プロミス何時までの審査申し込みですぐ借りれる?プロミスの審査対応時間を解説します

更新日:

時計を気にする女性

時間のかからない借り入れが可能な消費者金融で有名な「プロミス」。

そんなプロミスですが、無事審査が終わり、今日中に借り入れを終わらせるには時間内に申込む必要があります。

今回は、スムーズに今日中に借り入れるための時間を調べてみましょう。

昨今のプロミスは、スマートフォンアプリの発展もあり、「何時までに審査申込が必要!」という条件がゆるくなっています。

人気消費者金融「プロミス」からスムーズに借りるためには何時までに審査申込が必要か?調べていきましょう。

プロミス基本情報

プロミス

金利 4.5~17.8
限度額 最高500万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

プロミスはSMBCコンシューマファイナンスの消費者金融。

誰でも借りやすい設定が組まれたカードローンを運営しています。

プロミス審査の流れ

まずは、プロミスの審査はどのような流れで行われるのか。

プロミス審査の流れから調べていきましょう。

申込

WEB、無人契約機、電話その他の方法で、プロミスへ申込みます。

仮審査

申込みで入力した情報をもとに「仮審査」が行われます。

申込みフォームに入力した情報をスコアになおして、最終的なスコアの合計値で審査が行われます。

本審査

仮審査はスコアの審査ということで、機械がシステマチックに行う分野が多いですが、ここからは人の手が加わります。

本審査でやはり違うのが「在籍確認」です。

在籍確認は、申し込んだ本人の会社にかかってくる「確認電話」。

プロミスから会社へと電話をかけて、「本当に申し込みどおりの会社で働いているのか」を確認します。

当然、この在籍確認がクリアできないと、プロミスの審査はクリアできません。

審査通過

審査が終われば、本格的にプロミスのカードローン契約を行います。

ここまでにかかる時間は、申込みを行う条件で変わります。

今回の記事ではそこを解説していきたいと思います。

プロミス審査基準

プロミスの審査で見られるのは、大きく分けて2つのポイント、収入などの属性と過去のキャッシング利用記録「信用情報」です。

属性の審査で求められるのは、「安定した収入」など必要最低限の情報。

そして信用情報でも、まっさらなクリーンな信用情報でなくとも問題ありません。

多少のブラックな情報でも、その記録があっても「返済能力がある」と思わせるだけの情報があれば審査に通ります。

プロミスの審査基準について、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。→「プロミスの審査は甘い?審査基準を徹底解説!

プロミスの審査受付時間

さて、前置きが長くなりましたが、ここからはプロミスの審査時間について調べていこうと思います。

プロミスは何時まで審査を受けつけているのか?

なるべくプロミスの審査を早く終わらせたい方は、まずプロミスの審査受付時間から知っておくべきです。

プロミスの審査時間は申込方法で変わる

プロミスの審査受付時間は、どの方法でプロミスへ申込むかで変わります。

たとえネット申し込みなら24時間いつでも審査を受け付けていますが、無人契約機からの申込みは無人契約機の営業時間でないと審査を申し込めません。

以下に表で申込み対応時間を紹介しておきます。

申込み方法別審査時間
申し込み方法 申込受付時間
Web(ネット申し込み) 365日24時間
無人契約機 9:00~21:00
電話 9:00~22:00
店頭窓口 平日10:00~17:00

やはり、24時間いつでもプロミスの審査申し込みを受け付けているネット申し込みが優秀ですね。

ネット申し込み後スムーズに手続きが進めば、簡単にプロミスから即日融資を受けることができます。

土日も時間は変わらず即日審査対応!だが…

プロミスの申込み自体は土日でも対応しており、土日の申込みでも条件が合えば即日審査に対応しています。

しかし土日の審査申込で問題なのは、「審査が混み合う」ことです。

平日よりお金が必要になっている人が多いので、プロミスへの申込みが多くなっているのです。

結果的に、審査申し込みから実際の審査結果受け取り、そしてカードローン契約までにかかる時間が長くなってしまうかもしれません。
「即日審査」が難しくなることも珍しくありません。

土日にプロミス審査で時間をかけたくない方は、せめて午前中の早い時間に申込むようにしてください。

土日の申込みは借り入れにかかる時間も注意

土日の申込みは、通常の借り入れと同じく「カードを使ってATMから借り入れ」と「銀行振込での借り入れ」の2つです。

無人契約機の営業時間は、平日と同じく9:00~22:00ですが、問題は振込対応時間です。

振込先の口座を三井住友銀行口座か、ジャパンネット銀行口座にすると、メンテンス時間を除いて24時間いつでも振込融資を受けられる「瞬フリ」のサービスを利用できるので、時間の制限を受けません。

しかし、それ以外の銀行口座への振込は、平日の9:00~14:50までしか即日振込に対応できません。

ちなみにこの「即日振込対応時間」は、カードローンの種類によって設定が変わってきます。

→即日振込で借りられるキャッシングランキング!

プロミスの審査結果が遅い原因

プロミスに申込むと、その審査結果が帰ってくるまでにタイムラグがあります。

その審査結果が届くまでにかかる時間が長い時。

審査結果がいつまで経っても知らされない時、考えられる要因があります。

申し込んだ人のステータスが弱い

申し込んだ人の属性、信用情報が不利だと、プロミスの審査に時間がかかってしまいます。

プロミスが、審査結果を出すまでに慎重になるからです。

プロミスの審査結果が遅いときは、「申し込んだ人の条件が悪い」という原因が考えられます。

申込みが混み合っている

プロミスの審査申し込みが混み合っていると、プロミスからの審査結果通知に時間がかかります。

申込みが混み合うことで、プロミスの審査対応に時間がかかるからです。

こればっかりは運の要素が大きいです。

申込みが混み合う時間、申込みが混み合う時期は必ずあります。

よく言われるのは、生活スタイルが変わる春先はプロミスの審査が混み合う…と言われていますがそれも定かではありません。

土日に申し込んだ

上でも伝えた通り、土日にプロミスへ申込むと審査に時間がかかります。

土日はお金を使う人が多く、「お金がない」なんて状況になる人が多いからです。

土日に申込むと、審査に時間がかかってしまうことを覚悟しておいてください。

書類に不備がある

書類に不備があると、プロミスの審査に時間がかかってしまいます。

プロミスの審査申込後カードローン契約で必ず必要になるのは、「本人確認書類」です。

免許証、パスポート、公共料金の支払い書など、本人の情報が確認できるものをくれぐれも忘れず用意してください。

そして、審査で必要になったときは「収入証明書」も必要です。

支払い能力の確認が必要になった時、プロミスは「収入証明書の提出」を求める場合があります。

その時は「給与明細」「源泉徴収票」などの提出を行って下さい。

画像提出時は書類の写真写りに注意

私の実体験ですが、プロミスにスマートフォンで書類の写真を撮って、その写真を送ろうとしたところ「光が反射して書類の文字が読めない」と言われたことがあります。

この場合も当然、プロミスの審査に時間がかかってしまいます。

プロミスに写真で書類を提出する方は、書類の写真で文字が確認できるか前もって確認しておきましょう。

プロミスから即日借り入れるには審査対策が必要

「プロミスの審査は何時まで?」

という”時間”ばかり気にしておられるようですが、審査を時間内に申し込んだとしても、審査に通るかどうかは別問題です。

プロミスから審査申込後、なるべくスムーズにお金を借り入れるためには、「プロミスの審査対策」が必要になります。

簡単にプロミスの審査対策を説明します。

詳しい審査対策を知りたい方はこちら→プロミスの審査は甘い?審査基準を徹底解説!

申込み情報を正確に!嘘もつかない!

まずプロミスの審査対策として一番カンタンで確実なのが、「申込情報を正確にする」というものです。

申込情報に不備があると、審査に落ちるというところまでいかずとも、申込情報の訂正で時間をとられてしまいます。

その申込内容の誤差が大きいものだったなら、「嘘」と判断されて審査落ちも考えられます。

たとえ、プロミスの審査通過後嘘が発覚した場合も、カードローン利用権が剥奪されることがあります。

くれぐれも、プロミスに申込む情報は書類と同じ、正確な情報で申込を行って下さい。

不要なキャッシング、クレジットカードを解約しておく

キャッシング、クレジットカード契約はすべて、信用情報に記録されます。

プロミスが審査で、このキャッシングやクレジットカード契約記録を審査した時、その契約数が多いほどプロミス審査で不利となります。

必要ないキャッシング、クレジットカードがあるなら、解約しておきましょう。

借入希望額を少なくする


プロミスに申込む時入力する「借入希望額」ですが、この希望額が少しでも低いほうがプロミスの審査通過率が上がります。

少額融資なら、プロミスは「返済不能リスクが少ない」と判断するので、審査に通してくれやすくなるのです。

プロミスから大金借りる必要ないなら、プロミスの申込時伝える借入希望額は高くても10万円程度にしておきましょう。

プロミスから即日借り入れるためのベストな時間と方法は?

プロミスから今日中にお金を借りるためには、ベストな時間帯に、ベストな方法で申込む必要があります。

ここからは、実際にプロミスのカードローン契約を行っている私から、プロミスのベスト申込時間と申込方法を伝えておきます。

借り入れの参考にしてください。

申込時間帯は平日の午前中

まず「プロミスにいつ申込むか」という話ですが、申込むのはやはり混み合わない「平日の午前中」がおすすめです。

記事内で再三お伝えしたとおり、午後は申込が混み合うので、対応が遅れます。

プロミスへの申込はWEBから「カンタン入力」で

プロミスのネット申し込み方法は2つあります。

入力項目の多い「フル入力」と、少ない入力項目で、足りない部分は電話で話しながら埋める「カンタン入力」があります。

この時選ぶのは「カンタン入力」がおすすめです。

カンタン入力なら単純に入力項目が少なく、申込自体に時間がかからないこと。

そして、フル入力でありがちな「申込ミス」が、電話で間違いや不足を補填するというシステム上少なくなります。

外に出る余裕がないなら振込融資を受ける

プロミスから借り入れる方法は大きく分けて2つ。

「カードを使って借り入れ」か、「銀行振込で融資を受ける」という2つの方法があります。

外に出る余裕があるなら、WEB申込み後カードの受取のみ無人契約機で行うのがおすすめ。

カードを受け取ったら、あとはそのカードでATMから借り入れるだけです。

無人契約機のある場所まで行くのが難しいなら、WEBからプロミスに振込依頼を出す方法で借り入れてください。

瞬フリで借り入れれば、プロミスからの即日振込がより確実になります。

プロミスの審査が遅いときの対処法

気をつけて申し込んだとしても、プロミスの審査に時間がかかってしまうことがあります。

お金に困っており、一秒でも早くプロミスから借りたい…。

そんなふうに考えている方は、なんとかプロミスの審査が遅い場合の対処法を知っておく必要があります。

電話でプロミスに問い合わせる

「審査が遅い」ということを、正直にプロミスに電話して相談するのが確実です。

プロミスのフリーコール(0120-24-0365)に電話して、現在の審査状況を問い合わせましょう。

さすがにプロミスは、すぐお金を借りてくれる人をむげに扱わないはず。

多少の審査時間短縮を期待できます。

他のカードローンで借り入れ

早い審査、時間のかからない融資が可能なのは、何もプロミスだけではありません。

プロミスの審査が終わらないと悩んでいるなら簡単です。

プロミス以外の、審査と融資に時間がかからない消費者金融のカードローンを利用するのがおすすめです。

具体的に、審査が早くておすすめなカードローンを紹介します。

アイフル

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

プロミスと同じく大手消費者金融のアイフルも、審査に時間がかからないカードローンを用意しています。

アイフルの素晴らしいのは、審査を早めるフリーダイヤルを用意してくれていること。

これなら、ただでさえ早いアイフルの審査時間をさらに早めることができるのです。

何時の申込みでアイフルから即日融資を受けられるのか?即日融資のコツは?

アコム

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

アコムのカードローンも、審査と融資に時間がかかりません。

また、アコムのカードはクレジットカード機能を搭載できるという特別ぶり。

アコムはクレジットカードの即日発行にも対応しているのです。

アコムで即日融資を受けるには何時までの申込みが必要か?

SMBCモビット

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

SMBCモビットのカードローンも審査が早いです。

SMBCモビットといえば、WEB上で借り入れ手続きがすべて終わる「WEB完結申込」のサービスが優秀です。

時間もかからず、さらに内緒で借りやすいのがSDMBCモビットなのです。

SMBCモビットで即日融資を受ける条件は?何時までに申し込めばいいの?

「プロミスの審査何時まで?」まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「プロミス審査何時まで?」という、割と切迫した疑問をお答えしました。

プロミスの審査対応時間は、プロミスに申込む時間によって変わってきます。

プロミスからの借り入れに時間をかけたくない方は、なるべく時間をかけないベストの方法で申込と借り入れを行って下さい。