0120990309はプロミスからの電話番号!プロミスから電話がかかってくるケース

公開日:

「ある日突然0120990309という電話番号から着信があった」
「0120990309ってどこの電話番号?」
自分が知らない電話番号から着信があると、やましいことがなくてもびっくりしますよね。

そんなとき電話番号で検索をしてしまうのですが、その中でよく登場する電話番号が0120990309です。

果たして0120990309はどこからの電話で、どのような要件があって電話がかかってくるのでしょうか。

突然0120990309からの着信はどこから?

それでは0120990309という電話番号について、詳しく解説していきます。

0120990309はプロミスの電話番号

結論から言うと、0120990309は消費者金融のプロミスからの電話です。

会社名はSMBCコンシューマーファイナンスなので、会社名で名乗るケースもあるかもしれませんね。

つまりプロミスがあなたに用事があったので、電話がかかってきたということです。

プロミスから借り入れをしているなど、心当たりのある人も多いのではないでしょうか。

プロミスを利用していなくても電話がかかってくるケース

0120990309という電話番号は、十中八九プロミスからの電話です。

しかしプロミスを利用していなくても、電話がかかってくるケースがあります。

それはSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社になっているカードローンから、借り入れをしているケース。

銀行カードローンなどは個人向け融資の実務を、消費者金融に委託しているケースがあります。

そのため銀行カードローンを利用していても、返済遅れなどの理由で電話するときは、SMBCコンシューマーファイナンスが代行して担当することがあるということですね。

代表的なものだと三井住友銀行カードローンは、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を担当しています。

また返済が滞っていると、途中から保証会社の連絡先が変更になるというケースもあるようですね。

カードローンを利用しているときに、知らない電話番号から着信があったら出ておいた方が無難ですよ。

プロミスから電話がかかってくる理由

それではなぜプロミスから電話がかかってくるのでしょうか。

ここからはプロミスから電話がかかってくる理由について解説していきます。

申し込みの確認電話

プロミスから電話がかかってくる理由の1つ目は、申込確認の電話です。

プロミスに申し込みをする際、電話番号を入力しますが、仮審査に通過したら一度確認の電話がかかってきます。

プロミスの審査は甘い?審査基準を徹底解説!

これは電話番号を確認する意味と、申し込みの意思を確認する意味の2つがありますね。

電話番号を入力間違いされると、今後何かあったときに連絡がとれないので、かなり不便になります。

そのため申し込みをした後に、確認の電話がかかってくるということですね。

確認の電話は早ければ申し込み後1時間以内に電話がかかってくるので、電話に出られる体制を作っておくようにしましょう。

増額あるいはおまとめローンの勧誘電話

プロミスから電話がかかってくる理由の2つ目は、増額あるいはおまとめローンの勧誘です。

これは返済が順調におこなわれている人に対して、かかってくる電話です。

消費者金融側の立場からすると、返済をしっかりしてくれる人に対してはさらにお金を借りてほしいですよね。

そのため返済を順調にしている人に対して、増額やおまとめローンの勧誘をしてより多くのお金を借りてもらう営業をしているということです。

増額やおまとめローンは断ってもマイナスなことは起こりません。

そのため自分にメリットがあると感じたら、増額やおまとめローンをするようにしましょう。

返済が遅れているので催促の電話

プロミスから電話がかかってくる理由の3つ目は、返済が遅れているので催促で電話してくることです。

この3つ目の理由が、プロミスから電話がかかってくる人の中でもっとも多いのではないでしょうか。

目安としては返済日から3日~1週間経過しても返済がない場合、催促の電話がかかってきます。

返済日を忘れている場合もあるので、その場合はすぐに返済する旨を伝えましょう。

しかし返済ができなくて返済日を過ぎてしまった場合、プロミスに対して誠実な対応をすることが大切。

返済が遅れているときは電話に出づらい気持ちはわかりますが、しっかり対応しないと大変なことになりますよ。

返済が遅れているときの対応方法

「プロミスに返済をしたいけど今お金に余裕がない」
「プロミスから何度も電話がかかってきているけど、返済できないので電話に出づらい」
プロミスから電話がかかってきた理由が、返済遅れの場合このような状況になってしまっている人も多いのではないでしょうか。

しかし電話を無視していると、プロミスからの電話頻度がアップ。

毎日何度も電話がかかってくるので、精神的にもダメージを受けてしまいます。

それでは返済が遅れているときは、どのように対応すればよいのでしょうか。

ここではプロミスへの返済が遅れていて、電話が何度もかかってきている人への対応方法を紹介させていただきます。

電話は必ず折り返す

「プロミスから何度も電話がかかってきているけど、返済できないので電話に出づらい」
このような状況になってしまっている人は、まずプロミスに電話しましょう。

これは返済ができなくても、電話をした方が間違いなくいいです。

プロミス側の立場になって考えてみましょう。

お金を貸している側の1番のリスクは、お金を貸したまま逃げられてしまうこと。

そのため電話に出ないということは、そのまま逃げられてしまうと考えてしまいませんか?

そういった事態を防ぐため、長い期間電話にでないとお金を貸している側は不安になり、何度も電話をしてしまうことになります。

そのため返済ができない状況でも、電話は必ず折り返すことが大切です。

どうしても返済できないときは電話で相談

「お金が返せないのに電話をしてもどのようなことを話せばいいかわからない」
そのように考えている人もいると思います。

そういった場合、プロミスの担当者さんにお金が返せないことを素直に相談しましょう。

プロミス側としては連絡がとれないことが1番のリスクなので、電話が通じたことがはじめの一歩。

これまでにもお金を返せない人への対応はたくさんしていますので、素直に相談をすると返済に関する相談にのってくれます。

どうしても返済ができないときは

  • 今月は利子だけの返済にする
  • 今まで返済した分から一時期に借り入れをして返済に充てる

といった内容の提案もしてくれます。

相手は個人融資に関するプロなので、お金を返すことが難しいときは、素直に相談することが大切です。

電話連絡をしないと最悪裁判になってしまう

「お金が返済できなくても相談することが大切」
先ほどそのようなことを説明しましたが、返済できないからといって電話連絡をしないとどうなってしまうのでしょうか。

改めてプロミス側の立場に立って考えてみましょう。

お金の返済が滞っている人が、何度電話をしても電話に出てくれません。

そうなるとプロミスとしては、お金を借りたまま逃げられてしまうというリスクを考えてしまいます。

そのため次は電話よりも、相手にやばいと思わせる手段で連絡をする。

しばらくの間電話に出ないと見なされると

  • 登録されている住所に督促状を送る
  • 裁判で訴える

といった方法で、お金を返してもらうように対応をしてきます。

どのくらいで裁判になるかは会社によって異なりますが、おおよそ3ヵ月ほど連絡がないと裁判になることが多いようですね。

裁判で訴えられてしまうと、財産や給与口座の差し押さえをされてしまいます。

そうなる前にもしっかりと相談することが大切なので、できるだけ早く電話するようにしましょう。

まとめ:プロミスからの電話は必ず確認しておこう

ここまでプロミスからの電話について解説してきました。

これまでの内容をまとめると

  • 0120990309はプロミスからの電話
  • 電話の内容は申込確認・増額の勧誘・返済の催促など
  • 返済の催促の場合、電話は必ず折り返す
  • 返済できる見込みがなくても相談することが大切

プロミスから電話がかかってくるときは、返済の催促であることが多いですが、返済できる見込みがないと電話の折り返しがし辛いという気持ちになってしまいます。

しかし電話をしないとどんどん状況が悪化してしまうので、まず折り返し連絡することが大切です。

プロミスから電話がかかってきたら、まずは落ち着いて対応しましょう。