生活保護でカードローンを利用することはできない?生活保護で審査通過のポイントは?

更新日:


生活保護で生計を立てている人もいるはず。

生活保護は、「生活最低限のお金」が支給される制度。

とてもではないですが、収入として「高い」とは言えない額しかもらえません。

果たして、生活保護受給者が「カードローンを借りたい」と思った時、カードローンの審査に通るのか。

生活保護受給中に利用することができるキャッシングは、カードローンしかないのか。

今回は生活保護とキャッシング審査の関係を調べていきましょう。

生活保護はカードローンを利用できるか?

そもそも、生活保護受給者がカードローンでお金を借り入れることは、法律的に可能なのか。

国の福祉と絡む問題なので、国の法律で禁止されている可能性が十分ありそうですが…。

法律上は生活保護受給者でもカードローン利用可能

法律的には、生活保護受給者でもカードローンを利用してお金を借り入れることができます。

日本の法律で、「生活保護受給者がカードローンを利用してはいけない」という法律は存在しないのです。

つまり、生活保護受給者がカードローン審査に通れば、問題なくお金を借り入れることができるというわけです。

カードローンが収入にみなされることも

カードローンを利用してはいけない…という法律はないものの、生活保護受給者がカードローンを利用することで生じる不利益が存在します。

生活保護受給者には、一人ひとり担当のケースワーカーがつき、生活保護受給者の収入状況をチェックします。

生活保護受給者がカードローンでお金を借り入れると、口座の入金情報をみたケースワーカーから「収入があった」とみなされて、生活保護が減額されるかもしれません。

そしてそもそも、カードローン審査に通るためには「返済能力」が必須。

返済能力がなければ、生活保護受給者だろうがなんだろうが、カードローンでお金を借りることはできないのです。

ATMからの借り入れならばケースワーカーに把握されない

ケースワーカーがチェックするのは、「口座の入出金情報」です。

つまり、通帳に残らない情報はチェックされないということ。

そうです。ATMでカードローン借り入れを行うことで、ケースワーカーに収入だとみなされないということです。

…とはいえ、ケースワーカーに黙ってカードローンの借り入れを行うのはおすすめできません。

カードローンを利用する際はケースワーカーと相談のうえ行うようにしてください。

受給者がカードローンを利用した場合最悪受給停止も

生活保護受給者が「お金が足りない」と感じて、カードローンを利用したくなる気持ちはわかりますが、こっそりカードローンを利用するのはリスキーです。

ケースワーカーにカードローン利用がバレると、カードローン利用停止の措置を受けることもあります。

あまりおおっぴらにカードローン利用を行うのはおすすめできません。

生活保護受給者がカードローン審査に通るコツ

生活保護受給者でも、審査に通ればカードローンを利用できます。

しかし、生活保護受給者の時点で、カードローン審査において弱い立場なのは言うまでもないこと。

そんな、カードローン審査で弱い生活保護受給者でもカードローン審査に通るために、「コツ」を抑えておきましょう。

なるべく審査の甘い消費者金融に申し込む

まず、大前提として、審査の甘い消費者金融に申し込むことが大前提です。

銀行カードローンなんてもってのほかです。

少しでも見られる条件の少ない、消費者金融のカードローンに申し込みを行いましょう。

生活保護のことは申告しない

生活保護を受給している情報は、信用情報に残りません。

つまり、黙っていれば金融機関に生活保護受給についてバレないということ。

基本的に「生活保護をもらっているか」について聞かれることはありませんから、カードローン申込時において生活保護受給について申告する必要はありません。

職業欄はしっかり記入

生活保護を受給しながら働いている人は多いはず。

カードローン審査において、定職についていることは基本的に必須条件です。

正直に、今働いている職場の情報と、職場の連絡先を記入してください。

生活保護受給者で、定職についていない…という方なら、正直に無職と書くのではなく「農業」など、在籍確認されない職業を書いておいてください。

年収ははっきりさせない

生活保護を考えると、年収の額をはっきりさせるのが難しいです。

消費者金融からお金を借りる場合は「借りたい額×3」の年収を書いておきましょう。

消費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1までしかお金を借りることができないのです。

希望借入額は少額に

当然ですが、希望借入額が高額だと審査に落ちます。

希望借入額は少しでも低い金額を伝えましょう。

借入額が50万円以上の場合は「収入証明書の提出」を求められるので、生活保護受給者が審査に通るのがかなり難しくなります。

必要ないなら希望借入額は少額に抑えてください。

生活保護受給者がカードローンを利用するのはリスキー…

ここまで、「生活保護受給者がカードローンでお金を借り入れるには?」という方向でお話してきました。

しかし、話をひっくり返すようですが、生活保護受給者がカードローンでお金を借りるのはリスキーです。

いつケースワーカーにカードローン利用がバレるかわかりませんし、生活保護受給者が安定した返済能力を持っているとは到底思えないからです。

生活保護受給者は、なるべくカードローン以外の方法でお金を調達できる方法を知っておきましょう。

生活保護受給者なら「生活福祉資金貸付制度」の利用がおすすめ

生活保護受給者でもお金を借りる方法として、「生活福祉資金貸付制度」があります。

生活福祉資金貸付制度は、各都道府県の社会福祉協議会が運営している公的なキャッシングです。

生活福祉資金貸付制度を利用すれば、低所得者など立場の弱い方でも、連帯保証人を立てれば無利息で借り入れが可能です。

連帯保証人を立てない場合でも、金利はたったの1.5%とかなり低金利で借り入れが可能です。

生活保護受給者を狙うヤミ金に気をつけて

「生活保護受給者でも借入可能」と大々的に言っているヤミ金に気をつけてください。

ヤミ金はたとえ返済能力がほとんどないような、社会的に弱い人でも問題なくすぐお金を貸してくれます。

お金を借りたとしても、金利は法律を無視した金利で、返済が遅れると暴力的な取り立てにあってしまいますが、生活保護受給者でもお金を借りられるのは間違いありません。

しかし、生活保護をもらっているような人がヤミ金からお金を借りて、無事で済むとは思えません。

くれぐれも、生活保護受給者はヤミ金とはかかわらないようにしてください。

生活保護受給者はクレジットカード審査も厳しい

生活保護をもらっている状態では、カードローン審査だけでなく「クレジットカード審査」も通るのが厳しいです。

理由は言うまでもなく、「収入の問題」です。

クレジットカードの申込規約には「特定の会社から継続的に給与をもらっていること」が絶対条件となるため、言うまでもなく生活保護受給者ではクレジットカード審査に落ちてしまいます。

銀行口座から自動でお金が引き落とされるデビットカードなら作ることができるので、生活保護受給者にはデビットカード利用をおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

生活保護受給者がカードローンを利用する際、カードローン審査を受ける際の注意事項についてお話しました。

生活保護受給者はカードローンを使ってはないけない、という法律こそないですが、生活保護受給者がカードローンを利用するのはリスキーである…ということを理解していただけたでしょうか。