アコムの審査に落ちる人の特徴!どうしてアコムの審査に落ちてしまうのか

更新日:

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員となっている消費者金融です。

「はじめての、アコム」というフレーズは誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

アコムを利用するためには、アコムの審査を通過する必要があります。

その審査で落ちてしまうと、アコムでお金を借り入れすることができないのです。

これからアコムを利用しようと考えているなら、確実に審査に通過したいですよね。

アコムの審査に通過するためには、どのような審査があり、どのような情報が審査されるのか、どのような人が審査落ちしてしまうのかを知っておくと、審査に落ちる可能性を低くすることができます。

この記事では、アコムの審査について、どのような人が審査に落ちてしまうのかなどを解説していきます。

これからアコムの審査を受けようと思っている人には役に立つ情報なので、最後まで読んでくださいね。

アコムのカードローン基本情報。

金利や借り入れ限度額など

まずはアコムのカードローンについて、基本情報を解説していきます。

アコムはプロミスと並び、消費者金融業者の中ではトップクラスの人気を誇るカードローンです。

実質年率は3.0%〜18.0%で、借り入れ限度額は1万円〜最大800万円まで。

審査基準を満たす人であれば、すごく簡単にアコムでの契約ができ借り入れすることができます。

そんなアコムが人気の大きな特徴は次の3つ。

  • 審査が最短30分で終了。
  • 業界トップクラスの審査スピードで即日融資が可能
  • 30日間金利0円サービス

ひとつずつ見ていきましょう。

アコムの特徴①最短30分で審査終了。

業界トップクラスの審査スピードで即日融資が可能

アコムの大きな特徴として、その審査の早さがあります。

1978年に創業したアコムは老舗の消費者金融です。

その長年の経験があり、アコムは最短30分で審査が完了するという業界トップクラスの審査スピードを誇ります。

お金に困っているときというのはだいたい緊急性が高いときで、審査に時間がかかるというのは貸金業にとっては大きなデメリットです。

しかしアコムは最短でたったの30分審査結果を確認することができます。

審査完了してからの手続きを含めても最短1時間で契約を完了することができ、即日融資が可能なのです。

もちろん、いつ申し込みをしても即日融資ができるというわけではありません。

ATMで借り入れをするならカードの発行を店舗営業時間までに完了させる必要があり、振込で借り入れをするなら振込可能時間帯を把握しておかなければならないので注意しましょう。

アコムの特徴②30日間金利0円サービス

アコムの大きな特徴2つ目は「30日間金利0円サービス」というサービスをしていること。

このサービスは契約日の翌日から30日間は金利が0円で済みます。

つまり30日の間に全額返済してしまえば、金利が一切かからないというものです。

アコムをはじめとする貸金業者は、その利益を金利によって得ています。

最初の1ヶ月だけであれば元金だけの返済でいいというのは、貸金業にとって利益を得る機会を減らしているということなのです。

このようなことができるのは、長年貸金業をしてきて十分な安定性を誇っているアコムだからこそできるのかもしれませんね。

なお30日後にまだ借り入れ金が残っていたら、その分だけに金利が発生する仕組みとなっています。

つまり少しでも最初の30日以内に返済しておいた方がおトクだということですね。

ちなみに、このサービスを利用できるのはアコムを初めて利用する人のみ。

過去にアコムを使っていた人は利用できません。

アコムの申し込み基準は「安定した収入がある20歳以上の人」

前の章では、アコムの基本情報について解説しました。

そもそも、アコムの申し込みには基準があることを知っていますか?
アコムのホームページには、こう書かれています。

「契約の基準は、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方です。」

アコムが定める「安定した収入」とは、「毎月収入がある」もしくは「定期的に大きい額の収入がある」のこと。

安定した収入であれば、会社員やアルバイトが得る給与所得だけでなく、事業所得、不動産など投資による所得でも問題ありません。

しかし、年金や生活保護などは収入と見なされないので注意しましょう。

また、アコムは収入がない専業主婦(夫)の申し込みはできません。

他のカードローンでは配偶者に収入があれば申し込みできる「配偶者貸付」を実施する業者もあります。

しかしアコムでは配偶者貸付を行っていないため、少しでも収入がないといけません。

アコムの審査では「信用情報」と「属性情報」が見られている

前の章では、アコムの申し込み基準について解説しました。

アコムにはホームページにある基準以外にも、一般的にカードローンの審査ではこのような審査項目があります。

  • 属性情報
  • 信用情報

これらの基準はアコムのホームページに記載はありませんが、審査では見られている情報とされています。

1つずつ見ていきましょう。

アコムの審査項目①属性情報

属性情報とは、アコムに申し込みをした人の個人情報のことを指します。

具体的には以下のような情報です。

  • 名前
  • 年齢
  • 住所
  • 職業
  • 勤務先
  • 年収
  • 役職
  • 勤続年数
  • 会社の規模
  • 雇用形態
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 毎月の家賃や住宅ローン支払い額
  • 家族構成
  • 他社借り入れ状況

これらの情報は項目ごとに点数がつけられ、その合計点で貸し付け可能かどうか判断されます。

例えば「年収が300万円だと3点」といったように採点されていくのです。

この審査方法を「スコアリング」と呼びます。

アコムでは毎日1,000人程度の審査を受けているため、とても人の手でこれを採点するのは時間も人手も足りません。

そのため属性情報についてはシステムによって採点され、機会的に審査結果を出しています。

アコムではどのような配点になっているかは不明ですが、このような採点方法を取っています。

アコムの審査項目②信用情報

アコムの審査では、属性情報と同様に信用情報もチェックされています。

信用情報とは、過去にあったお金の借り入れに延滞などのトラブルがなかったかどうかの情報のことです。

この信用情報を確認する方法は、加盟している信用情報機関へ情報照会することで確認できます。

日本では次の3つの信用情報機関があります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • CIC

KSCはその名の通り、銀行関係の金融機関が加盟し、JICCは消費者金融が、CICはクレジットカード会社が加盟します。

アコムはJICCとCCに加盟しており、アコム申し込み者が消費者金融やクレジットカードで金融トラブルを起こした経験がないかチェックできるのです。

この信用情報は、記録から5年間は情報が残ります。

つまり前回のトラブルから5年以上経っていれば、信用情報に傷が残っていない可能性があり、借り入れが可能になるかもしれません。

アコム審査の流れを解説

前の章では、アコムの審査ではどのような情報が見られているのかを解説しました。

見られている情報が分かっても、それだけではアコムの審査を確実に通過できるとは限りません。

アコムの審査の流れについて知っておくと、より審査通過確率を上げることができます。

この章では、アコムの審査の流れについて見ていきましょう。

アコムの審査は大きく分けて次のような流れになります。

  • 申し込み
  • 審査
  • 契約

ひとつずつ見ていきましょう。

アコム審査の流れ①申し込み

まずはアコムの申し込みからです。

申し込みでは上の「アコムの審査項目①属性情報」で解説したように、個人の情報を入力していきます。

このとき、勤務先の情報は正確に記入しましょう。

アコムには5通りの申し込み方法がある

ところで、アコムには申し込み方法が4つあるのをご存知でしょうか。

  • 有人店舗で申し込み
  • 自動契約機「むじんくん」で申し込み
  • 電話で申し込み
  • ネットで申し込み
  • 郵送・FAXで申し込み

申し込み方法によってそれぞれメリット・デメリットがあり、自分に合った申し込み方法を選択することが重要です。

こちらも細かく解説していきます。

アコムの申し込み方法①有人店舗から申し込み

アコムには有人店舗があり、そちらから申し込みをすることができます。

有人店舗で申し込むことのメリットは、申し込み時の不安を解消できるということ。

その名の通り有人店舗では受付スタッフが申し込みの対応をしてくれるのですが、そのタイミングで質問や不安なことがあれば全て答えてくれます。

また有人店舗では申し込みから契約まで全てを完結させることができます。

「初めてお金を借りるけど、何も分からなくて不安だ…」という人には有人店舗で申し込みするのはオススメです。

しかし、アコムの有人店舗は全国に22箇所のみ。

県によっては有人店舗がないところもあります。

営業時間も平日9:30から18:00までで、土日祝は空いていません。

開いている時間や場所が限られており、仕事が忙しいという人にはとても使いづらいというデメリットもあります。

アコムの申し込み方法②自動契約機「むじんくん」で申し込み

アコムの申し込み方法の2つ目が、自動契約機「むじんくん」で申し込みをする方法です。

有人店舗は店舗数やに限りがあり、また営業時間もそんなに長くありません。

しかし「むじんくん」は全国に1,000箇所以上もあるほか、営業時間は年中無休の8:00〜22:00までとかなり長い時間開いているのです。

「むじんくん」はその名の通り、受付をしてくれるスタッフはおらず、すべての手続きを機械で行います。

中には「お金を借りる申し込みを誰にも見られたくない…」と思う人もいるでしょう。

そのような人には「むじんくん」で申し込みする方法もあります。

人がいないからと言って、完全に人の目がない訳ではありません。

「むじんくん」の中にはカメラが付いており、申込者の状況を確認できるようになっているのです。

またオペレーターと繋がる電話も付いているので、不安なことや疑問があれば答えてくれます。

アコムの無人契約機「むじんくん」でカードローン契約を進める方法と流れ

アコムの申し込み方法③電話で申し込み

アコムでは店舗での申し込み以外にも、電話で申し込みをすることができます。

番号は「0120-07-1000」で、24時間いつでも受付をしているので忙しい人でも申し込み可能です。

この番号にかけると、最初はガイダンスが流れます。

そしてガイダンスに従って進んでいくとオペレーターに繋がり、申し込みの手続きに入るという流れです。

申し込みが終わると一度電話を切り、審査結果の電話が入るまで待ちましょう。

このとき、申し込みをする時間が18時以降だと翌営業日に審査結果が出ます。

審査に通過すると、店舗で契約をするか書類やカードを郵送するかどちらか選択できます。

このとき、家族にアコムの申し込みをしたことがバレたくないという人は、店舗で契約するのがおすすめです。

有人店舗はもちろん、「むじんくん」でも同様に契約手続きのみを行うことができます。

アコムの申し込み方法④ネットで申し込み

アコムではWebサイトで申し込みをすることも可能です。

電話と同じく、24時間いつでも申し込み可能なので忙しい人にとっては便利ですね。

申し込みをすると、審査結果はメールまたは電話で通知されます。

ネットで申し込みも電話と同様に、契約手続きは店舗か郵送かを選択可能です。

一人暮らしの人など家族にバレる心配がないという人は、郵送だと店舗に行かずとも全て完結できます。

家から出ることなく申し込みから契約まで行うことができるので、電話と並んで外に出たくない人にとってはおすすめの方法です。

アコムの申し込み方法⑤郵送で申し込み

アコムは郵送でも申し込みは可能です。

その場合は書類請求のため、「0120-07-1000」まで電話しましょう。

「ACサービスセンター」という名前で書類が郵送されます。

申し込み書類を全て記入し、本人確認書類のコピーが準備できたら2つを併せて返送しましょう。

場合によっては収入証明書の提出が必要になります。

その後、審査結果が電話で通知されますが、このとき、「アコム」とは名乗らず担当者の個人名で電話がかかってきます。

アコム審査の流れ②審査

申し込みをすると、アコム側で審査が行われます。

審査は大きく分けて次の3つ。

  • 属性情報審査
  • 信用情報審査
  • 在籍確認

このうち属性情報と信用情報については、「アコムの審査では「信用情報」と「属性情報」が見られている」の章で解説しているので参照ください。

ここでは残りの「在籍確認」について見ていきましょう。

アコムの審査「在籍確認」とは

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に本当に勤めているか、アコムの担当者が電話で確認を取ることです。

在籍確認と聞くと、「アコムから電話が入ると、申し込みしたことがバレる!」と焦る人もいるでしょう。

しかし、勤務先には「アコム」という名前で電話をかけることはありません。

個人名で電話がかかってくるので、勤務先にアコムの申し込みをしたことはバレないので安心です。

このとき注意しておきたいのが、職場の人が全員営業などで誰もいないことが多いというとき。

在籍確認では申込者がその職場に在籍しているかの確認を取ることが重要で、電話に誰も出ないと在籍確認ができたということになりません。

このような場合、電話に申込者本人が出ても問題はないので、誰もいないことが多い職場の場合は自分で出れるようにしましょう。

場合によっては在籍確認が入らないこともあるようなのですが、基本的には電話が入ると思っておいたほうがよいです。

アコム審査の流れ③契約

審査が終わり、「この人にお金を貸しても問題なく返済できる」と判断されれば、アコムの審査を通過して契約することができます。

ここまでの内容をアコムでは30分程度で終わらせることができるというのは驚きですね。

アコムの審査は甘いのか厳しいのか

前の章では、アコム審査の流れを解説しました。

審査の難易度はカードローン会社によって異なるのですが、アコムの審査は厳しいのでしょうか。

結論から言うと、「アコムの審査は他社と比べて甘いわけではない」ということになります。

アコムの成約率(審査通過率)は2017年から2018年の情報では、他の消費者金融と大差はないものの一番の高さを誇っておりました。

しかしアコムの成約率が高い理由は、知名度や初回利用者限定サービスが充実していることにあります。

これまでカードローンや消費者金融を使ったことがない人が最初に利用するのがアコムであることが多いのです。

これまでお金を借りたことがない人というのは、信用情報に全く傷がない人が多く、審査に通過しやすくなります。

このような実情からアコムの成約率が高いのですが、特別審査が甘いというわけではありません。

アコムの審査に落ちる理由5つ

前の章では、アコムの審査は甘いのか厳しいのかについて解説しました。

確かにアコムの成約率は、会社情報にもある通り高いです。

しかし、もちろんながらアコムの審査に落ちてしまう人も存在しており、決して甘いというわけではありません。

そこでこの章では、アコムの審査に落ちてしまう理由を解説していきます。

アコムの審査に落ちてしまう理由は大きく次の5つ。

  • 申し込み時に嘘の情報を記入する
  • 収入が不安定である
  • 他社からの借り入れ金額・借り入れ件数が多い
  • 短期間でいくつかのカードローンや消費者金融に申し込みをしている
  • 信用情報に問題がある・過去にアコムで返済トラブルを起こしている

ひとつずつ見ていきましょう。

アコムの審査に落ちる理由①申し込み時に嘘の情報を記入する

これまで解説したように、アコムを利用するためには審査に通過する必要があります。

このときに記入する個人情報に嘘の情報を記入すると、審査に落ちてしまうことがあるのです。

特に勤務先の情報で、嘘の勤務先を申告してしまうと在籍確認でバレてしまう可能性が高いです。

嘘の情報を記入する人を信用しようとは思えないですよね。

また他社からの借り入れ情報についても、実際に借りている金額より少なく記入してしまうのは審査落ちの原因になります。

他社借り入れ状況はデータベースを照会すればすぐに分かるので、嘘はつけません。

また嘘でなくても、情報を誤って記入してしまって審査落ちしてしまうこともあります。

そのため情報の記入時には、嘘や誤りがないように注意しましょう。

アコムの審査に落ちる理由②収入が不安定である

アコムの申し込み条件に「安定した収入があること」とあるように、収入が不安定だと審査に落ちてしまう可能性が高いです。

安定した収入がないというのは、借りたお金を返してくれない可能性が高いということ。

そのような人には誰もお金を貸したくはありませんよね。

正社員はもちろん収入が安定していると見なされますが、それ以外にもパート・アルバイトでもきちんと収入があればアコムの審査を通過することは可能です。

ですが、収入が高ければいいというものではありません。

このとき勤続年数も同様に見られています。

転職を繰り返している人は安定しているとは言えないので、アコムの審査落ちしてしまう可能性があります。

また個人事業主は毎月の収入が不安定なことが多いためどうしてもこのような審査には弱く、通過するのは難しいとされています。

アコムの審査に落ちる理由③他社からの借り入れ金額・借り入れ件数が多い

アコムの審査では、他社からの借り入れが多いと落ちてしまう可能性が高いです。

アコムをはじめとする消費者金融では「総量規制」という法律があり、利用者の1/3を超える金額を貸し付けしてはいけないのです。

そのため、既に年収の1/3を超える金額を借りている人はアコムの審査は通らないと言えます。

また金額だけではなく、何社も借り入れしていると審査落ちの対象になりやすいです。

たとえば5万円ずつでも、4社5社から借り入れしているのは「この人はお金に困っているのかな?」と判断され、アコムの審査を通過するのが難しくなります。

アコムの審査に落ちる理由④短期間でいくつかのカードローンや消費者金融に申し込みをしている

現在カードローンや消費者金融から借り入れしていなくても、同時期あるいは短期間でアコム以外の会社に借り入れ申し込みしていると審査に落ちやすくなります。

信用情報には、借り入れの状況だけでなく申し込みをした履歴も記録されます。

そこで短期間内に何社も申し込みをしていると、かなりお金に困っていると判断され、アコムの審査落ちになってしまう可能性が高くなるのです。

そのため、複数の会社に申し込みをするならば3ヶ月や半年など、期間を空けて申し込みをするとよいでしょう。

またなるべく現在の借り入れ状況から判断した、審査に通過できる可能性が高い会社を選択したほうがよいです。

アコムの審査に落ちる理由⑥信用情報に問題がある・過去にアコムで返済トラブルを起こしている

これまで解説したように、アコムの審査では信用情報をチェックされています。

このとき、過去に返済トラブルを起こしていると審査落ちの可能性が高くなるのです。

返済トラブルとは2〜3ヶ月の長期延滞だけではなく、任意整理や個人再生などの債務整理を行ったという履歴も含みます。

この情報は5年程度は消えず、情報が残っている間に借り入れ申し込みをするのはかなりの確率で審査に落ちてしまうでしょう。

また信用情報はある程度期間が経てば消えますが、アコムで過去に問題を起こしてしまった人はアコムの審査に二度と通過できないと見ていいでしょう。

アコムでの返済トラブルは半永久的に保存され、社内ブラックと呼ばれる状態になります。

そのような人はアコムではない他社に申し込みをしたほうがよいです。

アコム審査に落ちたら申し込むべき消費者金融

アコムの審査基準をクリアできず、残念ながらアコムの審査に落ちてしまう人もいるでしょう。

アコムの審査に落ちて、アコムからお金を借り入れることができないということは、まだあなたは金欠のままのはず。

その場合は、別の消費者金融審査に申し込んで、他消費者金融からの借入を行ってください。

具体的にどの消費者金融へ申し込めばいいか、具体名を紹介します。

プロミス

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

アコムの審査に落ちたら、次はプロミスの審査に申し込んでみましょう。

プロミスの審査も、決して甘いわけではないですが、アコムとは違う独自の基準が組まれているのでチャレンジしてみる価値はあります。

プロミスは申し込んだ当日即日融資を受けやすいので、借りやすくておすすめです。
プロミスの審査は甘い?審査基準を徹底解説!

アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

アイフルは、他の大手消費者金融と違い銀行から支援を受けない「独立型の消費者金融」です。

そのため、他の大手消費者金融とは違う審査基準での審査を受けられるので、審査通過もあり得るということです。

どんな人がアイフルの審査に落ちるのか?審査に落ちたらどうする?

ダイレクトワン

ダイレクトワン

金利 4.9~20.0%
限度額 最大300万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

アコムの審査に落ちたらダイレクトワンの審査に申し込むべき理由はいくつかあります。

まず、「知名度が低い」こと。

知名度が低いと申込件数が少なくなるので、ダイレクトワンも審査基準を緩めざるを得なくなります。

そして、金利設定が高めに設定されていること。

金利が高いということで、消費者金融は「多くの利息を請求して貸し倒れに備えている」のです。

つまり、返済能力がそれほど高くない人でも審査に通るということ。

はっきり言って、他の消費者金融よりダイレクトワンの審査は甘いです。

ダイレクトワンの審査は甘いのか?審査に落ちる人の特徴は?保証会社も確認

アコムの審査に通るか気になる人はまず「3秒診断」を!

この記事では、アコムの審査の流れや審査に落ちてしまう人について解説しました。

アコムの審査に通過できるかどうか不安な人は、ぜひ「3秒診断」を利用してみましょう。

これは次の3つの情報を入力するだけで、アコムで借り入れできるかどうかの軽い審査をしてくれます。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借り入れ状況

ここで「お借り入れできる可能性が高いです」と表示されれば、アコムの申し込みをしてもよいでしょう。

しかし3秒診断でそのような表示が出たからと言って、必ず審査に通過できるわけではないので注意が必要です。

またこの診断で「借り入れは難しい」という内容が表示された場合、必ずではありませんがアコムの審査に通過できる確率は低いと言えます。

その場合は他社に申し込みするのも検討してみましょう。