ノーローンの返済が遅れたらどうなるのか?

更新日:

ノーローンでお金を借りた場合、しっかりと返済しなければなりません。

返済を行わなかった場合は遅延損害金を支払うこととなり、金利が高くなってしまいます。

必ず返済方法を理解して、自分に合った方法で返済を行いましょう。

ここではノーローンの返済方法や遅延した場合の問題を説明します。

ノーローンの返済方法は?

ノーローンが用意している返済方法は以下の通りです。

  • 口座引き落としによる返済
  • リアルタイム返済
  • 提携先ATMによる返済

3つのうち1つを選んで返済が行えます。

自分に合った方法を選んで返済を毎月行いましょう。

ここから返済方法の詳細を説明します。

口座引き落としによる返済

毎月自動的に口座から引き落としてもらう方法です。

消費者金融の多くが採用している方法で、ノーローンでも利用できます。

返済用の口座は自分が持っている口座から選べます。

毎月決められた返済額を口座内に入れておけば、後は自動的に処理が行われます。

返済を忘れやすい方には特に使いやすい方法でしょう。

ただ、返済額が足りていない場合、返済が当日中にできなければ遅延損害金の対象となるので注意しましょう。

リアルタイム返済

ネットバンクを利用している人が使える返済方法です。

ネットバンクからノーローンの返済用口座に支払うことで、返済を完了させるのです。

リアルタイム返済の場合、会員ページで返済する金額を先に指定します。

そして持っているネットバンクのページに入り、返済処理を完了させます。

返済処理が完了すると、数分後には返済ができるのです。

ネットバンクを使い、自分が指定したタイミングで返済を行いたいときに便利な方法です。

提携先ATMによる返済

提携しているATMで返済を行う方法です。

この方法はATM手数料がかかるので注意してください。

提携しているATMはコンビニやショッピングセンターに多く配置されています。

先にノーローンのホームページで確認してから、提携先ATMに行きましょう。

ATM返済にはローンカードが必要です。

ノーローンのカードがなければ返済画面に入れません。

ローンカードを挿入すると返済する画面に入れます。

返済用の画面に入って返済額を入力すると、ATMが開いて返済が可能になります。

必要な金額をATMに入れれば、返済処理がその場で完了します。

外出先で返済を行いたいときにはいい方法ですが、手数料がかかる分、他の方法より損をします。

ノーローンの返済額は?

返済額は借入金額スライドリボルビング形式を採用します。

返済額は残されている借金の額はもちろんのこと、設定された限度額によって変化します。

借入限度額が多ければ多いほど、最低返済額が抑えられるシステムをノーローンは採用しています。

つまり限度額を増やせば最低返済額も小さくなるのです。

もちろん借入額も減らしておけば、数千円程度の返済に抑えられる場合もあります。

一方で限度額が多いと、最低返済額が増えてしまいます。

限度額が多い人の倍近い最低返済額が指定されるケースもあります。

なるべく最低返済額を減らせるように、借入限度額の多い契約を行いましょう。

返済に遅れた場合はどうなるの?

返済が遅れてしまった場合、遅延損害金の対象となります。

遅延損害金は金利が上昇するシステムを採用しています。

適用される金利は20%で、これまでの金利よりもはるかに高くなります。

どれだけ小さい金利で契約していた人も、遅延損害金の対象になれば高金利で返済しなければなりません。

金利が高くなると当然返済額が増えてしまいますし、元本の返済がスムーズにできない可能性があります。

さらに会社や自宅に電話が入るようになり、返済の督促を受けます。

返済を続けるまで電話がかかってくるので、家族や会社の人に借入を知られてしまいます。

借りている情報を隠し続けたいと思っているなら、返済の遅延だけは絶対に起こさないようにしましょう。

返済を遅延しないための対処法

返済を遅延しない方法として、ノーローンのメールサービスを使うといいでしょう。

ノーローンのメールサービスを使えば、返済日前に連絡があり、メールによって返済日を教えてくれるのです。

メールを確認しておけば返済日を忘れる可能性は減りますし、すぐにでも返済の準備ができるでしょう。

他にはカレンダーに返済予定日をわかりやすく記述するといいでしょう。

近年はスマホなどのカレンダーには情報を書き込み、通知できるサービスがあります。

返済日が通知されれば、問題なく返済の準備もできますし、返済日当日でも返済に動ける場合があります。

困ったときはカレンダーに印をつけたり、通知サービスで教えてもらいましょう。

ノーローンの返済遅延は起こさないようにしよう

ノーローンの返済遅延を起こしてしまうと、返済額が増えてしまいとても大変です。

家族や知り合いにもお金を借りていると知られてしまい、イメージダウンも起こしてしまいます。

なるべく知られないように返済遅延だけは起こさないようにしましょう。

ノーローンのサービスを使ったり、カレンダーを利用して返済日を覚えておくと安心です。