プロミスの限度額を増額するには?増額審査は厳しいのか?

公開日:

「プロミスで増額したいのだけど、どうすればいい?」
「プロミスから増額案内がきたけど、対応どうすればいいの?」

こちらの記事では、そんな人のためにプロミスの増額について詳しく解説していきます。

返済を順調にしているときに、プロミス側からも案内が来る増額。

果たして増額をするメリットは、どのようなところにあるのでしょうか。

カードローンの限度額はどうやって決まる?限度額増額はできる?

プロミスの増額はどうすればできる?

まずプロミスの増額は、どうすればできるのでしょうか。

増額ができる2つのパターンを解説していきます。

電話で増額申し込みが可能

プロミスで増額する方法1つ目は、プロミスに電話をして自分で申し込みをする方法です。

プロミスに電話をして、電話にでた担当の人に増額を希望している旨を伝えると、増額に関する案内が始まります。

その後増額に対しての審査がおこなわれ、審査に合格すると融資枠が増額するという流れになります。

増額された融資枠はすぐに適用されるため、銀行口座振込やATMからの借り入れが可能。

プロミスの増額審査は最短30分ほどで終了するので、あっさりと枠が増加されることもありますよ。

プロミスから増額案内があることも

プロミスで増額する方法2つ目は、プロミスからの増額案内を受けることです。

目安としては1年ほど順調に返済をしていると、プロミス側から増額しませんかという案内の電話がかかってくるようです。

プロミスとしては1年も順調に返済している人は優良顧客なので、より多くお金を借りてほしいということですね。

しかし増額案内があったからといって、必ず審査に合格するという訳ではありません。

「プロミスから増額案内をしているのに、審査に落ちるのはおかしいじゃないか」
と思うかもしれませんが、プロミスはある一定の条件をクリアしている人に対して、増額案内をしていきます。

その中で増額案内に応じた人に対して、詳細な審査をしていくので、その審査に合格しないケースというのもでてきてしまいます。

そのためプロミスから増額案内があったからといって、増額できるかどうかは審査次第ということです。

増額審査で確認される事項

それではプロミスの増額審査では、どのような事項が確認されるのでしょうか。

はじめての申し込みに比べて、増額審査は確認事項が少なく

  • 勤務先や年収に変更はないか
  • 同居家族の構成に変更はないか
  • 住所や連絡先に変更はないか
  • お金の使用目的

といった点が口頭で確認されます。

審査のキーとなるポイントのみ、改めて確認されるということですね。

融資枠を増額するメリット

それでは融資枠を増額することは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

融資枠を増額してしまうと無駄遣いしてしまう可能性があるというデメリットはありますが、もちろんメリットもあります。

それではメリットは、どのようなものなのでしょうか。

枠にゆとりがもてる

融資枠を増額するメリット1つ目は、枠にゆとりがもてるという点です。

融資枠を増額したからといって、融資枠いっぱいまでお金を借りる必要はありません。

そのため万が一の事態に備えて、融資枠を増額しておくと枠にゆとりがもてます。

枠にゆとりがあると、心にゆとりがでることもあるので、枠があるのは一概に悪いことではありません。

ただ枠があるとその分使ってしまうという人には、オススメできません。

増額することがゆとりにつながるという人は、増額してみてもいいかもしれませんね。

金利が安くなることもある

融資枠を増額するメリット2つ目は、金利が安くなることがあるという点です。

プロミスの金利は4.5%~17.8%と決まっています。

金利は審査によって決まってくるのですが、基本的に融資枠が多ければ多いほど、金利は下がっていく傾向にあります。

プロミス側からすると、融資枠が多い人はプロミスとしても大切にしたい顧客になります。

そうなると金利を下げて支払額が安くすることで、長きにわたってお付き合いをしていくことになりますね。

増額の審査ってどのような点が見られる?

それではプロミスの増額審査では、どのような点が審査基準になっているのでしょうか。

増額審査の基準について、解説していきます。

これまでの返済実績が最も大切

増額審査においてもっとも大切なポイントは、これまでの返済実績です。

プロミスの増額審査であれば、プロミスの返済日に遅れたことがあると、増額審査では大きなマイナスポイントになります。

増額するということは、今まで以上に返済額が増えることになります。

そのため現状の返済額で支払いが遅れているとなると、返済額がさらに増えると、返済が難しくなる可能性があるのではないかと思われてしまいますね。

こういった事情から増額審査では、返済実績が最も重視されるということです。

もちろんプロミスの増額審査ではありますが、他社の返済実績も確認されます。

他社の返済実績は信用情報というもので確認されるので、他社で返済が遅れている場合でも審査に落ちる可能性は高いです。

はじめての申し込みの時は返済実績がありませんでしたが、増額審査では返済実績が大切になる点は覚えておきましょう。

職場や住居に変化があるか

増額審査においては職場や住居に変化があるかどうかが、確認されます。

職場が変わっていた場合、年収にも変化が起こっているでしょうし、在籍確認も改めて行わなければなりません。

一方職場が変わっていない場合、日本の企業であれば年収に大きな変化があることは少ないです。

そのため改めて会社のことを調べる必要もないので、申込時のデータが適用されることがほとんど。

住居に変化があった場合も、審査に対象になります。

一人暮らしなのか、実家暮らしなのかといった居住形態が変わっている場合、その人の支出状況が大きく変わります。

支出が減ればその分返済に回せるお金も作れますので、審査が有利になるということですね。

このように職場や住居に変化があったかどうかは、増額審査でチェックされる項目になります。

職場の変更がなければ在籍確認もないことがほとんど

ちなみに職場の変更がない場合、在籍確認もされないことがほとんどのようです。

申込時に在籍確認がされているのであれば、わざわざ2度行う必要もありませんしね。

ただしそれを逆手にとって、職場が変わっているのに、在籍確認がしたくないからという理由で、職場が変わっていないというのはやめましょう。

こういったウソがばれてしまった場合、融資枠の減額や最悪契約打ち切りにもなりかねません。

職場が変わったとしても年収や会社規模によっては、より審査が有利になることもあります。

そういった点も含めて、職場が変わった場合はしっかり申告するようにしましょう。

増額審査に落ちる人ってどんな人?

悩む男性

プロミスの増額審査ですが、もちろん全員が合格する訳ではありません。

それでは増額審査に落ちる人は、どのような人なのでしょうか

プロミスの増額審査に落ちる人の傾向を見ていきましょう。

返済実績がよくない

プロミスの増額審査に落ちる理由1つ目は、返済実績がよくない人です。

増額審査でチェックされる項目の箇所でも説明しましたが、増額審査では返済実績がもっとも大切なポイントといっても過言ではありません。

そのため

  • 返済が遅れることが多い
  • 今月分の返済ができていない
  • 他社の借り入れに対して返済ができていない

といった点に該当してしまう人は、審査に落ちる可能性がとても高いです。

お金がなくて返済できないパターンの改善は難しいですが、うっかり返済が遅れてしまう人は対策ができます。

対策とは返済方法を口座振替にすること。

口座振替であれば、毎月自動で引き落としがされるので、うっかり返済を忘れてしまうということがありません。

さらにコンビニATMなどから返済する場合、ATM手数料もかかってしまいますが、口座振替は手数料も無料。

後々増額審査を考えている人は、返済実績をしっかり積んでいくことがとても大切です。

そのため返済実績を崩してしまわないように、仕組みをつくっていくことが、返済実績につながっていきますよ。

職場が変わって年収が落ちた

プロミスの増額審査に落ちる理由2つ目は、職場が変わって年収が落ちた人です。

日本の職場は勤務歴が長くなるにつれて、年収は高くなる傾向にあります。

そのため増額審査時に職場が変わっていない人に関しては、プラスの評価になることが多いですね。

ただし職場が変わっている場合は、話が別です。

職場が変わったということは、もちろん年収も変わりますので改めて会社が調べられます。

場合によっては、給与明細書などの提出を求められることもありますよ。

新しい職場で年収がアップしていた場合は、問題は少ないのですが、年収がダウンしていた場合は、増額審査に落ちる可能性が高まります。

ベンチャー企業に転職したケースも要注意

また職場が大手企業からベンチャー企業に変わった場合も、審査が厳しくなる可能性が高いですね。

大手企業の場合クビになる可能性や会社が倒産する可能性は低いですが、ベンチャー企業の場合はそうでないと見なされます。

年収の高さはもちろん大切ですが、年収の安定性はカードローンにおいてかなり重要視されます。

そのため年収が上がったか下がっただけでなく、安定性があるかどうかも、重要な評価ポイントになるということ。

このように職場が変わったことで、審査には大きな影響があります。

職場が変わったことが原因で、増額申し込みをしたのに減額されたというケースもあるので、注意しましょう。

一人暮らしになって支出が増えた

プロミスの増額審査に落ちる理由3つ目は、一人暮らしになって支出が増えた人です。

カードローンの審査というと信用情報や年収などに目がいきがちですが、居住形態というのもとても重要なポイントです。

一人暮らしの人と、実家に住んでいる人では、手元に残るお金が大きく違いますよね?
手元にお金が多く残るということは、それだけ借り入れの返済に回せるお金も多くなるということ。

つまりカードローンの審査においては、一人暮らしよりも実家暮らしのほうが有利になるということです。

他にも結婚しているかどうか、子供がいるかどうかでも手元に残るお金は違いますよね。

そのため独身の実家暮らしであればカードローン審査は有利になりますし、子連れの夫婦だと審査は不利になります。

このように自由に使えるお金がどのくらいあるかは、カードローンの審査や増額審査では、とても重要な項目として見られます。

意外と知られていませんので、しっかりとチェックしておきましょう。

プロミスの増額審査に通過するためのポイント

続いてはプロミスの増額審査に通過するためのポイントについて、解説していきます。

プロミスの増額審査は、他の会社の審査と大きな違いはありませんので、基本的な対策を紹介していきます。

返済実績をしっかり作る

プロミスの増額審査対策1つ目は、返済実績をしっかり作ることです。

増額審査のポイントでも紹介しましたが、返済実績は増額審査のとき、かなり重要な割合を占めます。

そのため返済実績がない状態で増額申し込みをしても、審査落ちする可能性は大。

返済実績をしっかり作ることが、地道ではありますが近道になるということですね。

借り入れをスタートしてから1年ほどすると、プロミスから増額案内がありますが、それまで待てないという人でも半年は実績を積んだ方がいいでしょう。

半年より短くても増額審査に合格したケースはありますが、返済実績はしっかり積んでからの方が、審査に合格する可能性は高まります。

焦らずにしっかり返済していくことがとても大切なので、日々の返済をしっかりしていきましょう。

年収アップ・支出ダウンなどの実績があればアピールする

プロミスの増額審査対策2つ目は、実績があればしっかりアピールすることです。

実績とは年収アップや支出ダウンなど、増額審査に影響するものですね。

こういったアピール材料があるのであれば、積極的に申告することで、増額審査をより有利に進められます。

特に同じ職場で年収がアップした場合は、より効果的です。

同じ職場にいて年収がアップすることは、会社自体が伸びている・申込者自身が会社内で評価されているといったことが考えられます。

そのため今後も同じ職場で継続的に働いていくことを考えれば、年収アップは大きなプラス材料になりますね。

このように審査にプラスの影響を及ぼす項目があるのであれば、自分から申告していくことで、増額審査を有利に進められますよ。

まとめ:プロミスの増額について

ここまでプロミスの増額について解説をしてきました。

プロミスの増額についてまとめると

  • 増額は自分から申し込むこともできるし、プロミス側から案内がくることもある
  • 増額すると金利が安くなることもある
  • 増額審査でもっとも大切なポイントは返済実績
  • 職場が変わっていない人は在籍確認もほとんどおこなわれない
  • 年収があがる・支出がさがるといったポイントがある場合は、自分からアピールする

といった点が挙げられます。

プロミスは即日融資ができて、利用者としてもとても使いやすい消費者金融です。

増額審査も最短30分で終わるなど、審査もとても簡単。

みなさんもプロミスで増額申請をしてみてはいかがでしょうか。