プロミスの在籍確認内容と対策について-電話連絡なしにはできない?

公開日:

職場で電話をかける女性

プロミスに申し込みをするとき、不安に思うことが多いのが在籍確認。

とくにはじめて消費者金融に申し込みをする人は
「在籍確認ってなにを聞かれるの?」
「在籍確認されたことで職場の人にプロミスの利用がばれない?」
といった疑問が浮かんでくるでしょう。

こちらの記事では、そんな人のためにプロミスの在籍確認について徹底解説。

これを読めばプロミスの在籍確認をスムーズに行えるようになります。

プロミスの在籍確認が不安な人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

在籍確認ってなに?なんのために行われる?

まず在籍確認とはどのようなもので、なんのために行われるのでしょうか?
在籍確認について詳しく解説していきます。

申込者が申請先と同じ会社で働いているかどうかの確認をおこなう

在籍確認は銀行カードローン、消費者金融など個人がお金を借りるとき審査の一環で行われます。

在籍確認をする理由は「申込者が申請先と同じ会社で働いているかどうかの確認するため」
そのため申込者が記入した勤務先に電話をかけて
「お世話になっております。

私〇〇と申します。

△△様はいらっしゃいますでしょうか?」
という確認の電話を行います。

これに対して電話に出た人が
「△△ですね。

少々お待ちください。」
といった形で電話を代わって、申込者に電話がつながればその人は本当にその会社で働いている確認がとれます。

このようにしてその人が本当に申請先で働いているか、確認をしています。

在籍確認がとれないと審査に影響がでる

それではなぜ在籍確認をするのでしょうか。

在籍確認がとれれば、申込者が働いている会社を正確に知ることができます。

勤務先の会社がわかるということは、その人の年収や今後の給料なども把握できるということ。

カードローンを利用する人には、安定して返済してもらう必要があるので、本当にその会社で働いているか確認する必要があるということですね。

逆に在籍確認がとれないとなると、カードローン会社としては申込者の返済能力について疑問をもちます。

申込者が働いていないとすると、毎月安定して返済してくれる可能性は低くなってしまいますね。

そのため在籍確認がとれるかどうかは、審査に大きな影響を及ぼすということです。

ウソの在籍先を伝えると即審査落ち

会社の規模や会社ができてからの歴史がある会社は、カードローンの審査において有利になります。

そのため
「少しでも多くのお金を借りたい」
といった気持ちから、ウソの勤務先を伝える人がいます。

結論から言うと、ウソの勤務先を伝えた場合即審査落ちします。

在籍確認によってその人が勤務しているか、どうかすぐにわかります。

申し込みの時点でウソをつく人は、今後返済をしてくれるかどうか不安になりますよね。

そのため申し込み内容にウソが判明した時点で、カードローンの審査には即落ちます。

これは勤務先に限らず、他社からの借り入れや年収についても同様。

ウソをつく人はその時点で信頼がないと見なされるので、申込書は正しいことを書きましょう。

プロミスの在籍確認はこのようにおこなわれる

それではプロミスでは、どのように在籍確認がおこなわれるのでしょうか。

プロミスの在籍確認方法について、解説していきます。

勤務先への電話内容

プロミスは申込後、仮審査を行い、仮審査に合格した人に対して在籍確認をおこないます。

プロミスによる在籍確認は、記載された勤務先の電話番号に電話がかかってきて
「もしもし、私、田中と申しますが、営業部の△△様をお願いします」
といった形で、プロミスという会社名を出さずに個人名で電話がかかってきます。

万が一電話に出た人が、会社名を聞いたとしても
「個人の用事なので」
といった対応をしてくれるので、プロミスからの電話だとわかることはありません。

消費者金融に対してはマイナスのイメージを持っている人もいるので、そういった人に対する配慮なのでしょうね。

本人に電話がつながれば数分で終了する

プロミスから在籍確認の電話がきて、本人に電話がつながった場合
「△△様ですか?私プロミスの田中です。

在籍確認の電話をさせていただきました」
といった形で、プロミスからの電話であることがわかります。

その後本人確認のため、生年月日などの確認があり、問題なければ在籍確認終了となります。

本人に電話がつながったのであれば、数分で終了するので、あっさりしすぎてびっくりするほどですよ。

本人が外出中などの場合は状況次第

在籍確認の電話に本人が出た場合は、スムーズに手続きが終了します。

それでは本人が外出中などの場合は、どうなるのでしょうか。

結論から言うと、本人が外出中などの場合は状況次第となります。

本人不在の場合、電話口での対応は
「△△は現在外出中です。

こちらから折り返しご連絡しましょうか?」
といった対応になりますが、これでも在籍していると見なされる場合もあります。

また会社が営業時間外などの場合は、後日改めて在籍確認をするというケースも。

ただプロミスなどの消費者金融の場合、無人契約機の前で手続きをすることも多いので、すぐに在籍確認がとれない場合も多々あります。

その場合の判断は、ケースバイケースとなるようなので、担当者さんの指示に従いましょう。

プロミスの在籍確認に関する疑問

プロミスはこのような手順で在籍確認がおこなわれます。

それではそれを踏まえた上で、プロミスの在籍確認に関する疑問に答えていきます。

Q.電話連絡なしにできる?

A. 電話連絡なしにはできません。

在籍確認は電話でおこなわれます。

プロミスの在籍確認は、2018年10月現在すべて電話でおこなわれています。

在籍確認をする理由は先ほど説明した通りなのですが、電話で在籍確認をすることが、現状もっとも確実と判断されているのでしょう。

多くの銀行カードローンや消費者金融では、電話による在籍確認がおこなわれますが、唯一電話での在籍確認を回避する方法を明示しているのがモビット。

モビットにはWeb完結という仕組みがあり、Web申し込みをしたうえで

  1. 自分名義の(被扶養でない)社会保険証または組合保険証を提出する
  2. 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座をもっている
  3. 収入証明書の提出をする

といった3つの条件すべてを満たした場合、電話での在籍確認がなくなります。

これは保険証や収入証明書を提出することによって、在籍確認も同時に行っているというわけですね。

電話での在籍確認がどうしても不安だという人は、モビットへの申し込みを検討してみてもいいのではないでしょうか。

Q.電話で名乗ってもらう名前・会社名などは指定できる?

A. できません。

担当者は基本個人名で名乗ります。

電話で在籍確認をするとき、職場の人にばれることを不安に思う人も多いのではないでしょうか。

そのため
「よく電話をしてくる取引先の会社名と担当者名を伝えるので、それを名乗ってくれないか」
と考える人もいます。

結論から言うと、こういった行為はウソをつくことになるので、カードローン会社ではできません。

万が一ウソの社名を名乗ったことがばれて、取引先に迷惑がかかった場合プロミス側で補償できないというのが理由でしょう。

プロミスからの在籍確認電話は、個人名でかかってくることを頭に入れましょう。

Q.電話の時間は指定できる?

A. 相談次第で可能なケースもある
個人名で電話がかかってくるとはいえ、他の人に対応してもらうことはリスクがある。

そのように考える人は、自分が電話に出られる時間に電話をかけてほしいといった希望があるでしょう。

このように在籍確認の電話については、さまざまな要望が寄せられます。

それらすべてに応えることは難しいでしょうが、相談にのってもらうことは可能です。

プロミスでは申込後、仮審査に通過したら、申込確認の電話がかかってきます。

そのとき在籍確認がこの後行われる旨の話があるので、そのとき自分の希望があれば伝えましょう。

たとえば

  • 勤務先が終業・休業中
  • 勤務先の電話がいつも混み合っている

といったケースだが、どうしてもその日にお金を借りたいと考えていることがあったとします。

プロミス側としても申込者に問題がなければお金を借りてほしいので、相談にはのってくれます。

例えば在籍確認ができる前に一部のみ借り入れを行い、後日在籍確認がとれれば全額融資するというケースもあるようですね。

他にも事情があって、どうしても勤務先に電話をかけてほしくないという人には、それに対する相談にものってくれます。

プロミスはこれまでさまざまなお客さんの要望に応えてきましたので、人によって対応方法を変えることは可能。

在籍確認がどうしても不安だと思うのであれば、事前に相談してみることをオススメします。

Q.在籍確認の電話が職場の人にばれることはある?

A. 職場の人にばれる可能性はかなり低いですがゼロではないです。

消費者金融は上手く使えばかなり役に立つのですが、まだまだ世間的にネガティブな印象があります。

そのため職場の人にばれることが嫌だという人も、かなり多いのではないでしょうか

プロミスをはじめとした消費者金融の在籍確認担当者はプロなので、プロミス側からプロミスと名乗ることはありません。

ただいつもと違う人から電話がかかってきたことから、勘繰りを入れる人もいます。

電話を疑問に思った人から
「今の電話って誰から?」
と聞かれたとき、焦って答えてばれてしまったというケースもあるようです。

そのような質問をされたら
「クレジットカードを作っているのだけれど、その在籍確認で電話があった」
と答えるのが1番自然で、ばれることも少ないでしょう。

クレジットカードの作成であれば多くの人が行っていますので、不審に思われることもありません。

プロミス側から情報をもらすことはありませんので、自分自身の対策をしっかり練っておきましょう。

プロミスの在籍確認対策

最後にプロミスの在籍確認に関して、事前にできる対策について紹介していきます。

ウソを書かないことは大前提の上で、その他にできることを考えていきましょう。

会社に在籍しているのであれば問題なし

在籍確認の対策と大々的に書きましたが、基本的に会社に在籍しているのであれば、問題がおこることはまずありません。

在籍確認の電話は数分のことですし、職場の人にばれることもほとんどありません。

そのため在籍確認の電話に堂々と対応すれば、あっという間に在籍確認は終わっています。

会社に在籍しているのであれば、事前の対策はほとんど必要ないでしょう。

外出している可能性が高いときは事前に伝えよう

一点問題があるとすれば、自分が外出・休みなどで電話に出られないケースです。

そういったケースの場合、その場で在籍確認ができず審査が後回しになる可能性があります。

そのようなことを避けたい場合、事前に電話に出られないことを伝えておくといいでしょう。

プロミスとしても本人が電話に出られないことがわかっているのであれば、対策はいろいろとできます。

特に融資を急いでいる場合は、在籍確認ができないことによってその日にお金が借りられないこともあります。

そういったケースの場合、事前に相談しておくことでその日のうちに融資が受けられるケースも。

在籍確認についてなにか不安があるのであれば、プロミスに相談することをオススメします。

まとめ:プロミスの在籍確認について

ここまでプロミスの在籍確認について解説をしてきました。

ここまでの内容をまとめると

  • 在籍確認はその人が本当に会社で働いているかどうか確認するために行われる
  • ウソの勤務先を書くと審査に落ちる
  • プロミスの在籍確認は個人名で電話がかかってくる
  • 本人が電話に出れば在籍確認は数分で終了する
  • 本人不在でも在籍確認が進むことがある
  • 職場の人に疑問を持たれたらクレジットカードを作成していると答える
  • 在籍確認について不安な点があればプロミスに相談する

    といった点が挙げられます。

はじめて在籍確認をされる人は不安な点も多いと思いますが、一度やってみると予想以上にあっさり終わります。

職場の人にばれることもほぼありませんので、終わってみるとあの時の不安はなんだったんだと思う人も多いのではないでしょうか。