レイクALSAの返済方法、返済額、返済のコツを徹底解説!

更新日:

「レイクALSAを利用しようと思っているが返済が不安」
「効率よくレイクALSAの借り入れをなくしたい」
こちらの記事では、そんな人に向けてレイクALSAの返済について解説をしていきます。

カードローンは審査に合格して借り入れをしたら満足してしまいがちですが、大切なのはしっかり返済して借金を完済すること。

返済方法にはあまり目がいかないことが多いですが、少し工夫をするだけで返済が楽になります。

レイクALSAで借り入れをしている人は、しっかりと返済方法を学んで完済を目指しましょう。

レイクALSAの返済方法について

まずはレイクALSAの返済方法について解説していきます。

返済方法の比較

レイクALSAの返済方法は全部で5種類。

それぞれの特徴について表にまとめると、以下のようになります。

返済方法 深夜の返済 返済手数料 自動返済
Web返済 可能 0円 可能
新生銀行レイクATM × 0円 ×
提携ATM(コンビニATMなど) 可能な場合あり 0円 ×
自動引き落とし × 0円 可能
口座振り込み × 振込手数料がかかる ×

このように返済方法によって、さまざまな違いがあります。

自分が返済しやすい方法を選ぶことも大切ですが、目的は完済すること。

完済するためにもっとも効率的な方法を選びましょう。

ATMでも手数料はかからないが自動引き落としかWeb返済がオススメ

レイクALSAの返済方法の中で特徴的なのが、提携ATMでも手数料がかからない点です。

他の消費者金融では、提携ATMからの返済は手数料がかかることが多いですが、レイクALSAの場合はかかりません。

そのため便利なコンビニATMからの返済を選びたくなりますが、筆者としてはあまりオススメしません。

なぜかというと自動返済ができないからです。

自動返済とは毎月の約定返済日に、自動的に支払いをしてくれるシステム。

自動返済の設定をしておくと、毎月自動で支払いをしてくれるので返済を忘れることがありません。

コンビニATMの返済は便利ではありますが、自動返済であれば忘れることがないのでオススメです。

返済日は自分で選べる

レイクALSAでは毎月の返済日を自分で選べます。

他のカードローンは2~4通りの返済日から選ぶ形ですが、自分の好きな日付を選べるのはうれしいですね。

どの日付を選んでも問題はないのですが、オススメは給料日の数日後に設定しておきましょう。

先ほど自動返済ができる自動引き落としかWeb返済を選択しておくと、銀行口座にお金がある状態で引き落としかおこなわれます。

そうなると返済を忘れるという事態がまずおこらないので、とても便利ですよ。

返済に遅れないことが第一

ここまでレイクALSAの返済方法について解説してきましたが、レイクALSAをはじめとしたカードローンの返済は遅れないことが第一です。

返済に遅れると遅延損害金がかかる、信用情報に傷がつくといったデメリットがあり、メリットは一つもありません。

レイクALSAの返済を考えるときは、返済に遅れないことを第一に考えましょう。

レイクALSAの返済額

毎月返済に遅れないことが大切だということは先ほど記載しましたが、それでは毎月いくら返済をすればよいのでしょうか。

ここからはレイクALSAの返済額について解説していきます。

毎月の約定返済額(残高スライドリボルビング方式)

レイクALSAの返済形式には

  • 残高スライドリボルビング方式
  • 元利定額リボルビング方式

という2つから選べます。

どちらを選んでもメリット・デメリットがありますが、基本的には残高スライドリボルビング方式をオススメします。

残高スライドリボルビング方式は残高に応じて返済額が返済していく方式ですが、完済までのスピードが元利定額リボルビング方式より早く済みます。

残高スライドリボルビング方式で毎月支払うべき金額は以下の通り

利用残高 毎月の最低返済額
10万円以下 3,000円
20万円以下 5,000円
30万円以下 7,000円
40万円以下 9,000円
50万円以下 12,000円
60万円以下 15,000円
70万円以下 18,000円
80万円以下 20,000円
90万円以下 23,000円
100万円以下 25,000円

※実質年率18%の場合
このように残高スライドリボルビング方式は、毎月支払うべき金額が決まっています。

返済日に最低限この金額だけは支払えるように用意しておきましょう。

約定返済と随時返済

レイクALSAに返済をするときは、約定返済と随時返済の違いを覚えておきましょう。

約定返済とは、先ほど紹介した毎月最低限支払うべき返済のこと。

毎月約定返済がおこなわれていれば、支払いがおこなわれているとみなされて信用情報に傷がつくこともありません。

随時返済とは、約定返済以外にプラスアルファで返済をおこなうこと。

約定返済分だけ返済をしていても問題はありませんが、それだと完済までかなり時間がかかってしまうので、随時返済もおこなっていくことが大切です。

ちなみに返済日14日前からの返済が毎月の約定返済分として扱われます。

それ以前に返済した分は随時返済扱いとなるので、約定返済分の返済を忘れないようにしましょう。

レイクALSAを賢く返済していくためのコツ

それではこれまでの内容を踏まえて、レイクALSAを賢く返済していくためのコツを紹介していきます。

毎月約定日に遅れないように返済する

レイクALSAを賢く返済していくためのコツ1つ目は、毎月約定日に遅れないように返済することです。

当たり前のことかもしれませんが、これが守れていないと完済は難しいと思います。

返済が遅れてしまうと遅延損害金がかかるので完済が遅くなってしまう上、返済が遅れることがクセになってしまうことが最悪です。

返済遅れがクセになってしまうと、次第に返済しなくていいやという気持ちになってしまい、最終的には返済しなくなってしまいます。

こういった事態を防ぐためにも、毎月忘れずに返済するため、返済方法は自動引き落としかWeb返済を選んで、返済忘れを防ぎましょう。

当たり前のことをコツコツ続けていくことが、完済への近道ですよ。

余裕があるときは随時返済をする

レイクALSAを賢く返済していくためのコツ2つ目は、余裕があるときは随時返済をすることです。

毎月約定返済日に約定返済分だけ返済をしておけば、遅延損害金もかかりませんし信用情報に傷もつきません。

しかし約定返済分だけしか返済をしていないと、完済までかなり時間がかかります。

たとえば10万円借り入れをしたとしたら、毎月3,000円が約定返済分ですよね。

毎月3,000円ずつ返済するとしても、33カ月つまり3年弱かかるということ。

実際はこれに利息分が上乗せされるので、返済までにかなり時間がかかります。

こういった点も考えると、約定返済分だけでなく随時返済もしていくことがとても大切です。

たとえばボーナスが入ったらその半分だけでも返済に回すなど、随時返済を利用していきましょう。

無利息サービスを活用する

レイクALSAを賢く返済していくためのコツ3つ目は、無利息サービスを活用することです。

多くの消費者金融では、30日間無利息サービスをしている会社は多いです。

しかしレイクALSAは2つの無利息サービスから、自分にあったサービスが選べます。

  • 30日間無利息
  • 5万円までであれば最大180日間無利息

という2つの無利息サービスから選べます。

後者は少額融資を希望している人にとっては、利用しやすいサービスではないでしょうか。

注意点としては、レイクALSAの無利息サービスは、契約日翌日からスタートする点が注意です。

そのため契約日からすぐに借り入れをしないと、いつの間にか無利息期間が終わっていたという事態がありえてしまいます。

このような点も踏まえたうえで、無利息サービスを活用しましょう。

レイクALSAの返済が遅れるときの対応策

ここまでレイクALSAの返済方法や返済のコツについて解説してきました。

もちろんしっかり返済できていけばいいのですが、時には返済に遅れてしまうこともあります。

そんなときしっかりと対応しないと、大変なことになってしまいます。

ここからはレイクALSAの返済が遅れたときの対応方法について解説していきます。

返済が遅れたときのデメリット

まず返済が遅れたときのデメリットをしっかり把握しておきましょう。

カードローンで返済が遅れると

  • 遅延損害金が発生する
  •  信用情報に遅延記録が残る
  • 遅延が2カ月以上続くと信用情報がブラック状態

遅延損害金が発生するのは、明細書を見ればわかりますが元本減るスピードが遅くなります。

またそれ以上に大切なポイントが、信用情報についてです。

信用情報機関とは?自分の信用情報を開示請求する方法

信用情報はカードローン・クレジットカードなど、分割払いや後払いの仕組みがある商品と契約するときに必ず確認されます。

信用情報が悪い(遅延や支払い忘れがある)と、クレジットカードやカードローンの審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

さらに遅延が2カ月以上続くと信用情報がブラック状態になってしまいます。

信用情報がブラックになると、遅延が解消されてから最低5年間はカードローンやクレジットカードが契約できなくなります。

ブラック状態が回復してからも信用度は低いので、将来住宅ローンを組んだりすることはかなり難易度がアップ。

そのような状態になってしまうと、生活自体がかなり変わってしまいます。

このように支払いが遅延するとデメリットがたくさんあり、メリットは一つもありません。

返済が遅れるというのはかなりのデメリットがあるので、しっかり頭に入れておきましょう。

返済が遅れそうなときはすぐに連絡する

返済が遅れるというデメリットがわかっていても、さまざまな事情で返済が遅れてしまうことがあります。

そうなってしまったときは、すぐに返済が遅れる旨をレイクALSAに連絡しましょう。

レイクALSAへの連絡方法としては

  • レイクALSAのコールセンターに電話する
  • 会員ページから返済日変更手続きをする

といった方法があります。

コールセンターに電話をするというのは少し気が重いという人は、会員ページから返済日変更手続きをしましょう。

返済日の3日前になると、会員ページに返済日変更手続きが可能になるので、そこから変更手続きをしましょう。

レイクALSA側としても返済が遅れると事前にわかっていれば、対応ができますので不安感がありません。

返済が遅れそうなのであれば、すぐにレイクALSAに連絡をしましょう。

連絡しないと最悪裁判になる可能性がある

「支払いが遅延しているのにレイクALSAに連絡していなかった」
このような状態が続くと、かなりまずい状態になります。

まず登録した電話番号に電話がかかってきて、それに対応すれば問題ないのですが、それでも反応がないと督促状が家に届きます。

レイクALSAとの契約上、支払いが遅延した場合残額を一括請求する権利がレイクALSAにはあるので、それを実行してくるというわけですね。

ここでレイクALSAに連絡して交渉すれば分割支払いも可能なのですが、それでも反応がない場合、最後の手段として裁判所からの通知がきます。

裁判の内容は民事訴訟なのですが、裁判で訴えられる経験がないとかなりびっくりしますよね。

裁判通知に対応しないと差し押さえの可能性が

ちなみに裁判の通知がきても対応しない場合、裁判は強制的に敗訴になり、財産の差し押さえ権利を債権者は得ます。

そうなると銀行口座を差し押さえられ給料から毎月強制で天引きさる、不動産や車がある場合差し押さえられて売却されます。

これは最悪の事態なのですが、お金の返済が遅れるということはそういったリスクも背負っているというわけです。

返済が遅れてからでは対応が後手になってしまうので、返済が遅れそうであればまず連絡するということを、第一に考えて行動しましょう。

1日でも早くレイクALSAの返済を目指そう

ここまでレイクALSAの返済方法・返済のコツなど、返済について解説をしてきました。

これまでの内容をまとめると

  • オススメの返済方法は自動引き落としかWeb返済
  • 約定返済分以外に随時返済もしていく
  • 無利息サービスを活用する
  • 返済が遅れそうなときはすぐレイクALSAに連絡する

といった内容です。

カードローンでお金を借りるということは、返済しなければならず完済は1日でも早いほうが間違いなくいいです。

1日でも早く完済するために、しっかりと対策を立てていきましょう。