SMBCモビットカードとは?他のクレジットカードと比較

更新日:


消費者金融のSMBCモビットは、SMBCモビットカードというクレジットカードを発行しています。

消費者金融が発行するクレジットカードとしては、アコムが発行するアコムACマスターカードが有名ですが、SMBCモビットも実はクレジットカードを発行しています。

SMBCモビットカードはSMBCモビットユーザー限定のクレジットカード。

消費者金融を利用しているとクレジットカードの発行ができないことがあるので、とても便利なクレジットカードです。

はたしてSMBCモビットカードとは、どのようなクレジットカードなのでしょうか。

他のクレジットカードと比較しながら、SMBCモビットカードについて解説していきます。

SMBCモビットカードってどんなカード?

まずはSMBCモビットカードの基本スペックを紹介していきます。

SMBCモビットを利用している人専用のクレジットカード

SMBCモビットカードは、SMBCモビットを利用している人専用のクレジットカードです。

そのためSMBCモビットカードを作るためには、まずSMBCモビットの審査に合格しなければなりません。

またSMBCモビットカードとSMBCモビットの審査は別ものです。

そのためSMBCモビットのユーザーであるからといって、SMBCモビットカードの審査に合格するというわけではありません。

しかしSMBCモビットユーザー限定のクレジットカードなので、申込者がかなり限られるクレジットカードでもあります。

そのためSMBCモビットを利用しているのであれば、審査に合格する可能性は高いでしょう。

SMBCモビットのように消費者金融を利用していると、借金を持っていると認識されるのでクレジットカードの審査に通らないことがあります。

しかしSMBCモビットカードであれば、SMBCモビットを利用している人限定のカードなので、審査は比較的緩いのではないでしょうか。

Tカードとしての機能もある

またSMBCモビットカードはTカードとしての機能もあります。

そのためTポイントが貯まるお店で提示すると、Tポイントが貯まりますよ。

ちなみにSMBCモビットカードを利用した時に貯まるポイントも、Tポイントでポイントが貯まっていきます。

今まで持っているTカードとポイントを合算することもできるので、Tポイントを貯めたい人にとっては嬉しいですね。

SMBCモビットカードは、200円利用するごとに1ポイントのTポイントが貯まります。

SMBCモビットカードを作成したのであれば、積極的にTポイントを貯めていきましょう。

MasterCard提携店で利用できるクレジットカード

クレジットカードには国際ブランドというものがありますが、SMBCモビットカードの場合MasterCardのみです。

MasterCardは世界的に見ても2番目に売上シェアが大きい(1番はVISA)ので、海外でも多くの国で使えます。

国内で利用するときもほとんどのお店でMasterCardは使えるので、困ることはまずないでしょう。

SMBCモビットカードは年会費無料のクレジットカードなので、とても使いやすいクレジットカードですよ。

支払い方法の初期設定がリボ払いである点は注意

ただし注意するポイントとしては、SMBCモビットカードの支払い方法の初期設定がリボ払いになっている点は注意しましょう。

リボ払いとは

クレジットカードによる支払方法の1つであり、買物などによる債務の額(支払残高と言います。)に応じ、毎月の支払額(元本返済額と手数料額の合計)があらかじめ決められています。
引用:一般社団法人日本クレジット協会

毎月支払額が一定であることは支払いが楽になりますが、手数料が高くなってしまう点が注意点です。

クレジットカードは一回払いであれば手数料がかかりませんが、リボ払いであれば手数料が発生してしまいます。

支払い額が一定なので手数料の高さに気づきにくい点もデメリットですね。

SMBCモビットカードを利用しているということは、SMBCモビットに借り入れがあるということ。

SMBCモビットで借り入れがあるということは金利を支払っているということなので、SMBCモビットカードでさらに金利を支払うとなると、借金がどんどん積み重なってしまいます。

クレジットカードはとても便利ですが、使い過ぎると怖さもあります。

SMBCモビットカードでは支払いの初期設定がリボ払いになっているので、一括払いに変更しておくことをオススメします。

アコムACマスターカードと比較

消費者金融が発行しているクレジットカードといえば、アコムが発行しているアコムACマスターカードが有名です。

SMBCモビットカードとアコムACマスターカードでは、どのような違いがあるのでしょうか。

アコムACマスターカードはアコムと契約していなくても作成できる

SMBCモビットカードとアコムACマスターカードの大きな違いとしては、アコムACマスターカードはアコムと契約していなくても作成できる点です。

アコムACマスターカードは他のクレジットカードと同様、18歳以上(高校生は不可)であれば発行が可能。

クレジットカードの審査を受けて合格すれば、アコムACマスターカードが発行されます。

SMBCモビットカードの場合SMBCモビットと契約していないと作成できませんが、アコムACマスターカードは誰でも作成できますよ。

審査基準はまったく違う

SMBCモビットカードとアコムACマスターカードでは、カードのコンセプトが全く違うので審査基準も異なります。

SMBCモビットカードはSMBCモビットユーザーしか作成できないので、カードローンに借り入れがある前提です。

しかしアコムACマスターカードの場合誰でも作成できるので、楽天カードや三井住友VISAカードなどのカードと同じような審査がおこなわれます。

また数あるクレジットカードの中で、アコムACマスターカードは独自の審査をしていると言われています。

他のクレジットカードの審査に落ちてしまったとしても、アコムACマスターカードであれば審査に受かる可能性があります。

どうしてもクレジットカードがほしいのであれば、アコムACマスターカードはオススメのクレジットカードですよ。

ポイントが貯まるのはSMBCモビットカードの強み

他のクレジットカードとは異なる審査基準を持っているアコムACマスターカードですが、ポイントが貯まらない点がデメリットです。

アコムACマスターカードもSMBCモビットカードも年会費無料で作成できますが、ポイントが貯まるか貯まらないかは大きな違いですね。

SMBCモビットカードの場合使いやすいTポイントでポイントが貯まる点も、使いやすくて嬉しいポイントです。

アコムACマスターカードの場合、ポイントが貯まらないのでクレヒス作成のために使われることが多いです。

クレヒス=クレジットカードヒステリーで、クレジットカードの利用履歴のことを指します。

クレジットカードの支払い遅れがある、債務整理の経験があるといった経歴があると、クレヒスが悪いということですね。

クレヒスは過去のものを消去できないので、少しずつ改善していくしかありません。

そのためアコムACマスターカードのように審査に通りやすいクレジットカードを作成し、クレヒスを改善していくということですね。

他のクレジットカードを作成できるのであれば、ポイントが貯まるクレジットカードを作成した方がいいでしょう。

他のクレジットカードとSMBCモビットカードを比較

それではSMBCモビットカードと他のクレジットカードを比較すると、SMBCモビットカードはどのようなクレジットカードなのでしょうか。

他のクレジットカードとSMBCモビットカードとは少し特徴が異なるので、作成する前にはしっかり特徴を把握しておきましょう。

年会費を比較

まずクレジットカードの年会費についてです。

SMBCモビットカードの年会費は無料なのですが、他にも年会費無料のクレジットカードはたくさんあります。

有名なところでは楽天カードや三井住友VISAカードなども、年会費無料で作成できるクレジットカードです。

クレジットカードの中にはアメックスやダイナースクラブのように、年会費がかかるクレジットカードもあります。

中には年会費が10万円を超えるようなクレジットカードもありますが、もちろん年会費の高いクレジットカードはサービスが充実しています。

たとえば空港ラウンジが利用できたり、ホテルの上級会員になれたりといった特徴が、年会費の高いクレジットカードの特徴ですね。

しかし年会費無料だからといって、サービスが悪いわけではありません。

ポイントは貯まりますし、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードも多いです。

SMBCモビットカードも年会費無料で作成できるので、とても作りやすいクレジットカードですよ。

ポイント還元率を比較

続いてはポイント還元率についてです。

SMBCモビットカードは200円利用するごとに1ポイント、Tポイントが還元されます。

そのためポイント還元率は利用代金に対して0.5%ということですね。

ポイント還元率0.5%は他のクレジットカードと比較してみると、決して高いとはいえません。

ポイント還元率が高いクレジットカードの代表格としては、楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントなどがありますが、これらのクレジットカードは年会費無料でポイント還元率は1%。

ポイント還元率0.5%と1%では、ポイントが貯まるスピードが倍違うので、この点ではSMBCモビットカードは劣っていますね。

さらに楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントは、ポイント還元率がアップするキャンペーンを頻繁におこなうので、ポイント還元率以上にポイントが貯まっていきます。

ポイント還元率はクレジットカードを選ぶ上ではとても大切なポイントなので、しっかりチェックしてから作成するようにしましょう。

発行までの時間を比較

クレジットカードはカードローンに比べると、発行までに時間がかかります。

受け取る方法も郵送が多いので、大体申し込みから3日~1週間ほどの時間がかかるのが普通です。

そんな中SMBCモビットカードは即日発行が可能。

SMBCモビットの無人契約機に入ると、すぐに審査がおこなわれます。

審査に合格すればその場でクレジットカードが発行されるので、即日発行が可能である点はSMBCモビットカードのメリットと言えます。

即日発行可能なクレジットカードは、アコムACマスターカードやエポスカードなどかなり数が限られます。

すぐにクレジットカードがほしいのであれば、SMBCモビットカードはとてもオススメですよ。

SMBCモビットカードはこんな人におすすめ

SMBCモビットカードと他のクレジットカードを比較してきましたが、これまでの特徴を踏まえてSMBCモビットカードをオススメする人を紹介していきます。

SMBCモビットカードの作成をオススメする人は

  • SMBCモビットと契約をしていて他のクレジットカードが作成できない
  • 即日発行のクレジットカードがほしい

このような人にSMBCモビットカードはオススメです。

ポイント還元率は他のクレジットカードの方がいいので、楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントの審査に通るのであれば、それらのカードを作成した方がいいでしょう。

ただし他のクレジットカードは、消費者金融を利用していると審査に落ちる可能性があります。

一方SMBCモビットカードはSMBCモビットを利用している人限定のクレジットカードなので、審査のハードルは多少下がります。

そのため他のクレジットカードの審査に落ちてしまった人は、SMBCモビットカードを作成してみてもいいのではないでしょうか。

またSMBCモビットカードは即日発行できる点も、大きな魅力です。

他のクレジットカードの場合、発行まで1週間ほどかかることもよくありますので、即日発行できるクレジットカードは貴重です。

これらの条件を満たしているのであれば、SMBCモビットカードの作成をオススメします。

SMBCモビットカードを活用しよう

ここまでSMBCモビットカードについて解説してきました。

これまでの内容をまとめると、

  • SMBCモビットカードはSMBCモビットユーザー限定のクレジットカード
  • SMBCモビットカードは200円利用するごとに1ポイントTポイントが貯まる
  • 初期の支払い方法がリボ払いになっている
  • アコムACマスターカードはポイントが貯まらない
  • SMBCモビットカードは最短で即日発行できる
  •  他のクレジットカードの審査に落ちたのであればSMBCモビットカードはオスス

といった内容になります。

他のクレジットカードと比較するとデメリットもありますが、魅力的な面もあります。

SMBCモビットユーザー限定のクレジットカードなので、SMBCモビットを利用している人は作成を検討してみてはいかがでしょうか。