三井住友銀行カードローンは即日融資対応!即日借りる手順とは?

  公開日:   最終更新日:

即日融資と言えば、アコムやプロミスといった大手消費者金融で主流となっていますが、ここ最近は一部の銀行でも取り扱い始めています。
すぐにお金を借りたいけど、銀行のカードローンのほうが安心できるから銀行カードローンを借りたいという方や、メリットを知りたいという方に向けて、三井住友銀行カードローンで即日融資が可能であることや、そのメリットについてご紹介いたします。右を指す女性

三井住友銀行カードローンは即日融資で借り入れるのにピッタリ

即日融資に対応した銀行カードローンは、最近珍しくなくなっています。三井住友銀行のような都市銀行カードローンから、地方銀行カードローン、そしてネット銀行カードローンに到るまで「即日融資」に対応したカードローンは多くなっています。
その中でも、「三井住友銀行カードローン」で即日融資を受けるのがうってつけです。その理由を一つずつ紹介します。

即日融資対応の消費者金融より金利が低い

消費者金融のカードローンは、即日融資に対応したものが多いです。プロミスやアイフル、アコムなど名のしれた大手消費者金融には日本全国に「無人契約機」が設置してあるのです。そうした無人契約機を使えば、消費者金融から土日借り入れることも可能となります。しかしそうした消費者金融のカードローンは、三井住友銀行など銀行カードローンよりも「金利が高い」のだけ注意が必要です。
三井住友銀行カードローンならば、金利は「4.0~14.5%」と、消費者金融のカードローン金利と比較すれば金利の低さは一目瞭然です。
「低金利」「即日融資対応」という二点を両立させている三井住友銀行カードローンは、即日借り入れのにピッタリだと言えるでしょう。

どれくらい低金利か実際に金利を比較

三井住友銀行カードローンの金利設定が、カードローン業界の中でどんな立ち位置なのか、実際に金利を比較して調べてみましょう。

カードローン名 金利
プロミスのカードローン 4.5~17.8%
アコムのカードローン 3.0~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%

同じ都市銀行の三菱東京UFJ銀行カードローンと比べるとまだ少し高い金利が設定されているだけで、大手消費者金融のカードローンと比べれば一目瞭然で低い金利が設定されていることがわかりますね。
さらに、三菱東京UFJ銀行カードローンの下限金利が低いとはいえ、この下限金利が適用されるのは、「上限限度額いっぱい」で設定された場合のみです。
カードローンで一般的な小額借り入れを行う場合は、三菱東京UFJ銀行カードローンも三井住友銀行カードローンも、あまり大差ない金利設定が適用されるはずです。

銀行内に無人契約機がある

なんといっても、三井住友銀行の銀行内に「ローン契約機」が設置されているのが大きな理由です。
ローン契約機を使えば、郵送で送られてくるのを待つ必要なく、即日借入カードを受け取ることができます。ちなみにローン契約機からの手続きで、同じSMBCコンシューマファイナンスのプロミスともカードローン契約が可能です。

三井住友銀行の無人契約機なら即日10万借りるのにぴったり

無人契約機を使ってカードローン契約を結べば、申し込んだ当日にカードローンでお金の借り入れが可能となります。
つまり、三井住友銀行内の無人契約機を使えば、「今日中に10万円必要」のようなピンポイントなニーズにも応えてくれるのです。
想像してみてください。友人や家族に「急で悪いけど10万円貸して」というような要求は通りにくいのでは?無担保、無保証人で利用できる三井住友銀行カードローンなら、誰にも心配かけずに即日10万円借りることができるのです。

審査するのが保証会社のSMBCコンシューマファイナンス(プロミス)

三井住友銀行カードローンの審査を行うのが、保証会社であるプロミスであることも大きいです。プロミスの審査基準は銀行ではなく消費者金融のもの。それにプロミスの審査は、審査結果が出るまで待たされることもありません。

>>プロミスの詳細はこちら
プロミス

「審査が甘い」そして「審査結果が出るまで時間がかからない」のが、プロミスの、そして三井住友銀行カードローンが即日融資に強い大きな理由です。

プロミスの審査は甘いのか?

「プロミスの審査は甘い」という言葉を、ネット上などで時たま目にしますが、それは本当なのか?
三井住友銀行カードローンの審査担当でもない我々には、「三井住友銀行カードローンの詳しい審査基準」に関して知ることはできません。
自社の「カードローン審査基準」は、他社にもらすことができないトップシークレットだからです。
しかしそんな、カードローンの審査基準を知る手がかりがあります。それが、株主向けに公開されている「月次データ」にある「審査通過率」です。ここに一例として、2017年1月の審査通過率を載せておきます。

消費者金融名 審査通過率
プロミス 41.0%
アコム 44.8%
アイフル 41.4%

大手消費者金融3社の、2017年1月の審査通過率を見てみると、どこも40%前後の審査通過率が公表されているようです。この数字だけ見ても、やはりプロミスの審査が甘いか厳しいのか知ることはできません。しかし確実なのは、三井住友銀行カードローンは、「もっと審査に時間をかけて、審査の厳しい保証会社が設定している銀行カードローンより審査が柔軟である」ということです。「審査が甘い」ことを期待して三井住友銀行カードローンに申し込むのはおすすめできませんが、逆にそれほど審査に気負いすぎる必要も無さそうです。

なお、「モビット」は大手消費者金融の中で唯一審査通過率を公表していません。ただ、プロミスの運営元であるSMBCコンシューマーファイナンスの完全子会社となるため、プロミスの審査基準とほぼ同等と想定して問題ないでしょう。
三井住友銀行カードローンや、その他都市銀行カードローンの審査基準の違いについて詳しい情報は、「都市銀行カードローン3社を徹底比較 ~一番優秀なカードローンは?~」の中で書いています。

他社借入は審査に影響するのか

三井住友銀行カードローン以外のカードローンでお金を借入れている記録は、「信用情報」に残ってしまいます。
その記録を見た三井住友銀行は、「他社返済で収入が減るため、返済能力が低い」と見なすため、審査に不利になります。つまり、「他社借入れが少ないほど、三井住友銀行カードローンの審査に通りやすい」ということです。
三井住友銀行カードローンの審査に通る確率を少しでも上げたいなら、三井住友銀行カードローン以外の借入件数、借入金額を少なくしておく努力も求められるでしょう。
ちなみに、プロミスと同じくSMBCコンシューマファイナンスグループの「モビット」も、即日融資など、借りやすい設定が組まれているのでおすすめです。
>>モビットの詳細はこちら
モビット

即日口座発行に対応している

三井住友銀行は、「即日口座開設」にも対応しています。
三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っていなくても利用できるとはいえ、口座を持っていることで利用できるサービスが増えるなどメリットも多くなります。SMBCダイレクトに登録すれば、WEB上で残高確認やそのまま借り入れ可能になるなど、ネットサービスが充実します。
即日口座開設のサービスを活かして、三井住友銀行カードローン利用開始と同時に、三井住友銀行の口座開設なんてことも可能なのです。

高まりつつある個人融資のニーズ

無担保、無保証人で利用できるカードローンの需要は高まっています。
消費者金融のイメージが悪化した1990年代後半から、再び現在のカードローンのイメージは良くなっており、消費者金融のカードローン、使いやすいものが多くなった銀行カードローン利用者は年々増えています。
現在では、消費者金融のカードローン利用者より銀行カードローン利用者の数の方が多くなっているほどです。
三井住友銀行カードローンは、そのニーズに応えやすいよう、「審査ハードルを下げる」「即日融資に対応する」などの対応策を取ってくれています。

来店不要で即日融資にも対応している

口座をお持ちの方限定のサービスとなりますが、「SMBCダイレクト」の登録を済ませている方なら、来店不要で即日融資が可能となります。ネットからSMBCダイレクトにログインして、お持ちのキャッシュカードに「カードローン機能」を付帯することが可能となります。
これなら、わざわざカードローン専用口座を作る必要もなく、カードローン専用カードを発行する必要もありません。
もしまだ三井住友銀行の口座を持っておらず、カードローン申込みと同時に三井住友銀行の口座を開設する場合は、SMBCダイレクトの登録手続などに時間がかかるため、即日融資は不可能となってしまいます。

即日融資の申込手順

腕時計を見て焦る男性

通常の申込方法は下記の5通りあります。

  • Web
  • ローン契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

また、共通して必要になるのは本人証明書類です。
下記のいずれか1点を手元に用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

もし、借入を希望する金額が300万円を超える場合は、収入証明書類が必要になります。
下記のいずれか1点、最新のものを用意しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

口座をお持ちの方

口座をお持ちの方は、インターネットバンキングから申し込めばWeb完結<で手続きできます。そのため、パソコンやスマートフォンがあれば一歩も動かずに申し込むことができます。
また、インターネットでの申込は、300万円以下の借り入れで原則審査書類不要です。免許証を写メで撮って送る手間などを省ける親切な手順設計です。
流れは簡単で、インターネットバンキングから申し込み、最短30分の審査結果が出たと同時にすぐ契約もできるので、近くにATMがあればすぐに即日融資を利用できます。

選べるローンカード

三井住友銀行カードローンは、ローンカードを選ぶことができます。
1つは、契約後に新しくローンカードを発行してもらう方法です。具体的には、お近くのローン契約機で発行する、または郵送で自宅まで送ってもらうことになります。
もう1つは、現在お持ちのキャッシュカードに、後からローン機能を付けてもらう方法です。カード1枚で管理できるので、お財布が分厚くなったりカードを紛失したりすることを防ぐことができます。

口座をお持ちでない方

三井住友銀行ローン契約機4

口座をお持ちでない場合でも、三井住友銀行カードローンなら即日融資を受けることができます。口座開設は、契約後もいつでも可能です。「カードが増えて面倒だ」という場合にも、後から口座開設して発行したキャッシュカードに、ローン機能を後付けすることもできます。
ここまでくると、三井住友銀行の柔軟な対応力に驚かされます。

口座がお持ちでない方の最短手順

キャッシュカードにローン機能をつける方法ができないため、お近くのローン契約機をまで足を運ぶ方法になります。
①ホームページからWeb申込をして最短30分審査の結果を待ちます。この間に、近くのローン契約機の場所を割り出しておいて、結果が出たらいつでも移動できるような準備ができます。
②結果が通り次第、ローン契約機で審査通過後の契約手続きをして、その場でローンカードを発行することができます。
③ローン契約機は、三井住友銀行内に設置されているか、無人契約機の場合はATMが併設されているので、すぐに借り入れできます。

ローン契約機から申込後、即日融資可能

三井住友銀行内のATMコーナーにある、「ローン契約機」があるブース内で、「三井住友銀行カードローンの申込み」を完結できます。
ブース内で、「カードローン申込書」を記入し、ローン契約機の「スキャナ」で申込書と必要書類をスキャンすることで、三井住友銀行への申込みを行うことができます。
ですが、この場合一つ注意点が。ローン契約機のブース内で申込んだ場合、三井住友銀行からの審査回答を待つまでの間、ブースの外に出ることができないのです。三井住友銀行カードローンの審査時間は最短30分と早いものですが、その間狭いブース内でじっと待つのは結構辛いですよね。
ネットではなく、実際にローン契約機からカードローン申込を行う予定の方は、この「審査時間」の潰し方を考えておいた方が良いです。

三井住友銀行のローン契約機は全国に700台以上

ローン契約機

その場でローンカード発行可能なローン契約機の数は、全国に700機以上です。これは銀行カードローンの中でも一番をほこる設置数です。消費者金融と同じ使い勝手で低金利のカードローンで利用するローンカードをその場で発行できるメリットは大きいです。
操作は簡単で、画面にしたがって画面をタッチして手続きを進めるだけ。消費者金融の自動契約機が入っているブースと比べると契約機を操作するストレスも小さいでしょう。

銀行内にローン契約機があるのは2行だけ

銀行カードローンの中で銀行内に自動契約機を設置しているのは三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローンだけです。新生銀行カードローンレイクも自動契約機を利用可能ですが、あれは消費者金融のカードローンに近い立ち位置です。
即日融資できる低金利のカードローンを考えているならぜひ三井住友銀行のカードローンへ申し込んでください。

即日融資対応だけじゃない三井住友銀行カードローンのメリット

即日融資が可能な低金利カードローン

  • 年4.0%~14.5%

三井住友銀行カードローンは、即日融資を受けられる低金利カードローンの代表と言っても過言ではありません。低金利なので、まとまったお金を借りてもその後の負担が少なく、誰にでも利用しやすいカードローンでもあります。

提携ATMがたくさん

三井住友銀行カードローン-提携ATM
三井住友銀行ATMだけでなく、さまざまなATMで借り入れと返済が可能です。
利用できるのは、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATMです。これらの提携ATMであれば、取引手数料や時間外手数料を無料で利用することができるので、時間帯も気にせず好きな時に自由に借り入れと返済ができます。

利用できないケース

ただし、ローン機能を付与したキャッシュカードは、ゆうちょATMでの取引ができない点にだけ要注意です。

総量規制の対象外

銀行カードローンなので、総量規制の対象外となります。そのため、年収の3分の1以上借りたい場合でも、問題なく希望の金額を申し込むことができます。
審査に通るか通らないかはまた別の話になりますが、利用者の声から、50~100万円をこえる限度額の方々の人数が消費者金融のそれよりもはるかに多いです。

保証会社がプロミスなので審査が柔軟

三井住友銀行カードローンの審査を行うのは、三井住友銀行と同じSMBCコンシューマファイナンスの「プロミス」です。プロミスの審査基準は、上記したように他銀行カードローンより審査基準が柔軟。
信用情報に残った多少の問題程度なら、あまり重要視しない審査を行ってくれるでしょう。つまり三井住友銀行は、即日融資に対応している他銀行カードローンより借りやすい設定が組まれているということです。

都市銀行のカードローンなので借り入れの安心感が違う!

三井住友銀行くらい大規模な銀行のカードローンともなれば、消費者金融から借り入れる際と「安心感」が段違いです。
カードローンとして利用している先の業者がカードローン事業を廃業してしまうと、別のカードローン業者へ債権が移り、カードローン設定が変わったりして色々大変です。
ですが三井住友銀行が廃業になることは、ほぼ無いと言って良いでしょう。三井住友銀行の営業がダメになってしまうその時は、日本全体の経済状況がもう窮地に追い込まれているときでしょう。きっとその時は、カードローンの返済がどうこういった話ではなくなっているでしょう。

三井住友銀行カードローンでの即日融資 Q&A

ここからは、三井住友銀行カードローンで即日融資を受けたいと思っている方が抱きがちな疑問とその答えをご紹介します。

Q.土日の即日融資は可能?

例えばレジャーで必要なお金、ショッピングで必要なお金が必要になるタイミングは、「土日祝日」…休日ではないでしょうか。
土日など休日に、「お金が必要だ」と思ったとしたら、三井住友銀行カードローンはそのニーズに応えてくれるのでしょうか。

A.ローン契約機は土日祝日も営業しています

三井住友銀行のATMコーナーに設置されている「ローン契約機」。このローン契約機は、平日だけでなく土日祝日も問題なく営業しています。土日祝日も問題なくローン契約機からのカード発行に対応しているのです。
ですがここで注意したいのが「在籍確認」です。三井住友銀行カードローンの審査を終わらせるには、申し込んだ人の会社への確認電話「在籍確認」が必須です。土日祝日は営業していない会社も多いでしょうから、あらかじめ前もってカードローンへ申込んでおき、あとは「カードの発行」だけの状態にしておくこと。
これが、三井住友銀行カードローンを土日祝日利用するためのコツです。完全に、土日祝日三井住友銀行カードローンへ申込み、その日のうちにお金を借り入れるのは難しいということですね。

Q.主婦でも即日融資可能?

主婦の皆さんのなかにも、「三井住友銀行カードローンを即日利用したい」と思っている方も多いはず。果たして主婦でも、三井住友銀行カードローンを使ってお金を即日借り入れることはできるのでしょうか?

A.主婦でも即日融資可能

答えは、YESです。
主婦であっても、本人に安定した収入があれば、問題なく三井住友銀行カードローンを即日利用可能です。たとえ本人の収入が、「アルバイト収入」であっても、問題なく利用可能です。
ですが、ここで注意点も一つ。「専業主婦は、三井住友銀行カードローンを利用できない」という点です。三井住友銀行カードローンは、「総量規制の対象外」ではあるものの、カードローン規定で本人に収入が無いと利用することができません。

Q.家族にバレない?

三井住友銀行カードローンを利用していることを、家族にバレたくないと考えている方も多いはず。そんな方が気になるのが、「家族に内緒で三井住友銀行カードローンを利用できるのか」ということです。果たして?

A.キャッシュカードにカードローン機能を追加できるので、家族にバレにくい

すでに三井住友銀行に口座を持っている方のみに限定されてしまいますが、お持ちのキャッシュカードに「カードローン機能」を追加することが可能です。
つまり、わざわざ「カードローンの借入専用カード」を別途用意して、家族にバレやすいリスクを増やさなくとも良いということ。
こうした工夫を凝らしていることを考えると、「三井住友銀行カードローンは家族にバレにくいカードローン」だということが言えるでしょう。

Q.在籍確認はくるの?

カードローン審査において、在籍確認は避けることができません。在籍確認は、カードローンを扱う業者が行う、カードローン利用者の職場にかける「確認電話」のこと。カードローン利用者のほとんどが、「職場に電話がかかってくること」に嫌悪を抱くはず。
果たして、三井住友銀行カードローンへ申し込んだ場合も、変わらず「在籍確認の電話」がかかってくるのでしょうか。

A.在籍確認の電話は避けられない

在籍確認の電話は、基本的に必ず行われます。この「在籍確認」が取れないと、申し込んだ人の「返済能力」がはっきりと確認できないからです。この在籍確認が行われるのは審査の最後。在籍確認がとれさえすれば、基本的に審査は通過したものと思って良いです。
三井住友銀行からの在籍確認は、事前に「在籍確認を行うが大丈夫か」という確認が、本人に行われるものの、「時間指定」などは不可能です。できるのは「電話する担当者の性別の指定」「電話する際、三井住友銀行を名乗るか個人名を名乗るかの指定」のみです。
ですが、私が確認したところ、「時間指定」は相談して、その相談内容によっては応じてくれるケースも稀にあるとのことでした。

Q.無職は即日融資で借入可能?

当然の話ですが、職に困っている状況は、収入がないためお金にも困っている状況のはず。そんな無職の方は、三井住友銀行カードローンを利用してお金を借り入れることができるのでしょうか。
無職でも三井住友銀行からお金を借り入れることができれば、生活をなんとか立て直すチャンスが手に入るというものですが…。

A.無職のキャッシングには対応していません

残念ながら、三井住友銀行カードローンは無職の状態での借入に対応していません。三井住友銀行カードローンなど、カードローンは、「無担保」「無保証人」での利用となるため、本人に安定した収入が必ず必要となるのです。
三井住友銀行は、専業主婦や親元で暮らす学生のキャッシング利用にも対応していないため、本人の収入は絶対必要です。

何時までに申し込めば即日融資で借りられるの?

三井住友銀行借り入れで即日融資を受けたいと思っても、ローン契約機の営業時間内にローン契約機からカード発行手続きを行わないと、三井住友銀行カードローンを即日利用することは難しいです。
「何時までに借りられるか」という質問に私は、ローン契約機の営業時間を調べろと答えることになります。

A.支店ごとにローン契約機の営業時間が異なる

三井住友銀行カードローンを即日融資で利用するためには、銀行内の「ローン契約機」を使ったカードローン契約を行うのが一番です。そのためには、「ローン契約機の営業時間」に注意しておく必要があります
ローン契約機の営業時間は、銀行の支店によって多少変わりますが、大方同じです。
一例として、新宿駅東口近くの、「神獣通支店」にあるローン契約機営業時間を載せておきます。

平日 9:00~21:00
土曜日 9:00~21:00
日曜日 9:00~21:00

見てもらえば分かる通り、平日、土曜日、日曜日に関わりなく「9:00~21:00」という営業時間が設定されているのです。
この時間内にローン契約機からカードローンの借入カードを発行することで、三井住友銀行カードローンで即日融資を受けることが可能です。ローン契約機から申し込む際には、三井住友銀行カードローンの審査における「在籍確認」にだけ気をつけておきましょう。

Q.即日融資でいくらまで借りられるの?

「今日中に三井住友銀行カードローンでお金を借りたい」と思ったとして、三井住友銀行カードローンで実際に借り入れることができる金額は、どれくらいの金額なのでしょうか。
三井住友銀行カードローンの借り入れ最高限度は「800万円」。それほど多くのお金を、即日借り入れることは可能なのでしょうか?

A.初回融資は高くて50万円程度だと思っておきましょう

三井住友銀行カードローンで即日借入可能な金額は、それほど大きな金額を期待してはいけません。いくら三井住友銀行カードローンで設定できる借入可能最高限度額が「800万円」だったとしても、初回融資はせいぜい50万円程度だと思っておいてください。
審査が終わり最初に設定される限度額はいつも低い金額です。低い金額内で、カードローン利用者がきちんと返済してくれるか、そこでも利用者の「カードローン返済能力」を審査しているのです。

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • 本人確認書類は必須。300万円以上の借り入れで収入証明書類も必要。
  • 口座をお持ちの方は、即日融資のWeb完結申込が可能。インターネットバンキングを利用すれば、面倒な書類は不要!
  • 口座をお持ちでない場合も、即日融資は可能。最短は、Web申込後に近くのローン契約機へ行き、カード発行後に即借り入れ。
  • メリットは3つ。①低金利②提携ATMが豊富③総量規制の対象外。

他の銀行カードローンと比較をしても、三井住友銀行カードローンほど使いやすいカードローンはなかなかありません。即日融資を受けたいだけなら、口座を持っていなくとも審査のスピードは大きく変わらないので、覚えておくだけでもおすすめします。

Q.即日融資に対硫黄しているのは三井住友銀行カードローンだけ?

都市銀行カードローン3社で、最短即日融資に対応しているのは三井住友銀行カードローンだけなのでしょうか?
大手消費者金融はどこでも、無人契約機、ネットキャッシングを利用した即日融資に対応しているようですが…?

三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローンも最短即日融資対応

実は、年木3社とも、最短即日融資に対応しています。わかりやすいのが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。三井住友銀行カードローンと同じく、銀行内の無人契約機からカードローン契約を結ぶことで、即日カード発行が可能です。
青い看板のみずほ銀行カードローンも同じく最短即日融資可能です。みずほ銀行カードローンの口座を持っており、すでにキャッシュカードを用いてお金の出し入れを行っている方限定となってしまいますが、お持ちのキャッシュカードにカードローンのキャッシング機能を付帯できます。
そこまでにかかる時間は最短即日。手続きに問題なければみずほ銀行カードローンで即日借り入れが可能なはずです。
三菱東京UFJ銀行カードローンとみずほ銀行カードローンそれぞれの特徴について、都市銀行カードローン3社を徹底比較 ~一番優秀なカードローンは?~の中で説明しています。