おまとめローン審査に通るコツとおすすめのおまとめローン

公開日: 最終更新日:


おまとめローンの歴史は、実は浅いです。

おまとめローンが生まれたのは、2010年の貸金業法改訂以後。多重債務者の返済を助ける救済措置として生まれたのが、このおまとめローンです。おまとめローンを使えば、消費者金融や銀行のキャッシング、ひいてはクレジットカードのキャッシングにいたるまで、一本にまとめることが可能となるのです。

今回はそんなキャッシングの一本化が可能なおまとめローンの基礎知識から、おまとめローン審査に通るコツ、そしておすすめのおまとめローン商品について説明します。

そもそもおまとめローンとは?

そもそも、おまとめローンはどういうものかしっかり理解できているでしょうか。おまとめローンとは、その名の通り復数のローンを「一本にまとめる」ためのローンです。復数のカードローンで小額借り入れを行っていると、それぞれで高い金利が適用されるため、総返済額が高額になってしまいます。
復数のキャッシングを一本にまとめてしまえば、借入額が上がるのに反比例して、適用金利が引き下がりますから返済の負担が軽くなります。おまとめローンのニーズが強いことの表れとして、キャッシング界には多くの「おまとめローン」専用商品が揃っています。

おまとめローンのメリット

おまとめローンの一番のメリットはやはり、上でも述べた通り金利の引き下げで総返済額が下がるというものでしょう。総返済額が少なくなると、「返済しないといけない」という精神的な重圧も軽くなるので、返済に対するストレスが軽くなるのもメリットです。返済するお金、返済する期日の管理が楽になるため、より返済完結に近づきやすくなるのではないでしょうか。

おまとめローンは総量規制の対象外

貸金業法改訂によって生まれた「総量規制」という法律。総量規制が適用されるキャッシングでは、年収の3分の1をこえる借り入れができないのですが、おまとめローンはこの総量規制が適用されません。
その理由は、総量規制の例外規制「借り手に一方的に有利となる借り換え」に当てはまるからです。これにより、通常のキャッシングで総量規制が適用される消費者金融やクレジットカードのキャッシングでも、年収の3分の1以上の借り入れが可能となるのです。
「すでに他社借入額が膨らんでいる…」なんてあなたも心配いりません。おまとめローン審査に通る希望はまだまだ残されています。

おまとめローンによる精神面の負担軽減も大きい

キャッシングの返済を長期間続けることは、キャッシング利用者にとって大きなストレスです。
自分の収入の中から、元金の返済と利息の支払いを計算する…それが多重債務となれば、手間とストレスは何倍にも大きくなることでしょう。
それが、おまとめローンを使うことで一気に返済件数を一件に減らすことができるのです。
単純に、返済額を大幅に減額できるだけでなく、おまとめローンは「ああ返済しないと」なんて嫌な気分を晴らす効果も持ち合わせているのです。

クレジットカードのキャッシング、利用額支払いにも利用可能

リボ払いで悩む

クレジットカードの利用代金のおまとめ、クレジットカードのキャッシング返済にも、おまとめローンを利用可能です。
クレジットカード利用代金請求を見て、その金額にぎょっとした…なんて人も多いのでは無いでしょうか。それに、クレジットカードは複数枚持ちが基本。複数枚に渡ったクレジットカードの利用代金の支払いが苦しいなら、いっそおまとめローンで支払額を一本にまとめてしまいましょう。
特にクレジットカードのキャッシングは、銀行のキャッシングと比べて金利が高く返済がしにくいです。クレジットカードのキャッシング利用でお悩みの方は今すぐにでも、おまとめローン利用に切り替えてください。

「リボ払い」を利用するくらいならおまとめローンの方がお得

クレジットカード代金支払い方法で最もリスキーなのが、「リボ払い」です。
リボ払いを設定すると、どれだけ利用額が大きくなっても、支払う金額は「一定」。小額の支払いに制限をかけることが可能なのです。しかしここには毎月「金利」がのしかかるので、リボ払い期間が長くなればなるほど、支払額は膨らんでいくのです。
最近のクレジットカードは「あとリボ」など、支払いが難しくなった段階で「リボ払い」に変更することも可能なケースが多いです。
しかしこの「リボ払い」は危険。時にリボ払いは地獄と表されることがあるほどです。
クレジットカード利用代金支払いがきつく、リボ払いの利用を検討しているくらいなら、「おまとめローン」の方が安全です。

クレジットカードのリボ払い、キャッシングはおまとめ可能だがショッピングはおまとめできない

クレジットカードのキャッシングで借り入れたお金、または前述したリボ払いの支払いは、それぞれおまとめローンで一本化可能です。
金利の引き下げ、返済日数の管理など、あらゆる面から「おまとめローンでの一本化」をおすすめします。
クレジットカードの利用額支払いで悩む人の中には、リボ払いに切り替えてないものの、通常のショッピング金額支払いで苦しんでいる人もいるはず。
しかし、おまとめローンは通常のショッピング金額の一本化に対応していません。
クレジットカードのショッピング枠は、キャッシングと性質が似ているものの貸金業法は適用されず、割賦販売法という法律が適用されるのです。
おまとめローンがカバーするのは、「貸金業法がカバーする範囲」です。ショッピング枠は対応外ということです。
…しかし、借り入れたお金の利用目的自由のカードローンで借り入れたお金を、リボ払い返済にあてればリボ払いおまとめも可能です。
リボ払いの返済は重く苦しいもの。どこかのローンで一本化するだけでも、返済の大きな助けとなるのは間違いないでしょう。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットとしては、「キャッシングの一本化に成功した」ということで、返済に対する意識が薄れてしまうということがあげられます。金利が引き下がり、月の返済が楽になったとはいえ、返済を本格的に行うべきなのはこれからです。
そして油断といえば、返済を行う期間にも注意しておかないと、ダラダラと返済することで金利が下がったが総返済額は下がらないなんてケースも多いです。金利だけでなく返済期間にもしっかり注意しておいてください、
おまとめローンの利用の際に、しっかりと「返済する」という強い意識を持っておかないと、再び多重債務で悩むことにもなりかねません。

あまった借入限度額で追加借り入れを行ってしまうケースも

銀行カードローンでキャッシングの一本化を行ったとしたら、一本化後にも限度額に余裕ができる場合があります。
例えば一本化には80万円必要で、銀行カードローン借入限度額が100万円と設定された時。一本化を行った後、残り20万円を使って遊んだり買い物をしたりすることもあるかもしれません。

おまとめローンを騙った詐欺もある

悪徳業者が「おまとめローン」の貸付だと偽って、返済に悩む多重債務者を騙す詐欺も横行しています。「まとめて返済するから」などと債務者からお金をだまし取るケースなど、やり口は様々です。詐欺にだまされないようにしてください。

おまとめローンより債務整理を勧める弁護士に要注意

おまとめローンを使って詐欺を働く悪徳業者に注意しなくてはならないのはもちろんのこと、「おまとめローンは害悪!債務整理を行ったほうが得です!」と声高に勧める弁護士にも注意しなくてはなりません。
もちろん債務整理の効果は大きく、時間をかけずに返済額の減額を行うことができるでしょう。しかし債務整理には多くの時間と手数料もかかってきます。
そして債務整理手続きを利用した詐欺を行う弁護士もいるほど。おまとめローンと債務整理のメリット・デメリット、しっかり比較してから手続きを行うようにしてください。

おまとめローン審査に落ちてしまう人の特徴

おまとめローンの詳細な審査基準は明かされていません。自社のキャッシング審査基準は、外部に漏らすことができないトップシークレットだからです。
しかしおまとめローン審査に落ちてしまう人の特徴は、皆似通っているもの。おまとめローン審査に落ちてしまいがちな人の特徴、一つずつ見ていきましょう。

歳をとりすぎているか若すぎる

おまとめローンの審査に一番通りやすいのは、年齢が「25歳~35歳」の人です。それ以上歳をとっているごとに「不利」となってしまいます。さらに25歳以下も審査に不利です。きっと審査するSMBCコンシューマファイナンスのデータで、その年齢の人が一番滞りなく返済を行っていたのでしょう。
おまとめローン審査に落ちてしまった人は、まず自分の年齢が基準を満たしていないのではないか、その点を疑ってみましょう。

勤続年数が極端に短い

借入先に自分の収入が安定していることを表明するには、「一定期間以上の勤続年数」が求められます。半年以下の勤続年数なんてもってのほか。
特に正社員でなく、アルバイトとして働いていたとしたらなおのこと、「勤続年数の長さ」は重要です。

年収が極端に少ない

年収の金額も、おまとめローンの審査において重要です。年収の金額の多さは重要では無いにせよ、「極端に少ない年収」は審査において不利となってしまいます。アルバイト勤務でも、「年収100万円程度」ならすぐに満たしてしまうはず。それ以下の収入では、あらゆる金融会社が「返済能力」に疑問を持ってしまうでしょう。

他社借り入れが多すぎる

他社借り入れを一本にまとめるのが「おまとめローン」ですが、この他社借り入れ件数、他社借り入れ金額が多すぎるのも審査において考えものです。
他社借り入れ件数はそれほど多すぎない5件程度。他社借り入れ金額も100万円を満たさない程度でないと、おまとめローン審査に落ちてしまい、おまとめローンとして利用することが難しくなるかもしれません。

信用情報に問題が残っている

他者借り入れとも連動した問題ですが、「信用情報」に問題が残っている状態では、おまとめローンの審査に通るのが難しくなってしまいます。
信用情報に残る問題とは、度重なる、または長期間に渡る「返済遅延」。または返済額を減らすために行った「債務整理」の手続き記録です。
その信用情報を審査した金融機関は、「自社のキャッシングでも同じことをするのでは」と思い、審査に落とすことが多いのです。

おまとめローン審査に落ちてしまった時は

とはいえ、すでにおまとめローンに申込んで、すでに審査に落ちてしまっている人はこれからどうすればいいのか。おまとめローン審査に落ちた後の行動を考えてみましょう。

もっと審査の甘いおまとめローンを利用する

おまとめローン審査基順は、その業者ごとにまちまちです。もっと審査の甘いローンで一本化を目指せば、あなたは審査に落ちず無事キャッシングの一本化を果たすことができるかもしれません。
銀行のキャッシングで一本化を考えたなら、大手消費者金融のおまとめローン、信販会社のおまとめローンを。それでも駄目なら、中小消費者金額のおまとめローンを利用してみてください。

自分が審査に落ちてしまった原因を取り除く

おまとめローン審査に落ちてしまった原因がわかっているなら、その落ちてしまった原因を取り除いてからもう一度審査を受け直すことで、おまとめローン審査に無事通るかもしれません。
しかし、信用情報に残った問題が消えるまでには5年ほどかかるなど、審査落ちの原因を取り除くのは容易ではありません。

借りやすい銀行おまとめローン

下記の銀行がおまとめローンを提供しています。各社微妙に違いがあるため、比較してみてください。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
申し込み 来店不要
融資 最短即日

審査申込みはこちら
楽天銀行スーパーローンも、おまとめローンとしての利用が可能です。
楽天会員なら、会員ランクに応じて審査基準が優遇されるサービスも見逃せません。高ランクの楽天ユーザーほど、おまとめローンの審査に通りやすくなるのです。
「1.9~14.5%」という低金利設定も、おまとめローンの効果を最大限に引き出してくれます。申込みもスマホから完結するので、煩わしい手続きは不要です。

東京スター銀行 スターバンクワンローン(おまとめローン)

東京スター銀行

金利 5.8~14.8%
申し込み 来店不要
融資 一ヶ月程度

審査申込みはこちら
銀行キャッシングでは珍しい、「おまとめローン」の商品名を打ち出しているのが、この東京スター銀行スターバンクワンローン(おまとめローン)です。
銀行のおまとめローンということで、高限度額で金利も低く借りやすい設定ですが、融資までに一ヶ月程度かかってしまうのが難点です。
仮審査結果自体は3日程度で出るそうなのですが…。

じぶん銀行カードローンau限定割 借り換えコース

じぶん銀行カードローン

金利 1.7~12.5%
申し込み 来店不要
融資 最短即日

じぶん銀行の、借り換え、おまとめ専用ローンです。
利用条件に「au ID 登録」とあるように、auユーザー限定のおまとめローンとなっています。
やはり魅力は「1.7~12.5%」という低金利設定。おまとめローンでのキャッシング一本化の目的が「金利の引き下げ」という方が多いでしょうから、じぶん銀行おまとめローンならその目的を120%果たすことができるはずです。

イオン銀行「おまとめローン・フリーローン」

イオン銀行おまとめローン

金利 3.8%~13.5%
申し込み 来店不要
融資 口座なし 一ヶ月半
講座あり 一ヶ月

他社のおまとめローンと比べると、金利こそ低く、申し込みから融資を受けるまでネット上の手続きで完結しますが、融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。
キャッシングの一本化を急いでおらず、少しでも金利の低いおまとめローンを利用したいと思っておられる方は、イオン銀行のおまとめローンの利用をおすすめします。

公式サイト上におまとめシミュレーションがある

イオン銀行シミュレーション

イオン銀行おまとめローン、フリーローンの公式サイト上に借入可能額を算出するシミュレーションがあります。
前年度の年収と、年齢、そして現在の借入状況を入力することで「借入可能額」を算出できるのです。おまとめローンの借入可能額を算出できます。
返済シミュレーションだけでなく借入可能額シミュレーションがあるのは、イオン銀行くらいのものでしょう。

ちば興業銀行「おまとめフリーローン」

ちば興業銀行

金利 3.9~14.9%
申し込み 来店不要
融資 1週間程度

ちば興業銀行のおまとめフリーローンを使えば、他社のキャッシングを一本にまとめることが可能となります。
おまとめローンの特徴である「他社の利益を自社の利益とできる」という特徴、そしてちば興業銀行特有の知名度の低さを考えれば、比較的おまとめローン審査通過も難しくないことが予想できます。
そして融資実行まで長くて一週間程度と、銀行のおまとめローンにしては短いのも特徴です。さらに、申込時「急いでいる」旨を係に伝えることで、審査時間短縮も可能だと、電話口で教えてくれました。
さらに、「ガン保証付きプラン」という独自のプランも提供しており、一考の価値あるおまとめローンです

今後銀行のおまとめローンは審査が厳しくなる

貸金業法改訂以前は、キャッシングといえば消費者金融でした。しかしその後貸金業法改訂があった後、貸金業法に制限を受けない銀行カードローンをおまとめローンとして利用する人が多くなりました。銀行側としても、他社のキャッシングを自社のキャッシングでまとめることができるのは大きなメリットです。
しかし問題が置きました。多重債務を抱えるキャッシング利用者が、銀行のおまとめローン返済が不能となり「自己破産」に陥ってしまったのです。
この問題を国がむざむざ見逃すわけがありません。この問題が悪化すると、かつての貸金業法改訂のような事態に陥るのは想像に難くありません。
銀行側としてもそうならないよう、銀行側が自主的に審査基準を引き上げるなど、対策を始めています。(2017年6月現在)
こういった理由もあり、銀行のおまとめローン審査基準は、以前と比べて厳しくなっています。多重債務が多すぎて銀行のおまとめローンは心配…なんて方は、消費者金融や信販系のおまとめローンもおすすめです。

消費者金融のおまとめローン

銀行カードローンのおまとめ審査に落ちてしまった場合は、「銀行カードローンよりも審査基準の低いおまとめローン」を検討する必要性が出てきます。
具体的には、下記のような「消費者金融」が提供するおまとめローンですね。

アイフル「貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローン[おまとめMAX]」

アイフル

金利 12.0%~15.0%
限度額 500万円
融資 最短即日

審査申込みはこちら
アイフルの「おまとめMAX」のメリットは、消費者金融のおまとめローンということで審査基準が柔軟なのももちろん、最短即日融資で借入可能であるポイントです。
金利設定は、「12.0~15.0%」と高めなものの、キャッシングの一本化を急いでる方には特におすすめのおまとめローンです。金利が高いと言っても、多数の消費者金融キャッシングをまとめるなら、「上限金利15.0%」の金利なら十分効果を期待できます。

プロミス「おまとめローン」

プロミス

金利 6.3%~17.8%
限度額 300万円
融資 最短即日

審査申込みはこちら
最短即日融資に対応した、プロミスのおまとめローンです。

即日融資に対応しているだけでなく、パート・アルバイトでも申込み可能な申込基準の柔軟さもメリットです。消費者金融のキャッシングながら、総量規制の対象外で、年収の3分の1以上の借り入れが可能なため、気兼ねなくキャッシングの一本化が可能です。

また、プロミスのおまとめローンは、利用することで返済の代行まで請け負ってくれるため、返済の手間が省けるのも嬉しいです。

金利下限が低く、多額のおまとめを考えている方にもおすすめのおまとめローンとなっています。

ノーローン「おまとめローン」

金利 12.0%~18.0%
限度額 300万円
融資 最短即日

新生銀行グループの「ノーローン」も、自社でおまとめローンを運営しています。他おまとめローンより限度額が低い設定なのが少し気になりますが、消費者金融のおまとめローンということで審査に通りやすいでしょう。

電話でノーローンに問い合わせたところ、手続きが順調にいけば、最短即日でのおまとめローン借り入れが可能ということなので、かなり借りやすいおまとめローンなのではないでしょうか。

なお、グループ企業である新生銀行のレイクの自動契約機から借り入れることも可能です。

電話で実際に「他社借り入れを一本にまとめられるか?」聞いてみた

コールセンターで電話する女性

実際に、カードローンのコールセンターに電話して、いくつかおまとめローンに関して質問してみました。

Q.債務整理記録があってもおまとめローンの審査に通るか?

コールセンター社員に、「債務整理の記録があっても審査に通るか?」聞いてみました。「銀行カードローンの審査は厳しい」という思い込みと、おまとめローンは借入額が大きくなってしまうなどの理由で、審査通過が心配になってしまいますよね。
この質問に、コールセンター社員は「総合的に審査して判断します」という答えをくれました。
どうやら「債務整理記録があるだけで審査を落とすようなことはない」ということみたいです。

Q.クレジットカードのリボ払い代金支払いにも利用できるか?

おまとめローンのために借り入れたお金は、クレジットカードのリボ払い代金支払いにも利用できるのか?聞いてみました。
リボ払いは、時に「地獄」と形容されるほど辛いものです。おまとめローンでその支払いを完結できれば、これほど嬉しいことはないのですが…?

A.おまとめ先、支払先に制限はない

電話対応してくれたコールセンターのお姉さんは、クレジットカードのリボ払い代金支払いが「可能だ」と言ってくれました。
おまとめローンで借り入れたお金の支払先には、制限がないため借り入れたお客様ご自身の手でリボ払い代金支払いを行っていただくことができるとのことでした。
また、クレジットカードのリボ払いが溜まっている状態では、おまとめローン審査に不利か?という質問をしてみました。ですがこれも、「審査してみないとわからない」との答えでした。まあわかっていたことではありますが…。

スペックでおまとめローンを比較

金利で比較

おまとめローン名 金利
プロミス「おまとめローン」 4.5~17.8%
アコム「借り換え専用ローン」 7.7%~18.0%
アイフル「おまとめMAX」 12.0%~15.0%
東京スター銀行「スターワンバンクローン」 5.8~14.8%

おまとめローンで重要なのはやはり「金利」。設定されている金利が低ければ低いほど、おまとめローンでのキャッシング一本化を行った場合の効果が大きくなります。

審査時間で比較

おまとめローン名 審査時間
じぶん銀行カードローンau限定割
借り換えコース
最短即日
楽天銀行カードローン 最短即日
プロミス「おまとめローン」 最短30分
アイフル「おまとめローン」 最短30分

おまとめローンは借入額が高額になりがちなので、審査に時間がかかってしまうケースが多いです。しかし、以下の表を見ると、銀行のおまとめローンでも最短即日審査など「スピード審査」の割合が大きくなっていますね。

限度額で比較

おまとめローン名 限度額
プロミス「おまとめローン」 300万円
アコム「借り換え専用ローン」 300万円
アイフル「おまとめMAX」 500万円
東京スター銀行「スターワンバンクローン」 1,000万円

キャッシングの一本化を行うためには、大きなまとまった借り入れが必要になります。一本化のために必要なお金が多ければ多いほど、利用するおまとめローンの限度額設定は高い必要があります。
他社借入額合計が高額なら、限度額の高いおまとめローンを利用してキャッシングの一本化を行うようにしてください。

限度額で比較

おまとめローン名 限度額
プロミス「おまとめローン」 300万円
アコム「借り換え専用ローン」 300万円
アイフル「おまとめMAX」 500万円
東京スター銀行「スターワンバンクローン」 1,000万円

キャッシングの一本化を行うためには、大きなまとまった借り入れが必要になります。一本化のために必要なお金が多ければ多いほど、利用するおまとめローンの限度額設定は高い必要があります。
他社借入額合計が高額なら、限度額の高いおまとめローンを利用してキャッシングの一本化を行うようにしてください。

どのおまとめローンを利用するべきか?

ご覧の通り、おまとめローンには多くの種類があります。
しかし実際に利用するおまとめローンは一つ。どのおまとめローンを使えばいいのか、悩んでしまう方も多いはずです。

あなたの借入状況、属性による

おまとめローンについて詳しい私とてしも、「結局どのおまとめローンが良いの?」と聞かれると、答えに悩んでしまいます。なぜなら「その人の状況によって、利用するべきおまとめローンの種類が全く変わってしまうから」です。
他社借入額がそこまで大きくなく、年収も問題なく、勤続年数も一定以上ならば「銀行のおまとめローン」を利用するべきです。対してアルバイトなどの属性で他社借入額が多いならば、審査に通りやすい「消費者金融のおまとめローン」をおすすめします。
また、審査や融資にかかる時間のことも考えておく必要があります。キャッシングの一本化を焦っている方は、最短即日融資に対応したおまとめローンを利用するべきですよね。
自分の状況をもう一度考えてみて、最適なおまとめローンを選び抜いてください。