18歳、19歳の未成年でも借りられるカードローンがあるの?

公開日:

疑問に思うパソコンを持つ男性
「お金がない」
「お金を借りたい」

なんて考えるのは何も日々働くサラリーマン、社会人ばかりではないはず。

中には、18歳、19歳の未成年でも「カードローンでお金を借りたい」と思う人は一定数いるはず。

確かに「お金を稼ぐ」「親や知り合いにお金を借りる」というのが一番安全ですし、誰しもそうしたいと思うもの。

しかし、誰しもそんな安全な選択肢を選ぶことができるわけではありません。

そんな未成年には、「未成年でも借りられるカードローン」の存在を教えてあげたいです。

カードローンなら、誰にも迷惑をかけず、安全に、誰にもバレずにお金を借りることができます。

さて今回は、18歳、19歳でも借りられるおすすめのカードローンを紹介します。

基本的に未成年はお金を借りることができない

基本的に未成年はお金を借りることはできません。

国の法律で未成年の借金が禁じられているわけではないものの、ほとんどの消費者金融、貸金業者で借入条件を「20歳以上であること」としています。※未成年の借り入れに保護者の同意が必要な法律はあります

お金を借りることができるのは基本的に20歳から

どうして20歳以上から借り入れることができる貸金業者が多いのか。

それはやはり、日本では20歳以上から責任が増して、行動の選択肢が増えるからでしょう。

または、消費者金融のビッグデータで20歳以上の返済能力が高いからか…。

お金を借りるというのは、その後の人生を大きく左右する行動。

未成年の責任、判断でやるべきではないという判断でしょう。

高校生はどうがんばっても借りられない

未成年でも借りられるローンは存在しますが、これが高校生ともなると借り入れはほとんど不可能です。

たとえアルバイトしてようと、親の同意があろうとムリです。

法外な貸付を行う闇金から借りるチャンスがあるかな…程度でしょうか。

18歳、19歳の未成年ががお金を借りるためにできること

それでもやっぱり未成年でもお金を借りたい!

そんなときはどうすればいいのか?

18歳、19歳がお金を借りるためにできることをお教えします。

学生ローン

未成年の学生がお金を借りたいなら、定番の借入先がこの「学生ローン」です。

学生ローンはその名の通り「学生向けのローン」なので、未成年だろうがなんだろうが、学生であれば問題なく借り入れが可能です。

そして学生ローンという名前ですが、利用条件を満たせば社会人でも借り入れが可能です。

学生ローンは、一般的な消費者金融のローンと比べて金利が高く、限度額が高いです。

学生ローンは、カードローンと違って借り入れカードが発行されないので、気軽に追加融資を受けるのも難しいです。

ですが、未成年が利用できるローンの中でも、かなり安全に利用できる部類のキャッシングなのは間違いありません。

未成年でも作れるクレジットカード

未成年は、キャッシングを利用してお金を借り入れるのが難しいです。

しかしこれが「クレジットカード」となると、未成年でも作れるものが出てきます。

「お金を借りる」という目的は逸れるものの、クレジットカードさえあれば、お金の支払を行うことができます。

金欠の未成年は、未成年が作れるクレジットカードを調べてみてください。

楽天カード

今や日本で一番有名なクレジットカードと言っても過言ではないのが、この「楽天カード」です。

10代の未成年でも作りやすく、サービス、ポイント還元率ともに優秀な楽天カードは、未成年だろうが大人の社会人だろうが多くの人におすすめのクレジットカードです。

楽天カードを使って溜めたポイントを、日々の生活で役立ててください。

ライフカード

ライフカードも未成年が作りやすいクレジットカードで有名です。

ETCカード発行も無料なので、車によく乗る未成年におすすめのカード。

学生ならば、学生専用ライフカードもあるのでそちらもおすすめです。

エポスカード

エポスカードは、カラオケ好きの10代におすすめのクレジットカード。

未成年でも即日発行可能で、ビッグエコーやカラオケ館などで割引を受けることができます。

マルイのデパートで割引も受けられるので、買い物にも役立つおすすめクレジットカードです。

ろうきんのカードローン

未成年におすすめのローンが「ろうきんのカードローン」です。

ろうきんのカードローンは、あまり知られてないものの、18歳以上なら利用可能です。(地域による)

未成年でも利用できるろうきんのカードローンは、

  • 中央ろうきんカードローン
  • 東海ろうきんカードローン

などなど。

ろうきんのカードローンは、地域によって申し込める条件がことなるので注意が必要です。

ろうきんのカードローンは金利も低いので、未成年でも借り入れの負担が小さいのもうれしいポイントです。

申込み条件

ろうきんカードローン(マイプラン)の申込み条件も調べてみましょう。

ろうきんカードローンは、基本的に仕事をしていれば、たとえ18歳、19歳の未成年でも問題なく申込みが可能です。

ろうきんカードローンの種類によっては、「特に年齢制限なし」としているところもあります。

18歳以上ならろうきんカードローンに申込み可能な地域と、「年利絵制限は特になし」としているところを合わせれば、ろうきん管轄地域13のうち6地域のカードローンで未成年の借り入れが可能となっています。

ろうきんのカードローン審査に通るための条件

ろうきんカードローンは、申込み条件こそ「未成年でも可」となっています。

しかし、実際にろうきんカードローンで借り入れることができるかどうかは、ろうきんカードローンの審査基準をクリアすることが求められます。

ろうきんカードローンで借り入れるための最低条件を調べてみましょう。

安定収入があることが絶対条件

労働金庫の会員にもとめられる一番の条件が「安定収入」です。

安定収入がないと、ろうきんカードローンの安定収入があることが必須の条件になります。

また、一社の勤続年数1年という条件も全国の労金に共通しています。

前年度の150万円の稼ぎが必要

ろうきんカードローンで借り入れるには、前年度の年収が150万円以上求められます。

ここで重要なのが「前年度の年収が150万円」ということ。

つまり、17歳時点で150万円稼いでないと、18歳の人はろうきんカードローンを使った借り入れができないということですね。

他社のカードローン借り入れが少ないこと

どのカードローンシンアでも共通していますが、カードローン借り入れが多いと、それだけでカードローン審査に落ちやすくなります。

ろうきんカードローンもそれは同じ。

ろうきんカードローンに申し込む前に、自分の他社借入状況をもう一度思い出してみましょう。

質屋で借りる手もあり

質屋なら未成年の借り入れが可能です。

質屋は、ブランド品等価値がつきやすいものを担保にすると、「いくらまでなら貸せる」という条件を提示してきます。

審査されるのは主に、担保に出した品物なので、本人の信用が足りなくても借り入れが可能ということです。

担保に出せるブランド品などに心当たりがある未成年は、質屋から借り入れも考えてみてください。

とはいえ、質屋からお金を借りるには、「保護者の同意書」が絶対に必要です。

未成年が質屋から親に内緒で借り入れ…は不可能だということですね。

ろうきんのカードローンは未成年におすすめ!

上で、お金のない未成年がどうすれば金欠を脱することができるか、その対策をお教えしました。

紹介したなかでも、私が個人的におすすめしたいのは「ろうきんカードローン」です。

前年度の収入や、安定収入こそ求められるものの、低金利のカードローンは未成年でなくても魅力的です。

普通低金利のカードローンは審査が厳しく借りにくいので、ろうきんカードローンのように借りやすいカードローンは魅力的です。

申込みから借り入れまでに1ヶ月ほどかかることがあるのが辛いところでしょうか…。

未成年でも親に内緒で借入可能!しかし内緒の借り入れは難しい…

未成年でも借り入れができるローンは確かに存在します。

しかし、未成年が借りるには、「親権者の同意」が求められるもの。

この親権者の同意無しでお金を貸してくれる時点で、その業者は悪徳業者です。

言うまでもなく、闇金など悪徳業者からお金を借りるべきではありません。

申込みを受付ける業者はまともそうな業者で、申込みを受け付けた業者が闇金に情報を流す「紹介屋」も存在します。

そうした悪質業者とはかかわらないようにしてください。

未成年から「借りグセ」をつけてはいけない

ここまで、未成年でもなんとかお金を借りる手段を紹介してきましたが、矛盾するようですが私は「未成年はできれば借金に関わるべきではない」と思っています。

未成年のうちから、お金に困って「借金する」という思考回路を作ってしまうと、あとあと困ります。

できれば、若いうちは安全にお金を手に入れる手段を勉強していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、未成年でもカードローンが利用できるか?

を焦点に情報を調べていきました。

18歳、19歳で利用できるカードローン自体は、せいぜい「ろうきんカードローン」くらいですが、未成年でもお金を借りる手段はあります。

未成年でお金が困っても、悪徳業者に頼るなど馬鹿なことはしないようにしてください。