日本全国の消費者金融一覧まとめ

公開日:

消費者金融、というと大手の業者数社しか思い浮かばないという方が大半でしょう。

しかし、貸金業法改正以降も健全に営業を続けている消費者金融は全国に1,800社以上もあります。

その営業規模などから大手消費者金融と中小消費者金融とに分け、各々の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

今回は業者を一覧にしてみましたのでそちらも参考にしてみてください!

大手消費者金融の特徴とメリット・デメリット

大手消費者金融には、どのような特徴があるのか詳しくみていきたいと思います。

また、大手消費者金融を選ぶメリットやデメリットも併せてご紹介します。

大手消費者金融の特徴とは?

大手消費者金融の特徴は、とにかくサービスが充実していることでしょう。

お金を借りる人の立場に立った様々なサービスが提供されています。

大手消費者金融の顧客層は「初めてお金を借りる人」

大手消費者金融がターゲットとする顧客層は、それほど属性が高くなく他社からの借入がないか、あっても1社程度という人たちが中心です。

属性が高い、つまり年収が高い方が大手消費者金融から借り入れしやすいのではないかと考えてしまいますが、属性が良くて高年収の人は消費者金融よりも銀行カードローンを利用する傾向にあります。

年収にして300万円~500万円程度の層が大手消費者金融の中心的な顧客層だといえるでしょう。

大手消費者金融は借入限度額が大きい

大手消費者金融の借入限度額は500万円 ~800万円となっています。

しかし、実際に500万円もの金額を借りるには1,500万円の年収が必要だということになってしまいますが、これはあまり現実的な金額ではないでしょう。

従って、大手消費者金融各社の最高の融資金額は特に比較する意味はありません。

ただし、コツコツと借入や返済を繰り返して信用を積み上げていけば、ある程度まとまった金額、例えば100万円程度の借入ができる可能性も出てきます。

それだけの金額の借入が可能になれば、急な出費にも充分対応できるのではないでしょうか?

大手消費者金融の上限金利は18%程度

どの大手消費者金融も、上限金利はほぼ18%となっています。

利息制限法では10万円未満の場合の上限金利は20%に定められていますが、大手消費者金融で10万円未満の借入をしても20%の金利を適用されることはありません。

従って、大手消費者金融の金利は、定められた上限金利よりは若干低めに設定されているともいえます。

【利息制限法の上限金利】

借入金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円超~100万円未満 18%
100万円以上 15%
大手消費者金融は審査時間が非常に短く即日融資に対応している

大手消費者金融では、コンピューターにデータを入力することで瞬時に申込者の属性を点数化できるスコアリングシステムを採用しているため、非常にスピーディーに審査を行えます。

審査だけでなく、自動契約機でのカード発行や振込融資への対応など、利用者ができるだけ早く借り入れができるしくみがしっかり整えられているので、申込のタイミングが合いさえすればどの大手消費者金融でも即日融資を受けられるようになっています。

大手消費者金融は借入返済にコンビニ ATM を利用できる

大手消費者金融は提携 ATM が多いのが大きな特徴です。

特に、コンビニ ATM との提携を強化していますから、利用者はコンビニ ATM を利用して24時間365日いつでも借入や返済ができます。

大手消費者金融のメリット

特徴を見るだけでもメリットが伝わってくるようですが、大手消費者金融のメリットについてさらに具体的にみていきましょう。

サービスが充実している

大手消費者金融では、申込者の「困った!」「心配だ…」に向き合ったサービスが豊富に提供されています。

  • 急いで借入をしたい場合など、柔軟に対応してもらえる
  • ほとんどの大手消費者金融には無利息サービスがある
  • 家族バレしないための対策が取られている
  • 審査時の在籍確認を電話連絡以外の方法にしてもらえる場合もある

こうしたサービスは中小消費者金融ではあまり見られません。

非常に利便性が高い

利用者がいかに便利に利用できるか、に力点が置かれているため、非常に利便性が高い点が大手消費者金融の大きなメリットです。

  • 土日祝日でも無人契約機で契約できる
  • 24時間365日コンビニATMから借入・返済が可能
  • スマホアプリを利用してカードレスで申し込みから借り入れまでできるサービスも登場している

など、忙しい人でも自分の生活ペースを乱すことなく利用できる環境が整えられています。

大手消費者金融のデメリット

魅力的なサービスが豊富な大手消費者金融ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

銀行カードローンと比べて金利が高い

強いていうなら、銀行カードローンと比較して金利が高い点が大手消費者金融のデメリットだといえるでしょうか。

借入期間が長期にわたると利息負担が大きくなります。

まとまった金額を長期間で返済したい、という場合には大手消費者金融よりも銀行カードローンを利用する方が良いでしょう。

大手消費者金融一覧表

まずは、大手消費者金融の一覧表です。

どの業者を選んでも間違いはありませんが、細かい点で少しずつサービスの内容が異なっています。

最優先したいサービスは何かを考えると、消費者金融を選びやすくなりますよ。

消費者金融名 借入限度額
金利
特徴
プロミス ~500万円
4.5%~17.8%
アプリローンならスマホ1台で申込から借入まで完結!
カードレスでもセブン銀行ATM利用可
アコム 1万円~800万円
3.0%~18.0%
クレジットカード「アコムマスターカード」を発行
利用者数・貸付残高ともに業界№1!
アイフル ~800万円
3.0%~18.0%
銀行系列ではない独立系消費者金融
豊富な品揃えが魅力!
SMBCモビット 1万円~800万円
3.0%~18.0%
WEB完結なら勤務先への電話連絡もなし!
スマホアプリMy モビならセブン銀行ATMからカードレスで借入・返済可
レイクALSA 1万円~500万円
4.5%~18.0%
2種類の無利息サービスがうれしい!
提携ATMの利用手数料が全て無料!

各大手消費者金融の基本的なサービスにはほとんど差はみられませんが、金利や無利息サービスなど微妙に異なる点もあります。

総合的にみて、自分の目的に合った消費者金融を選ぶようにしましょう。

中小消費者金融の特徴とメリット・デメリット

では次に、中小消費者金融の特徴や、そのメリット・デメリットについてみていきたいと思います。

中小消費者金融の特徴とは?

大手消費者金融と比べると知名度が低く、聞いたことのない社名も多い中小消費者金融。

そうした中小消費者金融の特徴とはどのようなものでしょうか?

中小消費者金融の顧客層は複数の消費者金融から借入がある人

中小消費者金融がターゲットとする顧客層は、複数の消費者金融から借入がある、または以前に大手消費者金融で返済トラブルを起こしたことがあり、大手消費者金融の審査に通過するのが難しい人たちです。

中小消費者金融は、信用情報だけに頼らない独自の審査基準を持っています。

もうすでに完済したけれど、以前起こしてしまった金融事故のせいでまだブラック状態のままだという人に対しても柔軟な審査を行ってくれるケースが多いです。

こうした審査に対する柔軟さは、中小消費者金融の最大の特徴だといえるでしょう。

中小消費者金融は借入限度額が比較的低め

利用者の多くが複数の借り入れを抱えていますので、中小消費者金融では借入限度額が低めに設定されていることが一般的です。

数百万円程度の借入限度額を設定している中小消費者金融もありますが、実際に借りられる金額は10万円ほどだということも珍しくはありません。

中小消費者金融の金利は大手消費者金融と比べて若干高めの傾向がある

中小消費者金融の金利は、全体的に見ると大手消費者金融よりも少し高めに設定されています。

中小消費者金融の利用者は数社から借り入れをしている場合が多いですから、貸し倒れリスクを回避するために高めの金利が適用されているのです。

また、中小消費者金融では10万円未満の限度額の利用者が非常に多いですから、利息制限法で定められた上限金利である20%、またはそれに近い金利を設定することは自然なことだといえるでしょう。

中小消費者金融では融資までに時間がかかることも

大手消費者金融の審査ではスコアリングシステムを採用していますが、中小消費者金融ではスコアリングだけでは測れない部分を手作業でチェックしています。

従って、大手消費者金融より長い審査時間を要し、融資までに時間がかかることもありますし、即日融資に対応していない業者も珍しくありません。

中小消費者金融ではコンビニ ATM を使えないケースも…

中堅の消費者金融の中には自社ATM や提携ATM を持っている業者もありますが、 借入は振込融資、返済も振込で行う業者の方が多いです。

従って、大手消費者金融のように、24時間365日いつでも好きな時に借りて好きな時に返済するといった形で利用することはできないと考えてください。

ただ、借入や返済に関しては一定の制約がある方が計画的にお金の管理ができるという
捉え方もできるかもしれませんね。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融を利用することで得られるメリットとは、どのようなものでしょうか。

各業者によって特徴的なサービスがある

大手消費者金融 ATM と提携して借入や返済が行えるようなサービスを行っている業者や、審査をする時には必ず面談を行うという業者もあります。

中小消費者金融には、大手消費者金融のようにフルコースのサービスが用意されてはいませんが、こうした特徴的なサービスに魅力を感じてリピートする人も多いといいますから、自分のニーズにピッタリ合ったサービスのある業者を探してみるのもいいでしょう。

信用情報だけに頼らない柔軟な審査を行っている

中小消費者金融には、信用情報だけに頼らない実際的な審査を行なってくれる業者が多いです。

  • 他社からの借り入れ件数が多い人
  • 長期延滞などで今もブラックリスト入りしているけれども借金自体はすでに完済している人

など、大手消費者金融では審査に通過するのが困難な人でも、現在返済能力があると判断されれば融資を受けられるケースが多くあります。

中小消費者金融のデメリット

中小消費者金融はあまりおすすめできない、という声も聞かれますが、どういった点に中小消費者金融のデメリットがあるのでしょうか?

大手消費者金融と比べて利便性が低い
  • 振込融資を行なっている中小消費者金融が多く、土日祝日は借り入れができない場合も多い
  • 中小消費者金融によっては、振込融資にかかる手数料も利用者が負担する場合がある
  • コンビニATMを利用できる業者が限定的で、コンビニATMが利用できる場合でも利用可能なコンビニが限定されることが多い

中小消費者金融は資金力の問題もありますので、やはり利便性では大手消費者金融にはかないません。

利便性を優先したい場合は、大手消費者金融を利用することをおすすめします。

違法業者の可能性がある

中小消費者金融は全国的な知名度が低く、中小消費者金融だと思って借り入れをしたところ、実は違法業者だったということもないとはいえません。

闇金のような違法業者から借り入れをしてしまうことのないように、中小消費者金融に申し込みをする際は必ず、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」などで正規の消費者金融業者であるかどうかを確認してください。

中小消費者金融一覧表

今回は50社近くの中小消費者金融を一覧表にしてみました。

中小消費者金融を比較する場合には、ぜひこの一覧表を参考にしてください。

消費者金融名 借入限度額
金利
全国対応しているか
都道府県
アイアム 10万円~50万円
18.00%

長崎
アイシーローン 1万円~50万円
10.0%~20.0%

東京都
アスト 5万円~100万円
14.9285%~17.9215%

愛媛
アプラスパーソナルローン 10万円~300万円
6.90%~18.0%

大阪
アルク 1万円~50万円
10.0%~18.0%

大阪
アルコシステム ~50万円
15.0%~20.0%

兵庫
アレックス 1万円~300万円
15.0%~20.0%

神奈川
アロー ~200万円
15.00%~19.94%

愛知
いつも ~50万円
7.0%~18.0%

高知
エイワ 1万円~50万円
17.9507%~19.9436%1

神奈川
エクセル 5万円~50万円
15.0%~20.0%

福岡
AZ 1万円~1000万円
7.0~20.0%

京都
オリーブファイナンス 5万円~50万円
15.0%~20.0%

大阪
キャッシングエニー 1万円~100万円
15.0%~20.0%

東京都
キャッシングスペース ~500万円
8.0%~18.0%

大阪
キャネット ~300万円
15.0%~20.0%

北海道
キャレント ~500万円
7.8%~18.0%

東京都
グッドファイナンス 1万円~1,000万円
10.0%~20.0%

北海道
ケンファイナンス 1万円~300万円
7.0%~20.0%

京都
ご融資ドットコム 5万円~50万円
18.0%~20.0%

東京都
ショーエイ 1万円~100万円
15.0%~20.0%

福岡
新大阪ファイナンス 10万円~50万円
15.0%~20.0%

大阪
しんわ 1万円~300万円
7.0%~18.0%

福岡
スカイオフィス 1万円~50万円
15.0%~20.0%

福岡
スピリッツキャッシング 5万円~50万円
(条件に応じて300万円まで可)

大阪
セントラル 1万円~300万円
4.8%~18.0%

愛媛
ダイレクトワン 1万円~300万円
4.9%~20.0%

静岡
田中商事 ~50万円
15.0%~20.0%

東京都
ニチデン ~50万円
7.3%~17.52%

大阪
日本ファイナンス ~300万円
15.0%~20.0%

山口
ノーローン ~300万円
4.9%~18.0%

東京都
ハローハッピー ~100万円
10.0%~18.0%

大阪
ビアイジ 1万円~200万円
12.0%~18.0%

京都
フクホー 5万円~200万円
7.3%~20.0%

大阪
富士クレジット 1万円~100万円
14.60%~18.0%

大阪
フタバ 10万円~50万円
14.959%~17.950%

東京都
プラン 1万円~50万円
15.0%~20.0%

大阪
プランネル 10万円~100万円
15.0%~18.0%

東京都
プログレス ~50万円
15.0%~20.0%

大阪
ベルーナノーティス 1万円~300万円
4.5%~18.0%

埼玉
マイフィナンシア 1万円~100万円未満
14.95%~17.95%

東京都
ミリオンインベスティメント ~50万円
18.0%

東京都
もみじファイナンス 1万円~50万円
15.0%~20.0%

広島
ユニーファイナンス 1万円~300万円
12.0%~17.95%

愛知
ユニズム ~100万円
15.0%~20.0%

三重
ライオンズリース 1万円~300万円
15.0%~20.0%

愛知
ライフティ 1,000円~500万円
8.0%~20.0%

東京都
ローンズマルキ 5万円~50万円
10.0%~20.0%

和歌山

初めて目にする中小消費者金融も多いと思いますが、各々、地域に密着して消費者金融業界の激動を乗り越えてきた業者ばかりです。

大手消費者金融の審査には通過できないかもしれない、という不安がある人はシッカリとリサーチをして中小消費者金融での借入も視野に入れてみるとよいでしょう。

おわりに

大手消費者金融から中小消費者金融まで、多くの消費者金融をご紹介しましたが、初めて消費者金融を利用する方は、大手消費者金融での借入をおすすめします。

知名度が高く安心して利用できることはもちろんですが、やはり中小消費者金融のサービスは大手消費者金融のそれにはかなわないからです。

ただ、さまざまな理由で大手消費者金融では審査に通過するのが難しい、という場合には審査に柔軟に対応してくれ、信頼できる中小消費者金融を探しましょう。

きっとあなたに合った消費者金融が見つかるはずです。