カードローンの限度額を増額するには

公開日: 最終更新日:

初めは使い過ぎないようにと、限度額を控えめで契約したものの、大きい買い物をするからもうちょっとカードローンの限度額を上げてでも借りたい、と思ったことはありませんか?
そんなときは、限度額を増額する審査へ申し込みましょう。今回は、申込が可能なタイミングや条件、方法についてご紹介しています。ガッツポーズするスーツ姿の中年男性
具体的に、特定の銀行カードローン限度額増額方法を知りたい方は、それぞれの専用ページを参照してください。
三井住友銀行カードローンを増額するには?増額審査は厳しい?
みずほ銀行カードローンの増額方法は?増額審査に通るコツはある?
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の限度額を増額審査を受けるには?

どのカードローン限度額が高い?

まずは、カードローンごとに異なる、限度額設定と金利設定を比較してみましょう。

カードローン名 限度額 金利
三井住友銀行カードローン 最高800万円 4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 最高500万円 1.8~14.6%
みずほ銀行カードローン 最高800万円 2.0~14.0%
新生銀行カードローンレイク 最高500万円 4.5~18.0%
オリックス銀行カードローン 最高800万円 1.7~17.8%
横浜銀行カードローン 最高1,000万円 1.9~14.6%

都市銀行のみずほ銀行のカードローンと、横浜銀行のカードローンが、銀行カードローン限度額としてはトップクラスの「800万円」を設定可能です。
最高限度額が高く、金利も低いカードローンの審査は厳しい場合があるので、注意も必要です。

増額審査へ申し込むタイミング

「思い立ったが吉日」と、すぐ行動に移せるのはとても良いことですが、増額の審査はいつ申し込んでも審査に通過できるというわけではありません。「通常のキャッシングの審査よりも難しい」と思ってください。
前提として、「最低でも6ヶ月以上、目安は1年程度の信用実績」が必要となります。
カードローンの初期審査基準とどれだけ差があるか知りたい方は、「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いのか?厳しいのか?」などを参考にしてください。

信用実績とは

信用実績というのは、その期間に返済の延滞などなく利用できていたかが、判断基準になります。一度でも延滞があった場合は、少なくとも再び6か月以上ちゃんとルールを守って利用しなければ、審査に通るのは厳しくなります。
また、カードローン以外の取引履歴も審査の判断基準となります。例えば、クレジットカード利用や金融機関からの借り入れ等がそれにあたります。
そういった取引履歴は、すべて信用情報機関で記録・保管されています。

信用情報機関の存在

通常のキャッシングの審査でも関係しますが、増額審査に関しては、この機関に記録された信用情報が審査通過の鍵を握っていると言っても過言ではありません。
まず前提として、この機関に記録された情報は「半年~5年程度」は保管されます。

増額を申し込む際のチェックポイント

  • カードローン利用期間が数ヶ月以上か
  • 少なくとも6か月以上、1年程度は延滞していないか
  • クレジットカード、他社カードローン等でも延滞していないか
  • 勤務先や住所に変更なく、年収も下がっていないか
  • 変更があった際は、すぐに借入先に連絡をしているか

勤務先や年収について

増額審査に落ちてしまう原因として挙がりやすいのが、仕事についてです。
先ほどは信用実績が重要とご説明しましたが、通常の審査と同じように、個人情報も再度見直されます。具体的には、年収、勤務先、勤務年数、雇用形態、居住年数、家族構成、保険証の種別などです。
やはりといってはなんですが、この部分に大きな変更があっても審査に影響を及ぼします。例えば、転職などで勤務先が変わってから6か月未満に、増額審査を申し込むと通らなかったケースがあります。同じように、実績が長いほど(古いほど)審査は有利になります。

変更時の連絡をちゃんとしているか

利用者にとっては些細な問題かもしれませんが、金融機関側にとっては重要な項目です。利用者の返済が止まってしまった際に、連絡先が分からなければ確認することもできなくなってしまうからです。
転勤、引越、スマホやケータイの買い替えに伴う電話番号やメールアドレスの変更などは、忘れないうちに借入先のカードローンコールセンターへ必ず連絡するようにしましょう。

増額審査への申込の流れ

  • 借入先の金融会社からの連絡
  • 利用者自身で申込

借入先からの連絡

増額審査は、金融機関側から案内の連絡がくることがあります。
金融機関側が設けている一定のルール…例えば、1年以上延滞がない等の優良な利用者に対して、限度額増額の案内を電話かメールですることがあります。利用者のプライバシーを配慮して、連絡は郵便ではなく本人宛の電話かメールで行われます。
案内がきて増額の申込をすれば、審査に通る可能性は高いです。

必ず審査に通るわけではない

ただし注意してほしいのは、この案内を受けて申し込んだからといって、必ず増額できるわけではないということです。
なぜそんなことが起きてしまうのかというと、一説では、「あくまで金融機関側は自社内で優良な利用者に対して案内を送っているので、他社で信用を損なうことがあれば審査に落ちる」こともあるからです。

増額審査は厳しい

どのカードローンでも「増額審査」は、基準が厳しく設定されているものです。その理由は何より「利用者の信用が十分ではないから」です。
本当に増額して欲しい人には、カードローン運営会社から直々に「増額案内」を出します。増額案内が届いていないということは、それだけ信用が不十分であるということ。
「利用期間が短い」「利用期間中に問題を起こした」など、信用が不十分である理由は様々です。
しかしそんな、「信用が不十分な状態」では、審査が厳しくなってしまうのはさもありなんといったところではないでしょうか。

利用者自身で申込

  • 無人契約機
  • カードローンプラザ
  • ネット

自分で申し込む際には、ネットや無人契約機など、いずれかの方法を選ぶ必要があります。カードローンごとに違う「増額申込み方法」を調べてみましょう。

限度額が減額されてしまう場合もある

限度額が増額をする前提でご紹介してきましたが、信用実績が悪い状態で審査の申込をすると、今の限度額から減額されてしまうこともあります。例えば、下記のような事由が関係しています。

  • 一度以上カードローンやクレジットカードの延滞がある
  • 初めに契約した時よりも年収が減っている
  • 転職している、または転職してから日が浅い

利用者の情報洗い出しが再び行われる

「限度額増額申請を出したのになぜ減額?」
と思ってしまう方も多いでしょうが、その理由は明らかです。限度額増額申請を出して、増額審査を受ける事により、「信用情報と属性」の洗い出しが行われるのです。
限度額増額ということは、それだけお金に困っている状況という場面が多いでしょう。利用当初より、返済能力を欠く要因が増えているかもしれません。
つまり、「墓穴を掘ってしまう」ということ。くれぐれも、限度額増額申請を出す際には慎重さを忘れないでください。

なぜ増額の審査がおすすめなのか

ここまでご覧になった方々の中には、「カードローンの増額審査がそんなに難しいのなら、もっと審査が甘い他社から借りれば良いじゃないか」と思った方もいらっしゃるでしょう。しかし、それは次の理由からあまりおすすめできません。

  • 他社借入を増やしても限度額は変わらないため、金利も上限のままである
  • 他社借入が増えることで返済回数が増える
  • 毎月の返済金額が増える

これらの理由から、返済を忘れたりして、信用情報を損なってしまう可能性が高まってしまいます。よほどのことがない限りは、借り入れ先は今お使いのカードローンだけにしておくことをおすすめします。

多重債務の返済は苦しい

確かに、他社のカードローンで追加借り入れを行うのは簡単です。2社、3社程度の追加借り入れなら、審査に落ちることを過剰に心配する必要もないでしょう。

しかし、その借り入れが簡単であることと反比例して、複数のキャッシングを返済するのは大変です。

数件のキャッシング返済日を管理して、現在の返済額を管理して、返済の進捗状態も管理する。これを行うのは難しいことです。他社借り入れがくせになってしまうと、その先で待っているのは「自己破産」などの未来です。

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 増額審査は、少なくとも6か月以上1年程度の信用実績が必要。
  • カードローンだけでなく、クレジットカードや他社カードローンでも延滞しないこと。
  • 借入先への勤め先や住所、連絡先の変更などは、忘れないうちにすること。
  • 借り入れている金融会社から増額の案内が来ても必ず審査に通るわけではない。
  • 信用実績が良くない場合、限度額が減額されてしまう可能性もある。

初めの契約時の審査よりは難しいですが、きちんとカードローンを利用していれば何も難しいことはありません。
できれば、昇給した時などの有利なタイミングで申し込むことができれば、さらに審査に通過する可能性を上げることができますよ。
また、カードローン増額審査と、カードローンの初期審査は基準が似てるようで違います。
それら審査基準がどのように違うのかを知りたい方は、「みずほ銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?」などを参考にしてください。