ノーローンに増枠申請を出す時の注意点!増枠審査は厳しいのか

更新日:

ノーローンは増額のできる消費者金融です。

最初の限度額に不満を持っているなら、増額によって限度額を増やしてもいいでしょう。

ただ、限度額を増やすためには審査を受けなければなりません。

ノーローンの増額審査は、最初の審査よりも難易度が高く、厳しく見られるため注意してください。

ここではノーローンの増額審査について説明するほか、増額を行いやすくする方法も紹介します。

カードローンの限度額はどうやって決まる?限度額増額はできる?

ノーローンの増額審査はどのように行うのか

まずはノーローンの増額審査を受ける方法を紹介します。

他の消費者金融は、マイページから増額審査を受けられるようにしています。

しかしノーローンにはマイページから増額できる方法が用意されていません。

従ってノーローンの増額審査は自分から望んでは行えないのです。

ノーローンの担当者が、増額しませんかという通知を持ってきて、ようやく増額が受けられます。

増額の案内が来ない限りは増額できないものと考えてください。

増額の案内を受け取ったら、その後増額の申込を行い、本人確認を受けます。

本人確認に問題がなければ審査が行われ、最終的に増額が認められれば限度額が変更されます。

増額審査に落とされた場合は増額されず、そのままの限度額に設定される、もしくは問題が多かったため限度額が減額されてしまいます。

ノーローンの増額は電話連絡のみで申し込みを行う

担当者から増額の案内が届いても、増額をするかは任意で決められます。

増額をしない場合は担当者の案内は無視して、そのままの限度額でノーローンを使えばいいのです。

一方でノーローンの増額を希望するなら、案内に従って電話番号に連絡し、増額を希望する旨を伝えなければなりません。

増額の案内が届いたとしても、電話によってノーローンに増額の希望を出すほか、電話口で申込内容を伝える必要があります。

他社の消費者金融に比べると、申込みの方法がやや難しくなっています。

増額を希望したい方は、案内が届いてから指定された電話番号に連絡を入れ、増額したいと告げましょう。

ノーローンの増額審査は通常の審査とは異なる

ノーローンの増額審査は、最初の申込とは全く違う方法によって審査を行います。

これまでは収入面や借金、信用情報に問題がなければ審査を通過できました。

しかし増額審査の場合、これまでにノーローンを利用している実績が追加されます。

ノーローンを利用して問題なく返済が行われていると判断されなければ、審査を通過できないのです。

また、初回の審査と違い、増額の場合はより多くの年収を求められてしまいます。

増額審査の時点で年収が依然と変わっていなければ、ノーローンの増額は認められません。

増額したいと考えているなら、確実に年収を増やしておくように心がけましょう。

ノーローンの増額審査で見られている項目

ノーローンの増額審査では以下の項目を確認されています。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 他社借入状況
  • 信用情報
  • ノーローンの利用状況

以上の項目を確認し、問題がなければ増額を行っています。

1つでも問題があると判断されれば審査に落とされてしまい、増額は認められません。

ノーローンの増額審査で見られている項目が、審査にどのような影響を与えているのか知っておいた方がいいでしょう。

ここからは審査で見られている項目について詳しく説明します。

年収

当然ではありますが、年収が増えていないようでは審査を通過できません。

ノーローンは消費者金融のため、年収の額から3分の1位以上の限度額を設定できない総量規制を適用されています。

従ってノーローンの増額を認めてもらうには、年収をある程度増やして総量規制でも増額できる状況にしなければなりません。

年収が増額できるほどに値しないと判断されれば、増額審査の案内が届いたとしても審査に落とされてしまいます。

増額を希望している方は、年収を最優先に増やすようにしてください。

なお、増額審査の際は収入証明書が必要です。

収入証明書の準備もしっかり行い、増額審査ですぐに提出できるようにしましょう。

勤続年数

仕事をしている年数は、増額審査ではあまり関係のない項目の1つです。

その理由は、増額審査の際に転職していなければ年数は問題なく満たされると判断されるからです。

しかし転職している場合など、増額審査で勤続年数が足りないと判断され、審査に落とされる場合があります。

もし転職しているのであれば、最低1年程度の勤続年数を確保してから増額審査を受けたほうがいいでしょう。

もちろんノーローン側には、個人情報の変更等で転職している旨を伝えてください。

勤続年数をごまかしている場合は、当然審査に落とされてしまうほか、限度額を下げられる場合もあります。

他社借入状況

ノーローン以外の会社と契約していた場合、他社借入が増えている可能性もあります。

もし増額審査の際に、借りている金額が残されていた場合、増額できないと判断されて審査に落とされる場合があります。

審査を受ける際は、なるべく他社借入は減らしたほうがいいでしょう。

少しでも借金を返しておき、増額審査の際に信用できると示さなければなりません。

他社借入件数や他社借入金額が多すぎる場合、増額審査に落とされるだけでなく、場合によっては契約を切られる可能性もあります。

信用情報

ノーローン以外の会社で問題を起こしている場合、信用情報が変更されている場合もあります。

増額審査の際は信用情報も確認されており、明らかに問題があると判断されれば審査に落とされてしまいます。

特に延滞などの情報が残されている場合、増額審査は絶対に通過できません。

他社の問題も含めて、信用情報に傷がつく行為は行わないほうがいいのです。

あまりにも信用情報が悪いと判断されれば、増額されるどころかノーローンから契約を切られる場合もあります。

ノーローンに対して嫌なイメージを与えないように、信用情報は常にいい状態にしておきましょう。

ノーローンの利用状況

ノーローンを利用していない人には増額の案内が届きません。

増額を希望するなら、ノーローンの利用は必須条件と言えるでしょう。

しかしノーローンから増額の案内が届いても、ノーローンの利用状況が案内後に悪くなるケースもあります。

案内が届いた後に返済遅延を起こしているなど、ノーローンに信用されないような行為を行った場合、増額の案内が届いても審査に落とされます。

ノーローンに対する問題は審査に通らない原因を作る可能性が非常に高くなります。

増額を希望するなら、まずノーローンに対して問題を起こさないように気を付けましょう。

ノーローンの増額審査に落とされるとどうなるのか

ノーローンの増額審査にただ落とされるだけなら問題は特にありません。

審査に落とされたとしても、そのままの限度額でノーローンを利用し続けられるのです。

しかしノーローンの増額審査で大きな問題が発覚すると、以下のペナルティを受けてしまいます。

  • 限度額を減らされてしまう
  • ノーローンの契約を切られてしまう

以上の問題が起こってしまいます。

上記の問題について理解し、なるべく増額審査に落とされないように気を付けましょう。

限度額を減らされてしまう

ノーローンの増額審査に落とされた結果、このままの限度額では利用できないとノーローン側に判断されてしまい、限度額を下げられる場合があります。

本来なら限度額を下げられるような状況はなかなか起こりません。

しかし借金が増えている、信用情報がかなり悪くなっている、ノーローンに対する問題行為が発覚した場合は限度額を下げられてしまいます。

特に借金が増えている場合、限度額が大幅に下げられる可能性があるので注意してください。

現在の限度額以下の契約となれば、ノーローンは使いづらくなってしまうでしょう。

ノーローンの契約を切られてしまう

あまりにも問題が多すぎて、契約し続けられないと判断されればノーローンの契約を切られてしまいます。

契約解除となれば、現在借りている金額は一括で返済しなければなりません。

ノーローンで少額だけ借りているなら問題はないかもしれませんが、大きな借入を行っていると返済が1回でできない可能性もあります。

契約解除によって生活に大きな影響を及ぼすため、契約を切られるような問題は起こさないようにしましょう。

特に信用情報が悪くなっている人は契約解除の可能性が高いので気を付けてください。

ノーローンで増額ができない場合は他の方法がいい?

ノーローンで増額できないと判断したり、増額審査に落とされた人は、消費者金融への申込を検討するといいでしょう。

ノーローンの増額審査は難易度が高いものの、他社の新規申込であれば審査を通過できる可能性があります。

多重債務となる可能性もありますが、増額できずに借りられる金額を制限するより、消費者金融を使って簡単に借りられる状況を作ったほうがいいのです。

しかも消費者金融の審査はそんなに厳しくありません。

限度額も増額したい金額を確保できる可能性があります。

ノーローンの増額審査で落とされてしまった場合や、なかなかノーローンから増額の案内が届かない場合は、消費者金融への申込を検討してください。

消費者金融は大手の会社だけでなく、中小の消費者金融もあります。

中小の消費者金融であれば、あまり属性が良くない場合でも審査を通過できる場合があります。

ノーローンの増額審査はやや厳しいので気を付けよう

ノーローンの増額審査は、銀行カードローンの増額に比べれば甘いかもしれませんが、それでも厳しい傾向にあります。

希望している増額ができないだけならいいですが、限度額を下げられてしまい、借入が厳しくなる場合もあるのです。

ノーローンの増額審査を通過するなら、まずは属性やノーローンの利用状況をしっかり作り、信用を得られるようにしましょう。

もしノーローンの増額審査を通過できない、案内がなかなか届かなくてもどかしいなら、他の消費者金融に新規申込を行ったほうが楽かもしれません。