融資を受けるための条件

公開日: 最終更新日:

「三井住友銀行のカードローンだから、申込条件のハードル高そうだなあ」
「審査もすごく厳しそう」
もしかしてこんな思い込みをして、申込に引け腰になってしまっていませんか?そうだとしたら、それはとてももったいないことです。
そのハードルを下げれば、融資を受けるまでに待たされることはありません。なので、今回は申込から審査の条件についてご紹介いたします。
顎に手を当てて悩むスーツ姿の女性

申し込むための最初の条件

  • 満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入がある御本人
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる事

三井住友銀行カードローンに申し込む上で、まずは最初の2つの条件を満たさなくてはいけません。
1つは、20歳の誕生日を迎えている方、70歳にまだなっていない方が該当します。もう1つは、安定した収入がある方になります。
しかしながら、この「安定した」の部分の解釈を「金持ち」の意味と間違えている方が多いです。「安定した」というのは、「継続的に収入を得ているか」という意味なので、収入の金額は大きな問題ではありません。ですから、毎月収入があるのでしたら、パートやアルバイトの方も借り入れすることが可能です。

収入がない場合は?

一方で、収入がない専業主婦、年金受給者、無職の方々は三井住友銀行カードローンを利用できるのでしょうか。
通常であれば借りることはできません。しかし、「配偶者貸付」を行っている場合は話が変わります。配偶者の収入証明書と同意書を用意していただければ、限度額を少額に制限して三井住友銀行カードローンを利用することも可能です。

申し込みに提出する書類

  • 本人証明書類
  • 収入証明書類

前者は必須、後者は場合によって提出を求められます。具体的には、借り入れを希望する金額が50万円をこえるようであれば、こちらの書類も必要になります。

本人確認書類とは

  • 運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付き)等

※上記以外の本人確認書類については、三井住友銀行のホームページでご確認ください。
上記3点のうちいずれか1点をお持ちいただければ申し込みを受け付けてもらえます。ただし、期限が切れているもの、他人のもの、現住所と異なるもの等は、審査に落ちる要因となりますので、申込前によく確認してから提出するようにしてください。

収入証明書類とは

  • 源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、納税証明書など

上記のうちいずれか1点をお持ちいただければ、申込時の借り入れ希望額が50万円をこえても審査に申し込むことができます。ただし、申込内容によっては、借り入れ希望額が50万円未満であっても提出を求められることがあります。
お急ぎでない場合は、手元に用意しておくと後から言われてもスムーズに対応することができます。

審査に通るための条件とは

申し込みの条件を満たしたら、次は審査に移ります。上記の条件を満たせば審査に通れるわけではなく、三井住友銀行から見て申込者が毎月きちんと返済できるかを判断します。例えば、記入した項目は基準を満たしているか、記入した項目に嘘はないか、過去に金融機関でトラブルを起こしていないか等が確認されます。
これらの基準が事前に分かればしっかり対策できるのですが、残念ながら金融機関はこれらの情報を公開していません。しかしながら、利用者の声から主な審査基準は2つあることがわかっています。それが「属性」と「信用情報」です。

属性

個人の氏名、生年月日、年収、勤続年数などがこれにあたります。主な内容は「申込者自身」「住宅」「勤続先」「申込内容」です。
見栄をはって実際よりも上に見られるよう記入される方が後を絶ちませんが、銀行側に知られた途端に審査落ちが確定するので、正直に申し込むことをおすすめします。

信用情報

クレジットカードの利用履歴、他社からの借り入れ状況などがこれにあたります。つまるところ、申込者が過去から現在に利用した金融機関との取引記録が、主な審査対象です。なぜそれらの情報を審査できるのかというと、「信用情報機関」という第三者機関で保管・管理されており、金融機関はそれらの情報を自由に閲覧することができるからです。

信用情報機関について

信用情報機関に記録される情報は、単純な取引履歴だけでなく、支払遅延などの事故情報もこれにあたります。そのため、クレジットカードの支払滞納等も、カードローンの審査に悪影響を及ぼします。
機関に記録された情報は少なくとも5年は保管されるので、審査に申し込む際は嘘の記入や誤った記入をしないよう本当に気をつけてください。

個人での開示請求も可能

その気になれば、信用情報機関に記録された情報を私たちが見ることもできます。手順は簡単で、機関へ個人情報の開示請求の問い合わせを送るだけです。郵送で3日ほどかかりますが、知らぬ間に自分が金融機関との間でトラブルを起こしたか確認することもできます。

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 満20~69歳以下かつ本人に安定した収入がある方。
  • 申込に必要なのは本人確認書類。50万円以上の借り入れは収入証明書も必要。
  • 審査では、主に属性と信用情報を確認する。
  • 信用情報機関に記録された情報は少なくとも5年は保管される。

お金の手続き、さらに銀行のカードローンとなると、思い込みでハードルを上げてしまいがちですが、申込段階で難しいことはありません。出来る限り審査に通過する可能性を高めたいという場合は、サイトTOPから「こんな人が審査で有利」を参考にしてください。
その他不安に思っていることがあれば、問い合わせで確認をして、コールセンターに相談してから条件に問題ないかを検討しましょう。