アイフルのおまとめローン基本情報とおまとめローン審査基準

公開日:

「複数社から借金をしているのだけど返済の負担を少しでも軽くしたい」
「どこの会社のおまとめローンを利用しようか悩んでいる」
こちらの記事では、そんな人に向けてアイフルのおまとめローンについて解説していきます。

おまとめローンとは複数社の借金を1社にまとめるローンのことで、利用した結果金利や月々の返済額が下がります。

その中でもアイフルのおまとめローンは比較的審査に合格しやすく、使いやすいおまとめローンです。

少しでも借金の負担を減らしたい、いいおまとめローンを探しているという人はぜひ参考にしてみてください。

プロミスのおまとめローンってどうなの?審査は厳しい?

アイフルのおまとめローン基本情報

まずはアイフルのおまとめローン基本情報をまとめていきます。

アイフルのおまとめローンには、おまとめMAXとかりかえMAXという2種類があります。

この2つの特徴・違いはどのようなところにあるのでしょうか。

おまとめMAXの基本情報

まずはおまとめMAXの基本情報から紹介していきます。

貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
資金使途 当社および他社借入金の借換え
貸付利率 3.0%~17.5%
遅延損害金 20.0%
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
必要書類 原則として、
他社借入条件等の確認ができる書類
本人確認書類
源泉徴収票等収入を証明する書類

かりかえMAXの基本情報

一方かりかえMAXの基本情報は以下のようになっています。

貸付対象者 当社を初めてご利用される方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
資金使途 他社借入金の借換えのみ
貸付利率 3.0%~17.5%
遅延損害金 20.0%
返済期間及び返済回数 最長10年(120回)
必要書類 原則として、
他社借入条件等の確認ができる書類
本人確認書類
源泉徴収票等収入を証明する書類

おまとめMAXとかりかえMAXの違い

おまとめMAXとかりかえMAXの基本情報を見ていただきましたが、パッと見あまり違いがないように思います。

違いがあるのは次の2点。

貸付対象者の欄に、かりかえMAXは「当社を初めてご利用される方」という記載があること。

資金使途の欄が、おまとめMAXは「当社および他社借入金の借換え」なのに対してかりかえMAXは「他社借入金の借換えのみ」。

つまりおまとめMAXはすでにアイフルを利用している人用のおまとめローンなのに対して、かりかえMAXは他社に借金がありアイフルを利用していない人用のおまとめローンということです。

カードローンの商品内容としては差がないので、自分がどちらの状況によってどちらに申し込めばいいかわかると思います。

アイフルのおまとめローンと通常カードローンの違い

アイフルのおまとめローン基本情報を紹介してきましたが、それでは通常カードローンとの違いは何なのでしょうか。

大まかな違いとしては借金をまとめるかそうでないかということですが、じつはそれ以外にも細かな違いがあります。

アイフルのおまとめローンと通常カードローンとの違いを解説していきます。

申し込み方法が来店もしくは郵送のみ

アイフルのおまとめローンと通常カードローンとの違い1つ目は、申し込み方法が来店もしくは郵送のみという点です。

来店というのも無人契約機ではなく全国25か所にある有人窓口のみ(有人窓口の検索はこちら
新潟県や長野県など有人窓口がない県もたくさんあるので、住んでいる地域によっては契約がかなり手間ですね。

郵送での契約も可能ですが、書類を送付する時間もあるのでその場合は1週間ほどの猶予を見ておきましょう。

ちなみに他の消費者金融の場合、プロミスなどでは無人契約機でもおまとめローンの契約が可能です。

この点においてはアイフルのおまとめローンの残念なポイントと言えるかもしれません。

収入証明書が必須

アイフルのおまとめローンと通常カードローンとの違い2つ目は、収入証明書が必須である点です。

アイフルのおまとめローンを利用する際用意しなければならないものは

  • 他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類

の3つ。

通常のカードローンの場合は、借入額が50万円以下かつ他社借入総額が100万円以下の場合原則収入証明書の提出は不要です。

しかしおまとめローンはカードローンの特性上、収入証明書を用意しなければなりません。

収入証明書としては

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

などが必要です。

源泉徴収票が手元にない場合、会社に再発行を依頼することになるので注意しましょう。

源泉徴収票の再発行について深く追求されることはないかもしれませんが、消費者金融の利用を疑われることはあります。

そうなった場合はクレジットカードを作成すると回答しましょう。

クレジットカードの作成であれば不審がられることもありませんし、作成に源泉徴収票が必要なことがあります。

おまとめローン利用時は収入証明書が必要になるので、しっかり用意しましょう。

追加融資ができない返済専用ローン

アイフルのおまとめローンと通常カードローンとの違い3つ目は、追加融資ができない返済専用ローンだということです。

通常のカードローンでは、融資枠が〇〇万円という形で決められてその中から自分の必要な分だけ融資が受けられます。

たとえば融資枠30万円の人であれば、そのうち10万円のみ借りるということが可能。

そして後日またお金が必要になったら、追加で20万円までであれば借りられるという仕組みです。

しかしアイフルのおまとめローンでは、こういった追加融資ができません。

複数社ある借金を1社にまとめるので、まとめた分以上に追加融資ができない仕組みになっています。

そのため現在融資枠が余っていても、借金をまとめたらその融資枠は利用できなくなるということ。

おまとめローンと契約したら完済までしっかり返済することが求められるので、その点はカードローンとの違いといえますね。

返済方法は口座振替のみ

アイフルのおまとめローンと通常カードローンとの違い4つ目は、返済方法が口座振替のみという点です。

カードローンの場合、返済方法としてATMからの返済なども選べますがおまとめローンの場合口座振替を設定しなければなりません。

これはおまとめローンが返済専用ローンということで、確実に返済を促すため口座振替と設定しているのでしょう。

ただし毎月の約定返済額以外の返済については、おまとめローンでもATMや銀行振込での返済は可能です。

毎月の約定返済額は必ず口座振替でおこない、繰り上げ返済をする場合はATMもしくは銀行振込。

返済は少しでも早く終わらせた方がいいので、併用して返済していくことをおすすめします。

アイフルのおまとめローンの審査基準

それではアイフルのおまとめローンでは、どのように審査がおこなわれ審査難易度はどのくらいなのでしょうか。

ここからはアイフルおまとめローンの審査について解説していきます。

通常のカードローンよりは審査難易度が上がる

まず一般的に通常のカードローンと比べると、おまとめローンの審査難易度はアップします。

それはおまとめローンの方が、借入金額が高くなることが多いためです。

通常のカードローンであれば借入希望金額が高い場合、借入限度額を低くして審査に合格されることがあります。

一方おまとめローンの場合、すでにある借金をまとめるローンのため総額はすでに決まっています。

借入限度額をアイフル側でコントロールできる通常カードローンに比べ、おまとめローンはコントロールできないので、審査も厳しくなりますね。

またおまとめローンは返済専用ローンで審査に合格したら、追加融資が受けられません。

つまり返済計画がしっかりできていないと、審査に合格させることが難しいということです。

そのためおまとめローンの審査難易度は、通常のカードローンより高いということを認識しておきましょう。

おまとめローンの中では審査は易しい方か

しかしアイフルのおまとめローンは、他のおまとめローンに比べると審査は易しい方だと予測されます。

理由はアイフルのおまとめローンは金利が3.0%~17.5%と比較的高いからです。

金利が高い点はデメリットではありますが、一方で審査が易しくなるというメリットもあります。

普通に考えれば金利が安い会社に申し込みたい人が多いので、金利の安い会社は審査を厳しくしても問題ないということですね。

たとえば住信SBIネット銀行のおまとめローンは、金利が1.59~7.99%という数字です。

そのため借金を一本化できる可能性があるうえ、金利も安くなることがありますね。

一方アイフルのおまとめローンは金利が安くなることはまずありません。

そういったメリットが少ないため、門戸を広く開いて審査を易しくしているというわけです。

通常のカードローン審査と同じく返済能力が見られる

おまとめローンの審査基準については、通常のカードローンと同じく返済能力が見られます。

おまとめローンは金額が大きくなることが多いので、返済能力はカードローン以上にチェックされますね。

また同様に信用情報もとても大切なデータとなります。

信用情報にはアイフル以外に他社の返済データも掲載されています。

アイフルでしっかり返済をしていても、他社で返済遅れなどのデータがある場合、審査には大きく影響します。

おまとめローンの場合返済専用ローンなので、返済状況はシビアに確認することになりますね。

アイフルおまとめローンのメリット・デメリット

ここまでアイフルのおまとめローンについて、詳しく解説してきました。

最後にアイフルのおまとめローンを利用するメリットとデメリットを解説していきます。

メリットとデメリットをしっかり把握した上で、アイフルのおまとめローンを利用するかどうか決めましょう。

アイフルおまとめローンのメリット

アイフルおまとめローンのメリットとしては

  • おまとめローンの中では審査に通りやすい
  • 即日融資も可能
  • 年齢制限がない

といった点が挙げられます。

ひとつずつ詳しく詳細を見ていきましょう。

おまとめローンの中では審査に通りやすい

アイフルのおまとめローンのメリット1つ目は、おまとめローンの中では審査に通りやすいという点です。

先ほど紹介しましたが、アイフルのおまとめローンは金利が比較的高めに設定されています。

カードローン商品については金利の差が大きいため、どうしても金利の低い商品に人気が集まりますよね。

そうなると金利の低いカードローン会社は申込者を選別できるため、必然的に審査は厳しくなります。

アイフルのおまとめローンは金利が低いですが、審査には通りやすいので、どうしてもおまとめローンを利用したいという人にオススメです。

即日融資も可能

アイフルのおまとめローンのメリット2つ目は、即日融資も可能な点です。

アイフルのおまとめローンは店頭か郵送での契約が可能ですが、店頭で契約を希望した場合最短で即日おまとめローン契約ができます。

ただしアイフルの有人窓口は、平日10時から18時しか営業していない点は注意が必要。

またおまとめローンは通常のカードローンと審査形態が異なるため、審査に時間がかかることもあります。

ただし即日融資が可能な点は、少しでも返済を楽にしたいユーザーからするとかなり嬉しいですね。

年齢制限がない

アイフルのおまとめローンのメリット3つ目は、年齢制限がない点です。

おまとめローンやカードローンの中には、高齢者や年金受給者は申し込みができないものもあります。

しかしアイフルのおまとめローンは年齢制限がないので、他のカードローンで断られた人でも審査に合格する可能性がありますよ。

アイフルおまとめローンのデメリット

一方アイフルのおまとめローンのデメリットとしては

  • 有人窓口か郵送でしか契約できない
  • 追加借り入れができない
  • 返済方法が口座振替のみ

といった点が挙げられます。

ひとつずつ詳しく詳細を見ていきましょう。

有人窓口か郵送しか契約できない

アイフルのおまとめローンのデメリット1つ目は、有人窓口か郵送でしか契約できない点です。

他のおまとめローンの場合、無人契約機で契約できる会社もあるのでこれはかなり不便な点ですね。

有人窓口は全国25か所のみなので、近所に住んでいないと行くことは難しい。

そうなると郵送での契約になりますが、これはかなり時間がかかる可能性があります。

即日融資は可能ですが、それができる人が限定されてしまう点は残念ですね。

追加借り入れができない

アイフルのおまとめローンのデメリット2つ目は、追加借り入れができない点です。

カードローンの場合融資枠内であれば追加借り入れができるので、万が一お金が足りなくなってもカバー可能です。

しかしおまとめローンの場合は返済のみなので、万が一のケースには対応できません。

増額融資もできないのでその点は頭にしっかり入れておきましょう。

返済方法が口座振替のみ

アイフルのおまとめローンのデメリット3つ目は、返済方法が口座振替のみという点です。

口座振替はとても便利な返済方法ですが、自分の口座にアイフルの利用履歴を残したくないという人には少し不便ですね。

他のおまとめローンでは、ATMからの返済もできるのでこの点は少し残念ですね。

増額融資を受けることも選択肢に入れよう

ここまでアイフルのおまとめローンについて解説してきましたが、状況によっては増額融資を受けることも選択肢に入れておきましょう。

アイフルのおまとめローンは返済専用ローンなので、万が一お金が足りなくなったときは状況が追い込まれてしまいます。

そんな状況が想定されるのであれば、今ある融資枠を広げる増額融資を受けるのも一つの選択肢です。

増額融資であれば融資枠が広がるだけなので、借り入れができる状況は続きます。

そのため緊急時を考えるのであれば、増額融資を受けることも頭に入れておいた方がいいでしょう。

アイフルのおまとめローンを活用しよう

ここまでアイフルのおまとめローンについて解説してきました。

この記事の内容をまとめると

  • アイフルのおまとめローンにはおまとめMAXとかりかえMAXがある
  • おまとめMAXはアイフルを利用している人向け、かりかえMAXはアイフルを新規で利用する人向け
  • アイフルのおまとめローンは金利が高いが審査には通りやすい
  • おまとめローンは追加融資ができない
  • アイフルおまとめローンの契約方法が有人窓口か郵送のみ
  • 増額融資を受けることも選択肢の一つ

このような内容になります。

おまとめローンは複数社から借り入れしている人にとっては強い味方。

追加融資ができないなど不便な点はありますが、返済先が一か所になるのは精神的にもかなり楽になります。

みなさんも複数社から借り入れをしているのであれば、アイフルのおまとめローン利用を検討してみましょう。