確実に「即日振込」で借りられる!とにかく早いキャッシングランキング

公開日: 最終更新日:

即日融資に対応したカードローンの数は多くなっています。即日融資とは、その名の通り、申込んで即日お金を借り入れることができるカードローンのことですが、もっと細かく意味を細分化できることをご存知でしたか?

即日振込と即日融資は、厳密に言えば「別物」です。ここで「即日振込」と「即日融資」の違い。そして即日振込の借り入れに向いたカードローンを紹介します。

悩む男性

即日融資と即日振込の意味の違いは?

今回私は、即日融資と即日振込で意味を分けていますが、広義の意味で言えば「即日振込も即日融資」です。「即日お金を手に入れる」という大きな枠組みの中に、「振込」という手順があるという認識です。

即日融資とは

即日振込も即日融資の一つであるということは、上でも説明しました。即日振込以外の「即日お金を借り入れるための手段」はやはり、無人契約機を使った借入カードの発行でしょう。

即日振込よりむしろ、即日融資の話題をしているページが「100%必ず今日中に即日融資を受けられるカードローン」です。こちらも合わせて参考にしてみてください。

無人契約機を使えば簡単に即日融資で借入可能

電話、もしくはネットからカードローン申込みを行うと、カードの受取方法が主に「郵送」での受取となります。

郵送でカードが届くまでには、早くとも3日ほど時間がかかってしまいますよね?

しかし、無人契約機でカードローン契約を結び、「無人契約機からカード発行」を行うことでカードを即日受け取ることが可能です。そのカードを受取次第、ATMからお金の借り入れが可能となります。

即日振込とは

即日振込とは、カードローンで借り入れたお金が即日振り込まれるという、カードローンの借り入れスタイルです。

即日振込対応のカードローンで借入れれば、ネットからの手続きのみで、気軽にお金の借り入れが可能となるのです。

口座引き落としに合わせると便利

自分の口座から何らかの代金が引き落とされる場合。その場合、即日振込のキャッシングが活躍します。

例えばクレジットカード代金引き落とし日直前。「口座にはお金が入っていない…!リボ払い…?でもリボ払いの金利支払いは大変だと聞いた…」

なんて人も、即日振込のキャッシングを利用することで、そのピンチを脱することができるのです。

即日振込のキャッシングを、キャッシングごとに設定された振込時間内に振込依頼を出すことで、口座にお金が振り込まれそのカード代金引き落としに間に合わせることが可能となるのです。

ATMから借り入れたお金を受取り、そのお金を口座に預け入れる手間を考えると、むしろ即日振込のキャッシングの方が利便性が高いといえる程です。

即日振込に対応したカードローンランキング

ここからは具体的に、即日融資だけでなく「即日振込」に強いカードローンを紹介します。

1位 プロミスのカードローン

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分
振込 最短1時間

大手消費者金融のプロミスは、他の消費者金融カードローンより即日振込で借りやすい設定が組まれています。
三井住友銀行かジャパンネット銀行口座への振込ならば24時間いつでも「リアルタイム融資」で借入可能なのです。プロミスは即日振込の他にも、「レディースローン」や「無利息サービス」など、魅力的なサービスが盛りだくさんです。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の即日振込は14:50まで

プロミスと提携している三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の銀行への振込は、遅くとも14:50までに終わらせねばなりません。

三井住友銀行とジャパンネット銀行なら、24時間ネット振込依頼対応可能です。

2位 新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイク

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
審査 即時
振込 最短即日

新生銀行カードローンレイクも、即日振込で借りやすい銀行カードローンだと言えるでしょう。テレビCMでも散々言っているように「スマートフォンで借り入れから返済まで完結する」サービスは魅力的です。
申込み後の画面に即時審査結果が表示されるのも、レイクのスピードキャッシングに一役買っていると言えるでしょう。

3位 楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

金利 1.9~14.6%
限度額 800万円
審査 最短即日
振込 最短即日

ネットビジネス最大手の楽天の運営する「楽天銀行カードローン」は、即日振込に強い銀行カードローン代表格です。
楽天銀行の「ネット銀行」であるという特徴を活かして、楽天銀行カードローンは24時間365日いつでもお金の借り入れが可能です。楽天銀行口座への振込でなくとも、14:45までに振込依頼を出せば、即日振込にて借り入れが可能となるでしょう。

4位 イオン銀行カードローン

イオン銀行 カードローンBIG

金利 3.8~13.8%
限度額 800万円
審査 最短即日
振込 最短即日

イオン銀行カードローンも、イオン銀行口座をお持ちの方なら、14時までの申込みと借り入れで、土日祝日の即日振込での借り入れが可能となります。

すでにイオン銀行との取引がある方なら、お持ちのイオンバンクカードやイオンカードセレクトなどをお持ちのことだと思います。そのカードを使うことで、土日祝日でもATMからの借り入れも可能となります。

イオン銀行との取引がないならば、カードローンの借り入れにおける審査、そして振込に必要な口座開設で事前に多くの時間がかかってしまいます。

5位 モビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 10秒簡易審査
振込 最短即日

モビットも、時間がかからない審査と、素早い振込融資が可能な消費者金融です。申込んでから10秒で仮審査結果がわかる「10秒簡易審査」から、本審査が出た後希望する方には指定口座への振込が行われます。この時指定する口座はどの銀行口座でもかまいません。
しかし、銀行の営業時間の関係で、振込を行う当日の14:50までの振込依頼しか対応することができません。もちろん、モビットの自動契約機からモビットカードの発行も可能です。

6位 ソニー銀行カードローン

金利 2.5~13.8%
限度額 800万円
審査 最短60分
振込 最短即日

低金利の銀行カードローン「ソニー銀行カードローン」も即日振込に対応しています。最短60分というスピード審査の後、口座への振込が行われます。通常ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行口座を持っている方しか振込融資を受けることができないのです。しかし、初回融資に限っては、どの口座を指定したとしても、ソニー銀行から即日振込融資を受けることができるのです。

7位 オリコカードローンCREST

オリコカードCREST

金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
審査 最短60分
振込 最短即日

オリコカードローンCRESTも、最短即日振込に対応しています。平日の13:30までという制限がつくものの、信販会社のカードローンだって即日振込での借り入れが可能です!
しかし、オリコカードローンCRESTで即日振込を受けるには、「事前のカードローン契約」が必要。審査自体は最短25分で終わるものの、初回振込みまでには「最短5営業日」かかってしまうのに注意が必要です。

オリコカードのキャッシング機能でも即日振込が可能

クレジットカードにもキャッシング機能がついているのはご存知の通り。
クレジットカードのキャッシング機能を利用する際には「ATMを使った借り入れ」が一般的ですが、オリコカードのキャッシングに限っては、早い時間帯の申込みで即日振込での借り入れも可能です。

8位 ビアイジ

ビアイジ

金利 15.0~20.0%
限度額 100万円
審査 最短60分
振込 最短即日

ビアイジと聞いても、あまり馴染みのない方がほとんどでしょう。

ビアイジは、京都に本社を構える中小消費者金融。中小消費者金融ではあるものの、即日振込対応のキャッシングで、専業主婦の借り入れにも対応しています。

金利が少し高めで、最高限度額も低めですが、その分大手キャッシングより審査が甘いことが予想されます。審査に通らないとお嘆きの方におすすめのキャッシングです。

9位 キャッシングのエニー

キャッシングエニー

金利 5.0~20.0%
限度額 100万円
審査 最短30分
振込 最短即日

キャッシングエニーも、上野に本店を構える通称「街金」ですが、借りやすい設定が凝らされたキャッシングを用意しています。

「キャッシングエニーの審査は早くて、甘い」と評判で、即日振込に対応した「1dayダイレクト」というキャッシング商品で10万円以下の借り入れを行った場合、「審査通過率は100%。ブラックでも審査に通る」なんて言われているほどです。

大手消費者金融や銀行のキャッシング審査に通らないとお悩みのあなたも、キャッシングエニーの審査なら通る確率が十分あるのです。

10位 ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

金利 2.5~18.0%
限度額 1000万円
審査 最短即日
振込 最短即日

ジャパンネット銀行ネットキャッシングも優秀な即日振込対応キャッシングです。ネット銀行の最高限度額が高い、使いやすく信頼度も抜群のキャッシングですが、即日振込の条件が「ジャパンネット銀行に口座を持っている事」というのが難点です。
しかしジャパンネット銀行に口座さえあれば、初回借入で30日間の無利息期間もつく、お得な銀行キャッシングが利用可能となります。Webからの申込ならば24時間365日対応可能です。

 

即日振込を受ける時の注意点

さて、即日振込でお金を借り入れたいと思ったとしても、その前にいくつか注意点に気を払っておく必要があります。

振込の時間に注意

もしあなたが借り入れに利用するカードローンが、「リアルタイム融資」に対応していないとしたら、振込融資を受ける「振込時間」に注意せねばなりません。即日振込に対応した銀行カードローンは、銀行の営業していない土日祝日の振込融資に対応していないからです。

土日など自分の好きなタイミングで融資を受けたいと感じた方はぜひ、「リアルタイム融資」対応のカードローンを利用するようにしてください。

審査に落ちてしまわないように注意

即日振込で借り入れる前に、審査に落ちてしまっては意味がありません。しっかりと目当ての消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちないための「審査対策」を行っておく必要があるのです。

借り入れに急いでいても申し込むキャッシングは一件に絞る

急いでいる人にありがちなのが、「手当たり次第にキャッシング申し込みを行う」というもの。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの意気なのはわかりますが、短期間に複数のキャッシング申し込みを行うと、審査を行う会社から「返済能力が低い」と判断されます。お金に困っていない人なら、余裕持って一件に絞った申し込みを行うはずだと思っているからです。

お金と時間に困っていたとしても、余裕を持って一件に絞った申し込みを行うようにしてください。

申込情報の間違いは無くしておきましょう

審査申し込み情報で誤りがあった時点で、キャッシング審査に落ちてしまいます。

申込み情報は、提出書類と同じ「正確な情報を入力すること」をくれぐれも心がけておいてください。

キャッシング以外の即日振込ってどうなの?

即日振込でお金を手にするには、即日振込対応のキャッシングを利用する以外の方法があります。

例えば、クレジットカードの現金化、携帯電話料金の現金化、などです。

しかし、こうした何かの料金を「現金化」するのは、法的にグレーなやり方です。そして同時に、クレジットカード利用規約や、携帯電話利用規約で考えると、ほとんどアウトな事が多いです。

不穏な空気の漂う「即日振込」の類はなるべく利用しないようにしましょう。安全な会社のキャッシングを利用して即日振込でお金を借り入れるのが一番です。

給与が即日振込で支払われるバイトならおすすめです

安全な即日振込は、キャッシング以外にもあります。それが、給与が即日振込されるアルバイトです。

アルバイト給与は、当然働いて得られる正当な対価なので、誰にも怒られることはありません。とはいえ、即日振込でお金を手に入れたい方の多くは、お金の用意に焦っている方も多いはず。アルバイトは、それなりに時間の猶予が残されている方にしか選べない選択肢ですね。

管理人の即日振込体験記

私が実際にプロミスから即日振込でお金を借り入れた際の体験談をここに書いておきます。

ちなみに私は、都内在住の20代後半男、カードローン借入件数1件です。過去返済遅延は無いので、プロミスの審査なら問題なく通る自信があります。(笑)

11:10 Web申し込み

11:10自分のPCからプロミスの公式サイトにアクセスし、Web申し込みを行います。

プロミスはWEB申し込みで、入力項目が少なく電話申し込みと併用して行う「カンタン入力」とすべてWEB入力を行う「フル入力」がありますが、フル入力のほうが時間がかからないので「フル入力」を選択。
プロミス申し込み

11:15 個人情報入力完了

フル入力の入力フォームを埋めていきます。

氏名から家族構成まで、細かく入力していきます。他の銀行カードローンなど、もっと少ない入力項目で済むキャッシングもあるなか、プロミスは結構質問事項が多めですね。

後半の方にある「ご契約方法の選択」で、忘れないように「Web」を選択。これを来店にしてしまうと、プロミスから即日振込で借り入れることができなくなってしまいます。
振込希望

11:15~ 審査が行われる

入力情報に沿ってプロミスが審査を行います。

プロミスの審査は「即日審査」が自慢ですし、今回は希望借入額を「10万円」としたので、審査もスムーズに進むはずなのですが果たして…。

ちなみにプロミスの審査は、在籍確認前の本人確認は行われません。実際、プロミスからの在籍確認があったようで、「知らない人から電話があった」と同僚から伝言を受けました。私はその時席を外していましたが、プロミスは私が会社に在籍していることを確認次第、在籍確認を取ったと判断するはずです。つまり、審査はクリアですね。思った以上に早かったです。

12:40 審査回答メール受信

プロミスから審査に通ったという連絡、そして希望額10万円を指定の口座に振り込んだ連絡が届きました。

ここまで早い審査と振込が行われたのは、今日が「平日」だったこと、プロミスの申し込みが混み合ってなかったことなどが要因でしょうか。

12:45 振込確認

ネットから10万円振り込まれているのを確認。

プロミスの振込キャッシングは本当に早いですね。申し込み時間を考えると、「即日振込」どころか、「1時間30分振込」です。優秀ですね。

まとめ

即日融資と即日振込は、広義の意味で大きな違いこそありませんが、細分化して考えることは可能です。

ネット上の手続きのみで融資を即日受けられる「即日振込」がご希望の方は、即日振込に対応した、消費者金融や銀行カードローンを調べてみてください。

最近はネットキャッシングに強いカードローンの種類がとても多くなってします。即日振込に対応したカードローンを見つけるのも、大した苦労はしないはず。