即日融資を受けられるカードローン

公開日: 最終更新日:

日本貸金業協会の調査によると、利用するキャッシングを選ぶさいに、「時間がかからないこと」を重要視する人の割合はまだまだ多いようです。

今回はそんな方に向けて、確実に即日融資を受けることのできるカードローンをいくつか紹介します。

確かに即日融資を受けられるカードローンの数は多いです。しかし、その数多いカードローン間には細かい設定の違いがあるため、その中からしっかり自分にあったものを選ばねばなりません。

自分にあっていないもの、自分の借り入れに適したものでないものへ申込んでも、申し込んだキャッシングの審査に落ちてしまいかねません。確実に即日融資を受けるには、どのカードローンへ申し込むべきなのか?キャッシング利用者の普遍的な悩みを、私が解決します。

即日融資のなかでも、とりわけ即日振込で借入可能なカードローンが知りたい方は、「確実に「即日振込」で借入可能なカードローンを知っておきましょう」を読んでみてください。

即日融資で借りるのは消費者金融カードローンがおすすめ

即日融資でお金を借入れたい、そう思っている方が利用するのを前向きに考えるべきなのは、「消費者金融のカードローン」です。

以下に、その理由を書いていきます。

他キャッシングよりサービスが充実

消費者金融のカードローンは、他キャッシング業者のカードローンとくらべて、利用できる付帯サービスが充実しています。金利ほか条件が銀行カードローンなどより少し劣ってしまうものの、それを補うようにして、利用者を助けるサービスが充実しています。

金利なんて数%違ったって返済額に大きな差はありません。借入れと返済を円滑に進めたいならば、金利他条件より、利用できるサービスが自分にあっているかで借り入れるカードローンを選ぶべきなのです。

そして消費者金融のカードローンならば、きっとあなたにあったサービスを備えているはずです。

ネットキャッシングで即日振込も可能

消費者金融のカードローンは、ネットキャッシングに対応しているカードローンが多く、PC、スマートフォンから簡単に借入可能です。

即日融資でお金を借りようと思っている方の中には、このネットキャッシングを利用してお金を借りようと思っている方も多いのではないでしょうか?

銀行カードローンもネットキャッシングに対応していますが、両方使った私の実感としては、消費者金融カードローンのほうが使いやすく振込が早い印象です。

即日振込を受けられるカードローンについて知りたい方は、「確実に「即日振込」で借りられる!とにかく早いキャッシングランキング」を参考にしてください。

無利息サービスは魅力的

大手消費者金融が中心に展開しているのが、「無利息サービス」です。無利息サービスは、はじめてのカードローン利用者を対象に、一定期間利息が発生しないサービスです。

「はじめてのカードローン利用者に対して、30日間無利息」という設定が一般的です。しかし中には、「何度でも1週間無利息」なんて設定もあります。この無利息サービスを利用して借り入れるかどうかで、返済額に具体的な差がうまれます。

女性専用のレディースローン

消費者金融の中には、女性専用のキャッシングである「レディースローン」を展開している消費者金融があります。レディースローンなら、申込時に話す社員が100%間違いなく「女性社員」なので、気軽に相談、申込みが可能となります。

ほとんどの消費者金融は、「女性が対応してくれる専用ダイヤル」が設定されているだけの場合が多いですが、アイフルなど一部消費者金融は、「専用カード」など独自のサービスを展開している場合あるほどです。

即日融資のほか、レディースローンを利用した借り入れを考える方は、レディースローンも比較した上で借り入れましょう。

無人契約機が多い

即日融資で借り入れるのにうってつけの「無人契約機」ですが、消費者金融は無人契約機の設置数がとにかく多いです。都市銀行の三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も、銀行内に契約機を設置していますが、消費者金融の無人契約機数と比べるとやはり見劣りします。

さらに消費者金融の無人契約機は、朝早くから夜遅くまで営業しているということもあり、「夜遅くの即日融資」に対応しているのも魅力です。

消費者金融の無人契約ブース内には、自社のATMが設置されていることが多いため、カード発行後すぐに借り入れが可能です。

即日融資を受けやすい消費者金融のカードローン

前置きが長くなってしまいましたが、ここから具体的に、即日融資で借り入れるべき消費者金融のカードローンを紹介します。

どの消費者金融のカードローンを使えば、即日お金を借り入れやすいのでしょうか?

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分
融資 最短即日

申込みはこちら
プロミスのカードローンは、大手消費者金融の中でも即日融資を受けるのにうってつけです。
まず申込み方法が多岐にわたっており、パソコン・スマートフォンからのネット申し込みから、設置数の多い無人契約機からの申込みにも対応しています。全国にある実店舗から申込み、または三井住友銀行の銀行内のローン契約機から契約も可能です。プロミスは、三井住友銀行の親会社、三井住友フィナンシャルグループの提携会社だからです。

また、ネットからの「即日振込」も可能となっているプロミスのカードローン。もはや、「カードのいらないカードローン借り入れ」も可能なのです。

モビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 10秒簡易審査
融資 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

申込みはこちら
モビットも、即日融資を受けやすい消費者金融となっています。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

10秒簡易審査の結果で借り入れ可能となった時点で、街なかの「無人契約機」からのカード発行が可能となっています。無人契約機を操作する余裕がある方にはぜひ、モビットへの申込みとモビットからの借り入れをおすすめしたいです。

アイフル

アイフル

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

申込みはこちら
アイフルのカードローンも、即日融資で借入可能です。

アイフルの無人契約機、アイフル独自のサービス「てまいらず」、ネットキャッシングなど、様々な方法で即日融資を受けることができます。

審査を優先的に回してくれるフリーダイヤルを用意、また女性専用のキャッシング「レディースアイフル」など、他の消費者金融には無い「優秀なサービス」が揃っているのがアイフルの強みです。

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

申込みはこちら

大手消費者金融のアコムも、即日融資で借りやすい消費者金融です。即日融資でお金を借り入れるには、事前の申込後審査に通らねばならないわけですが、アコムのカードローンは利用しやすいのが特徴です。

他の消費者金融と同じく、無人契約機からのカードローン契約、振込キャッシングにも対応しています。顧客対応が柔軟で、即日融資を受けるにはピッタリの消費者金融ですよね。

オリックス・クレジット株式会社のカードローン「VIPローンカード」

vipローンカード

金利 1.7~16.8%
限度額 800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

オリックス・クレジット「VIPローンカード」も、「即型」というインターネットキャッシングのサービスを使って、最短即日融資を受けることが可能です。
他の消費者金融と違うのが、9:00~17:00に受付てくれる「カウンセリングデスク」のスタッフが対応してくれるのです。
50万円までの借り入れならば収入証明書の提出も求めらませんから、気軽な即日融資を受けることが可能です。

ノーローン

ノーローン

金利 4.9~18.0%
限度額 500万円
審査 最短20分
融資 最短1時間

ノーローンは「最短20分審査」を掲げる、新生銀行のカードローンブランドです。

ノーローンのカードローンは、同じ新生銀行グループの「レイク」が設置している自動契約機から申し込みが可能です。遅くとも20:30までにレイクの自動契約機から審査申し込みを行うことで、即日融資で借入可能。

振込融資の場合は、審査に30分かかる想定で、平日の12:30までの申し込みで即日借り入れ可能です。

ノーローンは無利息サービスが強いため、無利息サービスを利用しながらお金を借りたい方はぜひノーローンからの借り入れを検討してください。

消費者金融から即日融資を受ける手順

即日融資を受けるのにうってつけのカードローンを備えた消費者金融を紹介しました。では具体的に、消費者金融のカードローンから即日融資を受けるにはどういった手順を踏めばいいのでしょうか。
前もって、即日融資を受ける手順について、先に確認しておきたいです。

ATMから即日融資を受ける場合

ATMから即日融資を受けたいなら、消費者金融の借り入れカードを即日手に入れる必要があります。

消費者金融の無人契約機からカードを受け取るか、実店舗でカードを受け取ることになります。実店舗なら直接お金を手渡しで借り入れることも可能ですが、今回は無人契約機でカードを発行する場合を考えてみましょう。

1.ネットか電話から申込み

無人契約機ブース内で申込書を記入し提出も可能ですが、私は事前にネットか電話から申込んでおくことをおすすめします。なぜならそっちの方が圧倒的に簡単だからです。

申し込みページから申込み、または電話口で申込み、「カードを無人契約機から受け取る」のを設定してください。

2.審査に通ったなら、無人契約機からカード受け取り

申し込んだ審査結果が融資可能だったなら、無人契約機からカードを発行することができるようになります。

画面に、「すでに申込んでいる方」という選択項目が表示されるでしょうから、それを選択後、本契約に進んでください。そしてカードが発行されます。

3.カードを使って、ATMから借り入れ

カードを受け取ったなら、あとはカードを使ってATMからお金の借り入れを行うだけです。ブース内にATMが設置されていればそのATMを使うことで、手早く、手数料も無料で借り入れが可能です。銀行内の無人契約機を使ったなら、ブースを出ればぎんこうATMがズラッと並んでいるでしょう。

銀行振込で即日融資を受ける場合

「外に出る余裕がない」「時間がない」などの理由で、振込融資で即日融資を受ける場合は、少し手順が変わります。とはいえ、ネットで借り入れが完了するので、即日融資を受けるのにほとんど手間取らないのですが…。

1.ネットから審査申し込み

ネットの専用ページから申込みます。ネットキャッシングですから、申込みもネットから行うのが簡単で早いですよね。

2.振込先口座を指定して借り入れ

審査にとおて借り入れ可能となったなら、あとは自分がお金を借り入れる先の口座を指定してください。即日融資対応時間無いの振込依頼なら、申し込んだ当日、自分の口座にお金が振り込まれるはず。あとはその口座内のお金を自身で運用してください。

銀行カードローンで即日融資

即日融資を受けられるカードローンは、消費者金融のカードローンばかりではありません。銀行のカードローンもまた、即日お金を借り入れるのに適したカードローンが数多いです。

即日融資にうってつけの銀行カードローンをいくつか紹介します。

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイク

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
審査 申込後すぐ
融資 最短1時間

申込みはこちら
新生銀行のカードローンブランド、「新生銀行カードローンレイク」も即日融資を受けるのにうってつけです。無人契約機を使った借り入れから、スマホで完結する即日融資まで、そのサービス幅は広いです。

それにレイクは、初めてのカードローン利用者に向けた「30日間の無利息サービス」「180日間無利息サービス」と、2種類の無利息期間が設定されているのも魅力です。

じぶん銀行カードローン

金利 1.7~12.5%
限度額 800万円
審査 最短即日
融資 最短即日

auと三菱東京UFJ銀行共同出資でできたのが、この「じぶん銀行」です。
じぶん銀行カードローンも、最短即日融資に対応しており、借りやすい銀行カードローンなのは間違いありません。申込後、特に問題がなれば、当日中に即日審査結果を受け取ることができるはずです。

しかし、じぶん銀行カードローンで即日融資を受けるにはあらかじめじぶん銀行の口座が必要。即日融資を受ける条件が少しむずかしいですが、auユーザーは金利が優遇されるなど、他には無いサービスが揃っています。

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

金利 1.9~14.6%
限度額 1000万円
審査 最短即日
融資 最短即日

申込みはこちら
横浜銀行カードローンは、「低金利」「高限度額」そして「即日融資対応」の三拍子そろった銀行カードローンですが、即日融資での借り入れを行うためには条件をクリアせねばなりません。

まずそもそも、利用者のお住いの地域が東京都、神奈川、群馬である必要があります。勤務地がいずれかの場所でも大丈夫です。そしてさらに、横浜銀行カードローンは横浜銀行口座を持っていることが利用条件となるため、横浜銀行口座を持っていることも即日融資のための条件です。

しかし審査基準が柔軟な低金利の横浜銀行カードローン。条件をクリアしての借り入れを行う価値は十分にあると言えるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 1.8~14.6%
限度額 500万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

申込みはこちら
都市銀行の三菱東京UFJ銀行カードローンは、即日融資で借りやすいカードローンです。銀行内のテレビ窓口を使うことで、大手消費者金融のカードローンと遜色ない早さでお金の借り入れが可能となるでしょう。

テレビ窓口の営業は土日祝日も変わらず行われていますから、これはありがたいですよね。

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳しい審査基準ついて知りたい方は「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いのか?厳しいのか?」を読んでみてください。

2017年9月 銀行カードローンがいよいよ本格的に即日融資を自粛

2017年9月15日付の日本経済新聞の記事によると、国内の銀行各社がカードローン審査基準を本格的に引き上げるとの声明を出したようです。→銀行、個人即日融資を停止 来年1月 カードローン縮小へ

2018年の1月より、審査において警察庁のデータベースも参照するそう。それにより、審査の制度が上がり返済能力の低い人は審査に落ちるでしょうし、審査に多くの時間がかかってくるでしょう。

消費者金融のカードローンが問題になった時と同じく、カードローンによって利用者の生活が脅かされたことによる問題です。最近の銀行カードローンも即日融資に対応するなど利便性が高くなっていますが、その分大勢の生活が危機に瀕しています。

この、「生活が苦しくなる→カードローンで借りる→カードローンが規制される」流れはいつまで繰り返すのでしょうか。金貸しの歴史から考えて、キャッシングそのものが無くなることは、おそらく無いでしょうが…。

信販系カードローンで即日融資

消費者金融でも、銀行でもない、クレジットカード業務などをメインに行う「信販会社のカードローン」もまた、即日融資で利用できるものがあります。

信販系のカードローンは、即日融資の他にも、他社にはない独自のサービスを展開していることが多いです。信販会社のカードローンも、しっかりチェックしておきましょう。

セディナカードローン

金利 18.0%
限度額 200万円
審査 最短30分
融資 最短即日

クレジットカードで有名なセディナのカードローンも、借り入れを即日終わらせることが可能です。ネットから申込み、結果が出たら、振込先の口座情報や本人確認書類をFAXで送信、すると即日お金が口座に振り込まれるでしょう。その後、カードは簡易書留で利用者の手元に届きます。

セゾンマネーカード

金利 15.0%
限度額 100万円
審査 最短即日
融資 最短即日

「セゾンカード」で有名なクレディセゾンのカードローン、「セゾンマネーカード」も即日融資で借りやすい設定が組まれています。金利設定が「15.0%」で固定されているという設定も、小額借り入れを考えている方にはうってつけの設定だと言えるでしょう。

ブラックでも中消費者金融から即日融資を受けられる

大手消費者金融より小さい規模で経営する「中小消費者金融」も、中には即日融資で借入可能なキャッシングを展開しているところがあります。中小消費者金融のキャッシングはなんといっても、ブラック対応なんてところもあるため、他社の審査に落ちた人でも借りやすいのです。

アロー

金利 15.00%~19.94%
限度額 200万円
審査 最短即日
融資 最短即日

耳馴染みの無い方が多いでしょうが、愛知県の中小消費者金融のキャッシングが「即日融資」に対応しています。

アローの公式ページから申込み後、確認電話がかかってきてから審査結果を受け取るまでにかかる時間が、最短45分。その後自分の口座を伝えて、口座へお金が振り込まれるまでにかかる時間は最短で1時間と、手早い借り入れを行うことができます。

もちろん在籍確認の電話がかかってきますが、個人名でかけられる電話、どの消費者金融、銀行のキャッシングでも同じことです。審査に自身が無い方なら特に、このアローからの即日融資をおすすめします。

過去アローに申し込んだ多くの「ブラック」な情報の持ち主が審査に通った実績を見る限り、かなり審査基準が柔軟だと言えます。

セントラル

金利 4.8%~18.0%
限度額 300万円
審査 最短即日
融資 最短即日

セントラルは中小消費者金融の中では珍しい、「無人契約機」を備えています。四国の消費者金融ですが、その無人契約機店舗は関東都市部にも及びます。横浜、池袋、そして新たに銀座4丁目にも、セントラルの無人契約機が設置されています。

自動契約機「セントラルくん」を使った即日融資だけでなく、ネットから申込んで振込融資を受けることも可能。即日融資のバリエーションが広いのも、セントラルの大きな実力です。

クレジットカードを使って即日融資を受けることも可能

即日融資を受ける裏技が、クレジットカードを使った即日融資です。この方法に対応したクレジットカードを探すので、まず一手間なのであまりおすすめできません。しかし、消費者金融のカードローン審査に通らない人でもクレジットカード審査なら通るなんて場合があるため、別基準の審査を受けたい方ならこの方法で即日融資を受ける手順を探してみるのも良いかもしれません。

即日発行可能なクレジットカードのキャッシングを利用する

クレジットカードを使って即日融資を受けるためには、即日発行可能なクレジットカードを探す必要があります。

即日発行可能なクレジットカードへ申込み、その場でクレジットカードを受け取る。そしてそのクレジットカードのキャッシング機能を使って即日融資を受けるのです。

即日発行可能なクレジットカードといえば、店舗に「クレジットカードカウンター」のあるエポスカードなどが思いつきます。こういった大手百貨店提携のクレジットカードは、審査基準が柔軟でおすすめです。

しかし注意も一点。クレジットカードのキャッシングはあくまでショッピングの補助としてのもの。金利他サービス面では消費者金融や銀行のカードローンほどの借りやすさは無いということを、先に知っておきましょう。クレジットカードを塚田即日融資は、即日融資を受けたい人への「最終手段」という認識で良いと思います。

即日発行可能なクレジットカード「エポスカード」

エポスカード

即日発行可能なクレジットカードは少なくありませんが、私がおすすめしているのは「エポスカード」です。

簡単なのは、エポスカードの公式ページからWEB申し込みを行って、エポスカードセンターでカードを受け取る方法です。ネットから申し込んで、郵送でカードを受け取ると、実際の受け取りまでに一週間ほど時間がかかってしまうのです。

エポスカードのカードデスクは、全国のマルイ店舗内にも設置されています。マルイ店舗でカード発行も可能でしょう。

無職は即日融資で借入可能か?

無職の状態では、基本的にどのカードローンも利用が難しいです。個人融資のスタンスであるカードローンは、本人に収入があることが借り入れのためにまず大前提となるからです。

そもそも無職が利用可能なカードローンが少ない

やはりというか、無職では即日融資どころか、審査に通り借入可能となるカードローンが少ないです。カードローン審査で調べられるのが、その人の持つう「返済能力」です。返済能力がどれくらいあるかで審査結果を決めるのに、返済能力がまったくないともなれば、審査に通るのが難しくなりますよね。

無職でも専業主婦なら利用可能な銀行カードローンも

無職は無職でも、配偶者の収入で生活する「専業主婦」なら利用可能な銀行カードローンもいくつか存在します。
たとえ職についておらずとも、配偶者に安定した収入があれば、その収入が本人の収入の一部だと認められるのです。

専業主婦におすすめ「楽天銀行スーパーローン」

楽天銀行カードローン

金利 1.9%~14.5%
限度額 800万円
融資 最短即日

申込みはこちら
楽天銀行のスーパーローンも、専業主婦の借り入れに対応しています。

それに、1.9~14.5%の低金利さはかなり魅力的。審査の結果上限金利が割り当てられたとしても「14.5%」しか金利が課せられません。
仮にこの金利で10万円借り入れたとしても、
「10万円×14%÷365×30日間」でかかる利息はたったの1150円です。他のカードローンの返済利息と比べると、500円以上差が出てきます。返済期間が長くなりがちな人には、この差はかなり大きいです。

私の三菱東京UFJ銀行カードローン即日融資日誌

実際に私が、三菱東京UFJ銀行カードローンを利用して即日融資を受けた際の体験談を書いていきます。

三菱東京UFJ銀行カードローンはあの手この手の工夫を凝らして、即日融資を受けやすい設定を組んでくれていますよ。

金曜朝三菱東京UFJ銀行カードローンへ申込み

金曜日の朝に、三菱東京UFJ銀行カードローンの公式ホームページから申込みを行いました。
申込みの入力ページに必要事項を埋めていくだけなので、ほとんど時間はかかっていないと思います。10分かそこらでしょうか。

一時間ほど後に確認電話が携帯にかかってくる

一時間ほこ経った後三菱東京UFJ銀行から、申し込みフォームに入力した携帯電話番号へ確認電話がかかってきました。なんか電話に不慣れな若手女性社員が対応してくれたのを覚えています。
その電話で私は、「テレビ窓口からカードを受け取る」旨を伝えました。どうやらテレビ窓口からカード受け取りのためには、現住所が載った免許証が必要になるそうです。

近所の三菱東京UFJ銀行で借入カード発行

近所の三菱東京UFJ銀行内にあるテレビ窓口から、三菱東京UFJ銀行カードローンの借入カードを発行しました。
テレビ窓口は対応社員の顔がテレビ画面に出ますし、逐一操作方を説明してくれるのでほとんど操作で困ることはありませんでしたよ。

カードを受取次第、テレビ窓口の外にある三菱東京UFJ銀行ATMでお金の借入を行いました。これで三菱東京UFJ銀行カードローンでの即日融資は完了です。

あなたを助けてくれる即日融資のカードローンで幸せな未来を

いかがでしたか?

あなたにピッタリの即日融資対応カードローン、そして即日融資の借り入れ方法は理解できたでしょうか。即日融資のカードローンは多いですが、しっかり自分にあったもので借り入れ、そして事前の準備を怠ってはいけません。

即日融資は確かにすぐに完結しますし、気軽な利用が可能でしょう。しかししっかり事前に準備しておかないと、後の追加借り入れ、そしてその後の返済で戸惑ってしまうことになってしまうのです。