなるかもしれません。

信用情報に問題が残っている

他者借り入れとも連動した問題ですが、「信用情報」に問題が残っている状態では、おまとめローンの審査に通るのが難しくなってしまいます。
信用情報に残る問題とは、度重なる、または長期間に渡る「返済遅延」。または返済額を減らすために行った「債務整理」の手続き記録です。
その信用情報を審査した三井住友銀行など金融機関は、「自社のキャッシングでも同じことをするのでは」と思い、審査に落とすことが多いのです。

三井住友銀行のおまとめローンでどれくらい金利が下がるか

実際に、三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用した時、どれくらい金利が下がるのか調べてみましょう。

借入額 適用利率
~100万 12.0%~14.5%
100万~200万 10.0%~12.0%
200万~300万 8.0%~10.0%
300万~400万 7.0%~8.0%
400万~500万 6.0%~7.0%
500万~600万 5.0%~6.0%
600万~700万 4.5%~5.0%
700万~800万 4.0%~4.5%

現在あなたが抱えている合計借入額を計算して、三井住友銀行カードローンでキャッシングの一本化を行うと金利がどれくらい下がるのか、簡単に計算してみましょう。
公式ホームページに返済計画を立てる助けになる、返済シミュレーションがあります。ぜひ利用してみてください。

毎月の約定返済額は?

毎月最低でもこれくらいは返済して欲しいという、「約定返済額」を見てみましょう。

借入残高 約定返済額
50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 200万円以下 25,000円
200万円超 250万円以下 30,000円
250万円超 300万円以下 35,000円
300万円超 350万円以下 40,000円
350万円超 400万円以下 45,000円
400万円超 450万円以下 50,000円
450万円超 500万円以下 55,000円
500万円超 600万円以下 60,000円
600万円超 700万円以下 65,000円
700万円超 800万円以下 70,000円

約定返済額は以上の金額ですが、少しでも早く返済完結に辿りつくためには、約定返済額以上の金額を予定を繰り上げた返済を行う必要があります。

返済方法は?

三井住友銀行カードローンにおける返済方法は大きく分けて3つ。ATMを使った返済のほか、銀行振込と銀行引き落としでの返済も可能です。
これらの返済方法の中で、ATMを使った返済がATM利用手数料もかからずおすすめです。

ブラックリストに入っていると三井住友銀行カードローンの審査に通るのが難しい

信用情報に「返済遅延」や「債務整理記録」が残った状態、俗に言う「ブラックリスト入り」の状態では審査通過が一気に難しくなります。
三井住友銀行が審査する際に、信用情報が傷ついていると、「返済能力がない」と判断するからです。三井住友銀行としても、当然過去のキャッシングで問題を起こしていない人にお金を貸したいと思うはず。
キャッシングの一本化を行うほどの「高額融資」ならなおさらです。高額融資では、キャッシング利用者が「返済不能」となるリスクが大きくなってしまいます。

ブラックな情報が消えるのを待つか、三井住友銀行からの融資を諦めよう

「ブラック」な状態だと、三井住友銀行カードローンの審査に通るのは難しいです。消費者金融の審査ではなく、銀行の審査ともなればさらに難しくなるからです。
ブラックな記録が信用情報から消える、5年から10年待つか、三井住友銀行カードローン以外のキャッシング利用を検討してください。
とはいえ矛盾するようですが、信用情報にブラックな情報が残っているというだけでは、三井住友銀行も審査に落とすわけではありません。試しに、三井住友銀行カードローンのコールセンターで相談してみるというのも一つの手です。

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用可能にする審査対策

三井住友銀行カードローンを、おまとめローン目的で借り入れる際にはもちろん、審査に通る必要があります。そのためには、三井住友銀行の基準で行われる審査に通らなければいけません。
そのためには、先に審査対策を行っておいたほうが、審査に通りやすくなります。ここからは、おまとめローン、カードローンに通じる審査対策をご紹介します。

三井住友銀行カードローン以外のおまとめローンに申し込まない

三井住友銀行カードローンの審査に通りたいならば、三井住友銀行カードローン以外のカードローンへの同時申し込みは避けてください。これは何も、カードローンの審査に限ったことでは無いのです。クレジットカードやキャッシングへ、短期間の同時申し込みを行うと、その「同時申し込み記録」を見た消費者金融や銀行が、「支払い能力が低い」と判断するので審査に落ちやすくなります。
おまとめローンなどの金融商品に短期間同時申込をするということは、「金銭的に切迫している」人が多いというデータからこの判断が割り出されます。

他社借入件数、他社借入金額を少しでも減らしておく

他社借り入れ状況は、おまとめローンの審査結果に大きく関係します。おまとめローン目的の借り入れですから、多少の多重債務は仕方ないとしても、あまりにも多すぎる他社借り入れは審査の妨げになります。
どの銀行や消費者金融だって、「他社返済で首の回らない人」にはお金を貸したいとは思わないのです。三井住友銀行へのおまとめローン申し込みの前に、少しでも予定を繰り上げた返済を行っておきましょう。

電話から申込んで「おまとめローン目的で借り入れる」ことを伝える

三井住友銀行カードローンへの申込方法は多岐に渡りますが、三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用したいなら、「電話申し込み」がおすすめです。三井住友銀行カードローン申込専用フリーダイヤル(0120-923-923)へ電話して、電話口で申込の意図を伝えてください。
電話口なら、「自分の利用目的」や「返済情報」」など、コールセンター社員に伝える余地があります。コールセンター社員は、実際の審査担当者とは別人ですが、申込情報は少しでも多いほうが審査に有利となるのです。

三井住友銀行のおまとめローン審査は厳しいのか?

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用する際の審査基準は、ハッキリ言って「甘い」のか?それとも「厳しい」のか。
普通の一般人たる我々が「三井住友銀行カードローンの審査基準」を知る手立てはありません。自社のキャッシング審査基準は外部に漏らすことができない、「トップシークレット」だからです。
ですが、ここからは私の感覚となってしまいますが、三井住友銀行カードローンの審査基準は、他の銀行カードローン審査とくらべて「甘い」です。あくまで、比較的といった話ですし、明確なデータはありません。しかし、審査を行うのが保証会社のプロミスであること、テレビCMで新規申し込みを募っていることなどから、「決して三井住友銀行カードローンの審査は厳しくない」と私は予想しています。
審査基準を厳しく設定する銀行カードローンなら、あのように、新規申し込みを募る広告活動を行わないはずだからです。

電話で実際に「他社借り入れを一本にまとめられるか?」聞いてみた

コールセンターで電話する女性

実際に、三井住友銀行カードローンのコールセンター【三井住友銀行カードローンプラザ】に電話して、いくつかおまとめローンに関して質問してみました。

Q.三井住友銀行カードローンはおまとめローンとして利用可能か?

まず、「そもそも本当に三井住友銀行カードローンは、他社の借り入れをまとめる「おまとめローン」としての利用が可能かどうか?」聞いてみることに。
コールセンターのお姉さんは、「可能です」と答えてくれました。「三井住友銀行カードローンは、借り入れたお金の使いみちが自由なため、審査に通ればおまとめローン目的での理由は十分可能であるとのことでした。
「申込情報を総合的に判断して、限度額や金利を設定する」とのことでした。おまとめローン目的での利用は、借入額が大きくなるなど、債権者側にお金を貸し付けるリスクが大きくなります。そのリスクを加味して尚、「おまとめローンとして利用可能」にしてくれるなんて、三井住友銀行は懐の広い銀行ではないでしょうか?

Q.債務整理記録があってもおまとめローンの審査に通るか?

三井住友銀行カードローンのコールセンター社員に、「債務整理の記録があっても審査に通るか?」聞いてみました。「銀行カードローンの審査は厳しい」という思い込みと、おまとめローンは借入額が大きくなってしまうなどの理由で、審査通過が心配になってしまいますよね。
この質問に、三井住友銀行カードローンのコールセンター社員は「総合的に審査して判断します」という答えをくれました。
どうやら「債務整理記録があるだけで審査を落とすようなことはない」ということみたいです。

まとめ

三井住友銀行カードローンは利用目的自由です。復数のキャッシングを一本にまとめるための「おまとめローン」としての利用にも対応しています。銀行カードローンらしい低金利設定、1,000万円まで設定可能な借入限度額、総量規制の対象外で借入可能であるという特徴をもっており、おまとめローンとしての利用に最適です。
三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用する際にも、銀行内に設置されている「ローン契約機」から申し込むのが、借り入れに時間がかからずおすすめです。

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用した人の口コミ

性別 男性
年齢 38
消費者金融からの借り入れや、クレジットカードのリボ払いの毎月支払いで生活がどうにもならなくなっていた頃、三井住友銀行カードローンと出会いました。
他のおまとめローンより金利が低いのに、審査に通りやすいという記事をネットで読んで、ここで私のキャッシングを一本にまとめようと決意しました。結果的に月々の返済額と総返済額がへったので満足しています。比較的限度額を高くしてくれたのも、三井住友銀行カードローンの「最高800万円」という設定可能限度額によるところかなと考えています。