レイクALSAからの在籍確認はいつかかってくる?電話連絡は避けられないのか?

更新日:

レイクALSAをはじめとしたカードローンに申し込むとき、在籍確認が不安だという人は多いのではないでしょうか。

「職場に消費者金融から電話がかかってきたことがばれたら嫌だ」
そのように考えている人は多いと思いますが、消費者金融側もそのようなことは承知しています。

在籍確認をはじめてされる人は不安なことも多いと思いますが、しっかりと対策すれば何の問題もありません。

こちらの記事では、レイクALSAの在籍確認について解説していきます。

カードローンの在籍確認ってなに?

まずカードローンの在籍確認とはどのようなもので、なぜおこなわれるか解説していきます。

申込内容に虚偽がないかの確認

在籍確認とは
「申込書に記載された勤務先に電話をかけて、申込者が本当にその会社で働いているか確認するためのものです」
申込内容に虚偽があった場合、カードローンの審査には間違いなく落ちます。

レイクALSAをはじめとしたカードローン会社がなぜ在籍確認をしてまで、嘘をついているのかどうか確かめるのでしょうか。

それは勤務先情報がカードローン会社にとって、とても大切な情報だからです。

申込者がしっかり勤務しているとわかれば、毎月給料がもらえていることがわかり、返済もスムーズにできるだろう。

こういったことを確かめるため、カードローン会社はわざわざ在籍確認をおこなっているというわけです。

勤務先情報が嘘であれば、イコール年収も嘘。

年収が嘘だった場合返済ができる可能性が低くなりますので、カードローン会社は入念に勤務先を確認するということです。

在籍確認がとれたかどうかの判断

それでは実際在籍確認は、どのようにしておこなわれるのでしょうか。

レイクALSAの場合、仮審査に合格した後在籍確認がおこなわれます。

そのとき申込書に記載された電話番号あてに
「私田中と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」
といった電話がかかってきて、これに対して
「はいおります。代わりますので少々お待ちください」
「〇〇は外出中です」
といった返答があれば、申込者が勤務していることがわかるので在籍確認クリアとなります。

ちなみに本人がいた場合は、そのまま電話を代わって本人確認がおこなわれます。

在籍確認がクリアとなれば、その後は本審査となりそれに合格すれば晴れて融資が受けられます。

在籍確認が他の人にばれることはあるのか?

在籍確認がおこなわれるとき、不安な点として
「職場にレイクALSAから電話がかかってきたことが、他の人にばれるのではないか」
という点だと思います。

結論から伝えると、レイクALSAからの在籍確認が他の人にばれることはありません。

レイクALSAをはじめとしたカードローン会社は、個人情報保護のため申込者の情報を第三者に話すことはありません。

また他人に気づかれないため、レイクALSAという社名を名乗らず個人名で電話をかけます。

在籍確認をする側もプロなので、そのあたりの対応は徹底していますよ。

在籍確認についてどこまで相談できる?

「レイクALSAの在籍確認で職場にばれることはない」
このように思っていても、在籍確認について不安を持っている人はいると思います。

そのような人は在籍確認について、レイクALSAにいろいろ相談したいと思っているのではないでしょうか。

ここからはレイクALSAに対して、在籍確認の相談がどこまでできるか解説していきます。

在籍確認の時間について

まずは在籍確認の電話をしてもらう時間についてです。

レイクALSAは審査のスピードが早く、審査が混雑していなければ1時間ほどで審査が終わります。

レイクALSAに申し込みをして仮審査に通過すると、登録した電話番号に
「レイクALSAに申し込みをしましたよね?」
といった旨の本人確認の電話がかかってきます。

そのときこれから在籍確認される旨も伝えられるので、そのとき在籍確認をしてもらう時間希望があればその旨を伝えましょう。

時間ぴったりは難しいですが、たとえば14時から15時の間といった形の希望であればすんなり通ります。

不安な人は申し込み完了後自分から電話をしてもいいでしょう。

はじめてカードローンに申し込みする人が在籍確認を不安がることを、レイクALSAはわかっていますので、ちゃんと相談にのってくれますよ。

社名や担当者名を名乗ってもらうことは可能なのか

続いては他の社名や担当者名を名乗ってもらうことは、可能なのかという点です。

先ほどレイクALSAの担当者は個人名で電話をかけるということですが、偽名や他人の名前を名乗って電話することはできません。

「会社の人に怪しまれないために、いつも電話がかかってくるA社のBさんと名乗ってほしい」
こういった要望をする気持ちはわからなくもないですが、これは他人を名乗ったことがばれたときのトラブルがあるので、こうした対応はできません。

レイクALSAが名乗るのは、あくまで1個人の名前のみです。

会社が休みの日は在籍確認してくれるの?

続いては会社が休みの日に申し込みをしたとき、在籍確認はどうなるのかという点です。

これについては人によって対応が異なるようです。

  • 保険証や収入証明書を提出してもらい在籍確認がとれたとみなす
  • 休み明けに再度電話をして在籍確認をする
  • 一部だけ融資して残りは在籍確認がとれてから融資をする

といった対応があるようです。

ちなみに筆者は会社が休みの日にレイクALSAに申し込みをしたことがあるのですが、そのときは保険証と収入証明書を提出することで、在籍確認がとれたとみなしてくれました。

融資希望額が50万円以上だったので、収入証明書と身分証明書を自動契約機で提出して待っていたところ、レイクALSAの担当者から

「先ほど会社に電話をしたのですが、本日お休みでした。保険証はお持ちですか?」
と聞かれて保険証を追加提出したとこと
「こちらで在籍確認の代わりとさせていただきます」
といった回答があり、希望額全額を融資してもらいました。

しかし他の人の体験談を見てみると、他の対応をされた人もいるようなので、状況によって対応方法を変えているようですね。

在籍確認をしないことにはできるのか

ここまで在籍確認について解説してきましたが、それでも在籍確認されたくないと考えている人は、在籍確認をなんとか避けられないかと考えていると思います。

結論から言うと
「レイクALSAで在籍確認を避けることはできません」
後ほど詳しく紹介するSMBCモビットのように在籍確認なしで申し込みができるよう今後改定があるかもしれませんが、2019年1月現在はレイクALSAに申し込みをすると在籍確認がおこなわれます。

在籍確認を避けることはできないので、そのための前提で動くようにしましょう。

こんな人の在籍確認はどのようにしておこなわれる?

コールセンターで電話する女性

ここまで在籍確認について解説してきましたが、職業によってどのように在籍確認をされるかわからないという人もいると思います。

ここからは職業別で、どのような在籍確認をされるのか確認していきましょう。

派遣社員の人の在籍確認

まずは派遣社員の人が、レイクALSAに申し込みをしたときです。

レイクALSAの申し込み欄には、勤務形態として派遣社員というボタンがありますが、派遣元・派遣先両方の会社を記載する欄はありません。

そのため申し込み情報に記入した会社に在籍確認がおこなわれます。

こういった事情から申し込みのときには、派遣先の会社情報を記載したほうがいいでしょう。

そのほうが在籍確認はスムーズにおこなわれますし、会社の人に知られることもありません。

もし派遣元の会社をすでに書いてしまったという人は、本人確認の電話がかかってきたとき、派遣元の会社情報を記載したことを伝えましょう。

そのように伝えればレイクALSA側で派遣先の会社に連絡するよう対応してくれますので、問題ありませんよ。

自営業の人の在籍確認

続いては自営業・フリーランスの人です。

近年フリーランス人口も増えつつあり、自宅を職場として働く人が増えています。

固定電話がある場合は記入すれば問題ないですし、そうでない場合は携帯電話に在籍確認の連絡がきます。

そこでどのような仕事をしているかといった質問があるので、それに対応すれば在籍確認がとれたことになります。

自営業やフリーランスはカードローンの申し込みが不利と言われていますが、しっかり対応すれば審査に合格する可能性は十分にありますよ。

仕事をしていない人について

専業主婦や無職など、自身に収入がない人は在籍確認以前に審査落ちします。

レイクALSAの申し込み資格に記載してあるのが「安定した収入がある人」
これは正社員である必要はなく、アルバイトやパートであっても毎月収入があれば審査に合格する可能性があることを指しています。

しかし自身で収入がない人は、レイクALSAの審査に合格する可能性はありません。

自身に収入のない人は、まずアルバイトでも構わないので、安定した収入を得た状態でレイクALSAに申し込みをしましょう。

在籍確認がどうしても嫌な場合どうする?

ここまでレイクALSAの在籍確認について解説してきましたが、結論としてレイクALSAに融資を希望するのであれば、在籍確認は避けられません。

それでも在籍確認が嫌だという人は、どのように対応すればよいのでしょうか。

最後に在籍確認がどうしても嫌だという人の対策方法を紹介していきます。

まずはレイクALSAに相談する

在籍確認が嫌だと考えている人は、まずレイクALSAに相談をしてみましょう。

レイクALSAは公式には在籍確認をかならずおこなう方針ですが、筆者の体験談から在籍確認をおこなわなかったケースも存在しています。

そのためまず申し込み前にレイクALSAに、在籍確認について相談してみるといいでしょう。

申し込み後に連絡をしてもいいのですが、その後申し込みを取り消してもレイクALSAへの申し込み履歴が信用情報に残ります。

その後何社かに申し込みをすると、申し込み履歴ばかりたくさんの残り、いわゆる申し込みブラックという状態になります。

申し込みブラックとは、短期間でたくさんのカードローンに申し込みをする人のこと。

このような状態になると、カードローン会社としては「この人はとにかくお金に困っているのだ」という認識をします。

そうなるとカードローンの審査には、信用情報に申し込み履歴が消える半年後までまず通らなくなってしまいますよ。

こういった点も踏まえて、在籍確認を避けたいのであれば、申し込み前に電話をすることをオススメします。

SMBCモビットは在籍確認なしのコースがある

「在籍確認は嫌だけど、どうしてもお金が借りたい」
そのように考えている人は、レイクALSAではなくSMBCモビットへの申し込みをオススメします。

SMBCモビットにはWEB完結という仕組みがあり

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証

身分証明書以外に上記2点を用意すれば、電話連絡での在籍確認なしで審査がおこなわれます。

SMBCモビットの年率は3.0%~18.0%、レイクALSAは年率4,5%~18.0%とほとんど変わりません。

コンビニATMなどの提携ATMを使用するときに手数料がかかってしまう点はSMBCモビットのデメリットですが、口座振替による返済を選択すればそこまで大きな問題ではありません。

どうしても在籍確認なしでお金を借りたいという人は、SMBCモビットへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

在籍確認はしっかり対策すれば大丈夫

ここまでレイクALSAの在籍確認について解説をしてきました。

この記事の内容でポイントになるのは

  • 在籍確認は申込内容に虚偽がないかどうかの確認のためにおこなわれる
  • レイクALSAは個人名で在籍確認の電話をかける
  • 担当者がレイクALSAという社名を出すことはないので他の人にばれることはない
  • 在籍確認について相談したい場合はレイクALSAに連絡をする
  • どうしても在籍確認を避けたいのであればSMBCモビットの利用を検討する

といった点が挙げられます。

ここまでレイクALSAの在籍確認について解説をしてきましが、実際に在籍確認をされるとわずか数分で終了。

思ったよりもあっさり終了するという感想を持つ人が多いでしょう。

レイクALSAの在籍確認はしっかり対策をしておけば問題ありませんので、事前にしっかり知識を入れたうえで申し込みをしましょう。