アイフルのATM利用手数料と利用が可能なコンビニATMについて

公開日:

アイフルの返済はコンビニATMからもできるので、とても便利に感じる人は多いと思います。

コンビニATMで借り入れ・返済ができれば、わざわざアイフルATMまで行く必要もありませんからね。

しかしコンビニATMを利用した借り入れ・返済は、手数料がかかる点がデメリット。

1回あたり100円、200円程度と考えていても、最終的にかなり大きな金額になってしまうこともあります。

こちらの記事では、アイフルのATM利用手数料と利用可能なコンビニATMについて徹底解説。

アイフルを利用するとき、できるだけ効率的な返済方法について解説していきます。

アイフルが利用できるATM

ますはアイフルが利用できるATMについて解説していきます。

アイフルを利用できるATMは

  • アイフル本社が運営しているアイフルATM
  • アイフルと提携しているATM(コンビニ・銀行など)

の2種類があります。

それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

無人契約機と併設されているアイフルATM

まずはアイフル本社が運営しているアイフルATMです。

アイフルATMは自動契約機と併設されていることが多いです。

これは自動契約機で契約した後、すぐにお金を借りられるようにするため。

アイフルとしてもお金を借りてもらわないと商売にならないので、契約後はすぐにお金を借りる体制を整えておかなければなりません。

そのため自動契約機にはアイフルATMが併設されており、そこにアイフルカードを挿入すると借り入れと返済が可能。

手数料もかからないので、とても便利な存在です。

アイフルATMは全国約500ヵ所に設置されており、アイフルのホームページから検索可能。

自宅近くにアイフルATMがあるのであれば、活用していきたいところですね。

アイフルが利用できるコンビニATM

またアイフルはコンビニ・銀行と提携しており、提携しているATMではアイフルカードの利用が可能。

提携しているコンビニ・銀行は以下の通り

借り入れ・返済ともに可能な提携ATM 借り入れのみ可能な提携ATM 返済のみ可能な提携ATM
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
イーネットATM(ファミリーマート、サークルKサンクスなどに設置)
イオン銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM
西日本シティ銀行ATM
親和銀行ATM
福岡銀行ATM
熊本銀行ATM
ファミポート
ロッピー

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートで返済ができるので、不便に感じることはまずないでしょう。

コンビニATMは手数料がかかる点が注意点

しかしコンビニATM(ファミポート・ロッピー含む)を利用したとき、手数料がかかる点は注意しなければなりません。

提携ATMを利用した時にかかる手数料は以下のとおりです。

取引金額 入金時 出金時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

入金は返済、出金は借り入れのことを示しているので、借り入れや返済をするたびに手数料がかかるということですね。

アイフルATMを利用したときは手数料がかからないので、これは少しデメリットですね。

コンビニATMを利用したときにかかる手数料について

コンビニATMを利用した場合、手数料がかかることはおわかりいただけたかと思います。

ただ手数料といっても100円~200円程度だから、あまり気にならないと思うかもしれません。

しかしその考え方は大間違い。

コンビニATMを利用すると、手数料は想像以上に膨れ上がってしまいます。

ここからはコンビニATMを利用したときにかかる手数料について詳しく解説していきます。

毎回コンビニ手数料を支払ったとしたときの手数料シミュレーション

コンビニ手数料は少額ですが、計算してみるととんでもない金額になります。

たとえばアイフルで1万円を借りて金利が18%だとします。

この場合毎月かかる金利は、1万円×18%÷365日×30日=147.9・・・円
1円以下は切り捨てなので、毎月147円の金利がかかることになりますね。

しかしコンビニATMを利用すると、借り入れ時に108円という金利と変わらないほどの金額の手数料を支払わなければなりません。

金額が少なくなると比率は小さくなりますが、その分返済回数が多くなります。

たとえば毎月15,000円の返済を2年して完済した場合、すべてコンビニATMで返済すると216円×24回=5,184円の手数料がかかりますね。

5,000円以上の手数料を金利とは別に支払っていると考えると、コンビニATMの手数料を支払うのはかなり無駄だということがわかると思います。

手数料はしっかり計算しないと、かなり損をすることになりますよ。

アプリを利用するとコンビニATMを利用しがちになるので注意

コンビニATMを利用すると手数料がばかにならない点はおわかりいただけたかと思いますが、便利なのでついつい使ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

特に2018年5月にリリースされたアイフルアプリを利用している人は、コンビニATMを利用しがちなので注意が必要です。

アイフルアプリを利用すると、アイフルカードなしでアイフルと契約できます。

アイフルカードを他の人に見られてしまうと、アイフルを使っていることがばれることがあるので、アイフルアプリがとても便利な存在であることは間違いありません。

アイフルアプリではQRコードを発行し、それをセブン銀行ATMにかざして取引するのですが、このときも手数料は発生します。

とても便利な存在であるがゆえに、毎回コンビニATMで返済するクセがついてしまう可能性があるということですね。

アイフルアプリを利用している場合でも、極力手数料をおさえることはできますので、しっかり考えて行動することが大切です。

コンビニATMの利用はできるだけ控えることが大切

このようにコンビニATMは便利がゆえに、どうしても使いたくなってしまいます。

しかし手数料のことを考えると、コンビニATMの利用をできるだけ控えることが大切。

塵も積もれば山となるではないですが、毎回コンビニ手数料を支払うのであれば、その分を返済に充てた方が絶対にいいです。

手数料・金利を抑えるためにできる努力

ここまでコンビニATMを利用すると、手数料がかかってしまうことを解説してきました。

では近所にアイフルATMがない人は、コンビニATMを利用しなければならないのでしょうか。

結論から言うとそんなことはなく、近所にアイフルATMがなくても手数料の節約は可能です。

ここからは手数料や金利を極力抑えて、早く完済するための方法について解説していきます。

借り入れは銀行振り込み・返済は口座振替でおこなう

コンビニATMでの手数料を支払わないためには、コンビニATMを利用しないこと。

近所にアイフルATMがある人はアイフルATMを利用してもいいと思いますが、そうでない場合銀行振り込みや口座振替を利用しましょう。

銀行振り込みは平日14時10分以降に手続きした場合、翌営業日の振り込みになるという点がデメリットですが、銀行の振込手数料はアイフル負担です。

アイフルアプリを利用して契約した場合でも、銀行振り込みによる借り入れは可能なので、できれば利用したいですね。

また返済時は口座振替による返済をオススメします。

口座振替の登録をしておくと、毎月登録した銀行口座からお金が引き落とされます。

このとき手数料はかからないですし、返済をうっかり忘れてしまうこともありません。

そのため返済は口座振替の設定をしておくことをオススメします。

借り入れは1回だけのことも多いですが、返済は毎月しなければなりません。

ATMから返済をしているという人は、今すぐ口座振替に設定をしましょう。

約定返済額の返済だけでなく随時返済も利用する

手数料がかからないことでオススメの口座振替ですが、1点だけ注意点があるとすれば毎月約定返済額しか返済できない点です。

毎月約定返済額を返済していれば問題はないのですが、返済まで数年かかってしまいます。

もちろんそれで返済できれば信用情報が傷つくなどのデメリットはありませんが、数年にわたって金利を支払うことになりますね。

金利の支払いはできるだけ少なくした方がいいので、口座振替を利用している人も約定返済額以外に随時返済を利用しましょう。

随時返済は約定返済額以外にプラスアルファで返済すること。

随時返済を意識しておこなえば、返済までのスピードを一気に早められます。

約定返済額だけでなく、随時返済も利用することを意識しておきましょう。

1日でも早く返済する意識をもつ

またこちらは精神的な話になりますが、カードローンを利用している人は1日でも早く返済する意識をもちましょう。

カードローンを長期的に利用していると、ローン用カードとキャッシュカードの区別がつかなくなります。

どちらもATMに挿入すれば現金が出てくるので、自分のお金と錯覚してしまうのですよね。

カードローンを利用したことがない人にはわからない感覚だと思いますが、カードローンを多数利用経験がある筆者はこの感覚に何度も陥りました。

こうなってしまうとカードローンを利用することが怖くなくなり、気づくと借金が積み重なっていきます。

そして気づいた時にはカードローンの利用額いっぱいまで借金、当然貯金もないのでどうすればいいのかわからない状態になってしまいます。

このような状態になると債務整理や自己破産しか残されておらず、最悪の場合命を絶ってしまう人もいます。

幸い筆者は周りの人の助けもあって復活しましたが、今なお借金に苦しんでいる人はたくさんいます。

カードローンは上手く使えばとても便利ですが、使い方を間違えると人生を狂わせてしまうこともあります。

カードローンを利用している人は、1日でも早く返済する意識をもちましょう。

アイフルATMを活用しよう

ここまでアイフルのATM事情について解説してきました。

コンビニATMはたしかに便利ですが、手数料がかかってしまうので頻繁に使うことはオススメできません。

アイフルATMを利用する、口座振替を利用するなどさまざまな対策はできますので、手数料はできるだけ払わない意識をもちましょう。